ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1014498 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

陣馬山

日程 2016年11月25日(金) [日帰り]
メンバー Katze_TL
アクセス
利用交通機関
電車
行き:JR中央線・相模湖駅
帰り:JR中央線・藤野駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間1分
休憩
38分
合計
4時間39分
S相模湖駅10:0610:17与瀬神社10:2610:31見晴らし台10:3510:53子孫山ノ頭(孫山)10:5410:59孫山11:0011:05大明神山11:12大平小屋跡11:1311:40石投げ地蔵11:4111:50明王峠11:5212:02奈良子峠12:13富士小屋山12:32陣馬山12:4613:03一ノ尾根−和田尾根分岐13:22一ノ尾根−和田第二尾根分岐13:2313:52一ノ尾根−上沢井分岐14:16陣馬山登山口14:2014:45藤野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
陣馬山登山口→藤野駅はr522を歩きましたが、上の地図のように、GPSの軌跡がr522からから外れてしまいました。
コース状況/
危険箇所等
(1)全般に道標完備。道迷いの可能性は低いです。道標が無い分岐は数10m程のショートカットとの分岐であり、すぐに合流します。
(2)ただし、明王峠までの間に林業作業用のダートと出合い、これには道標が有りませんので注意。
(3)その他通特に危険個所は有りませんが、この日は前日の雪と当日の晴天により雪が溶けてトレイルがドロドロで滑りやすくなっている箇所がまま有り、下りの一ノ尾尾根で一度滑りましたwww。残雪の凍結は無く、携帯した軽アイゼンを使う必要は有りませんでした。ジャンルを「雪山ハイキング」にしましたが、微妙な感じでした。

写真

JR中央線・相模湖駅からスタート。
電車から降りたハイカーは僕だけでした。
2016年11月25日 10:03撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR中央線・相模湖駅からスタート。
電車から降りたハイカーは僕だけでした。
登山口手前の中央自動車道の上の歩道橋・慈眼寺手前から相模湖の南に位置する山並みを見られました。
あちらもいずれ歩いてみたいです。
2016年11月25日 10:13撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口手前の中央自動車道の上の歩道橋・慈眼寺手前から相模湖の南に位置する山並みを見られました。
あちらもいずれ歩いてみたいです。
慈眼寺から長い石段を登って与瀬神社拝殿に到着。
今日のハイキングの安全を祈願。
2016年11月25日 10:15撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慈眼寺から長い石段を登って与瀬神社拝殿に到着。
今日のハイキングの安全を祈願。
与瀬神社の登山口からトレイルへ・・・。
写真では分からないと思いますが、溶けた雪でドロドロの地面の九十九折れで、木々に積もった前日の雪が溶け、頭上から雨のように降り注いでいました。神社でスパッツは付けましたが、レインウェアは着ませんでした。このあともずっとそういう感じでしたので着ておけばよかったとちょっと後悔。
2016年11月25日 10:23撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
与瀬神社の登山口からトレイルへ・・・。
写真では分からないと思いますが、溶けた雪でドロドロの地面の九十九折れで、木々に積もった前日の雪が溶け、頭上から雨のように降り注いでいました。神社でスパッツは付けましたが、レインウェアは着ませんでした。このあともずっとそういう感じでしたので着ておけばよかったとちょっと後悔。
どんどん登ります。
ちょっとづつ残雪が多くなってきました。
2016年11月25日 10:35撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん登ります。
ちょっとづつ残雪が多くなってきました。
孫山前後からは緩やかな登り。
2016年11月25日 10:48撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫山前後からは緩やかな登り。
軽アイゼンは持ってきましたが、それ程積もっておらず、地面が結構見えています。雪も凍結しておらず、履く必要は無し(結局この日は最後まで使う必要は有りませんでした)。
2016年11月25日 11:08撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽アイゼンは持ってきましたが、それ程積もっておらず、地面が結構見えています。雪も凍結しておらず、履く必要は無し(結局この日は最後まで使う必要は有りませんでした)。
林道を横断。
2016年11月25日 11:33撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横断。
明王峠の手前の丸太階段の一登り。
2016年11月25日 11:46撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王峠の手前の丸太階段の一登り。
明王峠に到着。
2016年11月25日 11:51撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王峠に到着。
高尾山と繋がっている縦走路に出ましたので、ここから陣馬山山頂までは、ちょくちょく人と出くわすようになりました。
2016年11月25日 11:57撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾山と繋がっている縦走路に出ましたので、ここから陣馬山山頂までは、ちょくちょく人と出くわすようになりました。
縦走路は快適な尾根道ですな〜。
2016年11月25日 12:14撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路は快適な尾根道ですな〜。
もう少し雪が積もっていると雪上ハイクらしいのですけれども。
2016年11月25日 12:26撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し雪が積もっていると雪上ハイクらしいのですけれども。
陣馬山山頂に到着。
先客は5人程。
2016年11月25日 12:32撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陣馬山山頂に到着。
先客は5人程。
1
登頂成功のイェ〜〜イwww
このあと三角点を探しましたが、雪に埋もれていて見つかりませんでした。ネットで事前に大体の位置を確認しておいたのですが、雪をかき分けても見つからず・・・。普通にちゃんと地面から出ている三角点だったら埋もれなかったのかも知れません。
怪しい挙動に何となく他人の目が気になり、諦めました。・・・残念。
2016年11月25日 12:48撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂成功のイェ〜〜イwww
このあと三角点を探しましたが、雪に埋もれていて見つかりませんでした。ネットで事前に大体の位置を確認しておいたのですが、雪をかき分けても見つからず・・・。普通にちゃんと地面から出ている三角点だったら埋もれなかったのかも知れません。
怪しい挙動に何となく他人の目が気になり、諦めました。・・・残念。
1
気を取り直して展望を楽しみました。
2016年11月25日 12:36撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気を取り直して展望を楽しみました。
補給食を食べている間に少しずつ山頂に人が増えてきましたので、下山。
一ノ尾尾根コースで落合の集落へ・・・。
2016年11月25日 12:53撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
補給食を食べている間に少しずつ山頂に人が増えてきましたので、下山。
一ノ尾尾根コースで落合の集落へ・・・。
こちらの方が雪が残っていました。
途中、泥道で滑って思いっきり尻餅をついてしまいました。尻が泥だらけ・・・。前述のようにレインパンツを履いておけば良かったと後悔。
2016年11月25日 13:01撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの方が雪が残っていました。
途中、泥道で滑って思いっきり尻餅をついてしまいました。尻が泥だらけ・・・。前述のようにレインパンツを履いておけば良かったと後悔。
気を取り直して進みます。
2016年11月25日 13:21撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気を取り直して進みます。
雪がだいぶ減りました。
2016年11月25日 13:26撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪がだいぶ減りました。
午後の木漏れ日が良いです。
2016年11月25日 13:40撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後の木漏れ日が良いです。
上から降ってくる雪解け水が無くなりましたので、ようやく木々にカメラのレンズを向けられるようになりました。
黄葉が綺麗でした。
2016年11月25日 13:41撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から降ってくる雪解け水が無くなりましたので、ようやく木々にカメラのレンズを向けられるようになりました。
黄葉が綺麗でした。
トレイル上に雪はもう残っていません。
どんどん進みます。
2016年11月25日 13:56撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレイル上に雪はもう残っていません。
どんどん進みます。
もうすぐ集落。
2016年11月25日 13:59撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ集落。
落合の集落に出ました。
写真は林から出てきた所を振り返って撮影。
2016年11月25日 14:05撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落合の集落に出ました。
写真は林から出てきた所を振り返って撮影。
舗装路を下ります。
2016年11月25日 14:12撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路を下ります。
r522に出ました。
バスの時刻とは合わなかったので、JR藤野駅まで歩きます。
2016年11月25日 14:29撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
r522に出ました。
バスの時刻とは合わなかったので、JR藤野駅まで歩きます。
中央自動車道近くで、下を隧道で抜けます。思ったよりも歩道の幅が有ったので良かったです。
2016年11月25日 14:36撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央自動車道近くで、下を隧道で抜けます。思ったよりも歩道の幅が有ったので良かったです。
JR中央線・藤野駅にゴール。
尻が泥で汚れているので、電車内で人からなるべく離れてずっと立ちっぱなしとなりました。
2016年11月25日 14:45撮影 by Canon PowerShot G10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR中央線・藤野駅にゴール。
尻が泥で汚れているので、電車内で人からなるべく離れてずっと立ちっぱなしとなりました。
撮影機材:

感想/記録

初めて陣馬山に行ってきました。
トレイルは雪と泥でベチャベチャ、木に積もっていた雪が溶けて注ぎ、まるで雨が降っているかのような所も有りましたが、こうした負荷もまた楽しんで登れました。
陣馬山山頂からの展望はとても良かったです。多くの方がヤマレコに投稿している写真と同じ物を生で見られて満足です。
今回雪に埋もれた三角点を見つけられなかったので、そのリベンジの意味も含めて別ルートでまた登ってみたいと思いました。
訪問者数:156人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ