ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1007968 全員に公開 ハイキング丹沢

玄倉ユーシン渓谷

日程 2016年11月15日(火) [日帰り]
メンバー pipotan, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
丹沢湖ビジターセンターに無料駐車場あり。
この時期は平日でも早めの到着をお勧めします
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.6〜1.7(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間9分
休憩
1時間34分
合計
5時間43分
S玄倉駐車場08:2108:40大野山沢合流点09:00小川谷出合(白井平)09:0109:13玄倉林道ゲート09:2110:42玄倉ダム10:4911:02玄倉ダム11:0311:09新青崩隧道12:2113:03玄倉林道ゲート13:0513:24小川谷出合(白井平)13:2514:00玄倉駐車場14:0214:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
アップダウンはゆるやかですが、距離がいかんせん長いです。
トイレがあるのは10キロ先のユーシンロッジなのですが、私たちは帰りの体力を考えて玄倉ダムで引き返しました。
その他周辺情報ビジターセンターから7キロの地点に立ち寄り湯あり。水曜は定休の模様。いく前に電話で確認した方がいいですね。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

振っていた雨はやんできました。
けぶる丹沢湖がきれいです。
2016年11月15日 08:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振っていた雨はやんできました。
けぶる丹沢湖がきれいです。
2
駐車場からてくてくと歩いてユーシン渓谷を目指します。
2016年11月15日 08:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からてくてくと歩いてユーシン渓谷を目指します。
1
きれいな川です。水底が見えています。
2016年11月15日 08:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな川です。水底が見えています。
3
湖もいいなあ〜〜!
2016年11月15日 08:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖もいいなあ〜〜!
1
ゲートの前だったかな?
採掘場があります。
2016年11月15日 08:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートの前だったかな?
採掘場があります。
2
ゲートをくぐって二つ目か三つ目のトンネル。行く先が見えているのでここはライトいりません。
2016年11月15日 09:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートをくぐって二つ目か三つ目のトンネル。行く先が見えているのでここはライトいりません。
1
玄倉ダムの直前に、新青崩隧道が出てきます。
ここは真っ暗なのでライトが必要です。
ほんとうの暗闇って、目の前が真っ黒になるんですね( ; ゜Д゜)
ライトなしで試しに歩いたら空間認識がおかしくなりましたw
2016年11月15日 10:28撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉ダムの直前に、新青崩隧道が出てきます。
ここは真っ暗なのでライトが必要です。
ほんとうの暗闇って、目の前が真っ黒になるんですね( ; ゜Д゜)
ライトなしで試しに歩いたら空間認識がおかしくなりましたw
2
新青崩隧道を出てすぐ。
2016年11月15日 10:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新青崩隧道を出てすぐ。
1
晴天の紅葉もきれいですがもやに包まれている紅葉の山も趣があっていいですね。
2016年11月15日 10:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴天の紅葉もきれいですがもやに包まれている紅葉の山も趣があっていいですね。
3
ここからの景色は見飽きることがありません。
高い場所から渓谷を見下ろせます。絶景!
2016年11月15日 10:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの景色は見飽きることがありません。
高い場所から渓谷を見下ろせます。絶景!
2
抜けて少し歩くと玄倉ダムが表れます。
こじんまりとしたダムです。そして、目の覚めるようなブルー!
2016年11月15日 10:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜けて少し歩くと玄倉ダムが表れます。
こじんまりとしたダムです。そして、目の覚めるようなブルー!
10
写真には納まらなかったのですが、このブルーと赤や黄色の紅葉が鮮やかに目に飛び込んできてここも見飽きることがありませんでした。
2016年11月15日 10:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真には納まらなかったのですが、このブルーと赤や黄色の紅葉が鮮やかに目に飛び込んできてここも見飽きることがありませんでした。
7
少し上流にいくと、ブルーが薄れて、さらに上流にいくと水の色は普通の色になっていました。不思議です。
2016年11月15日 10:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し上流にいくと、ブルーが薄れて、さらに上流にいくと水の色は普通の色になっていました。不思議です。
2
片道7キロちょい。おなかもすいたし疲れたねーといって、引きかえすことにします。
2016年11月15日 10:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片道7キロちょい。おなかもすいたし疲れたねーといって、引きかえすことにします。
1
引き返す前にかわいらしい感じのトンネルだけ撮影!
さあごはんですよ。
2016年11月15日 10:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返す前にかわいらしい感じのトンネルだけ撮影!
さあごはんですよ。
2
新青崩隧道の隣にある岩よけトンネルのところでご飯を作って食べました。雨の後で地面がぐちゃぐちゃ。陣取りやすい場所が近場になくてここになりました。金のビーフシチューにオムレツを添えて、メスティンで炊飯したごはんとともにいただきます。
2016年11月15日 11:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新青崩隧道の隣にある岩よけトンネルのところでご飯を作って食べました。雨の後で地面がぐちゃぐちゃ。陣取りやすい場所が近場になくてここになりました。金のビーフシチューにオムレツを添えて、メスティンで炊飯したごはんとともにいただきます。
8

感想/記録

朝から雨が降っていてやまなかったので心配でしたが、なんとかやんで歩くことができました。鮮やかな日の光に包まれた紅葉もいいけど、けぶった中でみる紅葉もきれいだいなあと思いました。
距離は長いですがきつい上りがあるわけではないので、初心者向けのハイキングコースだと思います。
熊が出没することがあるようですが、定期的に山北町の方や消防が巡回してくれており(この時期だけかもですが)ダム関係者の車両も通りますのでひとけはあります。

我々の出た時間は早い時間でしたので、ほとんど人がいませんでしたが、引き返す頃になってすれ違う人も多くなりました。
訪問者数:462人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

紅葉 レツ 渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ