ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1012705 全員に公開 ハイキング屋久島

屋久島 宮之浦から白谷雲水峡

日程 2016年11月21日(月) 〜 2016年11月22日(火)
メンバー yamafool, その他メンバー2人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク、

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間47分
休憩
1時間10分
合計
9時間57分
S淀川登山口06:0607:07淀川小屋07:3309:12小花之江河09:1709:27花之江河09:3110:06黒味岳分かれ10:47投石平10:5010:57投石の岩屋10:5812:34栗生岳12:4613:10宮之浦岳13:2413:50焼野三叉路13:5114:36平石14:4015:10坊主岩16:03新高塚小屋
2日目
山行
6時間47分
休憩
37分
合計
7時間24分
新高塚小屋06:2607:34高塚小屋07:3907:46縄文杉09:15ウィルソン株09:2909:51大株歩道入口09:5511:04楠川分れ11:1512:17辻峠13:24苔むす森13:33さつき吊り橋13:3513:44飛龍おとし13:4513:50白谷広場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

鹿児島南港 トッピー乗り場。マイカーは県営駐車場へ留めます。三日間で4000円に少し足りないくらいでした。
2016年11月20日 11:33撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿児島南港 トッピー乗り場。マイカーは県営駐車場へ留めます。三日間で4000円に少し足りないくらいでした。
1
あれに乗り込むわけだ。ワクワクだ。
ネット予約の往復で14200円なり。ただし帰りの予約便が、いきなりの欠航となり、一つ前の便にて帰ってきた。余裕ある行動が必要だ。
2016年11月20日 11:42撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれに乗り込むわけだ。ワクワクだ。
ネット予約の往復で14200円なり。ただし帰りの予約便が、いきなりの欠航となり、一つ前の便にて帰ってきた。余裕ある行動が必要だ。
1
乗船アナウンスで、いざ屋久島へ。同行仲間は四度目の屋久島との事で、安心です。
2016年11月20日 11:51撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗船アナウンスで、いざ屋久島へ。同行仲間は四度目の屋久島との事で、安心です。
1
宮之浦港から安房まで、路線バスで830円。本日のお宿「鶴屋」さん。フレンドリーで、料理もよかったです。朝ごはんはおにぎりを頼んだら、明け方にはドアの前に置いてありました。
2016年11月20日 16:12撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮之浦港から安房まで、路線バスで830円。本日のお宿「鶴屋」さん。フレンドリーで、料理もよかったです。朝ごはんはおにぎりを頼んだら、明け方にはドアの前に置いてありました。
1
朝五時に、屋久島交通さんのタクシーにて淀川登山口へ。運転手さんは杉さんという方で、名前のごとく屋久島と屋久杉についてたっぷりとレクチャーを聞かせてもらいました。
暗闇の中、三組ほどが登山口へ。
2016年11月21日 06:03撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝五時に、屋久島交通さんのタクシーにて淀川登山口へ。運転手さんは杉さんという方で、名前のごとく屋久島と屋久杉についてたっぷりとレクチャーを聞かせてもらいました。
暗闇の中、三組ほどが登山口へ。
1
小雨の中、空が明るくなるころ、淀川小屋へ到着。小屋は空っぽ。みなさんすでに経った様子。ここで朝ごはんです。後続のガイド登山組はガイドさんと女性二人。予定を聞くと新高塚小屋で泊まりとの事。
2016年11月21日 07:16撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雨の中、空が明るくなるころ、淀川小屋へ到着。小屋は空っぽ。みなさんすでに経った様子。ここで朝ごはんです。後続のガイド登山組はガイドさんと女性二人。予定を聞くと新高塚小屋で泊まりとの事。
淀川小屋の水場は、まさに清流という言葉があたります。
2016年11月21日 07:16撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淀川小屋の水場は、まさに清流という言葉があたります。
淀川小屋からは、傾斜がきつくなってきます。ザックが重い。
とはいえ、なんとなく雨が止んだかなあ。
2016年11月21日 07:50撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淀川小屋からは、傾斜がきつくなってきます。ザックが重い。
とはいえ、なんとなく雨が止んだかなあ。
青空とお日様が見えて、おもわず空に手をあわせました。
もちろんきまぐれな屋久島の女神がほほ笑んだのは、この瞬間だけでしたが…。
2016年11月21日 07:52撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空とお日様が見えて、おもわず空に手をあわせました。
もちろんきまぐれな屋久島の女神がほほ笑んだのは、この瞬間だけでしたが…。
花之江河は雨に煙っております。分岐路ではありますが、腰を下ろして休める場所はありません。
2016年11月21日 09:25撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花之江河は雨に煙っております。分岐路ではありますが、腰を下ろして休める場所はありません。
2
投石平へと登る路は、若干のアスレチック的な道でした。ロープ場は結構あります。クサリ場はなかったです。本当にロープが必要なポイントは縦走を通してありませんでした。
2016年11月21日 10:34撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
投石平へと登る路は、若干のアスレチック的な道でした。ロープ場は結構あります。クサリ場はなかったです。本当にロープが必要なポイントは縦走を通してありませんでした。
1
ふりむけば、こんなところまで来てました。絶景が続くと、だんだんと麻痺してきて、写真におさめるのもめんどうくさくなります。風と雨との闘いがここからはじまりました。
2016年11月21日 10:39撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふりむけば、こんなところまで来てました。絶景が続くと、だんだんと麻痺してきて、写真におさめるのもめんどうくさくなります。風と雨との闘いがここからはじまりました。
1
苦行、難行、一枚も写真を撮影することなく、気が付けば山頂。あっけないといえばあっけないし、しんどいのも確かにしんどい山です。360度ガスってます。とほほ。三角点にタッチして、そそくさと下っていきます。
2016年11月21日 13:20撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苦行、難行、一枚も写真を撮影することなく、気が付けば山頂。あっけないといえばあっけないし、しんどいのも確かにしんどい山です。360度ガスってます。とほほ。三角点にタッチして、そそくさと下っていきます。
1
人の顔に見える岩の岡をこえると、もう振り向いても宮之浦岳は隠れていました。けれど、疲労がたまってきており、とにかく小屋に着きたい一心となります。
2016年11月21日 14:22撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人の顔に見える岩の岡をこえると、もう振り向いても宮之浦岳は隠れていました。けれど、疲労がたまってきており、とにかく小屋に着きたい一心となります。
1
うんざりするアップダウンを繰り返し、我々三人の隊列は、伸びまくり、バラバラに。第一展望所で後続の仲間を待ちますが、待てど暮らせど来ません。よほどバテてるのか。
2016年11月21日 15:32撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うんざりするアップダウンを繰り返し、我々三人の隊列は、伸びまくり、バラバラに。第一展望所で後続の仲間を待ちますが、待てど暮らせど来ません。よほどバテてるのか。
高塚小屋が予定でしたが、バテ度100%の我々は、新高塚に予定変更です。雨で水場がシェイクされ、水タンクの底には泥が沈殿です。
2016年11月21日 16:06撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高塚小屋が予定でしたが、バテ度100%の我々は、新高塚に予定変更です。雨で水場がシェイクされ、水タンクの底には泥が沈殿です。
1
先行者が五名ほど。場所を確保し、まずは濡れたもろもろを干す。そしてやっと暖かいコーヒーを。人心地ついて、無言で食事を終えると、六時にはシュラフの中へ避難・爆睡でした。
2016年11月22日 06:22撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者が五名ほど。場所を確保し、まずは濡れたもろもろを干す。そしてやっと暖かいコーヒーを。人心地ついて、無言で食事を終えると、六時にはシュラフの中へ避難・爆睡でした。
六時半に小屋を経ち、雨の中もくもく歩き、一時間ほどで高塚小屋へ。背の高い小屋でした。入り口に携帯トイレブース。小屋の裏に普通のトイレ。
2016年11月22日 07:31撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六時半に小屋を経ち、雨の中もくもく歩き、一時間ほどで高塚小屋へ。背の高い小屋でした。入り口に携帯トイレブース。小屋の裏に普通のトイレ。
1
小屋からすぐに「縄文杉」。森の王様。
2016年11月22日 07:47撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋からすぐに「縄文杉」。森の王様。
2
ようやく雨があがりました。縄文杉ツアーの人たちとすれ違いだします。道をよけ、ゆずり、だんだんと登山道は騒がしくなってきました。ウィルソン株は大人気。中には入らず。
2016年11月22日 09:21撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく雨があがりました。縄文杉ツアーの人たちとすれ違いだします。道をよけ、ゆずり、だんだんと登山道は騒がしくなってきました。ウィルソン株は大人気。中には入らず。
覚悟はしてたが、トロッコ道歩きは、精神的にきつかった。楠川分岐から辻峠への登りで、使い果たし、あとはゾンビが歩くが如くでした。
2016年11月22日 10:32撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
覚悟はしてたが、トロッコ道歩きは、精神的にきつかった。楠川分岐から辻峠への登りで、使い果たし、あとはゾンビが歩くが如くでした。
1
ようやく白谷峡の出口へ。21キロの旅は終わりです。
楽しかったねえ。
2016年11月22日 13:50撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく白谷峡の出口へ。21キロの旅は終わりです。
楽しかったねえ。
1

感想/記録

覚悟はしていたが、
…雨、そうなのだ雨。
チックショー。

宮之浦岳山頂は、真っ白けのけ。
上から下まで、汗と雨でぐっしょりで新高塚小屋へ。
水場の水も、雨の激しさで茶色いのです。

予定の下山時刻にあわせてタクシーを予約してたが、
どうにも間に合いそうにない。
携帯のアンテナはたたず、連絡もむつかしい。
親切なガイドさんから「太鼓岩なら電話できますよ」と
教えてもらう。
ヒーヒーいって辻峠にたどり着けば、
太鼓岩はここから急登10分…げげげ。
残り少ない体力で、なんとか頂上へ立ち、無事に連絡。

帰りのトッピーは、予約の便が欠航!
なんとか一本前の便にすべりこみ。

やれやれな山行でしたが、
充実感は、近来まれにみるもので、満足満足。
またいつか、こんどこそ晴れた日に登りたいもんじゃ。
訪問者数:175人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ