ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1008126 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

霊仙 (落合から時計回りで周回)

日程 2016年11月13日(日) [日帰り]
メンバー whitewater
天候晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
落合(廃村):R306久徳交差点より河内風穴方面へ約9km入った所にあり。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間32分
休憩
44分
合計
6時間16分
S落合登山口08:4709:30汗ふき峠・榑ヶ畑道二合目10:33榑ヶ畑道七合目・お猿岩10:4311:39経塚山11:56霊仙山最高点12:2812:39霊仙山12:4113:25近江展望台15:03落合G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・落合〜汗拭峠:
 何度か徒渉あり。
 大洞谷沿いの道は、従来の道が残っていて分かりにくい。
 行き詰まったら、無理をせず引き返し、対岸に道を探すこと。
 峠下の急斜面は、滑りやすいので慎重に通過すること。
・近江展望台〜笹峠:
 急斜面で滑りやすいので注意。
・P1000を通る旧郡界尾根と三角点峰〜南霊岳:
 バリルートで登山道は無いので安易に辿らないように注意。
・笹峠〜落合:
 旧道は廃道で、谷は荒れており、全く勧められない。

写真

【廃村落合の秋】
秋は、特に物寂しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【廃村落合の秋】
秋は、特に物寂しい。
4
【大洞谷】
倒れたままだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【大洞谷】
倒れたままだ。
2
【煌びやか】
汗拭峠からは紅葉ロード。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【煌びやか】
汗拭峠からは紅葉ロード。
1
【赤や黄色】
陽が当たって眩しいほどだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【赤や黄色】
陽が当たって眩しいほどだ。
5
【黄葉の街路灯】
光を放ち、にぎにぎしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【黄葉の街路灯】
光を放ち、にぎにぎしい。
1
【金色の天井】
厳かな気分に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【金色の天井】
厳かな気分に。
3
【極彩色】
絵の具をぶちまけたようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【極彩色】
絵の具をぶちまけたようだ。
10
【首が痛い】
ずっと見上げてる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【首が痛い】
ずっと見上げてる。
11
【紅葉ゾーン】
派手派手。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【紅葉ゾーン】
派手派手。
1
【紅葉予備軍】
これから赤くなりそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【紅葉予備軍】
これから赤くなりそう。
1
【光る手】
元気な可愛い手がいっぱい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【光る手】
元気な可愛い手がいっぱい。
1
【渋い紅葉】
こんな大人の雰囲気もいいな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【渋い紅葉】
こんな大人の雰囲気もいいな。
1
【何となく秋】
休んでみたくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【何となく秋】
休んでみたくなる。
2
【カレンフェルトと青い空】
いよいよ霊仙ワールド突入。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【カレンフェルトと青い空】
いよいよ霊仙ワールド突入。
6
【琵琶湖がうっすら】
対岸はモヤっていて見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【琵琶湖がうっすら】
対岸はモヤっていて見えない。
【光る池】
こっちから見るお虎さんも新鮮。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【光る池】
こっちから見るお虎さんも新鮮。
1
【ヒメフウロ】
人知れずひっそりと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ヒメフウロ】
人知れずひっそりと。
1
【伊吹山と阿弥陀ヶ峰】
阿弥陀の衣がモッコモコ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【伊吹山と阿弥陀ヶ峰】
阿弥陀の衣がモッコモコ。
【小屋と経塚山】
よく目立つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【小屋と経塚山】
よく目立つ。
【経塚山を望みながら】
いい雰囲気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【経塚山を望みながら】
いい雰囲気。
3
【小屋と池】
水がちょっと少ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【小屋と池】
水がちょっと少ない。
2
【御嶽・乗鞍方面】
雲が邪魔してるみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【御嶽・乗鞍方面】
雲が邪魔してるみたい。
1
【公園風】
霊仙離れしている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【公園風】
霊仙離れしている。
4
【池と伊吹山】
低く見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【池と伊吹山】
低く見える。
3
【最高点】
いつのまにか道がしっかりと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【最高点】
いつのまにか道がしっかりと。
3
【経塚山と伊吹】
伊吹山が高くなった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【経塚山と伊吹】
伊吹山が高くなった。
3
【霊仙本峰(三角点峰)】
手前には、おばけ人形がいっぱい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【霊仙本峰(三角点峰)】
手前には、おばけ人形がいっぱい。
5
【ノミがリュック背負って】
下っていく人達かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ノミがリュック背負って】
下っていく人達かな。
1
【最高点より】
小屋がアクセントに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【最高点より】
小屋がアクセントに。
2
【二等三角点】
一等は伊吹だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【二等三角点】
一等は伊吹だ。
2
【ホオズキ】
なぜこんなところに?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ホオズキ】
なぜこんなところに?
1
【三角点峰の南面】
山頂で休んでいる人たちが見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【三角点峰の南面】
山頂で休んでいる人たちが見える。
1
【西南尾根を行く人】
シルエットがきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【西南尾根を行く人】
シルエットがきれい。
1
【水が無い】
以前は池だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【水が無い】
以前は池だった。
2
【霊仙の土俵入り】
露払いが西峰で、太刀持ちは最高点だな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【霊仙の土俵入り】
露払いが西峰で、太刀持ちは最高点だな。
2
【地味な紅葉】
ヌイグルミが、ひしめいている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【地味な紅葉】
ヌイグルミが、ひしめいている。
2
【近江展望台より】
西南尾根は、これで見納め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【近江展望台より】
西南尾根は、これで見納め。
2
【しょうゆ団子みたい】
お腹が空いたかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【しょうゆ団子みたい】
お腹が空いたかな。
1
【もうすぐ笹峠】
急斜面の下りは神経を使う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【もうすぐ笹峠】
急斜面の下りは神経を使う。
2
【御池岳】
左の双耳峰は三国岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【御池岳】
左の双耳峰は三国岳。
2

感想/記録

前日の旧千草街道の紅葉が思いの外良かった。
これに気を良くし、多少期待しつつ、鈴鹿北部の霊仙に向かった。
霊仙の紅葉といえば、四合目付近が素晴らしい。
でも、真っ赤になるのはもっと遅い時期だ。
その色づきの様子見ということもあった。

落合から入ったのは、駐車場の心配が無いからだ。
また、久しぶりなので、廃村の状態を見てみたいということもあった。
途中の永源寺ダムの国道沿いの紅葉も気になっていた。
天気は、高気圧の後ろになることから、風のない小春日和が期待された。
コースは、落合から時計回りの周回とした。
これは、汗拭峠下の急斜面を登りで早く通過したかったからだ。
そうすると、西南尾根の急斜面が下りとなるので良し悪しだ。

紅葉は、汗拭峠から四合目にかけてが素晴らしかった。
思ったよりも色付いていた。
逆周りの方が、西日が当たり、もっと赤く輝きそうだ。
ここは、これからもっと鮮やかになるはず。
その頃に、西日に照らされた紅葉を見てみたいと思った。
帰りは、笹峠から直接落合に出る旧道を通ってみた。
ところが、数年前に通った時と比べ、荒廃が一段と進んでいた。
今畑を通って登山道を下るべきだったと反省した。

今回は天気がよく、道が乾いており、霊仙名物の泥んこにならずに済んだ。
紅葉もそこそこ色付いており、いつもと違う霊仙を楽しむことができた。
こうして二日連続で鈴鹿の秋を味わうことができた。
鈴鹿の紅葉も悪くないなと認識を新たにした。
 

訪問者数:302人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

三角点 双耳峰 紅葉 廃道 時計回り
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ