ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1009836 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

綿向山〜清水の頭の周回とちょっと紅葉

日程 2016年11月18日(金) [日帰り]
メンバー aoi_suzuno
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白倉谷林道ゲート前
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間41分
休憩
21分
合計
8時間2分
Sスタート地点07:1510:04綿向山10:1710:23綿向北尾根分岐10:48イハイガ岳11:06大峠11:0811:14大峠11:1712:38雨乞・東1014P12:3912:51清水頭12:5315:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大菊ヶ谷林道は斜面崩落で通行不可。 通過する際は自己責任で

写真

白倉谷林道沿いの紅葉はちょうど見ごろでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白倉谷林道沿いの紅葉はちょうど見ごろでした
4
綿向山南尾根が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綿向山南尾根が見えてきた。
2
南尾根の支尾根に乗ったところ。 とんでもない急登です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南尾根の支尾根に乗ったところ。 とんでもない急登です
4
南尾根まで植林の急登を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南尾根まで植林の急登を登ります。
2
ここを登れば綿向山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登れば綿向山。
2
無雪期に上るのは初めて。 あたりまえだけど雪ないと別の山見たい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無雪期に上るのは初めて。 あたりまえだけど雪ないと別の山見たい。
4
これから行く清水の頭までの稜線。 結構あるなー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く清水の頭までの稜線。 結構あるなー
5
イハイガ岳を過ぎたところのガレ場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イハイガ岳を過ぎたところのガレ場。
4
綿向山を振り返って・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綿向山を振り返って・・・
1
雨乞方面はガスの中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞方面はガスの中。
2
清水の頭南尾根のP835。ここのあたり紅葉がきれいでした。 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水の頭南尾根のP835。ここのあたり紅葉がきれいでした。 
4
その後は激下りが待ってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後は激下りが待ってます。
1
白倉谷林道の紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白倉谷林道の紅葉。
4

感想/記録

白倉谷と大菊ヶ谷の紅葉観察と綿向山から清水の頭まで周回してきました。 予想通り稜線上はもう葉っぱもありませんが林道沿いは綺麗な紅葉が楽しめました。
訪問者数:175人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 林道 崩落 紅葉 ガレ 支尾根
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ