ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1009126 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

南アルプス深南部(丸盆岳・鎌崩の頭)

日程 2016年11月17日(木) [日帰り]
メンバー gen0715
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水窪ダムには、トイレ、自動販売機、公衆電話が有ります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間59分
休憩
16分
合計
7時間15分
S戸中川林道ゲート07:1608:26黒法師岳登山口08:2810:07等高尾根下降点10:0810:42カモシカ平10:58丸盆岳11:0511:41鎌薙11:4312:11鎌薙の頭12:1513:17不動岳登山口13:25黒法師岳登山口13:54上足毛沢橋14:30戸中川林道ゲート14:31ゲート手前G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
丸盆岳と鎌崩の頭の間は一般コースではありません。
鎌崩は崩壊しています。
事前に入念な準備と覚悟が必要だと思いました。

写真

スタートします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートします。
1
林道歩きもそれなりに楽しめました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道歩きもそれなりに楽しめました。
2
4.0Km標識先の小屋
いざという時には使えそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4.0Km標識先の小屋
いざという時には使えそうです。
黒法師登山口手前の小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒法師登山口手前の小屋
1
黒法師登山口
ここから登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒法師登山口
ここから登ります。
2
六呂場尾根の向こうに矢筈尾根
その奥に黒沢山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六呂場尾根の向こうに矢筈尾根
その奥に黒沢山
3
ここで少し斜度が緩みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで少し斜度が緩みます。
2
稜線に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。
1
丸盆岳
左に鎌崩の頭
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸盆岳
左に鎌崩の頭
4
大無間山と朝日岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大無間山と朝日岳
4
カモシカ平に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカ平に着きました。
8
鎌崩の頭と丸盆岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌崩の頭と丸盆岳
4
丸盆岳に到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸盆岳に到着しました。
7
不動岳
左に中の尾根山・鶏冠山の上部・池口岳
右に光岳・信濃俣 その奥に聖岳・上河内岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動岳
左に中の尾根山・鶏冠山の上部・池口岳
右に光岳・信濃俣 その奥に聖岳・上河内岳
2
鎌崩の頭
左に黒沢山
右に中の尾根山・鶏冠山の上部・池口岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌崩の頭
左に黒沢山
右に中の尾根山・鶏冠山の上部・池口岳
5
大根沢山・大無間山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大根沢山・大無間山
3
最低鞍部を見下ろし、どうするか考えました。
真っ直ぐには降りられず、最後数m右側に逃げました。
東(写真右)側に巻き道があるようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最低鞍部を見下ろし、どうするか考えました。
真っ直ぐには降りられず、最後数m右側に逃げました。
東(写真右)側に巻き道があるようです。
2
最低鞍部を過ぎて振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最低鞍部を過ぎて振り返る
3
道はこんな感じです。
めちゃめちゃ崩れやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はこんな感じです。
めちゃめちゃ崩れやすい。
3
鎌崩通過完了しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌崩通過完了しました。
5
丸盆岳・黒法師岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸盆岳・黒法師岳
3
大無間山・風イラズ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大無間山・風イラズ
2
丸盆岳・黒法師岳・バラ谷の頭
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸盆岳・黒法師岳・バラ谷の頭
4
池口岳・加加森山
手前中央に合地山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池口岳・加加森山
手前中央に合地山
2
鹿の平と不動岳
左に光岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿の平と不動岳
左に光岳
3
中の尾根山・池口岳・加加森山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の尾根山・池口岳・加加森山
3
林道まで降りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道まで降りてきました。
2
葵沢先の水場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葵沢先の水場
1
中小屋ゲートに戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中小屋ゲートに戻ってきました。
2
おまけ
スーパーやまみちにあった瓶コーラの自動販売機(稼働中)
懐かしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ
スーパーやまみちにあった瓶コーラの自動販売機(稼働中)
懐かしい
3

感想/記録

 南アルプス深南部の稜線で、最も危険ではないかと思われる鎌崩。
 歩くなら、筋力とバランス感覚が衰えない内にと思い、秋晴れが確約された日に軽量装備で挑戦しました。

 丸盆岳からは、2つの鞍部を経て鎌崩に着きました。二つ目が最低鞍部です。
 今回のコースで一番厳しいと感じたのは、実は鎌崩そのものではなく、一つ目の鞍部でした。岩場の下りで、ホールドがもろく、下手に力をかけるとボロッといきそうでした。岩場は結構好きな方だと思いますが、ここは墜ちるかもしれないと感じてかなり緊張し、正直怖かったです。

 最低鞍部もかなり厳しかったのですが、少し東側に数m逃げて通過しました。(一つ目の鞍部も東側にコースを取れば、良かったかもしれません。)

 鎌崩は距離的には短いのですが、稜線を進むか、下降して巻くか迷いました。巻くとしたら、100m位下降するというのが自分の考えでした。
 まずは、稜線上を進んで、ダメだと思ったら無理をしないで直ぐ引き返すことにしました。
 核心部に取りつくと、道が「さあ、今から崩れるぞ」と言っているように感じました。足場は、不用意な一歩を出せば簡単に崩れ出します。手がかりも、ちゃんと確認しなければ力を入れらないのはもとより、加重を増すのも慎重に行わなければ、即命に関わる事態になりそうです。一部、(斜度は無いけど)自分にはとても2本足では通過できないところもありました。(四つん這いではありませんが、稜線をまたいで、手を使って通過しました。)
 何とか笹の生えている所に入った時には、ほっとしました。

 結果的に、ほぼ巻くことなく、稜線上を歩きました。最低鞍部には、東側に巻き道があるようですが、気付くことができませんでした(反省)。一部、樹の枝が邪魔な所もありましたが、細い稜線でよけると危険だと感じ力任せに突破しました。
 運良く無事に通過できたことは、神様に感謝です。

 もう一度書くと、個人的には、一番南側の鞍部、最低鞍部、鎌崩核心部の順で厳しかったです。
 鎌崩核心部だけであれば、快晴、微風、軽量装備という今回と同じ条件であれば、もう一度歩いてもいいかなとも思います。(逆コースだと下りになり難易度は増すと思います。)
 しかし、その手前(南側)の鞍部二つはそうは思えません。自分の力量では、楽しめる所ではありませんでした。それがハッキリと分かったので、今回が最初で最後の鎌崩だと思います。

 怖かったことばかりを書いてしまいましたが、カモシカ平や鎌崩の頭北側からは、周りの山々が良く見えて楽しかったです。(富士山は霞んでいました。)
訪問者数:193人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ