ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1011206 全員に公開 ハイキング丹沢

丹沢山 大倉からピストン

日程 2016年11月20日(日) [日帰り]
メンバー hekomuki(CL), その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
(行き)
5:31 新宿駅発
6:55頃 渋沢駅着

6:44到着予定でしたが濃霧のため徐行運転で遅れました。
遅れなかった場合は6:48のバスに接続できるはずです。

7:02 渋沢駅北口発 渋02 大倉行 満員 積み残しあり
7:20 大倉着

(帰り)
15:55 大倉発 やっぱり満員 積み残しあり
16:08 渋沢駅着
16:16 渋沢駅発
17:37 新宿駅着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間56分
休憩
1時間12分
合計
8時間8分
S大倉バス停07:3009:47花立山荘10:06金冷シ10:24塔ノ岳10:3811:03日高11:21竜ヶ馬場11:39丹沢山12:1012:27竜ヶ馬場12:42日高13:07塔ノ岳13:3413:46金冷シ13:57花立山荘14:26堀山の家14:41駒止茶屋15:05見晴茶屋15:18観音茶屋15:38大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSロガーをonにしないで登り始めてしまったため、ヤマプラのルートをもとにGPXファイルを作成して、時間は手入力してます。
コース状況/
危険箇所等
前日が雨だったのでぬかるみが多かったです。
ザレ場も木の階段も濡れていて滑りやすかったです。
その他周辺情報大倉のバス停はトイレの前に靴の洗い場があって便利なのですが、意外にタイミングよくバスが来てしまい、靴がドロドロのまま乗らざるを得ないのが最近の悩みどころです。

渋沢の駅前にも洗い場作ってくれませんかね...

装備

共同装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

霧が発生して、海側は雲海のようになっていました。
2016年11月20日 07:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が発生して、海側は雲海のようになっていました。
1
見晴茶屋にて。
2016年11月20日 08:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴茶屋にて。
1
駒止茶屋の前だったと思いますが、記憶が定かではありません。
2016年11月20日 08:46撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒止茶屋の前だったと思いますが、記憶が定かではありません。
3
富士山が見えてきました。
2016年11月20日 08:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が見えてきました。
2
全体的にこんな感じで濡れている路面がほとんどでした。
2016年11月20日 08:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全体的にこんな感じで濡れている路面がほとんどでした。
1
富士山その2。
2016年11月20日 09:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山その2。
1
江の島・大島方面。
まだ霧が残っています。
2016年11月20日 09:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江の島・大島方面。
まだ霧が残っています。
2
箱根方面。
左奥のちょっと霞んでいるのが天城山。
右端のちょっと目立つピークが金時山。
2016年11月20日 09:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箱根方面。
左奥のちょっと霞んでいるのが天城山。
右端のちょっと目立つピークが金時山。
1
富士山その3。
2016年11月20日 09:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山その3。
1
さらに拡大。
2016年11月20日 09:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに拡大。
3
塔ノ岳に到着。
2016年11月20日 10:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳に到着。
2
大山・三ノ塔方面。
2016年11月20日 10:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山・三ノ塔方面。
1
あれ、雲が出てきた。
2016年11月20日 10:29撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ、雲が出てきた。
1
丹沢山に向けて出発。
ここからは初めてのルートです。
2016年11月20日 10:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山に向けて出発。
ここからは初めてのルートです。
塔ノ岳直下の鞍部です。
狭いうえに左右が切れ落ちています。
さらに木の階段が揺れます。
2016年11月20日 10:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳直下の鞍部です。
狭いうえに左右が切れ落ちています。
さらに木の階段が揺れます。
竜ケ馬場より、大山方面。
2016年11月20日 11:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ケ馬場より、大山方面。
1
同じく竜ケ馬場より、塔ノ岳方面。
2016年11月20日 11:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく竜ケ馬場より、塔ノ岳方面。
1
到着〜。
2016年11月20日 11:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着〜。
2
タッチ。
2016年11月20日 11:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タッチ。
蛭ヶ岳、と言いたいところですが、
本物は右の木の影です。
2016年11月20日 12:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳、と言いたいところですが、
本物は右の木の影です。
1
急にぶ厚い雲が出てきました。
2016年11月20日 12:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急にぶ厚い雲が出てきました。
1
塔ノ岳に帰ってきました。
2016年11月20日 13:07撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳に帰ってきました。
塔ノ岳より丹沢山。
近そうに見えて遠かったです。
2016年11月20日 13:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳より丹沢山。
近そうに見えて遠かったです。
撮影機材:

感想/記録

先々週の塔ノ岳で調子に乗った妻(と私)。
今回は丹沢山まで行ってみよう、という企画です。

渋沢駅、大倉は予想通りの混雑でしたが、今回は克童窯の辺りまで登山者が連なって歩いてました。さすがは人気の山ですね。

この日は11月下旬にしては珍しく気温が高く、風も穏やかだったため、花立辺りまでは暑すぎるくらいでした。大倉尾根特有の延々と続く階段に、来たことを後悔させられる一方、ところどころに現れる平坦な尾根道で息を吹き返し、さらに下山してきた丹沢チャンピオンに遭遇して、佐川急便の飛脚のマークに触ったような、「今日はいいことあるかも」という気分になりました。

前回、無理にとばしてもあまり時間が変わらなかったことをふまえ、今回は1時間早く出発して、そこそこのペースで淡々と行ってみることにしました。人が多かったことが幸いして、「ちょっとしんどいかな」というペースで休まずに(というか休んだら渋滞に巻き込まれそうで休めない)登れました。
塔ノ岳で一服しつつ、妻も私もまだ行ける状態だったので予定通り丹沢山を目指します。

尊仏山荘の裏に回ると丹沢山が見えます。塔ノ岳からは2.6km、途中に標高差60〜80mのアップダウンが3回あります。普段の状態なら平気でしょうけど、大倉尾根の後のこれはなかなかキツいです。妻は「ここにエスカレーターがあったらなぁ」と言ってました。んなもんあるわけねーし(笑)。

それでも何とか丹沢山に到着。
富士山は見えませんでしたが、「ここまで来れた」という達成感のほうが大きかったです。
山頂は想像よりもこぢんまりとしていて、ベンチも少なめです。
雲が出てきて景色もあまり見えなくなってしまうし、帰り道のことを考えるとゆっくりする気にもなれず、おにぎりだけササッと食べて塔ノ岳に戻ることにします。帰りも当然3回のアップダウンがあり、塔ノ岳直下の最後の登りが特にキツかったです。

塔ノ岳まで戻ってきたところで、お菓子とコーヒーをいただきました。歩いている時は暑かったのに、暖かいコーヒーが疲れた体に不思議と染みわたります。
気合を入れ直して下山開始。またしても人が数珠繋ぎになった道を淡々と降りていきます。帰りもなかなかのペースで帰ってくることができました。

丹沢山まで行けたことももちろんですが、累積標高で1500mを往復できたのも個人的には嬉しかったです。
訪問者数:159人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ