ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1011133 全員に公開 ハイキング奥秩父

上日川峠から大菩薩嶺、小金沢連山、米背負峠からやまと天目山温泉へ

日程 2016年11月20日(日) [日帰り]
メンバー mizuka
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
上日川第二駐車場
バス:大菩薩上日川峠線 やまと天目山温泉−上日川峠 1,000円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間13分
休憩
25分
合計
7時間38分
S上日川峠05:5906:01ロッヂ長兵衛06:0206:16福ちゃん荘06:1807:03雷岩07:08大菩薩嶺07:1107:15雷岩07:21神部岩07:29賽ノ河原07:3007:34親不知ノ頭07:46大菩薩峠07:5008:00熊沢山08:07石丸峠08:0808:14天狗棚山08:24狼平08:54小金沢山08:5609:18牛奥ノ雁ヶ腹摺山09:2309:46川胡桃沢ノ頭10:10黒岳10:1310:30白谷丸10:59湯ノ沢峠11:0011:27大蔵高丸11:2811:46ハマイバ丸12:08天下石12:18米背負峠(米ショイダル・コメッショイ)13:36やまと天目山温泉13:3713:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
5:59 上日川峠
6:00 ロッヂ長兵衛
6:18 福ちゃん荘
7:08 大菩薩嶺
7:15 雷岩
7:21 神部岩
7:29 賽ノ河原
7:33 親不知ノ頭
7:46 大菩薩峠
8:00 熊沢山
8:07 石丸峠
8:14 天狗棚山
8:24 狼平
8:56 小金沢山
9:18 牛奥ノ雁ヶ腹摺山
9:46 川胡桃沢ノ頭
10:14 黒岳
10:30 白谷丸
10:32 白谷小丸(仮称=白谷丸南東1890m圏の無名峰)
10:59 湯ノ沢峠
11:26 大蔵高丸
11:46 ハマイバ丸
12:07 天下石
12:18 米背負峠(米ショイダル・コメッショイ)
13:36 やまと天目山温泉

写真

6時、薄暗い中出発します。
2016年11月20日 06:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時、薄暗い中出発します。
福ちゃん荘到着まだ開いていませんでした
2016年11月20日 06:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘到着まだ開いていませんでした
唐松尾根分岐点に到着。ここには公衆トイレがありました。
2016年11月20日 06:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松尾根分岐点に到着。ここには公衆トイレがありました。
今回は左手へ\(´∀`) 逆周りの唐松尾根から登ります。
2016年11月20日 06:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は左手へ\(´∀`) 逆周りの唐松尾根から登ります。
ここから一気に登ります。
2016年11月20日 06:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから一気に登ります。
登り始めて40分程でこの景色
2016年11月20日 06:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めて40分程でこの景色
3
市街地は雲海の中
2016年11月20日 07:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市街地は雲海の中
1
大菩薩嶺到着。周りは木にかこまれており展望はありません。
2016年11月20日 07:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺到着。周りは木にかこまれており展望はありません。
百名山、山梨百名山の標柱。
2016年11月20日 07:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百名山、山梨百名山の標柱。
雷岩まで戻りました。岩を越えて先へ進みます
2016年11月20日 07:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷岩まで戻りました。岩を越えて先へ進みます
下界は一面雲海
2016年11月20日 07:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界は一面雲海
快晴。雲ひとつなく展望最高ですヾ( ゜∀゜)ノ゛
2016年11月20日 07:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴。雲ひとつなく展望最高ですヾ( ゜∀゜)ノ゛
3
富士山から南アルプスまで
2016年11月20日 07:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山から南アルプスまで
1
景色を横目に先に進みますが写真を取りながらでなかなか先に進めません
2016年11月20日 07:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色を横目に先に進みますが写真を取りながらでなかなか先に進めません
北岳・間ノ岳・農鳥岳
2016年11月20日 07:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳・間ノ岳・農鳥岳
1
聖岳、赤石、荒川岳か
2016年11月20日 07:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖岳、赤石、荒川岳か
1
標高2000メートル地点通過
2016年11月20日 07:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2000メートル地点通過
ちょっとした岩場を越えて
2016年11月20日 07:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした岩場を越えて
賽ノ河原へ到着
2016年11月20日 07:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽ノ河原へ到着
賽ノ河原には避難小屋もありました
2016年11月20日 07:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽ノ河原には避難小屋もありました
続きまして親不知ノ頭通過
2016年11月20日 07:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続きまして親不知ノ頭通過
富士山の手前に大菩薩湖
2016年11月20日 07:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の手前に大菩薩湖
1
介山荘に向けて尾根を下ります
2016年11月20日 07:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
介山荘に向けて尾根を下ります
下ってきた尾根道を振り返る
2016年11月20日 07:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってきた尾根道を振り返る
1
大菩薩峠に到着
2016年11月20日 07:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠に到着
かわいいお地蔵さんの裏に丹波方面との分岐
2016年11月20日 07:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわいいお地蔵さんの裏に丹波方面との分岐
介山荘まだ営業はしていないようです
2016年11月20日 07:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
介山荘まだ営業はしていないようです
ここは最強の山バッジラインナップΣd(゜∀゜d)
2016年11月20日 07:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは最強の山バッジラインナップΣd(゜∀゜d)
上日川峠との分岐にはトイレと休憩舎があります。
2016年11月20日 07:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上日川峠との分岐にはトイレと休憩舎があります。
上日川峠には降りずに真っ直ぐ進みます(((((*´・ω・)ここから未開拓ゾーン
2016年11月20日 07:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上日川峠には降りずに真っ直ぐ進みます(((((*´・ω・)ここから未開拓ゾーン
これまでと比べて少々ワイルドになる道
2016年11月20日 07:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これまでと比べて少々ワイルドになる道
1
石丸峠が見えてきました。目の前に広がる笹原
2016年11月20日 08:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠が見えてきました。目の前に広がる笹原
石丸峠到着。いつの間にやら熊沢山を越えたみたいだ(゜Д゜)
2016年11月20日 08:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠到着。いつの間にやら熊沢山を越えたみたいだ(゜Д゜)
牛の寝通りとの分岐。小金沢山方面へ
2016年11月20日 08:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛の寝通りとの分岐。小金沢山方面へ
越えてきた稜線を振り返る。遠くから見る笹道が何とも素敵。
2016年11月20日 08:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越えてきた稜線を振り返る。遠くから見る笹道が何とも素敵。
1
南アルプスと雲海と大菩薩湖は何度見ても飽きない
2016年11月20日 08:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスと雲海と大菩薩湖は何度見ても飽きない
見晴らしの良い稜線を進む
2016年11月20日 08:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い稜線を進む
1
日当たりの悪い所は霜が降りて白くなっています
2016年11月20日 08:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日当たりの悪い所は霜が降りて白くなっています
樹林帯に入り暫く登ると
2016年11月20日 08:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に入り暫く登ると
小金沢山に到着しました
2016年11月20日 08:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小金沢山に到着しました
隣には秀麗富嶽十二景の柱。こちらにはQRコードが付いていて読み取るとご褒美画像がゲットできます (σ´∀`)σ
2016年11月20日 08:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣には秀麗富嶽十二景の柱。こちらにはQRコードが付いていて読み取るとご褒美画像がゲットできます (σ´∀`)σ
小金沢山からのぞむ富士山
2016年11月20日 08:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小金沢山からのぞむ富士山
3
お次は牛奥ノ雁ヶ腹摺山へ
2016年11月20日 09:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お次は牛奥ノ雁ヶ腹摺山へ
山頂の手前から既に見える富士山。
2016年11月20日 09:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の手前から既に見える富士山。
やたらと長い名前、牛奥ノ雁ヶ腹摺山ローマ字長!(´Д`;)
2016年11月20日 09:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やたらと長い名前、牛奥ノ雁ヶ腹摺山ローマ字長!(´Д`;)
ここからの眺めも良好
2016年11月20日 09:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの眺めも良好
ただ名前が長いだけの山ではありませんでした。秀麗富嶽十二景と言われても納得のところです。
2016年11月20日 09:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ名前が長いだけの山ではありませんでした。秀麗富嶽十二景と言われても納得のところです。
名残惜しいけれど先は長い。さらば牛奥ノ(以下略。)
2016年11月20日 09:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいけれど先は長い。さらば牛奥ノ(以下略。)
この景色を見ながら進めるので足元がおろそかになってあぶないあぶない(;´д`)ゞ
2016年11月20日 09:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この景色を見ながら進めるので足元がおろそかになってあぶないあぶない(;´д`)ゞ
何枚も撮っちゃうよm9っ`・ω・´)だって美しいのだもの
2016年11月20日 09:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何枚も撮っちゃうよm9っ`・ω・´)だって美しいのだもの
2
川胡桃沢ノ頭通過
2016年11月20日 09:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川胡桃沢ノ頭通過
少々ワイルドな樹林帯を登り返し
2016年11月20日 10:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少々ワイルドな樹林帯を登り返し
大峠との分岐。
2016年11月20日 10:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峠との分岐。
少し開けたら黒岳山頂
2016年11月20日 10:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し開けたら黒岳山頂
昔は大和村という地名だったのでしょうか
2016年11月20日 10:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔は大和村という地名だったのでしょうか
山頂の表示アップ
2016年11月20日 10:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の表示アップ
黒岳から程なくして白谷ノ丸(茶臼山)到着
2016年11月20日 10:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳から程なくして白谷ノ丸(茶臼山)到着
白谷ノ丸からの景色はぐるっと大パノラマ。
2016年11月20日 10:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷ノ丸からの景色はぐるっと大パノラマ。
1
パノラマその雲海はまだ健在です。
2016年11月20日 10:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマその雲海はまだ健在です。
目の前には雁ヶ腹摺山
2016年11月20日 10:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前には雁ヶ腹摺山
相変わらず素敵富士
2016年11月20日 10:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず素敵富士
1
もひとつ素敵富士
2016年11月20日 10:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もひとつ素敵富士
ぬかるんで滑る道を下り
2016年11月20日 10:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぬかるんで滑る道を下り
湯ノ沢登山口との分岐。熊出没注意ではなく発砲注意は初めて見る。
2016年11月20日 10:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ沢登山口との分岐。熊出没注意ではなく発砲注意は初めて見る。
トイレに行くし。ちょっと寄り道。この時点で11時なので米背負峠まで行くことにする。
2016年11月20日 10:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレに行くし。ちょっと寄り道。この時点で11時なので米背負峠まで行くことにする。
軌道修正。大蔵高丸に向かいます。植生保護のドアを開けて中に入ります。この先いくつもドアを開けて進む事になります。
2016年11月20日 11:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軌道修正。大蔵高丸に向かいます。植生保護のドアを開けて中に入ります。この先いくつもドアを開けて進む事になります。
道は一本。迷う事はありません。
2016年11月20日 11:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は一本。迷う事はありません。
湯の沢峠のお花畑。花がさている時に訪れてみたいものです。
2016年11月20日 11:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の沢峠のお花畑。花がさている時に訪れてみたいものです。
ロープの中には入らないよう何枚も注意書きがあります。
2016年11月20日 11:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープの中には入らないよう何枚も注意書きがあります。
大蔵高丸到着しました
2016年11月20日 11:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大蔵高丸到着しました
富士山もう少しで消滅しそう( ;´・ω・`)
2016年11月20日 11:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もう少しで消滅しそう( ;´・ω・`)
次はハマイバ丸へ
2016年11月20日 11:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次はハマイバ丸へ
あたりはススキが多い。晩秋ですねぇ
2016年11月20日 11:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あたりはススキが多い。晩秋ですねぇ
ハマイバ到着
2016年11月20日 11:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハマイバ到着
漢字で書くと破魔射場丸らしい。
2016年11月20日 11:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
漢字で書くと破魔射場丸らしい。
富士山は雲に隠れて見えなくなってしまいました(´・ω・`)
2016年11月20日 11:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は雲に隠れて見えなくなってしまいました(´・ω・`)
下りが少し急で地面が濡れているので滑る。
2016年11月20日 12:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りが少し急で地面が濡れているので滑る。
多分これが天下石だと思うのだが何も書かれていない
2016年11月20日 12:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分これが天下石だと思うのだが何も書かれていない
後ろに回ってみると
2016年11月20日 12:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろに回ってみると
ありました。天下石山頂と書かれています。
2016年11月20日 12:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありました。天下石山頂と書かれています。
1
米背負峠。大蔵沢林道を経て甲斐大和駅方面に進む
2016年11月20日 12:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米背負峠。大蔵沢林道を経て甲斐大和駅方面に進む
沢沿いに進みます
2016年11月20日 12:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに進みます
沢を渡ります。所々で滑るので注意。
2016年11月20日 12:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡ります。所々で滑るので注意。
落ち葉が多く道が不明瞭です。黄色や青・ピンクなど様々な色のテープを頼りに進みます。
2016年11月20日 12:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉が多く道が不明瞭です。黄色や青・ピンクなど様々な色のテープを頼りに進みます。
何度も沢を渡ります。
2016年11月20日 12:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も沢を渡ります。
木の橋を渡る。だいぶ朽ちていて踏むと沈むので慎重に渡る
2016年11月20日 12:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の橋を渡る。だいぶ朽ちていて踏むと沈むので慎重に渡る
舗装路に出ました。ここから温泉までは1時間程舗装路歩きです。
2016年11月20日 12:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路に出ました。ここから温泉までは1時間程舗装路歩きです。
道いっぱいに落ち葉がもっさり
2016年11月20日 12:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道いっぱいに落ち葉がもっさり
本日初めての紅葉。きいろーヽ(・∀・*)ノ
2016年11月20日 12:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日初めての紅葉。きいろーヽ(・∀・*)ノ
今日は山よりもこのあたりの紅葉が一番綺麗でした
2016年11月20日 12:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は山よりもこのあたりの紅葉が一番綺麗でした
1
路上の落石が大きくて怖し(;゜Д゜)
2016年11月20日 13:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
路上の落石が大きくて怖し(;゜Д゜)
甲斐大和駅とやまと天目山温泉との分岐
2016年11月20日 13:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐大和駅とやまと天目山温泉との分岐
真っ暗な隧道現る。ここ通らねばならないのか((( ;゜Д゜)))
2016年11月20日 13:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ暗な隧道現る。ここ通らねばならないのか((( ;゜Д゜)))
ライトを照らしながら進んだけれどあまり役にたってなかったような・・・。それにして暗いわ自分の足音は響くで怖かった(;´Д⊂) 
2016年11月20日 13:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライトを照らしながら進んだけれどあまり役にたってなかったような・・・。それにして暗いわ自分の足音は響くで怖かった(;´Д⊂) 
トンネルを抜けて一安心ε('∞'*)フゥー
2016年11月20日 13:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルを抜けて一安心ε('∞'*)フゥー
車両通行止めゲートの脇を通り抜けます
2016年11月20日 13:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車両通行止めゲートの脇を通り抜けます
右手の脇道から出てきました。折り返してトンネルをくぐります。このトンネルは明かりがあるので安心安全ヽ(*゜∀゜)ノ
2016年11月20日 13:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の脇道から出てきました。折り返してトンネルをくぐります。このトンネルは明かりがあるので安心安全ヽ(*゜∀゜)ノ
やまと天目山温泉に無事到着しました(゜∀゜ノノ゛パチパチパチパチ
2016年11月20日 13:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やまと天目山温泉に無事到着しました(゜∀゜ノノ゛パチパチパチパチ
14時発のバスに乗り上日川峠に戻ります
2016年11月20日 13:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14時発のバスに乗り上日川峠に戻ります
峠到着。お疲れ様でした(´∀`*)
2016年11月20日 14:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠到着。お疲れ様でした(´∀`*)

感想/記録
by mizuka

上日川峠までの道が冬期閉鎖になる前に行かねばと今回は大菩薩へ行く。レ(゜∀゜ )ヘ=З=З=З
峠から大菩薩峠、大菩薩嶺の周回コースは以前歩いたので
どうせならば行った事のない所まで足をのばしてみたいと思い大菩薩峠から先を歩い小金沢山、牛奥ノ雁ヶ腹摺山を経てやまと天目山温泉に降り、バスで峠まで戻るコースをまず考えました。

湯ノ沢峠からは直に温泉に戻るコースとハマイバ丸をこえて米背負峠から温泉に戻るコースがあり、米背負峠から戻るコースを歩きたかったのですが、よくよく調べたら上日川峠までのバスが午後は二本しかなく、やまと天目山温泉発の最終が3時( ゜д゜)!
コースタイム通りに歩いてたら間に合わない。
けど牛奥ノ雁ヶ腹摺山に続きハマイバも変な名前で気になる奴であったため行ってみたい( ・´ω・`)
ということで前回無茶なペースで苦労し反省したにも関わらず今回も巻きで行く事に。

ただ本当にバスが無くなったら困るので湯ノ沢峠に着いた時点で1時になっていたら諦めて直に温泉に戻ると決めて行きました。

周りが少し見えるくらいの明るさになった6時からスタートし
まず真っ先に大菩薩嶺を目指す。

朝下界は霧に包まれて非常に運転し辛かったのですが
山の上から見たらそれが雲海になっており非常に幻想的。
加えて朝一は快晴、富士山もくっきりでもう感動(*゜∀゜)=3
7時過ぎの大菩薩嶺も数人とスレ違うだけの静かな山歩きとなりました。

大菩薩峠よりは一気に人が少なくなるかと思いきや
ちらほら人とすれ違い思いのほか歩かれているルートなのだなと実感。

踏み跡は所々不明瞭な場所もありましたが、道標のテープが各所につけられているため辿っていけば問題なさそうです。危険箇所も前日の雨により下りが滑るのを除けば難しい道も特にありませんでした(/゜Д゜)/
ただ米背負所から林道終点までの沢沿いが落ち葉などでだいぶ不明瞭で道を見失いそうでしたがこちらも立ち止まってよくよく見るとテープが確認できるので見失いかけたら周りをじっくり見る事をおすすめします(´⊙ω⊙`≡´⊙ω⊙`)

平坦の場所、緩やかな道や最後の舗装路はセコセコ歩いた甲斐もあり予定より一本前のバスに乗ることができて良かったです(´Д`)

紅葉は完全に終わってしまいましたが最後の林道が見頃という。
思いもよらないところで楽しめて良かったです。
訪問者数:169人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ