ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1007323 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

天城山 −秋− 紅葉の森へ

日程 2016年11月13日(日) [日帰り]
メンバー Lagopus1406
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間15分
休憩
1時間10分
合計
9時間25分
S片瀬海岸06:2509:10天城平09:3011:15戸塚山11:45万三郎岳12:30万二郎岳13:2013:45赤崩場14:409号風車15:50片瀬白田駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今回のルートに危険な場所はありませんが、天城主稜線以外の部分については一般的な地形図には登山道の記載はないので、もし利用される場合は十分に注意してください。
   
<戸塚尾根>
天城山の戸塚山〜東伊豆町片瀬白田地区まで延びる標高差約1250mの尾根。
いつもは尾根末端部から利用することが多いですが、今回は紅葉見物が主目的なので、戸塚尾根の東側に延びる支尾根を登って戸塚山を目指すことにしました。

戸塚尾根の標高1000mを越える上部区間は、ブナとヒメシャラが魅力的な区間で、天城縦走路とはまたちがった雰囲気が味わえる場所です。

ただし、このルートは登山道として整備はされていませんので、不慣れな方の利用はお勧めできません。
   
   
<天城縦走路>
しっかりと整備され案内板も豊富な快適な登山道。
   
   
<万二郎岳登山道>
万二郎岳〜奈良本林道を結ぶ登山道。
昔は学校登山も行われていた道だが、最近では利用者は極めて少ない。
上部はロープによって、下部は赤テープによって案内されているため、道に迷う恐れはありません。
だだし、万二郎岳山頂〜赤崩場の下までは厳しい急傾斜で、スリップや転倒に十分注意が必要です。
   
   

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ライト GPS 筆記用具 日焼け止め 保険証 時計 カメラ

写真

片瀬海岸の日の出。シルエットの大きな島は伊豆大島。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片瀬海岸の日の出。シルエットの大きな島は伊豆大島。
3
天城山が水源地の白田川。河口から山歩きスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天城山が水源地の白田川。河口から山歩きスタート。
この川に住み着いているアオサギ。朝食を待っているのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この川に住み着いているアオサギ。朝食を待っているのかな?
片瀬林道をどんどん進んで行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片瀬林道をどんどん進んで行きます。
標高450m付近までくると天城山の主峰・万三郎岳が姿を現す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高450m付近までくると天城山の主峰・万三郎岳が姿を現す。
片瀬林道から地蔵堂歩道に入り、しばらく進むと天城平。
天城山の手前に広がるみどりの森がオバケ杉の森。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片瀬林道から地蔵堂歩道に入り、しばらく進むと天城平。
天城山の手前に広がるみどりの森がオバケ杉の森。
<オバケ杉>
何度見ても素晴らしい堂々とした姿!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<オバケ杉>
何度見ても素晴らしい堂々とした姿!
オバケ杉の森を抜けると万三郎岳がさらに近づいてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オバケ杉の森を抜けると万三郎岳がさらに近づいてくる。
万三郎岳南面の紅葉の様子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万三郎岳南面の紅葉の様子。
2
これから登る尾根も紅葉でいっぱい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登る尾根も紅葉でいっぱい!
紅葉&黄葉につつまれた急登の尾根をのんびりと登って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉&黄葉につつまれた急登の尾根をのんびりと登って行く。
黄葉の競演?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄葉の競演?
キレイです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレイです。
1
紅葉と青空!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と青空!
3
ブナの黄葉の割合が多くなってくるとまもなく戸塚尾根の稜線へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの黄葉の割合が多くなってくるとまもなく戸塚尾根の稜線へ。
戸塚尾根の上部区間はお気に入りの場所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸塚尾根の上部区間はお気に入りの場所。
2
ブナの黄葉は最盛期を過ぎてまもなく終了…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの黄葉は最盛期を過ぎてまもなく終了…
戸塚尾根上部の稜線上はほとんどがブナだが、所々でカエデががんばっており、赤と黄色のコラボが美しい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸塚尾根上部の稜線上はほとんどがブナだが、所々でカエデががんばっており、赤と黄色のコラボが美しい!
5
戸塚山山頂を通り過ぎ少し下ると天城縦走路に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸塚山山頂を通り過ぎ少し下ると天城縦走路に合流。
いったん片瀬峠まで下って登り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん片瀬峠まで下って登り返し。
1
主峰万三郎岳へむけて最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主峰万三郎岳へむけて最後の登り。
このあたりの雰囲気もいいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりの雰囲気もいいですね。
1
陽射しでキラキラ輝くブナの黄葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽射しでキラキラ輝くブナの黄葉。
1
<万三郎岳からの展望>
風車が林立する稲取三筋山のシルエット。奥は白浜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万三郎岳からの展望>
風車が林立する稲取三筋山のシルエット。奥は白浜。
3
<万三郎岳からの展望>
山頂東端からどっしりとした遠笠山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万三郎岳からの展望>
山頂東端からどっしりとした遠笠山。
2
<万三郎岳からの展望>
さらに伊東の市街地と初島が良く見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万三郎岳からの展望>
さらに伊東の市街地と初島が良く見える。
2
馬の背南斜面の紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背南斜面の紅葉。
万二郎岳南西斜面の紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万二郎岳南西斜面の紅葉。
<万二郎岳からの展望>
山頂北側展望地から富士山と天城北麓の紅葉!
すばらしい眺めだ!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望>
山頂北側展望地から富士山と天城北麓の紅葉!
すばらしい眺めだ!!
3
<万二郎岳からの展望>
雪化粧した富士山。
少しモヤっているけど、沼津アルプスや市街地もよく見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望>
雪化粧した富士山。
少しモヤっているけど、沼津アルプスや市街地もよく見えます。
<万二郎岳からの展望>
天城山北麓の紅葉が素晴らしい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望>
天城山北麓の紅葉が素晴らしい!
5
<万二郎岳からの展望>
様々な色があって楽しい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望>
様々な色があって楽しい!
3
<万二郎岳からの展望>
山頂東端ガレ場から伊豆高原の別荘地と大室山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望>
山頂東端ガレ場から伊豆高原の別荘地と大室山
<万二郎岳からの展望>
同じく山頂東端ガレ場から箒木山と伊豆大島
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望>
同じく山頂東端ガレ場から箒木山と伊豆大島
<万二郎岳からの展望>
最後に鬼の石積へ  
本日歩いて来た戸塚山→万三郎岳→馬の背が一望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望>
最後に鬼の石積へ  
本日歩いて来た戸塚山→万三郎岳→馬の背が一望
<万二郎岳からの展望>
鬼の石積直下、眼下の紅葉は特にすばらしい!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望>
鬼の石積直下、眼下の紅葉は特にすばらしい!!
2
<万二郎岳からの展望>
岩石群と紅葉の彩り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望>
岩石群と紅葉の彩り
2
<万二郎岳からの展望>
南東側にも鮮やかな紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望>
南東側にも鮮やかな紅葉
2
<万二郎岳からの展望>
稲取細野高原は本日山焼きが行われており、ここからでも確認できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望>
稲取細野高原は本日山焼きが行われており、ここからでも確認できました。
2
<万二郎岳からの展望>
万二郎岳からの帰路はこの風車が立ち並ぶ尾根を下って行きます。その奥がスタート地点の片瀬海岸。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望>
万二郎岳からの帰路はこの風車が立ち並ぶ尾根を下って行きます。その奥がスタート地点の片瀬海岸。
1
万二郎岳南斜面も様々な紅葉でいっぱい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万二郎岳南斜面も様々な紅葉でいっぱい。
1
標高1100m付近、良い色付きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1100m付近、良い色付きです。
急斜面を転がるように下ってきて万二郎岳を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を転がるように下ってきて万二郎岳を振り返る。
2
風車尾根を通り過ぎると再び森の中へ。
良い山歩きでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風車尾根を通り過ぎると再び森の中へ。
良い山歩きでした。

感想/記録

 
天城山の紅葉は最盛期でした!
例年より少し遅れ気味かな?

天城の紅葉はとび抜けてキレイなわけではないけれど、赤・オレンジ・黄色・金色・茶色・みどり…様々な色が混じり合い独特の楽しさが魅力です。


訪問者数:394人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ