ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1011551 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

カクレグラ

日程 2016年11月20日(日) [日帰り]
メンバー sakajin(SL), hiropy(CL), taramimoguGsachi33
アクセス
利用交通機関
車・バイク
甲津畑林道の甲津畑登山口近くの路肩の広い所にデポしました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間17分
休憩
1時間16分
合計
6時間33分
Sスタート地点08:4209:13向平谷取付09:49休憩10:0310:25向平10:3311:43尾根道出合12:0212:32カクレグラ12:5413:50P74113:56入道ヶ平分岐14:13鉄塔14:1614:49休憩14:5315:02渡渉点15:0815:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
向平谷から尾根出合いまではバリコース、地形図とコンパスは必帯です。GPSもあればなお良いです。
向平谷から尾根までの標高差約200mの激斜面はスリップ、滑落に注意しながら慎重に。
カクレグラからの下りもかなりの急斜面のトラバースが数か所ありますので、ここも滑落に注意です。
最後の渋川の渡渉も水量が多い時は渡渉出来ないと思いますので注意してください。

写真

フジキリ谷上流側、きれいに紅葉しています。
2016年11月20日 08:54撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フジキリ谷上流側、きれいに紅葉しています。
紅葉が登り口までにも楽しめます(ta)
2016年11月20日 09:08撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が登り口までにも楽しめます(ta)
向平谷の入口です。このまま進むのは少しやばそうなので左岸を高巻いて進むことにしました。
2016年11月20日 09:17撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向平谷の入口です。このまま進むのは少しやばそうなので左岸を高巻いて進むことにしました。
1
窯のあとや、以前は何かたてものがあったのかと思うような石垣がみられました(ta)
2016年11月20日 09:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
窯のあとや、以前は何かたてものがあったのかと思うような石垣がみられました(ta)
谷の傾斜がやや緩やかになったあたりから谷を歩きました。あまり派手でない落ち着いた黄葉の佇まいが良い感じです。
2016年11月20日 09:59撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷の傾斜がやや緩やかになったあたりから谷を歩きました。あまり派手でない落ち着いた黄葉の佇まいが良い感じです。
2
ここからの一時間ぐらいが一番しんどいところでした。(ta)
2016年11月20日 10:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの一時間ぐらいが一番しんどいところでした。(ta)
画像ではあまり急には感じませんが、実際はかなりの激斜面です。木がしっかりとしていることを確認しながら、それにつかまったり、四輪駆動になったりで攀じ登りました。
2016年11月20日 11:30撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
画像ではあまり急には感じませんが、実際はかなりの激斜面です。木がしっかりとしていることを確認しながら、それにつかまったり、四輪駆動になったりで攀じ登りました。
尾根に出ると、楽なトレイルです。少しガスってきました。
2016年11月20日 11:46撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ると、楽なトレイルです。少しガスってきました。
1
ガスがでると一気に涼しくかんじますね。
2016年11月20日 12:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがでると一気に涼しくかんじますね。
カクレグラ、別名を水谷岳、山頂には二等三角点『佐目村』があります。
2016年11月20日 12:32撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カクレグラ、別名を水谷岳、山頂には二等三角点『佐目村』があります。
2
こんな山名板はすてきね。(ta)
2016年11月20日 12:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな山名板はすてきね。(ta)
1
しろもじの黄葉が美しい
2016年11月20日 13:50撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しろもじの黄葉が美しい
黄色の絨毯(ta)
2016年11月20日 14:09撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色の絨毯(ta)
1
高圧鉄塔の切り開きから三上山が望めました。
2016年11月20日 14:14撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高圧鉄塔の切り開きから三上山が望めました。
1
関電の鉄塔巡視路ですが、かなり急斜面のトラバースが数ヶ所あります。スリップしないように慎重に下りました。
2016年11月20日 14:32撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関電の鉄塔巡視路ですが、かなり急斜面のトラバースが数ヶ所あります。スリップしないように慎重に下りました。
だいぶ下ってきた小さな滝の所で一休み。落ち葉の感じと相まって良い佇まいです。
2016年11月20日 14:51撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ下ってきた小さな滝の所で一休み。落ち葉の感じと相まって良い佇まいです。
最後の渡渉。足を濡らさず渡るのは難しい・・・(ta)
2016年11月20日 15:09撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の渡渉。足を濡らさず渡るのは難しい・・・(ta)

感想/記録
by moguG

所属の山の会11月例会でカクレグラに登りました。
コースは甲津畑林道終点から向平谷を詰めて尾根に登り、カクレグラへ。下りは西へ尾根を下り、関電巡視路で甲津畑林道に降りました。

向平谷の最初は岩々の急登、ちょっとヤバそう、左岸に踏み跡があったのでそれを高巻しました。途中に炭焼窯跡が随所にあり、苔むした石積もあってなかなか興味深い道を暫く登りました。谷の傾斜が緩くなった辺りから谷に降りて進みます。
途中、山の幸をゲットしながら向平に着きました。この辺りは黄葉が綺麗です、傾斜も緩く黄葉をゆっくりと楽しみながら歩けます。
天国トレイルはここまで、谷から尾根への登りは半端でない激斜面、枝がしっかりしているのを確認しながら掴まったり四輪駆動だったりと、標高差200mを何とかよじ登りました。
尾根に出ると楽なトレイルでした。余裕が出ると山の幸が目につきます。それをゲットしながら2等三角点のあるカクレグラへ。

カクレグラからは西の尾根をくだって行きました。途中から関電巡視路を下りますが、急斜面のトラバースが随所にあり、結構ワイルドな巡視路。山頂付近は黄葉もかなり落ちていましたが、標高が下がると再び黄葉です。鉄塔の近くの、しろもじの黄葉は地表も黄金に染めてました。
この道、最後に渋川の渡渉があります。私はここで岩で滑りどぼんしてしまいました。水量が多いときは渡渉出来ないと思われます。
久しぶりに野性が目覚めたルート。企画して下さった幹事さんに感謝の1日でした。

訪問者数:158人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/3/18
投稿数: 179
2016/11/22 14:38
 行きたかったなぁ〜っと
前日突然の体調不良により やむなく欠席しましたが
行きたかったなぁ〜と夫婦で毎日話しています。
ムツカシイかなぁ。。。
ちょっと様子見てます。
登録日: 2014/1/25
投稿数: 18
2016/11/24 16:08
 Re: 行きたかったなぁ〜っと
体調は戻られましたか?
前半の谷はルートがややわかりにくいかもしれません。GPSは必帯でしょう。
それと谷から尾根に登る斜面、半端でない激登を約1時間頑張らねば、です。
最後の渡渉、石つたいの所も殆ど無い状態なので靴が濡れるのは覚悟で渡ってください。
水量が多い時は渡渉困難になりそうです。下山の最後で渡渉出来ないとかなり悲劇的ですので、登る前によくチェックしておいてくださいね。
ちょっと脅かしすぎかもですが。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ