ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1013173 全員に公開 ハイキング関東

清和県民の森・豊英の滝ー雨中の芋煮汁ハイク

日程 2016年11月23日(水) [日帰り]
メンバー hirokok510, その他メンバー7人
天候雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
東京駅八重洲口高速バス停から君津バスターミナルまでバス、そこから主催者にピックアップしていただき、清和県民の森駐車場から周回
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間13分
休憩
0分
合計
1時間13分
S豊英大滝11:2912:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
9:42清和県民の森駐車場ー10:08展望台ー10:55豊英の滝入口ー11:05豊英の滝11:09ー11:29渕ヶ沢橋ー11:48タービダイト露頭(解説板)―11:55湯の沢橋―11:56駐車場

写真

このあたりは砂岩・凝灰岩などの地層が多く急激な河川で削られて深いU字谷を形成し。急激な崖になっている
2016年11月23日 10:03撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは砂岩・凝灰岩などの地層が多く急激な河川で削られて深いU字谷を形成し。急激な崖になっている
白い岩壁は砂岩だろうか?
2016年11月23日 10:04撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い岩壁は砂岩だろうか?
雨に煙る房総の山々ーおそらく元清澄山と津守山を結ぶ山並みかな?ーいやこの右奥に晴れていれば富士山が見えるらしいので、西の方角ーー高宕山の稜線らしい
2016年11月23日 10:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨に煙る房総の山々ーおそらく元清澄山と津守山を結ぶ山並みかな?ーいやこの右奥に晴れていれば富士山が見えるらしいので、西の方角ーー高宕山の稜線らしい
1
展望台からの眺め
2016年11月23日 10:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め
房総特有のモミの木と南房総の山並み
2016年11月23日 10:10撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
房総特有のモミの木と南房総の山並み
この山の右奥に富士山が見えるらしい
2016年11月23日 10:11撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この山の右奥に富士山が見えるらしい
リュウノウギクか?葉の下部が楔形なのがリュウノウギクでハート形がノジギク?
2016年11月23日 10:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リュウノウギクか?葉の下部が楔形なのがリュウノウギクでハート形がノジギク?
この下は崖―覗くのも怖~い
2016年11月23日 10:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この下は崖―覗くのも怖~い
紅葉の森の中を下る
2016年11月23日 10:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の森の中を下る
はて―対岸の222mピークかな?
2016年11月23日 10:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はて―対岸の222mピークかな?
1
足元の紅葉の葉の美しさ
2016年11月23日 10:45撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元の紅葉の葉の美しさ
1
渋くいい色合いだーー
2016年11月23日 10:45撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渋くいい色合いだーー
1
急峻な砂岩の崖に木々が張り付いているー常緑広葉樹・針葉樹、落葉広葉樹などが入り混じる房総らしい林相
2016年11月23日 10:47撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急峻な砂岩の崖に木々が張り付いているー常緑広葉樹・針葉樹、落葉広葉樹などが入り混じる房総らしい林相
さすがに気温が下がったので蛭はもう出ないようだがーー
2016年11月23日 10:48撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがに気温が下がったので蛭はもう出ないようだがーー
様々なコースがあり、全体像はつかめていないーー
2016年11月23日 10:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
様々なコースがあり、全体像はつかめていないーー
渕ヶ沢など蛇行が激しく、複雑な渓谷で中々地形を理解出来ず戸惑う−―今どこ??
2016年11月23日 10:50撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渕ヶ沢など蛇行が激しく、複雑な渓谷で中々地形を理解出来ず戸惑う−―今どこ??
1
雨のため、花が閉じているリンドウーもうすぐ12月なのにまだ花が――
2016年11月23日 10:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨のため、花が閉じているリンドウーもうすぐ12月なのにまだ花が――
まだ開きかけている花ーー近づきすぎてピンボケでしたーー
2016年11月23日 10:53撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ開きかけている花ーー近づきすぎてピンボケでしたーー
葉の形状からすればこれもリュウノウギクか?
2016年11月23日 10:54撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葉の形状からすればこれもリュウノウギクか?
分厚い砂岩層を削り取った深いU字谷の白い岸壁に映える紅葉ーー雨なのが残念
2016年11月23日 10:54撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分厚い砂岩層を削り取った深いU字谷の白い岸壁に映える紅葉ーー雨なのが残念
豊英の滝に向かう
2016年11月23日 10:55撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豊英の滝に向かう
植林地を抜けると
2016年11月23日 10:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林地を抜けると
渕ヶ沢の川床に下る
2016年11月23日 11:00撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渕ヶ沢の川床に下る
白い砂岩か砂岩系凝灰岩か?―白い岩壁が光る
2016年11月23日 11:00撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い砂岩か砂岩系凝灰岩か?―白い岩壁が光る
地殻変動の後を残す地層が逆立った川床ーこれもタービダイトか??1地層数百万年?
2016年11月23日 11:00撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地殻変動の後を残す地層が逆立った川床ーこれもタービダイトか??1地層数百万年?
小沢を見る
2016年11月23日 11:01撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小沢を見る
沢床の端、岩壁のふちを進む
2016年11月23日 11:04撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢床の端、岩壁のふちを進む
二段の豊英の滝が見えてきた
2016年11月23日 11:05撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二段の豊英の滝が見えてきた
20mの幅に難筋もの大小の落水の筋が見えて美しい
2016年11月23日 11:05撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20mの幅に難筋もの大小の落水の筋が見えて美しい
3
さらに接近
2016年11月23日 11:06撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに接近
滝の直下まで進む
2016年11月23日 11:06撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の直下まで進む
なかなかの壮観
2016年11月23日 11:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの壮観
2
夏はここで水遊びをする家族もあるようだー濡れるのを覚悟すれば上まで登れそうだ
2016年11月23日 11:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏はここで水遊びをする家族もあるようだー濡れるのを覚悟すれば上まで登れそうだ
撮影終了し、引き返す
2016年11月23日 11:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
撮影終了し、引き返す
砂岩・泥岩・凝灰岩で構成される安房層群清澄層の岩壁を見ながら戻る
2016年11月23日 11:15撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂岩・泥岩・凝灰岩で構成される安房層群清澄層の岩壁を見ながら戻る
主催者が川床の落ち葉を撮影中
2016年11月23日 11:16撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主催者が川床の落ち葉を撮影中
1
私も降りて川床の地層と落ち葉の美を鑑賞ー泥岩の縞模様かな?
2016年11月23日 11:18撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私も降りて川床の地層と落ち葉の美を鑑賞ー泥岩の縞模様かな?
1
面白い模様
2016年11月23日 11:18撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面白い模様
1
光る水面と落ち葉
2016年11月23日 11:18撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光る水面と落ち葉
良い色合いでしょ!!??
2016年11月23日 11:18撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い色合いでしょ!!??
絵心の秋ーー
2016年11月23日 11:18撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絵心の秋ーー
1
地層の美
2016年11月23日 11:20撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地層の美
1
どうじゃーー!!??
2016年11月23日 11:20撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうじゃーー!!??
1
紅葉を愛でる
2016年11月23日 11:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉を愛でる
赤い実ひとつはな〜に??
2016年11月23日 11:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い実ひとつはな〜に??
ヤマビルがさすがに出なかった−気温が上がると出てくるーーぞくっ
2016年11月23日 11:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマビルがさすがに出なかった−気温が上がると出てくるーーぞくっ
1
渕ヶ沢橋を渡る
2016年11月23日 11:29撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渕ヶ沢橋を渡る
この少し下流に豊英の滝があり、角度により少しだけ流れが見える
2016年11月23日 11:29撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この少し下流に豊英の滝があり、角度により少しだけ流れが見える
滝見台には向かわずーー上から見下ろす形で大した眺めでないと見に行った人の言―滝は下から見るものかーー
2016年11月23日 11:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝見台には向かわずーー上から見下ろす形で大した眺めでないと見に行った人の言―滝は下から見るものかーー
葉の形からリュウノウギクと山菜師匠(下部が楔形)
2016年11月23日 11:38撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葉の形からリュウノウギクと山菜師匠(下部が楔形)
赤と黄色に染まる低木は何??
2016年11月23日 11:40撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤と黄色に染まる低木は何??
岩壁に張り付く植物は?
2016年11月23日 11:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩壁に張り付く植物は?
イワタバコか?
2016年11月23日 11:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワタバコか?
光ってよく見えないがーーイモトソウのような(イモトソウではなくヤブソテツか??ーー)シダ植物も見える
2016年11月23日 11:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光ってよく見えないがーーイモトソウのような(イモトソウではなくヤブソテツか??ーー)シダ植物も見える
イカリソウのような植物
2016年11月23日 11:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イカリソウのような植物
我が家にあるイカリソウに似ているが――
2016年11月23日 11:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我が家にあるイカリソウに似ているが――
苔類やシダ植物など様々な植物が張り付いている
2016年11月23日 11:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔類やシダ植物など様々な植物が張り付いている
キャンプ場
2016年11月23日 11:47撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場
海底土石流―タービダイトの説明―この露頭は約500万年前の隆起により地上に現れたようだ―この隆起はぷr−トの沈み込み(付加体の発生と丹沢+伊豆半島の列島衝突と関係しているーー
2016年11月23日 11:48撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海底土石流―タービダイトの説明―この露頭は約500万年前の隆起により地上に現れたようだ―この隆起はぷr−トの沈み込み(付加体の発生と丹沢+伊豆半島の列島衝突と関係しているーー
タービダイトの砂岩+泥岩互層は400~千年の一回起こる地震による海底地滑りによるものーつまり、一つの互層はおよそ1000年かかって形成されるという。つまり2千万年前から500万年前の間の地震と海底地すべりにより、気の遠くなる時間の流れの中で形成されたものだった
2016年11月23日 11:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タービダイトの砂岩+泥岩互層は400~千年の一回起こる地震による海底地滑りによるものーつまり、一つの互層はおよそ1000年かかって形成されるという。つまり2千万年前から500万年前の間の地震と海底地すべりにより、気の遠くなる時間の流れの中で形成されたものだった
砂岩層と泥岩層が交互に堆積するのは、海底土石流が沈むときの速度の違いによる―砂粒が先に下にたまり、泥の粒がその上にたまるーー1000年かけてーー!!??
2016年11月23日 11:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂岩層と泥岩層が交互に堆積するのは、海底土石流が沈むときの速度の違いによる―砂粒が先に下にたまり、泥の粒がその上にたまるーー1000年かけてーー!!??
リンドウ
2016年11月23日 11:50撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンドウ
貞山の深い深いU字谷
2016年11月23日 11:53撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貞山の深い深いU字谷
1
日差しはないがうっすらとした光と紅葉が水に移る
2016年11月23日 11:54撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しはないがうっすらとした光と紅葉が水に移る
1
ゆきのさわ橋ーー沢は同じ渕ヶ沢のように思えるが?
2016年11月23日 11:55撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆきのさわ橋ーー沢は同じ渕ヶ沢のように思えるが?
駐車場のカエデ
2016年11月23日 11:56撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場のカエデ
植えられたカエデ
2016年11月23日 11:56撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植えられたカエデ
イモ汁で温まる
2016年11月23日 12:02撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イモ汁で温まる
2
清和県民の森ともお別れ
2016年11月23日 12:39撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清和県民の森ともお別れ
2
帰路、高速バスから湾岸の景色を眺める
2016年11月23日 14:33撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路、高速バスから湾岸の景色を眺める
この30年くらいですごい開発が行われたのだと実感
2016年11月23日 14:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この30年くらいですごい開発が行われたのだと実感
中国やシンガポールほどでないとしてもすごい高層ビル街ーー
2016年11月23日 14:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中国やシンガポールほどでないとしてもすごい高層ビル街ーー

感想/記録

「房総半島の川には、大小合わせて150カ所もの滝がありますが、その半島性から川の流路が短いうえに源流部である房総の山は標高400m未満のため、山岳地帯に見られるように大きな落差のある雄大な滝はありません。
 市内を流れる小糸川、小櫃川には、そのうち30カ所にも及ぶ滝が見られます。
その中の代表的な滝の一つが、小糸川上流の豊英湖に注ぐ木和田川にある「豊英の大滝」です。
 豊英大滝は、房総の丘陵地を蛇行して流れる渕沢の上流にあり、深く削り込まれたU字谷の河床に段がつくられたもので、幅約20m、落差約7.5mと2.5mの2段の滝です。
滝の構造は、厚い砂岩層に薄い泥岩層や凝灰岩層を挟む(清澄層)岩盤で、大きな滝壷や 甌穴(ポットホール)があり、中にはウグイやギバチの魚がみられます。また、滝の上流と下流は浅く平坦で、広々とした河床では水遊びができます。
場所は、「清和県民の森」の林間広場からロッジ村方面に向かったところの、湯の沢橋の下で、橋の脇から川に下りられます。川は歩きやすく、滝も簡単に上り下りできるため、子供たちには絶好の遊び場になり、夏の暑い日には、子供たちのはしゃぐ声が山あいにこだまします。」君津市HP、豊英の滝解説より)
 またこの地域の地質に関しては
「千葉県の房総半島中央部の小糸川上流域に位置する清和県民の森周辺には,新第三系の安房層群天津層,清澄層および安野層が分布する.天津層は半遠洋性泥岩の卓越するベースンフロア堆積物,清澄層および安野層は砂岩優勢から泥岩優勢へと変化するタービダイトサクセッションである.」等の解説がある。

こうした特色のある豊英の滝周辺を歩いて、紅葉を楽しみながら芋煮会で〆るハイキング―八重洲口から高速バスに乗ると、すぐに雨が降ってきた。昨日の天気予報では午前中は晴と出ていたが、急に変わってきたようだ。午後からは寒気が入り込み、気温が急降下して、明朝は雪になりそうーー。
 君津BTでピックアップしていただき、清和県民の森駐車場へ。10月半ばまでは夏のような気温が続き、11月近くになって急に冷え込んできたので紅葉は悪くなさそう。今日は清和県民の森周辺の丘陵地帯の紅葉と豊英の滝をめぐる軽いハイキングと芋煮汁を楽しむ気軽な会だ。まず少し戻って展望台コースに入る。しばらく緩やかに登って249mピークにある展望台まで歩く。小糸川上流部は砂岩や砂岩性凝灰岩などが推計により削られて、深いU字、V字谷を形成し、ハイキングコースもそれらの深い渓谷にそって作られている。痩せ尾根の両側は深くキレ落ち、垂直に近い崖になっている。展望台からは晴れていれば富士山も見えるらしいが、眼前には西側対岸の対岸向こう側に連なる高宕山方面の稜線しか見えない。展望台にはモミかツガがあり、房総らしい植生を示している。この房総丘陵のモミに関して、千葉県立中央博物館・生態園は、
「モミ・ツガ林: 照葉樹林の上部に断続的に出現する温帯性の針葉樹林です.ふつうシイ・カシ林は標高が上がるにつれて山地性のブナ林に置き換わりますが,ブナが生育するには夏暑すぎ,かといって冬に気温が下がるためシイ・カシが生長しにくいようなところに,このモミ・ツガ林が成立します.モミ・ツガ林は東北南部から九州にかけて点々と分布しており,房総丘陵では尾根や急斜面などに多くみられます.生態園では,モミ,ツガ,カヤ,ヒメコマツなどが植えられています.右図はモミの写真です.」
 崖の際立ったため、じっくり葉を観察しなかったので、モミかツガかははっきりわからなかったが、このような標高の低い丘陵地帯、しかも海岸部は照葉樹林帯である房総丘陵にこうした樹木が分布しているのは不思議に思うが、トウヒ類などと異なり暖温帯林の分布する針葉樹らしい。
 紅葉のU字谷の景観を眺めながらいったん下り、凝灰砂岩の白い岩壁を見ながら進む。リュウノウギクやリンドウの花が崖沿いに咲いている。林道は雨のため、しっかり花を閉じていて、花粉を守っている。林道は草津など標高の高い山では8月末から9月に咲く花だーー。なぜ、この谷で今頃まで残っているのだろうかーー??雨はほぼ止んできたものの、日差しがないのでせっかくの紅葉もぼやけた感じで残念。しばらく進んで豊英の滝の入口に出る。
「豊英大滝は、房総の丘陵地を蛇行して流れる渕沢の上流にあり、深く削り込まれたU字谷の河床に段がつくられたもので、幅約20m、落差約7.5mと2.5mの2段の滝です。
滝の構造は、厚い砂岩層に薄い泥岩層や凝灰岩層を挟む(清澄層)岩盤で、大きな滝壷や 甌穴(ポットホール)があり、中にはウグイやギバチの魚がみられます。また、滝の上流と下流は浅く平坦で、広々とした河床では水遊びができます。」(君津市HP再掲)
 植林地を抜け、淵沢に向かって下る。白い砂岩の岩壁の下を流れる渕沢の川床には綺麗な地層が露出しているーー第三紀の砂岩・泥岩互層(タービダイト)かな??−−枝沢や紅葉などを眺めながら沢床の端を足が濡れないように進むと豊英の滝が見えてくる。長靴でも履いてくれば沢床をじゃぶじゃぶ進んで滝も登って上に出られたのだがーー慎重に沢と岩壁の間を進んで滝に近づく。写真を何枚も撮り、さらに岩壁の端っこを根っこの抜けなさそうな植物をつかんで慎重に進んで滝の下に出る。沢自宅があれば滝の上に出られそうだが、今回はあきらめて写真を連写ー20mの幅の間に幾筋もの水流が流れ落ちる見事な滝だーー。往路を戻ると主催者が途中の遊歩道から滑りやすい崖から沢床に下って写真を撮っている。紅葉の落ち葉の写真だ。私も川床に下ってわずかな光を反射する沢の水と落ち葉の色を愛でる。一頻り撮影し、再び慎重に崖をよじ登り、遊歩道に復帰して滝入口に戻る。すぐ先で「渕ヶ沢橋」を渡る。すぐ下には先ほどの滝の上だ。ほとんど滝は見えないが、紅葉の川床と絶壁はなかなか壮観だ。橋を渡り、滝見台入口を過ぎてリュウノウギクを見分しながら進むと、左手の岩壁に張り付いている植物の葉に目を止めるーーイワタバコじゃないかーー??との声ーー山菜師匠が近づいて、イワタバコだと宣言、近づいてじっくり観察し撮影する。残念ながら岩壁の上の方なので詳しく観察できない。葉が光って私の腕では写真もうまく取れなかった。岩壁にはイカリソウに似た植物など何種類かが張り付いていたが、枯れかけたはばかりで詳しくはわからないーー。林道渕ヶ沢線の看板を見てから、キャンプ場を通過、その先駐車場手前にタービダイトの露頭がある。この地層は中新世(2300万年前〜500万年前)以降、海底であったこの地域で、陸上からの土石流などが地震などにより、海底斜面の地滑りにより、下に落ちて行った土砂などが堆積してできた地層で、ここでは早く沈む沙岩層とゆっくり沈む泥岩層が交互に現れるタービダイトとなっている。これが500万年前に隆起してその後の河川による浸食、削りだされて出たタービダイトの露頭らしい。この露頭を見学するとすぐ先は出発点の駐車場で、ここで芋煮汁の昼食を食べて解散となった。君津駅に到着した時間はまだ1時半前だったので、高速バスで湾岸御高層ビル街を眺めながら八重洲口に戻り、早い帰宅となった。


訪問者数:55人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ