ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1011589 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

大杉谷 七ツ釜滝 (宮川発電所登山口より往復)

日程 2016年11月20日(日) [日帰り]
メンバー DCT
天候晴 雲の広がり多い 
気温 未計測20℃弱? 半袖シャツでも動いていればちょうど良い気候だった
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大阪から片道3時間弱、比較的快走路が続くが遠いには違いない。帰路は混雑もあり4時間弱所要。三重の山間部を走る国道422号は3桁国道らしくやや細くコーナーの多い山道が続く、交通量は多くない。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間47分
休憩
35分
合計
7時間22分
S大杉谷登山口06:1207:34千尋滝07:3608:55大杉谷09:15桃ノ木小屋09:1709:42七ッ釜滝展望東屋 休憩10:0810:26桃ノ木小屋10:2812:07千尋滝12:1013:33大杉谷登山口13:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山路は整備されており標示もしっかりしてるので道迷いは心配ないであろうが、やや段差の大きな岩の道が多く、大台ケ原周回路のように、お子様と一緒にハイキングコースではない。川面から高巻が多く、レベルも中級以上と思われる。
小刻みなアップダウンを繰り返しながら徐々に標高を上げるので、累積高低差は大きめです。往路も復路も同程度の体力と時間の消費となる。
全体に深く切れ込んだ谷筋でGPSログも飛びまくり、何度も川を渡っていますが泳いでいません!この時期、泳ぐと風邪引きます!(そこじゃない?)3割5分引きが実際の距離かと思われる。谷中では陽射しも早めに落ちますので行動時間の管理は最優先です。
全体として「清流」「滝」と「吊橋」の登山路といった感じです。(個人的なことですが…)登山口より最初の約20mほどの大日吊橋から始まり徐々に長い吊橋が現れドキドキしまくり、平等吊橋(長さ82m・高さ50m)でドキドキMAXでした。渡りきったとたんに帰りも渡らないと…、気がかりが収まりませんですたぁ。

今年度の大杉谷は当月24日にて閉山(桃の木小屋宿泊は23日で終了)となります。

出会った人 約35名程
目撃にょろ 0にょろ

写真

私としては3年ぶりの宮川発電所登山口、出発!実際はまだ暗いです。
2016年11月20日 06:11撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私としては3年ぶりの宮川発電所登山口、出発!実際はまだ暗いです。
8
発電所脇をこっそりと…、無理です!敷かれた石がガラゴロと。
2016年11月20日 06:14撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
発電所脇をこっそりと…、無理です!敷かれた石がガラゴロと。
4
思ったより天候も良くなさそう?登山路もウエットです。
2016年11月20日 06:19撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思ったより天候も良くなさそう?登山路もウエットです。
6
進む渓谷には薄〜くガスもっ。
2016年11月20日 06:20撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進む渓谷には薄〜くガスもっ。
8
小刻みなアップダウンが始まります。
2016年11月20日 06:30撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小刻みなアップダウンが始まります。
12
振り返って切り立った岩肌(左)が大日瑤な(ぐら・くら)?以前は難所だったらしい。
2016年11月20日 06:36撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って切り立った岩肌(左)が大日瑤な(ぐら・くら)?以前は難所だったらしい。
8
次々に吊橋も現れる。対向、後続が無くホッとする。
2016年11月20日 06:41撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次々に吊橋も現れる。対向、後続が無くホッとする。
9
ちょっと秋色の「地獄谷吊橋」、、、スッゲェー名前なのなっ。
2016年11月20日 06:41撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと秋色の「地獄谷吊橋」、、、スッゲェー名前なのなっ。
28
コースは宮川の水面を高巻が多く、川辺の散策路では全く無い!
2016年11月20日 06:46撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースは宮川の水面を高巻が多く、川辺の散策路では全く無い!
4
大台らしく苔も多く、
2016年11月20日 06:50撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大台らしく苔も多く、
7
前日の雨でイキイキした苔群。
2016年11月20日 06:53撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日の雨でイキイキした苔群。
7
数少ない河原道。「増水時通行不可」標示もある。
2016年11月20日 07:02撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数少ない河原道。「増水時通行不可」標示もある。
5
今回2度目の同コース、前回(初めて)に意外な程のアップダウンでビックリしたのを思い出す。
2016年11月20日 07:07撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回2度目の同コース、前回(初めて)に意外な程のアップダウンでビックリしたのを思い出す。
2
ここにも「天理大WV部」の標識、台高の一部と感じられるっ。
2016年11月20日 07:19撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも「天理大WV部」の標識、台高の一部と感じられるっ。
3
「日浦杉吊橋」、これは下に鉄骨ありのガーター橋風で揺れない!
2016年11月20日 07:21撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「日浦杉吊橋」、これは下に鉄骨ありのガーター橋風で揺れない!
11
そして、好展望!…ただ、高所が苦手な私には…、辛い、。
2016年11月20日 07:22撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、好展望!…ただ、高所が苦手な私には…、辛い、。
12
橋下の「秋」。
2016年11月20日 07:23撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋下の「秋」。
14
橋上の「月」。
2016年11月20日 07:23撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋上の「月」。
10
登山路の「鎖」。コース上には沢山のクサリ設置あり。
2016年11月20日 07:32撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山路の「鎖」。コース上には沢山のクサリ設置あり。
2
千尋滝(180m)が山上から落ちる…、大きく木々もあり全景は写せない。一尋は約1.8m(約1.5mも)、どう見ても1.8km(1.5km)の滝には見えない、盛り過ぎ!
2016年11月20日 07:39撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千尋滝(180m)が山上から落ちる…、大きく木々もあり全景は写せない。一尋は約1.8m(約1.5mも)、どう見ても1.8km(1.5km)の滝には見えない、盛り過ぎ!
28
「スリップ注イ」、「イ」に注目した「イ」っ、。
2016年11月20日 07:47撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「スリップ注イ」、「イ」に注目した「イ」っ、。
11
V時の谷を見上げる、キレットを下から…、コケに覆われ意外な自然美。
2016年11月20日 07:50撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
V時の谷を見上げる、キレットを下から…、コケに覆われ意外な自然美。
2
ゴッリゴリ・ゴッツゴツの岩を切り開いた道、実際、こういった場所が多いコースです。
2016年11月20日 07:58撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴッリゴリ・ゴッツゴツの岩を切り開いた道、実際、こういった場所が多いコースです。
4
シシ淵(渕)、、、ここまで登山開始から2時間もかかってるなぁ。
2016年11月20日 08:19撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシ淵(渕)、、、ここまで登山開始から2時間もかかってるなぁ。
10
ほぼ皆さん、写真に収めるであろうシシ淵。
2016年11月20日 08:22撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ皆さん、写真に収めるであろうシシ淵。
24
縦で…、奥にはニコニコ滝が。
2016年11月20日 08:23撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦で…、奥にはニコニコ滝が。
15
シシ淵の左岸を高巻しつつ、「獅子渕」なのか?シシ=猪だと思っていた。
2016年11月20日 08:26撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシ淵の左岸を高巻しつつ、「獅子渕」なのか?シシ=猪だと思っていた。
4
そしてニコニコ滝、滝壺は無く、とんだけ岩盤が固いんや?
2016年11月20日 08:32撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてニコニコ滝、滝壺は無く、とんだけ岩盤が固いんや?
8
出たぁ〜、平等吊橋!大杉谷一の長さと高さ。数年前、電車の吊り広告で見て「怖い!」と思ったのな。
2016年11月20日 08:41撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出たぁ〜、平等吊橋!大杉谷一の長さと高さ。数年前、電車の吊り広告で見て「怖い!」と思ったのな。
9
吊橋を渡り、桃の木小屋までは左岸を進む、大きな岩はこのひ弱そうな棒で支えられていたけろ。
2016年11月20日 08:45撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋を渡り、桃の木小屋までは左岸を進む、大きな岩はこのひ弱そうな棒で支えられていたけろ。
7
岩々ゾーンがしばらく続く、急登もあった。
2016年11月20日 08:49撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩々ゾーンがしばらく続く、急登もあった。
2
広葉樹は少なく常緑な登山路が続く。これはこれで雰囲気有りますなぁ。
2016年11月20日 08:59撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広葉樹は少なく常緑な登山路が続く。これはこれで雰囲気有りますなぁ。
2
環境庁、「庁」だよ!20世紀だな。(現在は環境省)
2016年11月20日 09:02撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
環境庁、「庁」だよ!20世紀だな。(現在は環境省)
5
湿気を帯びて苔が元気に青々です。(写真だと夏っぽい?)
2016年11月20日 09:09撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿気を帯びて苔が元気に青々です。(写真だと夏っぽい?)
6
桃の木小屋に到着。「小屋」と言うには大きいぞっ!
2016年11月20日 09:16撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃の木小屋に到着。「小屋」と言うには大きいぞっ!
16
桃の木小屋に桃の木が1本…、まだまだ若木だった。
2016年11月20日 09:17撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃の木小屋に桃の木が1本…、まだまだ若木だった。
2
桃の木小屋をスルーして、、、
2016年11月20日 09:22撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃の木小屋をスルーして、、、
3
超オーバーハングの登山路。ここまで切り開く必要が…、あったんだろうな?
2016年11月20日 09:23撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
超オーバーハングの登山路。ここまで切り開く必要が…、あったんだろうな?
3
昨日は雨だったようだが、渓谷の水は澄んでいた。
2016年11月20日 09:35撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日は雨だったようだが、渓谷の水は澄んでいた。
9
「七ツ釜滝」に到着。10時折り返しのつもりだったので、本日はここまで(3年前と同じ)。
2016年11月20日 09:42撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「七ツ釜滝」に到着。10時折り返しのつもりだったので、本日はここまで(3年前と同じ)。
14
「日本の滝百選」七ツ釜滝を眺めながら…、
2016年11月20日 09:43撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「日本の滝百選」七ツ釜滝を眺めながら…、
15
ぷしゅ〜タイム、大休憩です。
2016年11月20日 09:51撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぷしゅ〜タイム、大休憩です。
15
七ツのうち三ツの「釜」しか眺められないけろ。ドローン+広角カメラでも全景撮りは難しそう。
2016年11月20日 09:52撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツのうち三ツの「釜」しか眺められないけろ。ドローン+広角カメラでも全景撮りは難しそう。
8
黄葉と滝っ。もうちょっと行きたかったが…、ここで大休憩となりました。
2016年11月20日 10:04撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄葉と滝っ。もうちょっと行きたかったが…、ここで大休憩となりました。
14
さぁ、帰ろう。って通常の下山の感覚と違いアップダウンが続きます。
2016年11月20日 10:16撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、帰ろう。って通常の下山の感覚と違いアップダウンが続きます。
3
桃の木小屋は23日の宿泊で終了。24日をもって大杉谷閉山です!
2016年11月20日 10:32撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃の木小屋は23日の宿泊で終了。24日をもって大杉谷閉山です!
4
登山路にせり出す大岩は、
2016年11月20日 10:41撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山路にせり出す大岩は、
2
この3本の細木で支えられていた。必死?!
2016年11月20日 10:42撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この3本の細木で支えられていた。必死?!
10
一般的なチョックストーンは岩と岩の間に挟まれた状態ですが、岩と木に挟まれた珍しいチョックストーンです!
2016年11月20日 10:44撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般的なチョックストーンは岩と岩の間に挟まれた状態ですが、岩と木に挟まれた珍しいチョックストーンです!
7
この岩山が平等瑤な?ゴリラと言うより「ちびまる子ちゃん」の山根くん?↓
https://matome.naver.jp/odai/2137922159524861901/2137922449426749603
2016年11月20日 10:53撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩山が平等瑤な?ゴリラと言うより「ちびまる子ちゃん」の山根くん?↓
https://matome.naver.jp/odai/2137922159524861901/2137922449426749603
8
そして、、、平等吊橋。渡り終えるまで、緊張の90秒、長げぇ〜よっ!
2016年11月20日 11:05撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、、、平等吊橋。渡り終えるまで、緊張の90秒、長げぇ〜よっ!
9
右岸から眺める平等堯こっちは山根くんっぽくない立岩、とても巨大!
2016年11月20日 11:08撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸から眺める平等堯こっちは山根くんっぽくない立岩、とても巨大!
11
ニコニコ滝を過ぎて、
2016年11月20日 11:18撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニコニコ滝を過ぎて、
5
再びシシ淵で足を止める。2組6名さんが休憩中だった。
2016年11月20日 11:30撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びシシ淵で足を止める。2組6名さんが休憩中だった。
5
なんか…、すごく低位置、20cmぐらいの高さにクサリが…、逆に怖いけろ。
2016年11月20日 12:42撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんか…、すごく低位置、20cmぐらいの高さにクサリが…、逆に怖いけろ。
5
かなり戻って、大杉谷は低標高に広葉樹が多く混ざる。全体でも大量とは言い難い。
2016年11月20日 12:48撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり戻って、大杉谷は低標高に広葉樹が多く混ざる。全体でも大量とは言い難い。
5
ルビありだが、「危ない」が正しい表記、「危い」では×だと。それと読点「、」使いなさい!一気読みは辛い。「とき」は「時」が良かったかな?(えっ?お前が言うな?)
2016年11月20日 12:51撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルビありだが、「危ない」が正しい表記、「危い」では×だと。それと読点「、」使いなさい!一気読みは辛い。「とき」は「時」が良かったかな?(えっ?お前が言うな?)
9
大日瑤見え始めた…、黄葉が多く「紅」は少なめ、紀伊半島の特徴とも言えそうな(?)。
2016年11月20日 13:13撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日瑤見え始めた…、黄葉が多く「紅」は少なめ、紀伊半島の特徴とも言えそうな(?)。
4
最後の吊橋も渡り終え、紅黄葉が…、秋でしたぁ。
2016年11月20日 13:20撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の吊橋も渡り終え、紅黄葉が…、秋でしたぁ。
8
振り返って、歩いてきた大杉谷。急激な浸食により形成された深いV字の谷が分かります。
2016年11月20日 13:31撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、歩いてきた大杉谷。急激な浸食により形成された深いV字の谷が分かります。
6
このくりぬかれた岩場を過ぎればハイク終了。直ぐに発電所が現れます。
2016年11月20日 13:33撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このくりぬかれた岩場を過ぎればハイク終了。直ぐに発電所が現れます。
7
帰路、大台町にて、「森山みくり、25歳…」の「みくり」さん?ここで民宿されてるのですね?人気ですよねTBS系『逃げるは恥だが役に立つ』。
2016年11月20日 14:38撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路、大台町にて、「森山みくり、25歳…」の「みくり」さん?ここで民宿されてるのですね?人気ですよねTBS系『逃げるは恥だが役に立つ』。
11

感想/記録
by DCT

間もなく閉山近い大杉谷を訪れてみた。(希望を含めて)好天と思っていたが、やや雲も多く陽射しの弱めな一日だった、ただ風もなく気温も湿度も高めな一日だった。
結果、3年前と同様の七ツ釜滝往復となったが、前回より黄紅葉が多めのハイクとなった。しかし…、吊橋は…、怖えぇぇヨッ!
訪問者数:471人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/1
投稿数: 1318
2016/11/22 10:34
 はやっ!
DCTさん こんんちは〜

秋の大杉谷を満喫されましたね~
最近、和歌山地方の地震があったので崩落地を心配しておりましたが
七ツ釜滝で戻られて正解かもですね〜
時間的に見て桃の木山の家をあさ下られる方と対向で大変だったのでは?
どっちがもどんねん?みたいにね!
事故なく御無事でなによりです、お疲れ様でした~。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/11/22 19:00
 Re: はやっ!
chasseさん、こんにちは。
今年度閉山前にすべり込みで行ってまいりました。私も前日の「グラッ」の揺れと雨量は気になっていましたが、特に…、別に…、影響は無かったようです。
往路の対向の方はさほど多くはありませんでした。前日の雨の影響もあったかも?復路は出会う人多めでした。
しかし、登山口までの往復とお山の行動時間が同等なのは、ちょっとお疲れですね。頻繁に行けないから嬉しさもあるのでせようか、。
登録日: 2014/4/29
投稿数: 255
2016/11/22 20:54
 看板文字
DCTさん こんばんは。
この時期は日暮れが早いので行動時間が気になりますね。
特に深い谷間や植林帯の中は直ぐに暗くなりますので。
毎度、看板へのツッコミが鋭いですねぇ〜。
因みに大杉谷で私のお気に入りの看板は「ひざのバネをよくきかせてゆっくり歩こう」です。
ひざにバネが入ってるんやと・・・。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/11/22 21:12
 Re: 看板文字
wingletさん、こんにちは。
「ひざのバネ〜」大杉谷−日出ヶ岳で数枚ありますね、山頂下のシャクナゲ平あたりでも見たような…。大杉谷は過去の遭難による裁判提訴の経験から、警告・注意喚起がとても多いですね。多数の鎖設置もその影響かもしれませんねぇ。
ニヤリと笑える表記を見つけると嬉しくなります。その度に足が止まりますが、。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2031
2016/11/22 21:46
 えっ、高い所が...
DCTさん、まずは運転お疲れさまでした

まさかバイクではないですよね?
高所が苦手だったとは全く知りませんでした
登録日: 2015/3/13
投稿数: 499
2016/11/22 22:22
 お疲れ様〜( ^o^)ノ
DCTさん、こんばだ〜ば。

いや〜〜ハヤっ!!
びっくりです。
家から登山口までの移動距離と時間を考えるとハードですねぇ
すごいです!!
登録日: 2013/4/20
投稿数: 942
2016/11/23 0:25
 大阪から日帰り?帰宅後ダウン?
DCTさん こんばんわ
いい天気でいい紅葉が見れましたね。紅葉の時期と厳しい冬の到来が隣り合わせなのも秘境ならではでしょうか、狙いどうり?。
えっ?高所ダメだったです? それでもプシューするんやぁ〜
今シーズン最後の大杉谷修行お疲れさまでした〜 (^^
登録日: 2016/7/6
投稿数: 145
2016/11/23 1:06
 グラフが・・・
DCTさん、こんばんは〜♪

UP DOWNがスゴイんですね!
グラフが上下にビリビリしてます(-o-;)
お疲れ様でした。

高いとこ苦手とは・・スキップで渡られそうな感じですが(笑)
何度か写真で見て、綺麗なとこだなぁ〜って思ってました。
それにしてもロングな吊り橋が多いところですね。楽しそうです(^○^)
登録日: 2015/1/9
投稿数: 822
2016/11/23 1:39
 秋も終わり
DCTさん、こんばんは。
つり橋から見る渓谷と紅葉、いいですねぇmaple
紅葉と滝もGoodです
大杉谷、魅力的でぜひ一度訪れたいと思っている場所ですが…遠い!
もうちょっと近かったらなぁ

それにしても吊橋が苦手とは!?意外ですね
でも平等吊橋は渡っているときに向かいから来られたら泣きそうになりそうですね
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/11/23 8:22
 Re: えっ、高い所が...
yamaotocoさん、こんにちは。
私基準、最低気温が14℃以下になったら1時間を越えるのバイク移動は却下の方向です。
高い所、無理ですよ…、釈迦ヶ岳の馬の背は足をプルプル、生まれたての仔馬のように震えながらの通過です。仔馬のように、。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/11/23 8:28
 Re: お疲れ様〜( ^o^)ノ
Yanyan7さん、こににちわぁ。
うん、移動…、長〜い、隣の隣の三重県だけろ。3年前までは、山へ行くという行動が無かったら三重は通過がメインでしたからねぇ。
でも、大峰の酷道、荒れた林道に比較すればちょい荒れの道でしたね。しかし真夜中〜夜明けの大山中の道はシカが道路を走ったり、道路脇で草を噛んでたり、あと…、ウサギも1ぴょん横切りましたよっ。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/11/23 8:39
 Re: 大阪から日帰り?帰宅後ダウン?
cicsさん、こんにちは。
大杉谷もあとわずかで今年が終わります。発電所から堂倉滝までは標高800mちょっとなのでまだ紅葉は見えるでしょうが、てっぺんの大台・日出ヶ岳は気候が違いますしね。
たぶん、大杉谷へ閉山後の侵入は警察への通報対象かも?3年前、崩落地の工事中の侵入は通報されてたと聞きました。
ぷしゅ〜はそろそろ冬なので控え目でも良いんだけろ。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/11/23 8:44
 Re: グラフが・・・
mo-829さん、こんにちは。
GPSログ、まともに拾ってくれません。岩をくり抜いたオーバーハングも多い谷なのでしかたないかと…、改めて、ログは何度も渡河してますが泳いでいません!(風邪ひきます!)
揺れそうで揺れない吊橋、しっかりしてそうで揺れる吊橋、怖いです。一人ぢゅちゅじゃないと渡れそうにありません、グループ行動(私には)無理なコースです。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/11/23 8:52
 Re: 秋も終わり
Hacchyさん、こんにちは。
その気が湧かないと登山口までが大変な大杉谷です。本当は、小屋泊でのんびりしたいんですが…、ただ、交通機関だと何処かで必ず山泊させられる、強要的な、。
吊橋は対向者さんが見えたら必ず譲ります、82mの平等吊橋大きいです。工費2億円!

んで、そろそろ大台ケ原も今月末でドライブウェイ冬季通行止めが迫っています。
そのあとは行者還トンネルも間もなく…。
登録日: 2013/11/16
投稿数: 262
2016/11/23 12:25
 明日までかぁ
Dさんこんにちは。

三年前に初めて訪れた大杉谷ということですが、私のスタート点でありまた時期も同じですね!
あの日、忘れもしない2013年11月2日(土)に初めてハイク(登山とはちがうよなあ)したことが蘇ってきましたよ。
例の大崩落事故で数年間の足止めがあり、確認に行かないとという思いが背中を押したようにも思い出されます。
今年も一度は行ってみようかなと考えていましたが、明日で最終日ということでジ・エンドですね〜
そういう意味では好天でなかったにせよ、今季最終の大杉谷行きは大成功ですね。
快晴ならもっと色映えなんでしょう。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/11/24 6:19
 Re: 明日までかぁ
ta_chanmさん、こんにちは。
季節が進んで、閉山や通行止めが始まりますね。って、書いてるうちに、今日で大杉谷は閉山(一般立ち入り禁止扱い)が始まりますね。
行けるお山が選択から、可否に変わりはじめます…。いっぱいいっぱいまで粘って、大台・大峰のお山は行けるうちに、、、。
きっと、金剛山系とか近場が中心となる季節はすぐそこです、。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ