ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1008719 全員に公開 ハイキング関東

湯坂路(元箱根〜箱根湯本)

日程 2016年11月16日(水) [日帰り]
メンバー onody
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
元箱根バス停〜小田急箱根湯本駅
バス停は「元箱根港」の方が良かった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間21分
休憩
29分
合計
4時間50分
S元箱根(箱根登山バス)09:0209:06元箱根港09:0909:37お玉ヶ池09:3810:07精進池10:1811:16湯坂路入口バス停11:21湯坂路入口11:31鷹巣山11:51浅間山12:0412:15城山12:1612:44湯坂山13:52箱根湯本駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
歩行時間  4時間53分
歩行距離  16.6km
高低差  783m
歩数  21,948歩

写真

芦ノ湖。予報は晴れなのに曇天。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦ノ湖。予報は晴れなのに曇天。
箱根神社一の鳥居前からスタートします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箱根神社一の鳥居前からスタートします。
1
身替わり地蔵。ある年、箱根を通りかかった梶原景季が暴漢に襲われたが、地蔵尊が身替わりとなり命を助けられたのだと言われています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
身替わり地蔵。ある年、箱根を通りかかった梶原景季が暴漢に襲われたが、地蔵尊が身替わりとなり命を助けられたのだと言われています。
賽の河原。ここは江戸時代に東海道を旅する人々の信仰を集めた場所です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽の河原。ここは江戸時代に東海道を旅する人々の信仰を集めた場所です。
しばらくは旧東海道を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは旧東海道を歩きます。
石畳の道に再会しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石畳の道に再会しました。
石畳の道は歩きにくいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石畳の道は歩きにくいです。
ここで旧東海道と分かれます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで旧東海道と分かれます。
お玉観音堂。元禄15年(1702)、奉公先のつらさに耐えかねて実家に戻ろうとした「お玉」は箱根に差し掛かったが通行手形が無かったため夜陰に紛れて関所を越えようとしましたが捕えられて処刑されてしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お玉観音堂。元禄15年(1702)、奉公先のつらさに耐えかねて実家に戻ろうとした「お玉」は箱根に差し掛かったが通行手形が無かったため夜陰に紛れて関所を越えようとしましたが捕えられて処刑されてしまいました。
お玉ケ池。処刑された「お玉」の首が洗われたので、いつの頃からか「お玉ケ池」と呼ばれるようになったそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お玉ケ池。処刑された「お玉」の首が洗われたので、いつの頃からか「お玉ケ池」と呼ばれるようになったそうです。
登り坂が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り坂が続きます。
国道1号線に合流しました。箱根駅伝のコースです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道1号線に合流しました。箱根駅伝のコースです。
精進池。娘に身を変えた大蛇が住んでいたという伝説があります。湯治に来た男が娘との約束を破ったため池に引きずり込まれ命を落としたと言います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
精進池。娘に身を変えた大蛇が住んでいたという伝説があります。湯治に来た男が娘との約束を破ったため池に引きずり込まれ命を落としたと言います。
石仏群と歴史館。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石仏群と歴史館。
中に入ってみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中に入ってみました。
六道地蔵堂。お堂の中の地蔵菩薩は大きな岩に彫られた磨崖仏です。正安2年(1300)の造立で国指定の重要文化財です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六道地蔵堂。お堂の中の地蔵菩薩は大きな岩に彫られた磨崖仏です。正安2年(1300)の造立で国指定の重要文化財です。
八百比丘尼の墓。八百歳まで生きたという伝説上の女性でこの墓が造立されたのは観応元年(1350)です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八百比丘尼の墓。八百歳まで生きたという伝説上の女性でこの墓が造立されたのは観応元年(1350)です。
応長地蔵。応長元年(1311)に造立された磨崖仏で、国指定の重要文化財。地蔵菩薩が3体彫られています。別名 「火焚き地蔵」 とも呼ばれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
応長地蔵。応長元年(1311)に造立された磨崖仏で、国指定の重要文化財。地蔵菩薩が3体彫られています。別名 「火焚き地蔵」 とも呼ばれています。
多田満仲の墓。大和国の石工によって永仁4年(1296)に造られたと考えられる宝篋印塔です。関東では最古のもので国指定重要文化財となっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多田満仲の墓。大和国の石工によって永仁4年(1296)に造られたと考えられる宝篋印塔です。関東では最古のもので国指定重要文化財となっています。
二十五菩薩。永仁元年(1293)頃から彫られ始めたという磨崖仏で計26体あります。これも国指定の重要文化財です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二十五菩薩。永仁元年(1293)頃から彫られ始めたという磨崖仏で計26体あります。これも国指定の重要文化財です。
曽我兄弟と虎御前の墓。永仁3年(1295)に建立されたもので、水輪に地蔵菩薩が彫られています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曽我兄弟と虎御前の墓。永仁3年(1295)に建立されたもので、水輪に地蔵菩薩が彫られています。
静かな散策路を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな散策路を歩きます。
芦の湯に入ります。芦の湯は古くから温泉が自噴しており、弘安3年(1280)には山岳信仰の行者たちが湯治場として使っていたという記録が残っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦の湯に入ります。芦の湯は古くから温泉が自噴しており、弘安3年(1280)には山岳信仰の行者たちが湯治場として使っていたという記録が残っています。
旅館きのくにや。歴史が古く、創業は300年ほど前の正徳5年(1715)。「箱根の山は天下の剣・・・」で知られる「箱根八里」は滝廉太郎が きのくにや に滞在中に作ったと言われています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旅館きのくにや。歴史が古く、創業は300年ほど前の正徳5年(1715)。「箱根の山は天下の剣・・・」で知られる「箱根八里」は滝廉太郎が きのくにや に滞在中に作ったと言われています。
旅館松坂屋本店。350年の歴史があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旅館松坂屋本店。350年の歴史があります。
明治天皇御駐輩所跡碑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明治天皇御駐輩所跡碑。
東光庵。江戸時代半ば、薬師堂に設けられた茶室に文人墨客が集い詩歌や俳句などを作り風雅を楽しんだと言われています。現在の建物は復元されたものです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東光庵。江戸時代半ば、薬師堂に設けられた茶室に文人墨客が集い詩歌や俳句などを作り風雅を楽しんだと言われています。現在の建物は復元されたものです。
1
東光庵の前庭には多数の歌碑や句碑があります。芭蕉の句碑もありました。「しはらくは花のうえなる月夜哉」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東光庵の前庭には多数の歌碑や句碑があります。芭蕉の句碑もありました。「しはらくは花のうえなる月夜哉」
湯坂路旧道入口。ここから湯坂路が始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯坂路旧道入口。ここから湯坂路が始まります。
古道らしい道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古道らしい道。
鷹巣城跡。後北条氏が秀吉の小田原攻めに備えて築城した山城のひとつです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹巣城跡。後北条氏が秀吉の小田原攻めに備えて築城した山城のひとつです。
紅葉が盛りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が盛りです。
1
浅間山頂。元々は下鷹巣山と呼ばれ、鷹巣城はこちらにあったとの説もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山頂。元々は下鷹巣山と呼ばれ、鷹巣城はこちらにあったとの説もあります。
浅間山と呼ばれるようになったのは江戸時代に山の中腹に富士山信仰の浅間神社が祭られてからです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山と呼ばれるようになったのは江戸時代に山の中腹に富士山信仰の浅間神社が祭られてからです。
大平台分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平台分岐。
湯坂城跡。室町時代に御厨(御殿場地方)から西相模に勢力を持っていた大森氏が築いた城ですが、北条早雲に滅ぼされ後北条氏の支配下になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯坂城跡。室町時代に御厨(御殿場地方)から西相模に勢力を持っていた大森氏が築いた城ですが、北条早雲に滅ぼされ後北条氏の支配下になりました。
坂路入口。湯坂路はここで終了です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂路入口。湯坂路はここで終了です。
箱根湯本駅。本日のゴールです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箱根湯本駅。本日のゴールです。

感想/記録
by onody

芦ノ湖から湯坂路を経由して箱根湯本駅まで歩きました。天気予報は晴れでしたが、箱根はずっと曇天でしたが湯坂路の紅葉は十分楽しめました。古道らしいいい道でした。
訪問者数:163人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

紅葉 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ