ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1012578 全員に公開 ハイキング近畿

再試運転で、紅葉と大眺望の地元生駒山・辻子谷ルートへ

日程 2016年11月23日(水) [日帰り]
メンバー esprit, その他メンバー1人
天候くもり(但し空気が澄んで眺望は抜群)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
今回は石切駅と額田駅の間の街中のタイムズに駐車しました。阪神高速水走出口・新石切駅から、まっすぐに東に登っていき、少しだけ北へ曲がったところになります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間30分
休憩
34分
合計
3時間4分
S近畿大阪銀行駐車場08:3609:05すなくら橋09:0609:25興法寺09:3109:41石の休憩所09:54すかいらんどいこま駐車場09:5810:10生駒山10:2910:39すかいらんどいこま駐車場10:47石の休憩所10:57興法寺11:0111:14すなくら橋11:40近畿大阪銀行駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
駐車場(標高約50m)〜すなくら橋(標高約230m)
最初は街中の車道です。普段のルートと合流後は急な登りの続くアスファルト道です。下りは膝を痛めやすいので注意です。

すなくら橋〜興法寺(標高約440m)
橋を過ぎると、アスファルトからコンクリートに変わり、さらに勾配が急になります。後半は石の階段が多くなり、寺の手前は段差の大きな石の階段です。

興法寺〜縦走路合流点(標高約510m)
通常の土の登山道と階段、段差の大きな石段と続きます。

縦走路合流点〜すかいらんどいこま駐車場(標高約580m)
一旦傾斜の緩い石畳の道になりますが、また階段を上ります。信貴生駒スカイラインに到達する最後の階段は、段差がかなり大きいです。そして道路を越えると、遊園地の260段の階段のはずですが、工事により通行不能なため、駐車場を渡って東側の入り口から回ります。

すかいらんどいこま駐車場〜生駒山上
東側に回ると、生駒駅・宝山寺から登ってきたルートと合流し、急階段を登ります。
ケーブル駅につくと遊園地入り口になり、園内の坂道を少し登ると山頂に着きます。
その他周辺情報地元なので、入浴せずに帰宅しました。

写真

今日は近畿大阪銀行のタイムズ駐車場に駐めて出発です。
2016年11月23日 08:36撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は近畿大阪銀行のタイムズ駐車場に駐めて出発です。
近鉄線の東側に出ました。
2016年11月23日 08:45撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近鉄線の東側に出ました。
いつものルートに入り、里の急坂を登っていきます。
紅葉のおかげで、いつもとはかなり雰囲気が違います。
2016年11月23日 08:57撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものルートに入り、里の急坂を登っていきます。
紅葉のおかげで、いつもとはかなり雰囲気が違います。
2
水車が今日も回っています。
2016年11月23日 08:59撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水車が今日も回っています。
1
すなくら橋に着きました。ここも黄色い紅葉でいい雰囲気です。
2016年11月23日 09:05撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すなくら橋に着きました。ここも黄色い紅葉でいい雰囲気です。
1
興法寺へ登る、最後の石段です。上の方が少し紅葉しています。
2016年11月23日 09:23撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
興法寺へ登る、最後の石段です。上の方が少し紅葉しています。
到着してみると、この一角だけ素晴らしい紅葉になっていました。
2016年11月23日 09:25撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着してみると、この一角だけ素晴らしい紅葉になっていました。
1
風流な紅葉です。
2016年11月23日 09:25撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風流な紅葉です。
4
幽玄?な雰囲気です。
2016年11月23日 09:26撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幽玄?な雰囲気です。
1
興法寺の正門です。(ぶれてます。)
2016年11月23日 09:27撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
興法寺の正門です。(ぶれてます。)
でも門の南側はあまり色づいていませんでした。
2016年11月23日 09:31撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも門の南側はあまり色づいていませんでした。
さらに登っていくと、赤茶けた斜面が見えてきました。
2016年11月23日 09:38撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに登っていくと、赤茶けた斜面が見えてきました。
2
石の休憩所に着きました。向こうには赤茶けた紅葉に包まれた遊園地の入り口付近が見えています。
2016年11月23日 09:41撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石の休憩所に着きました。向こうには赤茶けた紅葉に包まれた遊園地の入り口付近が見えています。
テレビ塔付近も色づいています。
2016年11月23日 09:43撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テレビ塔付近も色づいています。
遊園地の駐車場に着きましたが、スカイシャトルの撤去工事のため、階段が閉鎖されていました。
駐車場を横切り、東側から入ります。
2016年11月23日 09:54撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊園地の駐車場に着きましたが、スカイシャトルの撤去工事のため、階段が閉鎖されていました。
駐車場を横切り、東側から入ります。
1
山頂に着きました。いつものように、SLの中です。
2016年11月23日 10:10撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。いつものように、SLの中です。
登頂記念のクマは、飛行塔をバックに撮影です。
2016年11月23日 10:13撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂記念のクマは、飛行塔をバックに撮影です。
2
生駒山地の北の尾根も色づいています。
2016年11月23日 10:20撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生駒山地の北の尾根も色づいています。
3
京都方面は晴れているようです。
真ん中少し左に見えているのは京都タワーでしょうか。
2016年11月23日 10:20撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都方面は晴れているようです。
真ん中少し左に見えているのは京都タワーでしょうか。
3
赤い港大橋、WTCビル、ガントリークレーンと背後の淡路島がくっきり見えます。
2016年11月23日 10:23撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い港大橋、WTCビル、ガントリークレーンと背後の淡路島がくっきり見えます。
5
真田丸のあった大坂城も今日はばっちりです。
2016年11月23日 10:24撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真田丸のあった大坂城も今日はばっちりです。
3
左の淡路島と右の六甲山が海へなだれ落ちるように見える間には、、、
2016年11月23日 10:24撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の淡路島と右の六甲山が海へなだれ落ちるように見える間には、、、
1
明石大橋があります。
2016年11月23日 10:25撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明石大橋があります。
2
こちらはアベノハルカスですね。左に見える煙突は南港の火力発電所でしょうか。
2016年11月23日 10:24撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはアベノハルカスですね。左に見える煙突は南港の火力発電所でしょうか。
4
六甲山の山並みは少し曇っています。
2016年11月23日 10:25撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲山の山並みは少し曇っています。
1
パーフェクトリバティな塔です。
2016年11月23日 10:25撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パーフェクトリバティな塔です。
1
こちらは奈良方面です。
2016年11月23日 10:34撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは奈良方面です。
2
駐車場に戻りました。取り外されたスカイシャトルが並べられていました。
2016年11月23日 10:39撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に戻りました。取り外されたスカイシャトルが並べられていました。
興法寺に帰ってきました。
2016年11月23日 10:57撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
興法寺に帰ってきました。
上から見てもやはりきれいな紅葉です。
2016年11月23日 10:58撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から見てもやはりきれいな紅葉です。
3
石灯籠と一緒に。
2016年11月23日 10:59撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石灯籠と一緒に。
1
いつものルートとの分岐点です。今日は左に進んでいきます。
2016年11月23日 11:24撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものルートとの分岐点です。今日は左に進んでいきます。
下界から見た、色の入った生駒山です。
2016年11月23日 07:12撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界から見た、色の入った生駒山です。

感想/記録
by esprit

9月の負傷後、2ヶ月かからずに仮復帰で10月22日にぼくらの広場に向けて試運転を行い、上々の感触で喜んでいましたが、約2週間前に山とは関係なく足を痛めてしまい、再度療養に入っていたため、紅葉期もほぼほぼ逃してしまいました。

やっとその足も概ね癒えてきて、9月の負傷は歩くにはほぼ影響がない状態になっていましたので、今度は一般的な山道を多く含む普段のルートで試運転を行いました。
残念ながら、ぼくらの広場の時にはかなり残っていた体力とスピードもその後かなり落としてしまっているようで、ペースは速くないながらも息は上がり気味でした。


天候は一貫してはっきりとした曇り空で、そこそこに紅葉が見られるだけかなと思って登り始めましたが、明るさは足りないものの、過去最高クラスの空気の澄み具合で、遠方までミニチュアのような風景がくっきり見えたのは大収穫でした。

また紅葉の方も、全体的にとってつけたような真っ赤な紅葉はありませんが、茶色や黄色の自然な色合いを堪能することができ、興法寺ではとてもきれいな光景を目にすることができました。

明日はおそらく筋肉痛地獄が待っているかと思いますが、それを乗り越えればぼつぼつ本気で歩いていけそうです。
訪問者数:101人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

紅葉 タワ クリ 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ