ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1007830 全員に公開 キャンプ等、その他白馬・鹿島槍・五竜

OMM JAPAN 2016 信濃大町(1日目)

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー shichi7nanchi
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鹿島槍スポーツビレッジに駐車
http://www.kashimayari.net/green/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間14分
休憩
0分
合計
6時間14分
Sスタート地点08:3908:50Code150(10)09:04Code101(10)09:10Code302(10)09:32Code183(50)10:16Code184(40)10:37Code152(60)11:06Code103(50)11:25Code104(70)11:46Code188(40)12:25Code187(40)12:54Code108(30)13:29Code189(40)13:53Code112(40)14:27Code158(20)14:42Code186(10)14:51Code113(10)14:53中山高原キャンプ場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
競技エリア内は地形図上に立ち入り禁止と区別された以外のエリアには侵入可という事で登山道、林道以外も通っています。また、code癲米静瀬櫂ぅ鵐函砲麓己分析のために記載しております。
コース状況/
危険箇所等
☆OMM JAPAN 2016 大会概要
 http://theomm.jp/?page_id=1063
その他周辺情報☆中山高原キャンプ場
 http://clubnature.naturum.ne.jp/e603642.html

☆湯けむり屋敷 薬師の湯
 http://www2.plala.or.jp/yakushino-yu/
 大人700円

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ 靴下 グローブ 防寒着 雨具 帽子 着替え ザック ザックカバー 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 ロールペーパー 保険証 ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ マット シェラフ シュラフカバー 地形図(支給される) 筆記用具
共同装備 食材(36時間分+1日分の予備食料) ガスカートリッジ GPS ポール テント グランドシート 熊鈴

写真

やや緊張気味
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや緊張気味
1
好天に恵まれて素晴らしい眺望です
2016年11月12日 07:17撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
好天に恵まれて素晴らしい眺望です
1
クルマ降りたらビックリ!
2016年11月12日 07:17撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマ降りたらビックリ!
3
スタート地点で順番待ち中
2016年11月12日 08:03撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点で順番待ち中
1
緊張してるのか?眠たいんでしょうか? 見る人全てが速そうに見えるんです!
2016年11月12日 08:03撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緊張してるのか?眠たいんでしょうか? 見る人全てが速そうに見えるんです!
4
バックは最終的に10kg位になってしまった…もっと軽量化できたらな〜。右膝が痛いのでnanchiさんに膝サポーター借りて、ロキソニンも飲んでスタートです。
2016年11月12日 08:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バックは最終的に10kg位になってしまった…もっと軽量化できたらな〜。右膝が痛いのでnanchiさんに膝サポーター借りて、ロキソニンも飲んでスタートです。
2
地形図を受け取ったら1分後にスタートです。皆さん笑顔でしたね。
2016年11月12日 08:37撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図を受け取ったら1分後にスタートです。皆さん笑顔でしたね。
3
皆さんそれぞれに進むべきルートを選択して走っていきます。
このころは良かったのですが、後に急斜面の下りで、自分も含め前後の方々バタバタ滑って転倒続出。
2016年11月12日 08:42撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さんそれぞれに進むべきルートを選択して走っていきます。
このころは良かったのですが、後に急斜面の下りで、自分も含め前後の方々バタバタ滑って転倒続出。
1
紅葉がいい感じ
2016年11月12日 08:54撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉がいい感じ
3
整備された道じゃないので転倒は当たり前の気持ちで進んで行きます。
ここを駆け抜けて行った人いましたね。
2016年11月12日 08:57撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備された道じゃないので転倒は当たり前の気持ちで進んで行きます。
ここを駆け抜けて行った人いましたね。
4
スキー場のゲレンデを登っていきます
2016年11月12日 09:45撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場のゲレンデを登っていきます
1
振り返ると素晴らしい眺望
2016年11月12日 09:45撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると素晴らしい眺望
2
確か、この後の激登りも…混雑して落石が多々あったような…

「ラク」頻発でバレーボール位の岩が転がり落ちるの見て少しビビりました。
2016年11月12日 09:50撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確か、この後の激登りも…混雑して落石が多々あったような…

「ラク」頻発でバレーボール位の岩が転がり落ちるの見て少しビビりました。
2
谷を降りていきます
2016年11月12日 10:32撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷を降りていきます
1
臨時の木製ストック、長過ぎない?

長いので折りました。
2016年11月12日 10:33撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
臨時の木製ストック、長過ぎない?

長いので折りました。
4
ショートカットは当たり前
2016年11月12日 13:23撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートカットは当たり前
1
1日目のゴール地点(中山高原キャンプ場)が近づいてきました
2016年11月12日 14:46撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日目のゴール地点(中山高原キャンプ場)が近づいてきました
1
20km超の距離を10kg位のバックを背負って走ったり歩いたりのためnanchiさん相当にお疲れのようです。
2016年11月12日 14:46撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20km超の距離を10kg位のバックを背負って走ったり歩いたりのためnanchiさん相当にお疲れのようです。
3
ゴール手前
2016年11月12日 14:52撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール手前
1
ゴールしたら早速テント設営
2016年11月12日 15:51撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールしたら早速テント設営
2
ストレッチも
2016年11月12日 16:22撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ストレッチも
1
徐々に暗くなってきました
2016年11月12日 16:25撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に暗くなってきました
1
キャンプファイヤー
2016年11月12日 18:02撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプファイヤー
1
疲れたので早々に寝落ちして2日目へと続く。
2016年11月12日 18:41撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れたので早々に寝落ちして2日目へと続く。
3

感想/記録

今年の自分にとってのテーマ「山の総合力UP」、その試金石となる大会がOMM(Original Mountain Marathon)で2日間に渡る山岳マラソンレースです。必要な装備を背負い、地図読みをしながら走る・登る・降る、迷った時には素早く判断して対処し、怪我をすれば自分達でセルフエマージェンシー、山において必要な知識や体力が求めれられるレースに初めて参加。
大会への出場は2人ペアでないとだめで、ペアで常に行動を共にすることなどのレギュレーションが定められています。
今大会にはnanchiさんがバディ(相棒)をしてくれるという事で、春先より地図読みトレーニングやロゲイニング大会に参加したり、体力トレーニングに努めてお互いに切磋琢磨して今大会を迎えることができました。
そして天候は初参加者にとっては嬉しい好天日和。

四国を21時頃に出発してスタート会場となる鹿島槍スポーツビレッジに到着したのが4時過ぎ。しばし仮眠して、明るくなってきたら準備をして受付・スタート位置へと移動です。

そして、自分達のスタート順番がやってきて、まずは地形図を受け取り、それを眺めて相談しているとあっという間に1分間が過ぎてスタートです。
すぐにルートを決められる訳ではないので少し進んだところで立ち止まって相談。
大まかなルート取りを決めて歩き出します。
登山道や林道以外でも進入禁止と地形図に書かれてある場所以外は自分達の責任において歩いてもいいという事なので、まずはトラーバースして遊歩道までへの道をショートカット試みますが、地面が粘土質でツルツル滑る。さっそく転倒しながらも湖のところまで降りたち、簡単なポイントの場所から探していきます。
スタート付近の得点の低いポイントを稼ぎながら、得点の高いポイントへとターゲットを変更しつつ順調に進んでいき、それほど迷うことなくもなくポイントを稼げていけるので、自分的には?
こんなに簡単なの?
これは地図読みの技量はそれ程不要の体力勝負のレースなの?
という感じで順調に進んでいき、あっという間に制限時間が迫ってきました。

ゴール方面へと近づきながらポイントを集めていき、最後のポイント付近で少し迷ってしまいウロウロ。
(ショートカットして登山道へと出たら方角を間違えて自分達の居場所が分からなくなった。)
この時のことをさほど真剣に考えずに結果オーライで済ませてしまい、明日への教訓とはせず、そのままゴールへと大勢の参加者についていく形でゴールインして1日目が終了。
暫定順位で予想していたよりも上位だったので、これに気分を良くして反省や深く考える事なく1日目を終えたのが後にして思えば残念でした。

テントを設営して食事して、早々に睡眠不足もあってか寝落ちで1日目終了。
自己採点は80点という感じで上出来だと思いました。

振り返っての
(良かった点)
・地形図上で現在位置を親指で抑えながら常に地形図と見えてる地形とを照らし合わせて自分たちが今何処にいるのか?が常に分かるようになり、コンパスを使う場面が少なかった。(リストコンパスしているので、自分がどの方向に進んでいるのは時々確認。)

(悪かった点)
・1日目は比較的優しい設定になっているようで、自分たちのような初級レベルの者でも地図読みしながら順調に進めたので慢心してしまった。
(車道や林道からの目標にアプローチする事で判断に迷う事が少なかったというのも理由の一つ)
・普段は1/10000地形図で歩いているので、今回のような1/25000地形図を見ながら歩くと実際と自分の中での距離感にズレを感じた。思ったよりも進んでいることが多々あった。普段から1/25000地形図で練習しておけば良かったと後悔。
・ショートカットして林道やピークに出た時は間違いやすい事を知りつつ、実際に間違えたにも関わらず反省しなかった。

感想/記録
by nanchi

年末年始OMMの話を聞き非常に興味を抱き、shichi7さんに話を持ちかけたところ、意気投合し参加決定。
今までロゲイニングの経験がない二人は、練習として富士ロゲイニングに参加、読図勉強で里山を歩いたりと最初は意気込んでましたが、、夏ころには・・アルプスばかり行ってたような・・気もします。
体力トレーニングも申込日から開催日まで期間が長いので間延びした感じで・・サボり気味になりましたが、夏の終わりごろから再開。
待ちに待った開催日前は風邪をひかぬようマスクを着用し開催日を迎えた。
富士の時もそうでしたが、逢う方逢う方すべての人が速い人に見え気持ち負けする自分にshichi7さんは参加の半分は同レベルと考えればええ〜!というアドバイスを貰い、久々逢った仲間と話をしているうちに緊張もほぐれた頃にスタート!!
分刻みでスタートするので一本道の登山道は渋滞。早く行きたいのはやまやまですが、滑りやすくなった登山道、焦れば焦るほど前後でバタバタ滑ってこけております。本人も2・3回ほどこけた頃に初めてのPINTOに到着。
そこからは四方八方に散らばったような気もしますが、なんせ皆さん走る走る。
自分も走らなきゃって気にもなりますが・・・
思ったよりも簡単にPOINTOが見つかり進捗率高め。予定していたコース以上を周れたけれど、ラストゴール前のPOINT地点でロストし方向も現在地も不明になってしまった。やはりショートカットは危険ですね。
幸いゴール手前地点だったので人が右往左往していて最後は人の流れに身を任せるようにゴールとなってしまった。
ゴールではまだついていないだろうスコアショートに参加した山仲間二人がすでに到着していたのでビックリ。テント場も確保していてくれてありがたい。
好天に恵まれ夕食も皆でゆっくり食べることができ、発表された順位に気分よく就寝。

私は現在地を見失うことが何度かありました。sichi7さんに地図上を親指で抑えて行けばよい!とアドバイスされるも走ってる途中で。。。。指が勝手に動いてしまい。
特に林道が入り乱れると頭がごちゃごちゃになっていた。
冷静に考えると方向を定め落ち着いて地図地形を見ればわかることなのでしょうが、時間にも追われ不明確なまま終わらせてしまったことが反省。
訪問者数:149人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/27
投稿数: 990
2016/11/15 19:11
 面白そうですが!
でも20劼眩るのは無理です。(笑)
登録日: 2015/6/29
投稿数: 79
2016/11/15 19:51
 もう積雪してるんですね
中学生の時にグループでオリエンテーリングをしたことがありますが、時間があっという間に過ぎていき、最後は崖を下ってそれが先生に見つかって怒られた思い出があります。
最近はアウトレットモールで喫茶店を探して迷うくらいなので私にはムリでしょうね(笑)
登録日: 2012/6/4
投稿数: 669
2016/11/16 7:23
 Re: もう積雪してるんですね
essanさん
コメありがとうございます。

読図は山での必須スキルだと思いますので、オリエンテーリングはそれを楽しく学ぶ場ですね。案外、街中やアウトレットモールが迷いやすいのは誰しも経験があることだと思いますので機会がありましたら読図勉強会やオリエンテーリングの大会にも参加してみてください。
楽しくてためになるとおもいます。
登録日: 2012/6/4
投稿数: 669
2016/11/16 7:25
 Re: 面白そうですが!
nekojigenさん
コメありがとうございます。

10kg位のバックを背負って山の中を走りまわるのは無理ですね。
登りは歩きで、平坦や緩い斜面下りだとジョグ程度で少し走る程度です。

来年は皆さんでどうですか?
登録日: 2013/10/18
投稿数: 553
2016/11/17 14:31
 Re: 面白そうですが!
nekoさん

誰かさんも走るの無理〜とかいって走ってたから大丈夫!!
走る走らないは自由
登録日: 2013/10/18
投稿数: 553
2016/11/17 14:33
 Re: もう積雪してるんですね
essanさん こんにちは

子供にもよく言うてますが 無理〜という言葉は禁句です!!
といいつつ 使ってしまいますが・・・

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ