ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1015263 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

初雪で滑りまくりの鷹ノ巣山(峰谷→倉戸口)

日程 2016年11月26日(土) [日帰り]
メンバー oreshio
天候気持ちの良い秋晴れ…だったのに、標高1500m付近より上は雲の中で寒かった
アクセス
利用交通機関
電車バス
▼行き
板橋5:03ー(JR線:池袋のりかえ)ー5:13高田馬場5:20ー(西武線:上石神井・小平のりかえ)ー6:20拝島6:34ー(JR青梅線)ー7:37奥多摩
奥多摩駅7:45=(西東京バス)=峰谷

▼帰り
倉戸口16:18=(西東京バス)=奥多摩駅(ホリデー快速に接続)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間47分
休憩
51分
合計
7時間38分
S峰谷バス停08:2509:27奥集落・登山口09:3409:54浅間神社11:20水場(鷹ノ巣山避難小屋)11:27鷹巣山避難小屋11:5512:21鷹ノ巣山12:2512:42石尾根縦走路・巻道分岐13:08榧の木尾根-水根分岐13:34榧の木山(長久保山)13:3914:38倉戸山14:4516:03倉戸口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
⛄積雪状況⛄
2日前の11/24(木)に東京都心でも積雪あり。
植林帯内では0〜15cm、上部の自然林では平均15cm程度。
雪質は湿気を帯びて、登り・下りとも滑りやすかった。

チェーンスパイクは湿った雪だと、あっという間に雪団子が靴底にこびりついて役に立ちません。(かといって6本爪アイゼンを使うコンディションでもないという・・)

●浅間尾根
積雪期でも危険箇所少なく、比較的歩きやすい尾根。
道迷いの危険性も低く、石尾根からのエスケープに最適。

●榧の木尾根【道迷い、積雪によるスリップ注意】
道中の広尾根は、降雪や落葉があると迷いやすい。ピンクテープが増え大分ましになった感じはありますが、積雪期のエスケープとしてはおすすめしません。
また、倉戸山からの下りも落ち葉で道が見えにくい場所、ぬかるみで猛烈に滑る場所など気を抜けません。
その他周辺情報♨もえぎの湯♨
雪も降ったし、11月下旬なら混雑のピークは過ぎただろう…と思っていたが甘かった。
入場待ちは10分程度だが、脱衣所・浴室・食堂とすべてひどい混雑だった。

写真

峰谷バス停。ここまでの乗客は6人くらいだったかな?
トイレは使えました。冬期は凍結のため使用禁止になるので注意。最初の車道歩き、うすーく凍結した路面が怖かった。
2016年11月26日 08:21撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰谷バス停。ここまでの乗客は6人くらいだったかな?
トイレは使えました。冬期は凍結のため使用禁止になるので注意。最初の車道歩き、うすーく凍結した路面が怖かった。
奥集落への山道、途中で倒木が道をふさいでいる場所あり。邪魔ですが、通行に支障はありませんでした。
2016年11月26日 08:47撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥集落への山道、途中で倒木が道をふさいでいる場所あり。邪魔ですが、通行に支障はありませんでした。
奥集落の登山口。
晴れていたので、冬用のアンダーウェアでは暑い。失敗したなあ…とこの時点では思っていました。
2016年11月26日 09:27撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥集落の登山口。
晴れていたので、冬用のアンダーウェアでは暑い。失敗したなあ…とこの時点では思っていました。
熊情報&狩猟期間開始に伴う注意喚起。
2016年11月26日 09:29撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊情報&狩猟期間開始に伴う注意喚起。
登山道に入ります。
イロハモミジ。散りかけですが、色具合は良好。
2016年11月26日 09:33撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に入ります。
イロハモミジ。散りかけですが、色具合は良好。
2
雪の上に大量の落ち葉。奥多摩らしくない?
2016年11月26日 09:50撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の上に大量の落ち葉。奥多摩らしくない?
1
浅間神社
2016年11月26日 09:52撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間神社
植林帯では、スギ・ヒノキの葉が傘代わりになるので積雪は少ない。時々、木の枝に積もった雪がさーっと音を立てて落下してきます。
2016年11月26日 10:02撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯では、スギ・ヒノキの葉が傘代わりになるので積雪は少ない。時々、木の枝に積もった雪がさーっと音を立てて落下してきます。
1
雪の上に降ったカラマツの葉
2016年11月26日 10:03撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の上に降ったカラマツの葉
1
植林帯の急登が終われば、冬木立。
2016年11月26日 10:27撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯の急登が終われば、冬木立。
1
積雪も増えて平均15センチくらいか。
2016年11月26日 10:28撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪も増えて平均15センチくらいか。
2
新しくベンチが設置されてました。丸太を縦に切ったシンプルなものですが。
2016年11月26日 10:30撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しくベンチが設置されてました。丸太を縦に切ったシンプルなものですが。
1
日陰名栗峰。
頂上東の草原はまっしろ。ただ、頂上周辺は雲に覆われ始めています。
2016年11月26日 10:33撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日陰名栗峰。
頂上東の草原はまっしろ。ただ、頂上周辺は雲に覆われ始めています。
ガッツリ雪道。ふにゃふにゃでやや湿っぽい雪質で、傾斜のある場所はよく滑ります。
2016年11月26日 10:33撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガッツリ雪道。ふにゃふにゃでやや湿っぽい雪質で、傾斜のある場所はよく滑ります。
1
雪の上にブナやミズナラの葉が落ちてきます。
2016年11月26日 10:43撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の上にブナやミズナラの葉が落ちてきます。
避難小屋の水場。
21日の雨、24日の雪のおかげで、晩秋としては十分な水量。あと2週間くらいはもちそう。
2016年11月26日 11:20撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋の水場。
21日の雨、24日の雪のおかげで、晩秋としては十分な水量。あと2週間くらいはもちそう。
1
鷹ノ巣山避難小屋。
山頂が寒かっせいか、ここで休憩する人がいつもよい多かった。
2016年11月26日 11:27撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山避難小屋。
山頂が寒かっせいか、ここで休憩する人がいつもよい多かった。
1
気温は3度と普通。小屋到着した時点では暑くて汗をかくくらいでしたが、雲の中に入ってしまい急に寒さを感じます。
2016年11月26日 11:31撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温は3度と普通。小屋到着した時点では暑くて汗をかくくらいでしたが、雲の中に入ってしまい急に寒さを感じます。
標高1570mでパンパン。
2016年11月26日 11:37撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1570mでパンパン。
視界が悪くなってきました。
2016年11月26日 11:54撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が悪くなってきました。
1
鷹ノ巣山頂上。通算22回目の山頂は雲の中で寒かった。
2016年11月26日 12:20撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山頂上。通算22回目の山頂は雲の中で寒かった。
6
視界はほとんどありません。休憩もせず山頂を後にします。
2016年11月26日 12:21撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界はほとんどありません。休憩もせず山頂を後にします。
先週は夏山同然の格好で歩いていたのがウソみたい。
2016年11月26日 12:33撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週は夏山同然の格好で歩いていたのがウソみたい。
1
石尾根を縦走するかギリギリまで悩みましたが、予定通り倉戸口へ
2016年11月26日 12:42撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根を縦走するかギリギリまで悩みましたが、予定通り倉戸口へ
1
榧ノ木尾根上部。
登った人のトレースがなければ、間違えそうな場所がたくさん。積雪直後に下りで使うのは避けたほうが賢明。
2016年11月26日 12:56撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
榧ノ木尾根上部。
登った人のトレースがなければ、間違えそうな場所がたくさん。積雪直後に下りで使うのは避けたほうが賢明。
2
榧ノ木山。
この隣の木にあった名前と日付入りのゴミは回収しました。
2016年11月26日 13:35撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
榧ノ木山。
この隣の木にあった名前と日付入りのゴミは回収しました。
2
標高下がると雲は取れてくる。
下りが急な場所は猛烈に滑る。1回滑って、木の根に腰をぶつけたところがまだ痛い(涙)
2016年11月26日 13:55撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高下がると雲は取れてくる。
下りが急な場所は猛烈に滑る。1回滑って、木の根に腰をぶつけたところがまだ痛い(涙)
積雪期は結構わかりにくい榧ノ木尾根の下り。以前よりはテープが増えた気がしますが、気は抜けません。
この標識付近、わかりづらいのでGJ,しんなしのあたま?
2016年11月26日 14:00撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪期は結構わかりにくい榧ノ木尾根の下り。以前よりはテープが増えた気がしますが、気は抜けません。
この標識付近、わかりづらいのでGJ,しんなしのあたま?
道迷いに関する注意喚起の掲示がありました。
下りで1か所、今日通った踏み跡からかなり外れた場所にピンクテープがついているのを見たのが気になっています。
2016年11月26日 14:21撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道迷いに関する注意喚起の掲示がありました。
下りで1か所、今日通った踏み跡からかなり外れた場所にピンクテープがついているのを見たのが気になっています。
倉戸山到着。
ここまで降りてくると日差しも届いて暑く感じます。
石尾根の稜線だけが雲の中だったようです。
2016年11月26日 14:38撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倉戸山到着。
ここまで降りてくると日差しも届いて暑く感じます。
石尾根の稜線だけが雲の中だったようです。
1
雪の上がいろいろ賑やか。
2016年11月26日 14:46撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の上がいろいろ賑やか。
4
登山口到着。
倉戸山からの下りは、頂上直下の細い巻道、落ち葉に隠れて見えない登山道と神経を使うところが多かったです。最難関と思っていた、登山口近くの急なつづら折りは雪がまったくなくてホッとしました。
2016年11月26日 15:50撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口到着。
倉戸山からの下りは、頂上直下の細い巻道、落ち葉に隠れて見えない登山道と神経を使うところが多かったです。最難関と思っていた、登山口近くの急なつづら折りは雪がまったくなくてホッとしました。
2
訪問者数:197人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ