ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1013271 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

20161123熊渡-八経ヶ岳-弥山

日程 2016年11月23日(水) [日帰り]
メンバー kaimoto, その他メンバー2人
天候曇りときどき雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
熊渡の橋の北側のスペースに停めさせて頂きました。午前6時前に到着した際は他に車はなく、午後3時頃に戻った際には他に4台の車が停まっていました。釣り人の車かと思います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間26分
休憩
1時間22分
合計
8時間48分
S熊渡06:2106:50金引尾根・弥山川分岐06:5106:54金引橋08:16カナビキ尾根分岐08:2508:54ナベの耳09:15高崎横手09:2609:39日裏山10:38八経ヶ岳10:3910:41大峰山10:4611:12弥山小屋11:2011:23弥山11:2411:34大黒岩11:56狼平避難小屋12:3912:52高崎横手13:09ナベの耳13:31カナビキ尾根分岐13:3414:42金引橋14:46金引尾根・弥山川分岐15:09熊渡G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
熊渡の橋をカナビキ橋方面に渡った所に登山ポストがあります。崩落して危険な箇所も少しあります。落ち葉が積もっていて滑ります。少ない踏み跡も落ち葉で隠されますので、目印はテープしかありません。途中、登山道の体をなしていない箇所も多いので迷うと思います。

装備

個人装備 地図 長袖インナー ソフトシェル フリース 着圧機能タイツ トレッキングズボン(中厚手) 靴下 クライミング用グローブ ウィンドブレーカー レインウェア トレッキングシューズ ザック32L 昼食 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ 電池 iPhone6s iPhone用充電池 ミラーレス一眼カメラ 腕時計 ラジオ セームタオル 灰皿 芍薬甘草湯 ファーストエイドキット サバイバルシート マルチツール ストック ガスバーナー ガス缶 薬缶 チタン製カップ ティッシュ ウェットティッシュ ビニール袋

写真

暗闇の中、6時前に熊渡に到着しましたが、名前が怖すぎます。
2016年11月23日 06:20撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗闇の中、6時前に熊渡に到着しましたが、名前が怖すぎます。
少し足元が見えるようになりスタート。登山届BOXと有名な双門コースの案内板がありました。
2016年11月23日 06:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し足元が見えるようになりスタート。登山届BOXと有名な双門コースの案内板がありました。
金引橋までの林道はコースタイムで30分。
2016年11月23日 06:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金引橋までの林道はコースタイムで30分。
双門コース案内板。難コースであるのがよく分かります。
2016年11月23日 06:42撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双門コース案内板。難コースであるのがよく分かります。
金引橋。双門コースとの分岐点。右側のカナビキ尾根へ進みます。
2016年11月23日 06:50撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金引橋。双門コースとの分岐点。右側のカナビキ尾根へ進みます。
スタートからいきなりの急勾配。
2016年11月23日 06:56撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートからいきなりの急勾配。
ますます急登。2キロで600mほど。
2016年11月23日 07:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ますます急登。2キロで600mほど。
ようやく栃尾辻からの合流地点、ナメリ谷に到着。ここからは一般的な登山道です。
2016年11月23日 08:17撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく栃尾辻からの合流地点、ナメリ谷に到着。ここからは一般的な登山道です。
カナビキ尾根ルートは玄人向けでした。
2016年11月23日 08:18撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カナビキ尾根ルートは玄人向けでした。
1
急な登りも少しありますが、整備されているので歩きやすいです。
2016年11月23日 08:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な登りも少しありますが、整備されているので歩きやすいです。
高崎横手出合いからは平坦な道が続きます。
2016年11月23日 09:32撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高崎横手出合いからは平坦な道が続きます。
弥山辻から強風と寒さに耐えれずウィンドブレーカーの上にハードシェル着用。
2016年11月23日 10:23撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山辻から強風と寒さに耐えれずウィンドブレーカーの上にハードシェル着用。
登頂。寒さでiphoneの電源が入らなくなりました。冬装備した方々で賑わっていました。
2016年11月23日 11:07撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂。寒さでiphoneの電源が入らなくなりました。冬装備した方々で賑わっていました。
2
景色もないため、速攻下山開始。
2016年11月23日 11:09撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色もないため、速攻下山開始。
ところどころ、霧氷が。
2016年11月23日 11:18撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ、霧氷が。
2
吹きすさぶ風で少しガスが晴れました。寒さのため立ち止まりません。
2016年11月23日 11:23撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹きすさぶ風で少しガスが晴れました。寒さのため立ち止まりません。
弥山到着。寒さのため、ここでの昼食は断念。弥山避難小屋は先客がおられたため、狼平の避難小屋まで行くことにします。
2016年11月23日 11:32撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山到着。寒さのため、ここでの昼食は断念。弥山避難小屋は先客がおられたため、狼平の避難小屋まで行くことにします。
奥宮も素通り。
2016年11月23日 11:41撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥宮も素通り。
カナビキの急登をこなした後なので足は軽いです。
2016年11月23日 11:50撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カナビキの急登をこなした後なので足は軽いです。
そして八経ヶ岳から弥山へのルートを選んだのはこれ。延々と続く階段。逆回りだとこれを登るのです。
2016年11月23日 12:09撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして八経ヶ岳から弥山へのルートを選んだのはこれ。延々と続く階段。逆回りだとこれを登るのです。
1
晴れてればきっといい写真がとれたと思います。
2016年11月23日 12:13撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてればきっといい写真がとれたと思います。
狼平避難小屋に到着。ようやくお昼ご飯。
2016年11月23日 12:17撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼平避難小屋に到着。ようやくお昼ご飯。
1
つり橋から避難小屋。
2016年11月23日 12:39撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つり橋から避難小屋。
小屋内はロフト付。清潔に使われています。テント場も数張り。水場も状態良く、宿泊には最適。
2016年11月23日 12:52撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋内はロフト付。清潔に使われています。テント場も数張り。水場も状態良く、宿泊には最適。
ロフト。
2016年11月23日 12:53撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロフト。
当然ですが、カナビキの地獄の急登を登ってきたので、同じく地獄の急登を下ります。下りは危険です。落ち葉が重なり、下の根や岩が見えません。かなり慎重を要します。
2016年11月23日 14:02撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当然ですが、カナビキの地獄の急登を登ってきたので、同じく地獄の急登を下ります。下りは危険です。落ち葉が重なり、下の根や岩が見えません。かなり慎重を要します。
真っ暗闇の針葉樹林を抜け。
2016年11月23日 14:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ暗闇の針葉樹林を抜け。
熊渡に帰還。
2016年11月23日 15:09撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊渡に帰還。
訪問者数:258人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ