ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1015595 全員に公開 ハイキング房総・三浦

養老渓谷

日程 2016年11月26日(土) [日帰り]
メンバー ashshelljp, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
梅ヶ瀬渓谷駐車場に駐車。8:00の時点で自車含めて2台。下山時で10数台。トイレもあります。いつもながらこの駐車場カーナビ設定には苦労します。トヨタのオペレータサービスで探してもらいましたが見つかりませんでした。地図を頼りに何とかたどり着きました。今回で3回目の訪問なので・・・・・
千葉方面から来ると養老渓谷駅を過ぎ100m程度行った右T字路を右折。線路を超えてすぐ右折。次の二股を右に下る。進むと民家、店が見えてきます。さらに進んで二股を左に、凸凹の悪路の終点が梅ヶ瀬渓谷駐車所です。感覚的ですが100台以上停められると思います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間53分
休憩
1時間5分
合計
4時間58分
S梅ヶ瀬渓谷入口駐車場08:4011:38日高邸跡12:3113:26梅ヶ瀬渓谷入口駐車場13:3813:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回は家の奥さんも好調でした。段々慣れてきたのかもしれません。
コース状況/
危険箇所等
一昨日の雪が残る泥んこの道でした。養老渓谷は革靴で来る人もいますが沢を渡る場所もあり悪路があります。靴が汚れるのと同時に危険です。養老渓谷を舐めてはいけません。2年前に来ましたが、だいぶ道が整備されていました。但し、今年の大雨の影響か至る所で土砂崩れ跡がありました。大きな木が道、川をふさいでいました。歩いている途中も土砂が落ちてくることがあり要注意です。
その他周辺情報本来は茨城の花園渓谷に行く予定でしたがここ数日の寒波・雪の影響で紅葉が見頃を過ぎたとの情報でした。昨日のTVで養老渓谷が見頃との情報で急遽養老渓谷に変更しました。下の方は少し紅葉がありましたが、上の九十九折り絶景ポイントでは薄色くなった紅葉でした。恐らくこれが今年の紅葉状況なのだと思います。すでに黒くなり落葉している葉もありました。今年は本当に紅葉に恵まれません。残念!
下山後は「滝見苑けんこう村ごりやくの湯」で汗を流しました。なかなか良い温泉でした。

装備

個人装備 ザック-ラッシュ35 ザックカバー 山と道サコッシュ レインウエア インナーダウン ウインドブレーカー ダウンジャケット グローブ-カリマートレックライト グローブ-フリース水色 キャップ-ノースフェースGTXワークキャップ(カーキ色) 帽子-マムート毛糸 ネックウオーマー ピクノリノックスナイフ&ホイッスル ゲイター ヘッドライト 手帳・ペン 熊鈴 iPhoneケース ウェットティッシュ メガネ曇り止め ハイマウントN-ritタオル eTrex30x & ホルダ プラックダイヤモンドストック 携帯座布団 モンベルチェーンスパイク スワンUVメガネ モンベル財布 行動食 カメラ-EOS-7D カメラクリップ 予備バッテリ・メモリ 簡易シート
共同装備 常備薬 救急キッドA エアーサロンパス プリムスバーナーP-153 ガスカートリッジ バーナーキット( ライター・火打石・ カートリッジホルダ ) 風防 Xポッドケトル1.1L X-SETカップブルー X-SETカップグレー カップ持ち帰りラップ 携帯箸 フォーク・スプーンセット コーヒーバネット コーヒーカップ ナルゲンボトル250L プラティパス2L モンベルクリアボトル700mL 食事 ゴミ袋&ホルダー レジャーシート・ペグ トイレットペーパー 携帯トイレ

写真

梅ヶ瀬渓谷駐車場です。ここの紅葉もなかなか良いのですが今年は今一のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅ヶ瀬渓谷駐車場です。ここの紅葉もなかなか良いのですが今年は今一のようです。
1
駐車場左奥から登山道が始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場左奥から登山道が始まります。
この様な断層が至る所にあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この様な断層が至る所にあります。
すぐに沢沿いの道となります。全体の1/3程度は沢沿いの道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに沢沿いの道となります。全体の1/3程度は沢沿いの道です。
何度も登山道を沢が横切っています。水量はありませんが足場がはっきりしていません。浮石もあります。登山靴であれば濡れても問題ないレベルです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も登山道を沢が横切っています。水量はありませんが足場がはっきりしていません。浮石もあります。登山靴であれば濡れても問題ないレベルです。
雪の残っている登山道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の残っている登山道を進みます。
紅葉より落葉の方がきれいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉より落葉の方がきれいでした。
土砂崩れで登山道が塞がれていました。大木と一緒に土砂が崩れていました。土砂の上を超えていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土砂崩れで登山道が塞がれていました。大木と一緒に土砂が崩れていました。土砂の上を超えていきます。
こぼれ日の綺麗な朝の沢の風景です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こぼれ日の綺麗な朝の沢の風景です。
小さな滝と断層と沢、なかなか無い光景だと思います。綺麗でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな滝と断層と沢、なかなか無い光景だと思います。綺麗でした。
こちらは更に落葉とのコラボレーションです。更に綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは更に落葉とのコラボレーションです。更に綺麗です。
朝日が差し込む紅葉の落葉です。うまく捉えられませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日が差し込む紅葉の落葉です。うまく捉えられませんでした。
こちらも朝の零れ日沢の風景です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも朝の零れ日沢の風景です。
数少ない紅葉の風景です。断層の上の紅葉です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数少ない紅葉の風景です。断層の上の紅葉です。
1
梅ヶ瀬渓谷の山頂に向けた登りです。ここから九十九折が始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅ヶ瀬渓谷の山頂に向けた登りです。ここから九十九折が始まります。
梅ヶ瀬渓谷の九十九折の紅葉は見事なのですが今年はこの状況でした。残念です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅ヶ瀬渓谷の九十九折の紅葉は見事なのですが今年はこの状況でした。残念です。
2
九十九折の後は細い尾根が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九十九折の後は細い尾根が続きます。
頂上に到着です。舗装路に出ます。車でも来れます。屋台があり思わず大判焼きを買ってしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に到着です。舗装路に出ます。車でも来れます。屋台があり思わず大判焼きを買ってしまいました。
大判焼き美味しかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大判焼き美味しかったです。
休憩していたら椅子の下に沢蟹がいました。沢ははるか下なのにここまで登ってきたのでしょうか?それとも誰かがここまで運んできてしまったのでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩していたら椅子の下に沢蟹がいました。沢ははるか下なのにここまで登ってきたのでしょうか?それとも誰かがここまで運んできてしまったのでしょうか?
今回のザック。ミステリーランチとカリマーです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のザック。ミステリーランチとカリマーです。
頂上からのロケーション。あまり見晴らしは良くないです。すぐそばに見晴らし台があります。そこからだと見渡せます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からのロケーション。あまり見晴らしは良くないです。すぐそばに見晴らし台があります。そこからだと見渡せます。
通常は紅葉の舗装路を下るのですが、今回紅葉は期待できないので舗装路ではなく来た道を下ることにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通常は紅葉の舗装路を下るのですが、今回紅葉は期待できないので舗装路ではなく来た道を下ることにしました。
ここは日高邸跡に向かう分岐です。日高邸跡に向かうことにします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは日高邸跡に向かう分岐です。日高邸跡に向かうことにします。
陽の光で沢が輝いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽の光で沢が輝いています。
紅葉は今一ですがなかなか良いロケーションです。しばらく眺めていたい風景です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は今一ですがなかなか良いロケーションです。しばらく眺めていたい風景です。
一部紅葉が見られます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一部紅葉が見られます。
日高邸跡です。ここは広くなっているので昼食に最適です。ベンチもあります。ここで昼食とします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日高邸跡です。ここは広くなっているので昼食に最適です。ベンチもあります。ここで昼食とします。
いつものパターンですがカップラーメンとコンビニのおにぎり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものパターンですがカップラーメンとコンビニのおにぎり。
締めはトリップコーヒーとチョコです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
締めはトリップコーヒーとチョコです。
1
悪路の影響で靴は泥だらけです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪路の影響で靴は泥だらけです。
日高邸跡には小さな池があります。池に写る風景と落葉のコントラストがきれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日高邸跡には小さな池があります。池に写る風景と落葉のコントラストがきれいです。
帰り道にも紅葉を撮ってみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道にも紅葉を撮ってみました。
1
こちらはもう少し下山した後の断層上の紅葉です。光が当たりきれいでした。しばらく歩き駐車場に到着。お疲れさまでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはもう少し下山した後の断層上の紅葉です。光が当たりきれいでした。しばらく歩き駐車場に到着。お疲れさまでした。
1
帰りは「滝見苑けんこう村ごりやくの湯」で汗を流しました。なかなか良い温泉でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは「滝見苑けんこう村ごりやくの湯」で汗を流しました。なかなか良い温泉でした。

感想/記録

紅葉残念でした。今回LOWAの靴で2回目の登山となりました。段々慣れてきました。それにしてもLOWAは歩く程に足に馴染んできます。すごく歩きやすい靴です。縦走向きの靴だと思うのであまり軽快に飛ばすように歩くと言うより一歩一歩を踏みしめていく歩き方に合う靴だと思います。信頼感があります。今回は歩き足りない感じがあったのですが靴の重みは最後の方で感じました。まだ鍛え方が足りません。
訪問者数:134人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザック 紅葉 コンビニ 渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ