ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1013190 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

狼平小屋泊〜明星ヶ岳〜金引尾根 またも縦走ギブ

日程 2016年11月22日(火) 〜 2016年11月23日(水)
メンバー kirisame
天候曇り ちょっと晴れ ガス
アクセス
利用交通機関
電車バス
天川川合へのバスは、平日はちょっと遅い。バスは天川弁財天へ行く人も乗せ、集落をぐるぐる回っていく。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

11/22
天川川合バス停9:45-11:10林道出合-12:00栃尾辻12:10-13:45高崎横手-14:05狼平小屋-弥山途中まで往復
11/23
狼平小屋6:35-7:35弥山7:40-8:10八経ヶ岳-8:30明星ヶ岳8:40-9:40高崎横手-10:25金引橋分岐-11:50金引橋-12:15熊渡12:25-13:40天川川合バス停
コース状況/
危険箇所等
金引尾根はテープがいっぱいあって迷ってしまった。でも親切。
22日夜の狼平小屋は気持ち悪いくらい暖かかった。もう寒くなるから最後かな?
その他周辺情報天川川合から熊渡へ歩いていくなら、道路よりみたらい遊歩道の方が早いみたい。

写真

橋を渡ってスタート
ここに戻ってくるとは・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ってスタート
ここに戻ってくるとは・・
2
紅葉の道をどんどこ
お日様があたりません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の道をどんどこ
お日様があたりません
上の方は晴れてます
遠くに大普賢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方は晴れてます
遠くに大普賢
弥山もよく見えました
しかし時間切れです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山もよく見えました
しかし時間切れです
2
再び訪れた狼平小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び訪れた狼平小屋
足がつってしまいました
弥山小屋まで行きたかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足がつってしまいました
弥山小屋まで行きたかった
1
八経ヶ岳も拝みました
天気が良いのに残念
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳も拝みました
天気が良いのに残念
1
弥山から八経ヶ岳
パノラマを撮っておしまい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山から八経ヶ岳
パノラマを撮っておしまい
2
翌日ガスガスの弥山
実は前回行き忘れた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日ガスガスの弥山
実は前回行き忘れた
八経ヶ岳もガスガス
あっさり通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳もガスガス
あっさり通過
3
明星ヶ岳もガスガス
残念ながら引き揚げます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明星ヶ岳もガスガス
残念ながら引き揚げます
とても美しい苔むした道
大峰らしいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても美しい苔むした道
大峰らしいです
1
今日は金引橋へ降りて
みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は金引橋へ降りて
みます
尾根を辿りますが
謎のトラロープ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を辿りますが
謎のトラロープ
テープが多すぎて
迷いながらも金引橋へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープが多すぎて
迷いながらも金引橋へ
みたらい遊歩道の紅葉
人工物は滑ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みたらい遊歩道の紅葉
人工物は滑ります
2

感想/記録

従前から練っていた、バス利用で天川川合から釈迦ヶ岳を登り前鬼口へ2日間で抜けるという縦走を、病み上がりで決行です。平日のスタートはバスの時間が遅く、日も短い時期なので、他のルートも選択できるようにはしておきました。
楊子ノ宿まで行くなら明星ヶ岳14時を目標とし、13時までに高崎横手に着けば・・という計画でしたが、結果はあえなく時間切れとなり、しかも情けないことにプランBの弥山までも辿りつけませんでしたcrying

今年は10月の天気が悪く、紅葉はいまいちだそうです。天川川合から遅い出発で、栃尾辻までは快調でしたが、1500mあたりからペースがガタ落ちとなりました。山上は晴れており、草紅葉がきれいです。高崎横手で時間切れで縦走をあきらめ、狼平へおりました。前回弥山川を遡った時は、周りを見る余裕がなかったのですが、とても良いところです。時間に余裕ができ天気が良いのは今日までなので、弥山小屋まで行こうと出発しましたが、途中で足がつってあえなくダウン。これなら空身でのぼればよかった〜happy02

翌日はガスガスなので、弥山・八経ヶ岳・明星ヶ岳をまわり、下山します。同じルートを戻るのも芸がないので、金引尾根を降りることにしました。足元は落ち葉で道が全く分かりませんが、基本は尾根筋でテープがたくさんついてます。途中謎のトラロープが尾根を塞ぎ造林帯へと誘いますが、過去林班テープに散々痛い目に会っているので、尾根を真っ直ぐ降りて行きました。途中一度ルートを見失い、地形からして右はヤバいので左へ振りましたが、造林帯を通るトラバース道も結構あるようです。
帰りは観光客で賑わう、みたらい歩道を通って帰りました。

春夏装備で日祝日のバスなら、何とか2日縦走も見えてきました。来年再チャレンジです
訪問者数:166人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ