ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1009414 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

金峰山・国師ヶ岳・甲武信ヶ岳(瑞牆山荘〜西沢渓谷入口)〜高度の高い北側ルートはアイスバーンでした

日程 2016年11月16日(水) 〜 2016年11月18日(金)
メンバー Gonpapa
天候3日間とも晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
・JR韮崎駅 2番乗場 茅ヶ岳みずがき田園線みずがきルート
 始発 韮崎駅8:50-10:05みずがき山荘
 http://kyohoku.jp/%E8%B7%AF%E7%B7%9A%E3%83%90%E3%82%B9/%E8%8C%85%E3%83%B6%E5%B2%B3%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%8C%E3%81%8D%E7%94%B0%E5%9C%92%E3%83%90%E3%82%B9/%E9%81%8B%E8%A1%8C%E6%99%82%E9%96%93%EF%BC%88%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%8C%E3%81%8D%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%89/
 【運行期間】 2016年4月2日〜11月23日、12月30日〜1月3日

 (注)山小屋で得た情報です。
    韮崎・増富温泉郷線で韮崎駅7:45発益富温泉8:45着、茅ヶ岳みずがき田園線みずがきルートの増富ラジウム温泉峡8:45発に乗り換えると、みずがき山荘に9:02着と約1時間早く瑞牆山荘に着ける。
    韮崎・増富温泉郷線
    http://www.city.hokuto.yamanashi.jp/komoku/kurashi/kokyokotsu/1306311369-46.html#13063114294

・山梨市営バス西沢渓谷線 西沢渓谷入口→山梨市駅(900円)
  http://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/citizen/guide/house/traffic/files/2016-0128-1712.pdf

・甲州市市民バス 窪平・西沢渓谷線 西沢渓谷入口→塩山駅南口(1030円)
  http://www.city.koshu.yamanashi.jp/kurashi/files/20150310/H27%E8%A5%BF%E6%B2%A2%E6%B8%93%E8%B0%B7HP.pdf
  ただし、平成27年4月25日から9月30日の間の土・日・祝日と、10月1日から11月23日の間は毎日運行
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間25分
休憩
1時間21分
合計
6時間46分
S瑞牆山荘10:1010:55富士見平小屋11:0211:42鷹見岩分岐11:50大日小屋12:26大日岩12:4113:44砂払の頭14:0714:16千代の吹上14:2414:32金峰山小屋分岐14:3515:06五丈石15:3115:36金峰山16:56金峰山小屋
2日目
山行
8時間47分
休憩
47分
合計
9時間34分
金峰山05:5507:19朝日岳07:31大ナギ07:3307:50朝日峠08:18大弛峠08:1909:10前国師ヶ岳09:16三繋平09:24国師ヶ岳09:3911:16国師ノタル11:1712:01東梓12:48両門ノ頭12:5413:28富士見13:3814:15水師14:1614:312353m地点15:02甲武信ヶ岳15:1315:29甲武信小屋
3日目
山行
5時間44分
休憩
51分
合計
6時間35分
甲武信小屋05:2605:51木賊山まき道分岐05:57戸渡尾根分岐06:0107:24徳ちゃん新道分岐08:36徳ちゃん新道登山口08:5208:58二俣吊橋10:02七つ釜五段の滝10:1810:23西沢渓谷終点10:3110:51大展望台10:5511:04大久保橋11:37ねとりインフォメーション11:52西沢渓谷駐車場11:58道の駅みとみ12:0112:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・瑞牆山荘〜金峰山
 ・富士見平小屋までは、葉を落とした木立の中、青空の下、緩やかに登る。
 ・小屋から暫く進むと常用樹林帯って緩やかに登る。視界が開けると大日小屋。
 ・大日小屋から急登して大日岩へ。
 ・その後、樹林の中を急登を交えて緩やかに登り、最後に急登して砂払ノ頭に至る。
 ・砂払ノ頭以降は眺望が開け、岩稜帯をやや急登して五丈岩・金峰山に至る。

・金峰山〜国師ヶ岳
 ●大弛峠までの登山道上には残雪(アイスバーン)が多かったが、何とかアイゼン付けずに
  進めた(その代わりにスピードは犠牲にした)
 ・朝日岳直下までは、平坦・緩やかなアップダウン。
 ・急登して朝日岳に登った後は、平坦・緩やかなアップダウンで大弛峠へ。
 ・大弛峠からは木道で高度を上げた後、緩やかに前国師〜国師ヶ岳に進む。

・国師ヶ岳〜甲武信ヶ岳
 ・両門の頭以外では見晴らしのない樹林の中を、大きなアップダウンと、その間に小さな
  アップダウンを繰り返しして進む、ハードなコース。
 ●国師ヶ岳からの下りではアイゼン無では転倒確実な状況で、軽アイゼンを付けました。

・甲武信ヶ岳〜徳ちゃん新道登山口
 ・急降して、甲武信小屋へ。
 ・木賊山を巻いて、木賊山まき道分岐へ。
 ・緩やかに登り、戸渡尾根分岐へ。
 ・戸渡尾根分岐からは緩やかに登り返した後、概ね急降/やや急降で、西沢渓谷の徳ちゃん
  新道登山口に至る。

・徳ちゃん新道登山口〜西沢渓谷終点〜道の駅みとみ
 ・渓流沿いに緩やかに進むが、数カ所で高巻道への急登があり、最後に急登して西沢渓谷
  終点に至る。
 ・西沢渓谷終点からはトロッコ軌道の道を緩やかに下り、ねとりインフォメーションへ。
 ・その後は、平坦に進み、道の駅みとみに至る。

装備

個人装備 雨具 非常食 地図 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 ツェルト 防寒着

写真

瑞牆山荘バス停と駐車場入り口。ここの左側にある登山口を出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山荘バス停と駐車場入り口。ここの左側にある登山口を出発。
林道を横切る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横切る。
休憩所。奥には瑞牆山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所。奥には瑞牆山。
林道への分岐点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道への分岐点。
10:55-11:03富士見平小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:55-11:03富士見平小屋
11:42鷹見岩分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:42鷹見岩分岐
あれが大日岩かな?右下に大日小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが大日岩かな?右下に大日小屋。
1
大日岩に向かって急登。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岩に向かって急登。
1
大日岩の足元を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岩の足元を通過。
(振り返って)南アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)南アルプス
2
赤石岳、悪沢岳あたりか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳、悪沢岳あたりか
4
農鳥岳、間ノ岳、北岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳、間ノ岳、北岳
7
八丁平・小川山への分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁平・小川山への分岐点
12:26-41大日岩(八丁平・小川山への分岐点)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:26-41大日岩(八丁平・小川山への分岐点)
抜けた所が、砂払ノ頭。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜けた所が、砂払ノ頭。
13:44-14:07砂払ノ頭
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:44-14:07砂払ノ頭
4
雲に浮かぶ富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲に浮かぶ富士山
1
微妙なバランス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
微妙なバランス
3
(拡大)絶妙なバランス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)絶妙なバランス
1
南アルプス、八ヶ岳、瑞牆山、小川山。肉眼では、右奥に北アルプス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス、八ヶ岳、瑞牆山、小川山。肉眼では、右奥に北アルプス。
2
手前の岩峰が、千代ノ吹上か
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の岩峰が、千代ノ吹上か
2
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
1
(拡大)北アルプス(鹿島槍、五竜、唐松、天狗ノ頭、白馬鑓ヶ岳、白馬杓子岳、白馬岳かな)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)北アルプス(鹿島槍、五竜、唐松、天狗ノ頭、白馬鑓ヶ岳、白馬杓子岳、白馬岳かな)
1
14:32-35金峰山小屋分岐と金峰山小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:32-35金峰山小屋分岐と金峰山小屋
(拡大)金峰山小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)金峰山小屋
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
15:06-31五丈石。登頂にチャレンジしたが、最後の所で手掛かり・足掛かりが少なく、何とか登れそうだが、降りる自信が持てなくて、止めた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:06-31五丈石。登頂にチャレンジしたが、最後の所で手掛かり・足掛かりが少なく、何とか登れそうだが、降りる自信が持てなくて、止めた。
4
五丈岩を8割ほど登った所より。小川山、金峰山、朝日岳、国師ヶ岳。金峰山と朝日岳の間には、三宝山、甲武信ヶ岳、木賊山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈岩を8割ほど登った所より。小川山、金峰山、朝日岳、国師ヶ岳。金峰山と朝日岳の間には、三宝山、甲武信ヶ岳、木賊山。
五丈岩から金峰山小屋へ下れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈岩から金峰山小屋へ下れる。
今日は終日、富士山が綺麗。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は終日、富士山が綺麗。
1
15:36金峰山。ここからも金峰山小屋へ下れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:36金峰山。ここからも金峰山小屋へ下れる。
4
今日は、金峰山小屋泊まりだが、明日暗い中出るため、明るいうちに大弛峠方向を確認する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、金峰山小屋泊まりだが、明日暗い中出るため、明るいうちに大弛峠方向を確認する。
三宝山、甲武信ヶ岳、木賊山、朝日岳、国師ヶ岳、北奥千丈岳、鉄山。国師ヶ岳までの稜線を確認。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三宝山、甲武信ヶ岳、木賊山、朝日岳、国師ヶ岳、北奥千丈岳、鉄山。国師ヶ岳までの稜線を確認。
(拡大)三宝山、甲武信ヶ岳、木賊山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)三宝山、甲武信ヶ岳、木賊山
3
金峰山小屋が見えるので、近道をしようと斜面トラバースして行ったら、えらい藪漕ぎになってしまった。大失敗!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山小屋が見えるので、近道をしようと斜面トラバースして行ったら、えらい藪漕ぎになってしまった。大失敗!!
1
藪漕ぎ終えて、登山道に回復。約60分ロス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪漕ぎ終えて、登山道に回復。約60分ロス。
1
16:56金峰山小屋。やっと着きました。入口は左側。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:56金峰山小屋。やっと着きました。入口は左側。
1
1階。寝室は2階。定員60名以上は受け付けない由。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1階。寝室は2階。定員60名以上は受け付けない由。
4
夕食。ワイン付きチキンソテー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食。ワイン付きチキンソテー。
6
お代わりはカレー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お代わりはカレー。
6
05:30金峰山小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
05:30金峰山小屋
右:金峰山山頂、左:五丈岩の分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右:金峰山山頂、左:五丈岩の分岐点
なんか、霞んでいるような。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんか、霞んでいるような。
6
緩やかに下り、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかに下り、
緩やかに登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかに登る。
緩やかに下り、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかに下り、
緩やかに登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかに登る。
急登して朝日岳頂上部に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登して朝日岳頂上部に。
(振り返って)富士山、鉄山、五丈岩・金峰山。背後に、白峰三山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)富士山、鉄山、五丈岩・金峰山。背後に、白峰三山。
(拡大)南アルプス。今日は霞んでいるな〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)南アルプス。今日は霞んでいるな〜。
朝日岳頂上部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳頂上部
07:19朝日岳。山頂標識が日焼けして薄くなってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:19朝日岳。山頂標識が日焼けして薄くなってました。
07:31大ナギ。眺望ポイント。正面の山影が国師ヶ岳・北奥千丈岳、奥千丈岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:31大ナギ。眺望ポイント。正面の山影が国師ヶ岳・北奥千丈岳、奥千丈岳。
三宝山、甲武信ヶ岳、木賊山、国師ヶ岳・北奥千丈岳、、奥千丈岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三宝山、甲武信ヶ岳、木賊山、国師ヶ岳・北奥千丈岳、、奥千丈岳
今日は、霞んでいる。11月だというのに、春霞みたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、霞んでいる。11月だというのに、春霞みたい。
眺望ポイント(大ナギ)を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望ポイント(大ナギ)を振り返る。
07:50朝日峠。黄丸の所に標識あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:50朝日峠。黄丸の所に標識あり。
大弛峠に向かって下る。金峰山小屋でご一緒した、八ヶ岳の夏沢鉱泉の方(今日中に、西沢渓谷に下る)に追い抜かれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大弛峠に向かって下る。金峰山小屋でご一緒した、八ヶ岳の夏沢鉱泉の方(今日中に、西沢渓谷に下る)に追い抜かれる。
08:18大弛峠。直進する階段ではなく、右折して舗装道路を約10メートルほど進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:18大弛峠。直進する階段ではなく、右折して舗装道路を約10メートルほど進む。
約10メートルほど進んで左折。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約10メートルほど進んで左折。
大弛小屋入口&国師ヶ岳登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大弛小屋入口&国師ヶ岳登山口
大弛小屋を通過すると、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大弛小屋を通過すると、
直ぐに、木道が始まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに、木道が始まる。
08:36夢の庭園への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:36夢の庭園への分岐
(振り返って)五丈岩・金峰山、朝日岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)五丈岩・金峰山、朝日岳
(拡大)白峰三山、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)白峰三山、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳
1
(拡大)八ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)八ヶ岳
急登を終え、緩やかな道に。山影は、北奥千丈岳か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を終え、緩やかな道に。山影は、北奥千丈岳か。
09:10前国師ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:10前国師ヶ岳
09:16三繋平(北奥千丈岳、黒金山への分岐点)。北奥千丈岳は以前登ったので、今回はパス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:16三繋平(北奥千丈岳、黒金山への分岐点)。北奥千丈岳は以前登ったので、今回はパス。
09:24-40国師ヶ岳。奥の山影は、北奥千丈岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:24-40国師ヶ岳。奥の山影は、北奥千丈岳。
5
富士眺望ポイントだが、今日は霞んで駄目。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士眺望ポイントだが、今日は霞んで駄目。
1
甲武信ヶ岳に向けて出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳に向けて出発。
ダウン。アイゼン必須になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダウン。アイゼン必須になりました。
黒金山、大菩薩嶺。左は、唐松尾山/飛龍山かな〜?大菩薩嶺との間に、奥多摩三山(大岳山、御前山、三頭山)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒金山、大菩薩嶺。左は、唐松尾山/飛龍山かな〜?大菩薩嶺との間に、奥多摩三山(大岳山、御前山、三頭山)
雲取山、唐松尾山か
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山、唐松尾山か
奥多摩三山(大岳山、御前山、三頭山)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩三山(大岳山、御前山、三頭山)
大菩薩嶺。手前の山影は黒金山への稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺。手前の山影は黒金山への稜線。
1
残雪は無くなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪は無くなりました。
(振り返って)ダウン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)ダウン
緩やかにアップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかにアップ
鬱蒼とした樹林の中、単独行のお2人とすれ違っただけの静かな山行でしたが、ちゃんと赤テープが続いており安心。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬱蒼とした樹林の中、単独行のお2人とすれ違っただけの静かな山行でしたが、ちゃんと赤テープが続いており安心。
アップ。国師ノタル。右の木の裏に標識あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップ。国師ノタル。右の木の裏に標識あり。
(振り返って)11:17国師ノタル国師のタル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)11:17国師ノタル国師のタル
時折、木々の間から甲武信ヶ岳・木賊山を垣間見る。これは、木賊山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折、木々の間から甲武信ヶ岳・木賊山を垣間見る。これは、木賊山。
2
アップを繰り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップを繰り返す。
12:48-55両門ノ頭。甲斐駒ヶ岳と木賊山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:48-55両門ノ頭。甲斐駒ヶ岳と木賊山。
(振り返って)金峰山・国師ヶ岳から歩んできた稜線。中央ピークが東梓かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)金峰山・国師ヶ岳から歩んできた稜線。中央ピークが東梓かな?
(拡大)金峰山・五丈岩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)金峰山・五丈岩
1
国師ヶ岳〜甲武信ヶ岳で唯一の展望。甲武信ヶ岳、木賊山、大菩薩嶺、黒金山、国師ヶ岳、金峰山を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳〜甲武信ヶ岳で唯一の展望。甲武信ヶ岳、木賊山、大菩薩嶺、黒金山、国師ヶ岳、金峰山を望む。
急登が続いて、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が続いて、
14:15水師だと思う。標識見つけられませんでした。背中側にあったのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:15水師だと思う。標識見つけられませんでした。背中側にあったのかな?
14:30毛木平・千曲川源流への分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:30毛木平・千曲川源流への分岐点
ガレ場の先が、甲武信ヶ岳頂上。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場の先が、甲武信ヶ岳頂上。
1
15:02-12甲武信ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:02-12甲武信ヶ岳
5
今日は霞んでます。頂上からのパノラマは
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-899996.html
を参照下さい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は霞んでます。頂上からのパノラマは
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-899996.html
を参照下さい。
甲武信小屋へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信小屋へ向かう。
1
雁坂嶺、破風山、木賊山。その奥に、和名倉山、雲取山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂嶺、破風山、木賊山。その奥に、和名倉山、雲取山。
1
(拡大)和名倉山、雲取山、水晶山、唐松尾山、飛龍山かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)和名倉山、雲取山、水晶山、唐松尾山、飛龍山かな。
1
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
15:29甲武信小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:29甲武信小屋
2
05:26甲武信小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
05:26甲武信小屋
4
05:50木賊山まき道分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
05:50木賊山まき道分岐
05:47-06:01戸渡尾根分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
05:47-06:01戸渡尾根分岐
平な所を少し過ぎると、ビューポイントが現れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平な所を少し過ぎると、ビューポイントが現れる。
大菩薩嶺、広瀬湖、富士山、黒金山、国師ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺、広瀬湖、富士山、黒金山、国師ヶ岳。
2
今日は、戸渡尾根の唯一のビューポイントである、この場所でご来光を迎えようと小屋を早立ちしたが、その甲斐ありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、戸渡尾根の唯一のビューポイントである、この場所でご来光を迎えようと小屋を早立ちしたが、その甲斐ありました。
4
今日は、富士山が綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、富士山が綺麗です。
10
聖岳,、悪沢岳、赤石岳あたりかな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖岳,、悪沢岳、赤石岳あたりかな〜
ビューポイントを後にする。砂地斜面を下るのではなく、直進して岩を越えて下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビューポイントを後にする。砂地斜面を下るのではなく、直進して岩を越えて下る。
(振り返って)急降
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)急降
木々の間から富士が顔出します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から富士が顔出します。
3
このルートでは何カ所か、シャクナゲ街道を通過する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルートでは何カ所か、シャクナゲ街道を通過する。
1
ピークに近丸新道よ徳ちゃん新道の分岐点がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークに近丸新道よ徳ちゃん新道の分岐点がある。
軽く登り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽く登り返し。
(振り返って)木賊山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)木賊山
徳ちゃん新道分岐が現れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳ちゃん新道分岐が現れる。
07:22徳ちゃん新道分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:22徳ちゃん新道分岐
徳ちゃん新道下り始め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳ちゃん新道下り始め。
短いが、岩痩せ尾根を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
短いが、岩痩せ尾根を通過。
右に鶏冠山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に鶏冠山。
広瀬湖、富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広瀬湖、富士山
3
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
幹に、「この先左へ」の案内。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幹に、「この先左へ」の案内。
ここから左に下る。ロープが無かったら、確実に直進してしまう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから左に下る。ロープが無かったら、確実に直進してしまう。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
痩せ尾根に立つ巨木。右側を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根に立つ巨木。右側を通過。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
間も無く、徳ちゃん新道登山口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間も無く、徳ちゃん新道登山口。
08:36-53徳ちゃん新道登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:36-53徳ちゃん新道登山口
二俣吊橋より、鶏冠山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣吊橋より、鶏冠山
鶏冠山登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏冠山登山口
紅葉の名残(1)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の名残(1)。
橋を渡ると、高巻道へ急登。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ると、高巻道へ急登。
本日のメイン、七ツ釜五段の滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のメイン、七ツ釜五段の滝。
2
七ツ釜五段の滝の上部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ釜五段の滝の上部。
西沢渓谷終点への急登
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢渓谷終点への急登
10:23-32西沢渓谷終点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:23-32西沢渓谷終点
休憩所とトイレ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所とトイレ。
トイレの先に黒金山登山道入口。なお、この登山口に来るには、渓流の右岸(下流に向かって右側)の方(これから下るルート)が楽です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレの先に黒金山登山道入口。なお、この登山口に来るには、渓流の右岸(下流に向かって右側)の方(これから下るルート)が楽です。
鶏冠山、木賊山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏冠山、木賊山
1
西沢渓谷終点を後にする。ここからはトロッコ道を緩やかに下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢渓谷終点を後にする。ここからはトロッコ道を緩やかに下る。
ご一緒におしゃべりしながら下山できたので、時間を忘れることができました。感謝です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご一緒におしゃべりしながら下山できたので、時間を忘れることができました。感謝です。
10:51-55大展望台。鶏冠山、木賊山(ガスが覆い始める)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:51-55大展望台。鶏冠山、木賊山(ガスが覆い始める)
1
鶏冠山、木賊山、破風山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏冠山、木賊山、破風山
破風山、(ガスに中に雁坂嶺)、水晶山、古礼山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山、(ガスに中に雁坂嶺)、水晶山、古礼山
残っているトロッコ軌道跡。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残っているトロッコ軌道跡。
11:18西沢渓谷山ノ神
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:18西沢渓谷山ノ神
広い林道に変わる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い林道に変わる。
広い林道にでると、ネトリインフォメーションが近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い林道にでると、ネトリインフォメーションが近い。
ネトリ橋より、鶏冠山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネトリ橋より、鶏冠山
1
(振り返って)ネトリ橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)ネトリ橋
11:38ねとりインフォメーション。直進;西沢渓谷。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:38ねとりインフォメーション。直進;西沢渓谷。
紅葉の名残(2)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の名残(2)
11:50西沢渓谷入口ゲート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:50西沢渓谷入口ゲート
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
看板の向こうが、道の駅みとみです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板の向こうが、道の駅みとみです。
11:58道の駅みとみ。鶏冠山、木賊山がガスの中に入ってしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:58道の駅みとみ。鶏冠山、木賊山がガスの中に入ってしまった。
道の駅みとみにあるバス停は、山梨駅行の山梨市営バス西沢渓谷線のバス停。塩山行の甲州市市民バス 窪平・西沢渓谷線に乗るには、道路で手を挙げてバスを停める(自由乗降区間)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅みとみにあるバス停は、山梨駅行の山梨市営バス西沢渓谷線のバス停。塩山行の甲州市市民バス 窪平・西沢渓谷線に乗るには、道路で手を挙げてバスを停める(自由乗降区間)。
生姜焼き定食650円、美味しく頂きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生姜焼き定食650円、美味しく頂きました。
1
ここで手を挙げてバスを停め、塩山駅に向かいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで手を挙げてバスを停め、塩山駅に向かいました。
1

感想/記録

・念願だった、奥秩父主脈路の内の未踏のルート:瑞牆山荘〜甲武信ヶ岳を歩くことができた。これで、白馬岳から高尾山・丹沢まで繋げることができた。来年は、いよいよ日本海〜太平洋をつなげたい。

・この時期、雪を心配したが、お天気が良かったためか、標高の高い、北側あるいは樹林の中など日が射さないルートの残雪が凍り付いている程度だった。お天気次第ではもっと雪が積もるものと思われる。
訪問者数:294人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/29
投稿数: 443
2016/11/20 12:21
 日本海から太平洋まで
こんにちは、初めまして。
先週甲武信ヶ岳に行ったので、この記録を見ました。
日本海から太平洋まで繋げようとされているんですね。
興味を持ちましたので、これからも過去の記録を時々覗きに来ようと思います。

私が行ったときより雪は解けていますね。
それにしても3日間いいお天気で良かったですね。
登録日: 2011/11/2
投稿数: 71
2016/11/21 18:08
 Re: 日本海から太平洋まで
こんばんわ、初めまして。コンタクトありがとうございます。

お天気を見定めて出かけ、予報通りだったので、眺望楽しむことができました。
レコ拝見、雪は結構積もってたんですね。私の時は、比べるとだいぶ少なくなってました。
日本横断、日本海へは栂海新道で白馬岳〜親不知と決まってますが、太平洋側は何処にしようか、まだ迷ってます。第一候補は富士山から南下する案です。
私のレコがお役にたてれば幸いです。レコをご覧になって、もし、何かありましたら、遠慮なくコンタクト下さい。以上

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ