ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1007525 全員に公開 ハイキング東海

晩秋の山伏〜大谷嶺

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー yamabucker
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西日影沢の広い河原に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間17分
休憩
48分
合計
7時間5分
Sスタート地点06:1206:25山伏 登山口07:02大岩/ワサビ小屋07:25蓬峠07:3008:40西日影沢分岐08:49山伏09:0910:09新窪乗越10:1510:49大谷嶺11:0011:24新窪乗越11:3012:30大谷嶺駐車場13:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ロープを乗り越えることがなければ特に危険はありませんが、大谷崩れでは落石に注意!
その他周辺情報下山後の日帰り温泉「黄金の湯」は、ぬめりがあり、肌のすべすべ感は最高です。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル カメラ
備考 ストックを車中に置き忘れてしまいました。大谷崩れの下りでは膝が痛くなり後悔しました。

写真

大岩、箱根の金時山にも同じような岩があったような・・・
2016年11月12日 07:21撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩、箱根の金時山にも同じような岩があったような・・・
蓬峠〜山頂の急登より大谷嶺
2016年11月12日 08:33撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬峠〜山頂の急登より大谷嶺
2
西日影沢の駐車場方面を俯瞰
2016年11月12日 08:35撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西日影沢の駐車場方面を俯瞰
頂上直下、南の深南部の笹原のある景色。これが良いんだな〜
2016年11月12日 09:06撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直下、南の深南部の笹原のある景色。これが良いんだな〜
3
で・・・快晴の頂上です。
2016年11月12日 09:09撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で・・・快晴の頂上です。
聖ですかね?
2016年11月12日 09:23撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖ですかね?
2
光ですかね?
2016年11月12日 09:23撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光ですかね?
1
富士山も一瞬顔を見せてくれました。
2016年11月12日 09:25撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も一瞬顔を見せてくれました。
1
山伏〜新窪乗越の縦走路から北側に端正な形の山が見えました。何という山かな?登ってみたいな〜
2016年11月12日 09:55撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏〜新窪乗越の縦走路から北側に端正な形の山が見えました。何という山かな?登ってみたいな〜
晩秋を全身で感じながら・・・
2016年11月12日 10:05撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晩秋を全身で感じながら・・・
笊ヶ岳と布引山ですね!35年前に登りました。すばらしい山です。
2016年11月12日 10:22撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笊ヶ岳と布引山ですね!35年前に登りました。すばらしい山です。
1
新窪乗越
2016年11月12日 10:38撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新窪乗越
大谷崩れ
2016年11月12日 10:46撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷崩れ
1
大谷嶺山頂より山伏と南ア深南部
2016年11月12日 10:57撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷嶺山頂より山伏と南ア深南部
大谷嶺山頂を独り占め、とても良い気分でした。
2016年11月12日 11:08撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷嶺山頂を独り占め、とても良い気分でした。
3
荒川岳です。赤石岳が隠れてしましました。
2016年11月12日 11:16撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川岳です。赤石岳が隠れてしましました。
北岳も少し顔を見せてくれました。
2016年11月12日 11:18撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳も少し顔を見せてくれました。
大谷崩を下から・・・急登!
2016年11月12日 12:13撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷崩を下から・・・急登!
2
大谷崩から下山ルート
2016年11月12日 12:13撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷崩から下山ルート
1
下の方は紅葉真っ盛りでした。
2016年11月12日 12:13撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の方は紅葉真っ盛りでした。
1
大谷崩駐車場からの長〜い林道歩きの途中で
2016年11月12日 12:55撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷崩駐車場からの長〜い林道歩きの途中で
2
林道からの紅葉は良かったで〜す。
2016年11月12日 13:04撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道からの紅葉は良かったで〜す。
撮影機材:

感想/記録

35年ぶりの山伏、朝3時45分に自宅を出発、新東名の新静岡ICから梅ヶ島温泉方面へ向かい、5時50分には河原の駐車場に到着しました。もう少し奥まで車で入れましたが下山時には車の回収があるため、同じことなので比較的下の方へ駐車しました。夜明けを待ち6時10分に出発。登山道入り口でストックを車に忘れてしまったことを気づきましたが、取りにもどることが「めんどくせー」・・・で、このことをが下り道で後悔することになりました。登山口で単独の男性とあいさつを交わし順調に登行しました。35年前のわさび田は耕作されていましたが今日は荒れていました。後継者がいないのですね。・・・さみしい・・・
蓬峠前の急登も晩秋を肌で感じながら気持ちよく登ることができました。その後の登りでは鹿に2回出会い、南ア深南部特有の雰囲気を持つ山頂に到着。誰もいませんでしたが、後から2人の単独の方が登ってきました。富士山や南アルプスには雲がわき、15分程シャッターチャンスを待ちましたが、ダメ!あきらめて大谷嶺へ向かいました。途中の尾根歩きでは晩秋をたくさん満喫することができました。その後、大谷嶺の急登に苦しめられ、山頂に到着。独り占めで景色を楽しむことができました。
そして、問題の大谷崩のガレ場を下山です。はじめ左膝が痛くなり、さらに右膝も痛くなって、5分歩いては休みまた5分歩いては休み、ストックを忘れてきたことを強く後悔しました。
大谷崩の駐車場から林道を3km程歩き、無事元の駐車場へゴール。
立ち寄り湯の「黄金の湯」で肌をつるつるにして帰宅しました。

訪問者数:159人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ