ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1007216 全員に公開 ハイキング丹沢

畦ヶ丸 バリエーション

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー ontheroad, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
新松田⇔西丹沢自然教室 湘南バス 往復¥2120 (新松田駅前窓口で販売)
この日、バスは増発
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
0分
合計
6時間40分
S大滝橋バス停09:0009:30マスキ嵐沢10:00一軒屋避難小屋12:10畦ヶ丸13:10善六山(涸棚ノ頭)15:40神奈川県立西丹沢自然教室15:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登り 一軒屋避難小屋から鬼石沢左岸尾根(マスキ嵐沢との界尾根)
下り 善六山稜から小山沢右岸尾根

写真

大滝沢はナメや釜もあり美しいのだけど、堰堤が連続するのが難点。水もきれい。
2016年11月12日 09:11撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝沢はナメや釜もあり美しいのだけど、堰堤が連続するのが難点。水もきれい。
1
デート沢、マスキ嵐。この沢の記憶がほとんどないのでまた来たい。
2016年11月12日 09:35撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デート沢、マスキ嵐。この沢の記憶がほとんどないのでまた来たい。
1
紅葉も見ごろ。
2016年11月12日 09:45撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉も見ごろ。
1
こういう道、すき。東海自然歩道。
2016年11月12日 09:50撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう道、すき。東海自然歩道。
1
一軒屋避難小屋についた。渡渉せずに、この手前にある尾根(破線)を登った。
2016年11月12日 10:08撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一軒屋避難小屋についた。渡渉せずに、この手前にある尾根(破線)を登った。
1
いい。すごくいい。
2016年11月12日 10:32撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい。すごくいい。
1
自分にも色が付いているかと思うくらい、紅葉の中を進む。
2016年11月12日 10:34撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分にも色が付いているかと思うくらい、紅葉の中を進む。
1
美丘。いい場所。この尾根、好きだ。
2016年11月12日 10:41撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美丘。いい場所。この尾根、好きだ。
3
この辺、西に富士山が見える。この日は雲に隠れがち。
2016年11月12日 10:45撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺、西に富士山が見える。この日は雲に隠れがち。
1
山頂。ここまでの吊尾根は結構急登が続いて暑かった。
2016年11月12日 12:14撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。ここまでの吊尾根は結構急登が続いて暑かった。
1
善六山山頂から畦ヶ丸。登って来た吊尾根が見える。
2016年11月12日 13:17撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
善六山山頂から畦ヶ丸。登って来た吊尾根が見える。
1
小山沢右岸尾根末端。少し急斜面
2016年11月12日 15:27撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小山沢右岸尾根末端。少し急斜面
1
西沢の河原。
2016年11月12日 15:39撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢の河原。

感想/記録

初めて破線ルートに挑戦しました。

登り:鬼石沢左岸尾根〜畦ヶ丸吊尾根
下り:善六山稜〜小山沢右岸尾根

登りは特に問題なし。
権現山への分岐まで、非常に感度のよい尾根でした。紅葉も見ごろ。
畦ヶ丸吊尾根は、山頂直下が傾斜がちょっとだけキツイ。

下り、善六山山頂は、開けていて畦ヶ丸がよく見える。
塩地窪沢ノ頭に向かい、南に入る小山沢右岸尾根の分岐を間違え、最初その手前の薄い尾根を下ってしまった。
地形図からの印象と違い、急で不明瞭な尾根を、あれー?あれー?と思いながら半ば無理やり降りました。
方角(だけ)は修正しながら正しく降りているのだけど、どう考えてもこれは違うだろうと、伝家の宝刀GPSで現在地確認。…やっぱり違う… Orz

100mほど登り返し、本来下降予定の小山沢右岸尾根へトラバース(といってもほぼ稜線まであがった)
今度はしっかりと明瞭な尾根にのり、念のためGPSでも確認。

やっと会えたー!とても平和な尾根。
こちらは特に難しいところも危険なところもなく、無事西沢の登山道へ合流。


反省点
当然すぎるけど、尾根の向きだけでなく、太さも重要。
下降開始する前に、もう少し、塩地窪沢ノ頭に向けて歩いてみてから判断してもよかった。

地形図からの印象と自分の目でみている景色はそれほど相違ないものだった。
おかしいという、自分の感覚は間違っていなかった。今回の間違いは糧にする。

間違ったと思った時点で、無理やり降り続けるのではなく(下の一般登山道からの声が聞こえていたので、一瞬降りてしまおうかとも思った)、沢地形を無理やりトラバースするのでもなく、上まで登り返ししたことはよかったと思う。

沢装備(ロープとか沢靴とか)していたらもっと大胆な下降をしたような気もする。
ないほうがいいのかも?

訪問者数:173人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ