ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1008614 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

誰にも会わなかった登山日和の山行き、3ヶ月ぶりの鳳凰山、観音岳まで

日程 2016年11月16日(水) [日帰り]
メンバー Y-chan
天候晴れ、少し風、寒すぎず、
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅からは芦安目指します。
それから、南アルプス林道へ。
夜叉神峠入口駐車場までは降雪、多雨などで通行止めでなければ、1年中アクセス可能。その先、広河原方面は冬季閉鎖。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間23分
休憩
1時間37分
合計
10時間0分
S夜叉神峠登山口06:0906:59夜叉神峠07:0908:07杖立峠08:1208:46火事場跡08:5109:23苺平09:36辻山09:4810:10南御室小屋10:1511:14薬師岳小屋11:23薬師岳11:2811:51鳳凰山12:2412:44薬師岳12:4812:51薬師岳小屋13:33南御室小屋13:4314:15苺平14:37火事場跡14:4115:04杖立峠15:0815:44夜叉神峠小屋16:09夜叉神峠登山口16:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(夜叉神峠入口〜夜叉神峠)
夏道です。
雪は、標高2200m以上までしか降っていませんので、
雪はこれからですね。
落葉があり、下山時スリップ注意。

(夜叉神峠〜杖立峠)
夏道です。
夜叉神峠以降、急登があります。
その後はだらだらと登っていきます。
雪が着くと、ちょっと中途半端に凍結したりするかもしれません。

(杖立峠〜焼け跡〜苺平)
少しは、雪出てくると思いましたが、焼け跡以降、
樹林帯でも雪はありません。

(苺平〜辻山〜近道)
ちょっと雪ありましたが、本日は問題なく。

(苺平〜南御室小屋)
基本的に下ります。
下山時は登り返します。
苺平から約100m。
雪が凍結などして数百メートルほど、とても歩きにくかったです。
思い切って、チェーンスパイク等を使用しても良いでしょう。
私は使用しませんでしたが、、。
辻山の陰になるので、雪は例年、遅くまで残ります。

(南御室小屋〜薬師岳小屋)
急登の後、なだらかに高度を稼ぎます。
ほとんど、夏道です。
少しは雪ありますが、苺平〜南御室小屋のほうがいやらしく、
凍結雪があります。

(薬師岳小屋〜薬師岳〜観音岳)
薬師岳小屋から薬師岳はすぐです。
ほとんど夏道です。
少し雪がある箇所もありますが、支障ありません。

写真

夜叉神峠のモルゲンロートを目指したい。
夜明けは美しいね、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神峠のモルゲンロートを目指したい。
夜明けは美しいね、、
2
辺りがぱっと陽光に照らされて、気持ちも明るくなるね、、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辺りがぱっと陽光に照らされて、気持ちも明るくなるね、、。
4
夜叉神峠です。白峰三山見えるとテンションアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神峠です。白峰三山見えるとテンションアップ。
2
北岳と間ノ岳の間、お月さんも見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳と間ノ岳の間、お月さんも見えました。
6
焼け跡、火事場跡です。
白峰三山、今日は1日中、見えていそうだな、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼け跡、火事場跡です。
白峰三山、今日は1日中、見えていそうだな、、
1
南アルプスの南部。悪沢岳も見えますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの南部。悪沢岳も見えますね。
2
苺平から辻山に来ました。
ここでも白峰三山抜群。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苺平から辻山に来ました。
ここでも白峰三山抜群。
2
北岳をアップしてみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳をアップしてみます。
6
苺平〜南御室小屋の間、一番厄介でした。
週末のわずかなトレース、その後の雪ではなく雨。
表面がカチカチ、滑りやすく、難儀。
数百メートル、こんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苺平〜南御室小屋の間、一番厄介でした。
週末のわずかなトレース、その後の雪ではなく雨。
表面がカチカチ、滑りやすく、難儀。
数百メートル、こんな感じ。
南御室小屋に到着です。11月は予約があれば週末のみ営業かな、、。本日は不在。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南御室小屋に到着です。11月は予約があれば週末のみ営業かな、、。本日は不在。
2
稜線です。
富士山が雲の上。
どうも盆地は曇っているんですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線です。
富士山が雲の上。
どうも盆地は曇っているんですね。
10
薬師岳小屋、基礎工事完了かな、、。
あとは、雪融け待っての工事ですね。
資材を何度もヘリを飛ばして運んだようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳小屋、基礎工事完了かな、、。
あとは、雪融け待っての工事ですね。
資材を何度もヘリを飛ばして運んだようです。
4
薬師岳山頂から観音岳です。
雪はあまり見えていませんが、登山道にも、支障にならない程度にありますよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂から観音岳です。
雪はあまり見えていませんが、登山道にも、支障にならない程度にありますよ。
4
誰にも会わなかった本日の山行き。
当然、一人写真ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰にも会わなかった本日の山行き。
当然、一人写真ですね。
10
八ヶ岳です。
西斜面は黒々していますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳です。
西斜面は黒々していますね。
3
観音岳山頂に到着しました。
まずは、甲斐駒ケ岳、オベリスク方面。
北アルプスも一望できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳山頂に到着しました。
まずは、甲斐駒ケ岳、オベリスク方面。
北アルプスも一望できました。
8
甲斐駒ケ岳。
この角度からは雪は見えませんね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳。
この角度からは雪は見えませんね。
7
仙丈ケ岳。
アサヨ峰もみえています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳。
アサヨ峰もみえています。
1
観音岳山頂からの白峰三山。
まだ本格的な冬山と言う感じではありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳山頂からの白峰三山。
まだ本格的な冬山と言う感じではありません。
3
観音岳からの北岳アップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳からの北岳アップ。
8
観音岳からの薬師岳と雲海に浮かぶ富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳からの薬師岳と雲海に浮かぶ富士山。
10
観音岳山頂、頑張って一人写真。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳山頂、頑張って一人写真。
9
ちょっと寒くなって、再び、観音岳山頂にて、一人写真。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと寒くなって、再び、観音岳山頂にて、一人写真。
6
薬師岳に戻ってきました。
家に電話して、ちょっとしゃべりましたが、、登山者とはお話していない、、誰にも会っていません。
結局、誰にも会わない日となりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳に戻ってきました。
家に電話して、ちょっとしゃべりましたが、、登山者とはお話していない、、誰にも会っていません。
結局、誰にも会わない日となりました。
2
薬師岳にて一人写真。
風も弱いから、何とか一人写真できるんですよね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳にて一人写真。
風も弱いから、何とか一人写真できるんですよね。
3
ツララ、、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツララ、、。
4
富士山、相変わらず、雲海に浮かんで、、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山、相変わらず、雲海に浮かんで、、。
6
火事場跡からの白峰三山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火事場跡からの白峰三山。
1

感想/記録
by Y-chan


鳳凰山は本来なら、毎月登りたいのですが、9月、10月は登りませんでした。
8月5日以来です。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-931966.html

気になっていましたが、なかなか起きれなかったりして、、本日まで延ばし延ばしになっていました。
今回は、思い切り、、。
4:00にしっかり起きて、ちょっと遅れて5:00過ぎに自宅出発。
コンビニなど寄って、登山口はほぼ予定通りで、6:09出発。

朝の気温は7度程度。
考えてみれば、まだまだ暖かい。
マイナス7度の中を山に向かうこともありますからね。
どんだけ寒くなるんだろう。
寒いの苦手ですから、できるだけ、移動性の高気圧の到来を狙って、穏やかに登りたい。

今日は、そんな絶好の狙い目の登山日和となりました。
ある程度しっかり着込んで、出発。
途中からはネックゲイターも身に付けて、風を通さないように、、。

次第に身体も温まりますが、、。
本日は無風ではありませんでしたが、微風で、助かりました。
稜線も寒いことは寒いですが、日差しは暖かかった。
甲府盆地は、晴れと思っていましたが、概ね雲海の下で、
高いところに登って正解でした。

朝方の駐車場では、ハンターが集まって、何かの駆除に向かうようでしたが、
その他の車はなく、落ち着いた登山ができると思っていましたが、結局、
誰にも会わない1日となりました。
動物にもあわないで終わるかな、、と思っていたところ、唯一、下山時、
夜叉神峠手まで、シカ数頭が、警告の鳴き声を甲高く響かせて、
それを合図に、走り去っていきました。

マー、、とても静かな山行き。

本日は、登山道の状況、どのようになっているのか、ちょっと迷いました。
週末もそれほど人は入っていない、ただ、その後の下界の雨は、鳳凰山でも雨。
富士山でも9合目以上でようやく雪、、だったようです。

結局、、、
雨のため、だいぶ雪も融けた様子。
一番嫌だったのは、苺平〜南御室小屋、、この区間で、ツルツルと、、
まではいかないにしても週末のトレースが雨や、朝晩の冷え込み等で凍結し、
それでも一部では、地面、石が露出して何とか滑り止めなしで歩けますが、
ちょっと慎重に歩を進めるところもあり、気を遣いました。

稜線もちょっと雪ありましたが、支障なく、、。

本日は、冬山、雪山に備えて、冬靴で挑みました。
やはり重い、、。
その分、時間がかかりました。

良い1日でした。
訪問者数:768人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ