ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1015192 全員に公開 ハイキング京都・北摂

陸地谷北尾根P822(小野谷峠〜二ノ谷〜大見尾根〜滝谷)

日程 2016年11月26日(土) [日帰り]
メンバー field8us
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
京都バス32系統広河原行き
行き:出町柳 (7:50) →小野谷口 (9:13)
\830
帰り:旧道別れ (15:03) → 出町柳 (16:13)
\670
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間18分
休憩
26分
合計
5時間44分
S小野谷口バス停09:1710:19小野谷峠10:2111:23休憩地11:4112:17P82212:2213:18滝谷分岐14:30花脊高原前14:3115:01旧道別れバス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小野谷は荒れていますが踏み跡はしっかりあり、良く見て進めばさほど問題はありません。二ノ谷からP822〜大見尾根に出るまでは歩行に問題は有りませんが時々(意図するルートが不明の)テープがある程度。大見尾根も落ち葉で踏み跡が隠されています。滝谷へ下る道はアセビが繁って道が分かりにくいところがあります。最後は植林の急斜面を慎重に道を探しつつ下りる必要があります。

写真

小野谷口バス停からまずは小野谷峠を目指します。杉品種試験なんたらの建物付近の紅葉はメタセコイア?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小野谷口バス停からまずは小野谷峠を目指します。杉品種試験なんたらの建物付近の紅葉はメタセコイア?
ワサビ栽培試験田の建物の左へフェンス沿いを進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ栽培試験田の建物の左へフェンス沿いを進みます
荒れた谷道ですので踏み跡を良く見ながら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れた谷道ですので踏み跡を良く見ながら
2
苔むした植林地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした植林地
3
最後の詰めで谷のちょっと上を行く道(画像右)を見逃して左の谷底を直登してしまいました。地図読みには慣れてきたつもりですが、こういう細かいルートファインディングが苦手です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の詰めで谷のちょっと上を行く道(画像右)を見逃して左の谷底を直登してしまいました。地図読みには慣れてきたつもりですが、こういう細かいルートファインディングが苦手です
小野谷峠に到着。冬枯れですっきりしています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小野谷峠に到着。冬枯れですっきりしています
ここからは京都北山屈指の癒しの光景が広がる湿原地帯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは京都北山屈指の癒しの光景が広がる湿原地帯
2
天気のいい日には最高の散策コースです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気のいい日には最高の散策コースです
2
湿原はやがてススキ野に変わります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原はやがてススキ野に変わります
2
集落手前で右に折れてしばらく林道を行きます。谷の二俣から左に入って探索開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集落手前で右に折れてしばらく林道を行きます。谷の二俣から左に入って探索開始
1
植林を抜けると想像通りの明るい谷が広がっていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林を抜けると想像通りの明るい谷が広がっていました
2
先ほど抜けてきた湿原のミニチュア版のような感じ。ぬかるんだ所は獣の足跡だらけでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほど抜けてきた湿原のミニチュア版のような感じ。ぬかるんだ所は獣の足跡だらけでした
この谷で昼食にしました。あらためて見るとおどろおどろしい枝ぶりの木が多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この谷で昼食にしました。あらためて見るとおどろおどろしい枝ぶりの木が多い
なるべく楽に登れそうなところからP822を目指してみます。北の鞍部を経由して東の尾根へ登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なるべく楽に登れそうなところからP822を目指してみます。北の鞍部を経由して東の尾根へ登る
1
尾根には立派なブナの木など、自然林が広がっています。一度、尾根を間違えて引き返す…とほほ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根には立派なブナの木など、自然林が広がっています。一度、尾根を間違えて引き返す…とほほ
P822の一つ手前。紅葉は完全に終わっていますが、明るくて展望も利くのでこれはこれで良い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P822の一つ手前。紅葉は完全に終わっていますが、明るくて展望も利くのでこれはこれで良い
1
P822に到着。最高点に立ったつもりでしたが、帰宅してログを見返すと標高点の位置とちょっとずれている。プレートもそっちにあったのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P822に到着。最高点に立ったつもりでしたが、帰宅してログを見返すと標高点の位置とちょっとずれている。プレートもそっちにあったのかな?
3
京都北山では山より先に谷に名前が付いていて、その谷にちなんで「○谷山」という山名が付くことが多い。P822には北から突き上げる蛇谷から名を取って「蛇谷山」と名付けたいところ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都北山では山より先に谷に名前が付いていて、その谷にちなんで「○谷山」という山名が付くことが多い。P822には北から突き上げる蛇谷から名を取って「蛇谷山」と名付けたいところ
2
帰りは大見尾根へ向かって快適な尾根を歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは大見尾根へ向かって快適な尾根を歩きます
3
一つだけぽつんとあったヤドリギ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つだけぽつんとあったヤドリギ
4
皆子山と、奥に蓬莱山がくっきり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆子山と、奥に蓬莱山がくっきり
2
ほどなく林道に合流。陸地谷も今度歩いてみよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく林道に合流。陸地谷も今度歩いてみよう
大見尾根を北へ。スノーハイクしてみたいですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大見尾根を北へ。スノーハイクしてみたいですね
2
唯一の標識から滝谷へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一の標識から滝谷へ
途中道を見失いやすい場所もあります。細い尾根に乗らないといけないので慎重に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中道を見失いやすい場所もあります。細い尾根に乗らないといけないので慎重に
美味しそうなキノコ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美味しそうなキノコ
2
最後は植林の急斜面でした。途切れ途切れの作業道を辿って林道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は植林の急斜面でした。途切れ途切れの作業道を辿って林道へ
1
所々に紅葉が残る別所の里を抜け、旧道別れまで来たところでバスがやってきたので乗車して帰宅しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々に紅葉が残る別所の里を抜け、旧道別れまで来たところでバスがやってきたので乗車して帰宅しました

感想/記録

以前から地図を眺めていて気になっていた、大見集落の南側にある谷から尾根に上がってみました。できれば紅葉が残っているうちに歩きたかったルートでしたが、今日は天気がよく冬枯れの森は明るくて気持ちよかったです。

北山にはどうも好奇心を刺激されて、こういった山名すらない場所でも歩いてみたくなってしまいます。中学生時代に北山に足を踏み入れた北山登山の祖、今西錦司氏らもこんな気持ちを味わっていたのでしょうか。
訪問者数:75人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 林道 紅葉 直登 ブナ アセビ モミ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ