ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1011105 全員に公開 ハイキング甲信越

道坂隧道BS→今倉山→赤岩→二十六夜山→西川BS

日程 2016年11月20日(日) [日帰り]
メンバー tym406
天候晴れ→曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
(往路)
新宿 0730
↓ 特急あずさ3号 ・・・ かなり混雑
大月 0831 0834
↓ 富士急 ・・・ 満員
都留市 0849 0912
↓ 富士急バス ・・・ 満員
道坂隧道BS 0940


(復路)
西川BS  1605
↓ バス ・・・ 満員
都留文科大学 1620 1629
↓ ホリデー快速 ・・・ 満員
三鷹 1751 1753
↓ 快速
吉祥寺 1756

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
1時間32分
合計
5時間52分
S道坂隧道バス停09:4610:58今倉山(東峰)10:5911:17御座入山(今倉山:西峰)11:1811:32西ヶ原(パラジマ沢分岐)11:45赤岩(松山)12:4313:05中ノ沢ノ頭13:40二十六夜山(道志二十六夜山)14:1114:45仙人水14:4615:37西川バス停15:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所なし
落ち葉で道が少し分かり難いが、注意していれば間違えることは無いと思う。
その他周辺情報芭蕉月待の湯(バスの都合があったので、行かなかった)

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ ポール

写真

二度目の道坂隧道BS。今日は、混んでいる。
2016年11月20日 09:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二度目の道坂隧道BS。今日は、混んでいる。
青空が気持ち良い!
2016年11月20日 10:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が気持ち良い!
南アルプス(塩見、荒川、赤石、聖)は、もう白い
2016年11月20日 10:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス(塩見、荒川、赤石、聖)は、もう白い
今倉山頂手前にて
2016年11月20日 11:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今倉山頂手前にて
三つ峠と南アルプス(北岳、千丈、甲斐駒)
2016年11月20日 11:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ峠と南アルプス(北岳、千丈、甲斐駒)
八が岳。手前は高川
2016年11月20日 11:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八が岳。手前は高川
赤岩にて、展望が360度開ける。
2016年11月20日 12:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩にて、展望が360度開ける。
赤岩にて、三つ峠
2016年11月20日 12:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩にて、三つ峠
赤岩にて。身正体。左の尾根を数年前にたどった
2016年11月20日 12:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩にて。身正体。左の尾根を数年前にたどった
赤岩にて、奥多摩、雲取、金峰方面
2016年11月20日 12:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩にて、奥多摩、雲取、金峰方面
赤岩にて。紅葉している道志方面の主脈。奥に奥多摩、雲取の山々も見える
2016年11月20日 12:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩にて。紅葉している道志方面の主脈。奥に奥多摩、雲取の山々も見える
赤岩にて。身正体と鹿留山、杓子山。富士山は雲の中
2016年11月20日 12:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩にて。身正体と鹿留山、杓子山。富士山は雲の中
赤岩にて。丹沢(檜洞丸)アップ
2016年11月20日 12:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩にて。丹沢(檜洞丸)アップ
二十六夜山
2016年11月20日 13:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二十六夜山
二十六夜山に着く
2016年11月20日 13:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二十六夜山に着く
二十六夜山にて。九鬼山
2016年11月20日 13:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二十六夜山にて。九鬼山
二十六夜山にて。飛龍と雲取
2016年11月20日 13:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二十六夜山にて。飛龍と雲取
二十六夜山にて。立派な身正体の山塊
2016年11月20日 13:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二十六夜山にて。立派な身正体の山塊
二十六夜山にて
2016年11月20日 13:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二十六夜山にて
二十六夜山にて
2016年11月20日 14:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二十六夜山にて
二十六夜山にて。二十六夜の碑
2016年11月20日 14:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二十六夜山にて。二十六夜の碑
この辺りは、紅葉が綺麗だった
2016年11月20日 14:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは、紅葉が綺麗だった
紅葉の谷筋を下っていく
2016年11月20日 15:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の谷筋を下っていく
林道へ出る
2016年11月20日 15:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道へ出る
西川BS
2016年11月20日 15:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西川BS

感想/記録
by tym406

マイナーな山かと思いきや、登山者はかなり多かった。特に、団体が多かったようだ。
バスは、ほとんどの人が、終点の道坂隧道BSまで行った。そのほとんどが、身正体ではなく、今倉を目指した(と思う)。
道坂隧道BSから、20分ほど登ると尾根に出て、そのあとは、二十六夜山の下りまで、ずっと尾根歩きだった(と思う)。
今倉山頂は、菜畑方面との三差路になっている。次は、菜畑の方に行きたいが、下山してからの足がない・・・
今倉の暫く先までは、木々の間から、身正体の上に富士山が見えていたが、木が多いので、見晴らせる訳ではない。
今倉の先で、いったん展望が開ける。このころには、すっかりぶ厚い雲がかかった曇天になってしまい、富士山は見えなくなってしまった。紅葉の山々の向こうに南アルプスの白い峰が見えたのはうれしかった。
ここから大きく下る。赤岩までは、再び木々の中を行くので、あまり展望はない。
赤岩は、今倉方面以外は開けていて、展望がとても良い。身正体と鹿留山が印象的。富士山が見えたら、もっとよかっただろう。南アルプスは何とか見える。晴れていれば、槍が岳も見えるらしい。奥多摩や雲取、金峰や甲武信の眺めも良い。ランチ休憩する。登山者が、続々到着し混雑するので、少し落ち着かない。
赤岩からは急斜面を下る。舗装林道に出て、少し上り返すとすぐに二十六夜山に着く。
二十六夜山からは、富士山方面の展望が良い。いつの間にか分厚い雲が切れてきて、富士山が顔を出す。やはり、富士山が見えた方が良い。雪が太陽を反射して光っている。
二十六夜山からは、急斜面を下る。林道に出て暫く歩くと西川BSに着く。遅れてきたバスは満員。
都留文科大学から乗ったホリデー快速も満員。いくらなんでも六両編成は短すぎだろう。
訪問者数:76人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 紅葉
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ