ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1015596 全員に公開 沢登り丹沢

谷太郎川水系 大小屋ノ沢(積雪でも沢登り講習)

日程 2016年11月26日(土) [日帰り]
メンバー kamog(CL), nezumichan, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
谷太郎川林道終点駐車場
・7〜8台駐車可
・トイレは谷太郎川林道に入って少しで2ヶ所、または清川村役場前の道の駅清川
・登山計画書は神奈川県警察HPからweb提出
・当日の林道上の積雪はなし
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■大小屋ノ沢
  谷太郎川林道終点駐車場の対岸で谷太郎川に水量比3:1で合わさる支流で
  この水系では鳥屋待沢の次に遡行されている準メジャー沢。
  しばらくは平凡だが、中盤から10m近い滝が4つほど点在する。
  詰めはどこも急になるため最後まで行かず適当なところから尾根に上がった
  方がよいでしょう。
  遡行グレード:1級上

  下降は詰める場所にもよるが、右岸の境界尾根(バリエーション尾根)へ
  上がるなら、一般的には尾根を三峰山方向に更に上がり、不動尻へ下りる
  一般登山道を使う。
  読図力があるなら境界尾根をそのまま東方向へ下ると谷太郎川林道終点駐車場
  へダイレクトに下降できる。

写真

林道終点駐車場から対岸に出合う大小屋ノ沢を見る
2016年11月26日 09:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点駐車場から対岸に出合う大小屋ノ沢を見る
1
最初の堰堤は右岸の境界尾根径路を少し上がってから写真のネットと石垣沿いを進んで巻く
2016年11月26日 09:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の堰堤は右岸の境界尾根径路を少し上がってから写真のネットと石垣沿いを進んで巻く
標高300m左岸にある炭焼き跡
これだけ原型が残っているのも珍しい
2016年11月26日 09:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高300m左岸にある炭焼き跡
これだけ原型が残っているのも珍しい
3
最初の小滝
2段(下段2条)4m
2016年11月26日 09:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の小滝
2段(下段2条)4m
すぐに3段(中段2条)8m
2016年11月26日 09:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに3段(中段2条)8m
8m滝は右岸から高巻く
2016年11月26日 09:39撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8m滝は右岸から高巻く
そろそろ一昨日の積雪が出てきました
2016年11月26日 09:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ一昨日の積雪が出てきました
お、出ましたね
2016年11月26日 10:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、出ましたね
1
シンボリックな5m槍の先形岩
2016年11月26日 10:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シンボリックな5m槍の先形岩
1
斜めCSの2m小滝を越えると
2016年11月26日 10:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜めCSの2m小滝を越えると
1
2条10×15m滝
2016年11月26日 10:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2条10×15m滝
1
左岸から登る
本来は左水流近くを登れるのだが今回はなるべく水に触りたくない
2016年11月26日 11:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸から登る
本来は左水流近くを登れるのだが今回はなるべく水に触りたくない
1
濡れないで登るとそれなりにグレードアップして面白い
2016年11月26日 11:29撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れないで登るとそれなりにグレードアップして面白い
1
少し進めば2段2条10m滝
これも暖かい時期は左岸(右)から登れるのだが・・・
2016年11月26日 11:29撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進めば2段2条10m滝
これも暖かい時期は左岸(右)から登れるのだが・・・
2
釜に足を濡らしたくないので右岸から高巻いて
練習がてら懸垂下降27m
2016年11月26日 11:39撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜に足を濡らしたくないので右岸から高巻いて
練習がてら懸垂下降27m
2
残り時間と行程を予測して620m辺りから境界尾根に向かい詰めることにする
2016年11月26日 11:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残り時間と行程を予測して620m辺りから境界尾根に向かい詰めることにする
1
渓流シューズの積雪キックステップは修行?
2016年11月26日 13:22撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓流シューズの積雪キックステップは修行?
3
南西方向に境界尾根を目指す
2016年11月26日 13:22撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西方向に境界尾根を目指す
1
もうちょっとだよ
2016年11月26日 13:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうちょっとだよ
1
はい予定していた境界尾根810mに出ました
冷たくなってきた足指をほぐします
2016年11月26日 14:06撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい予定していた境界尾根810mに出ました
冷たくなってきた足指をほぐします
1
境界尾根上も中盤まで積雪であったが、事前に危惧していたほどではなかったので助かった
2016年11月26日 14:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境界尾根上も中盤まで積雪であったが、事前に危惧していたほどではなかったので助かった
1
755m辺りから尾根は太っていて読図力が試されます
2016年11月26日 14:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
755m辺りから尾根は太っていて読図力が試されます
1
植生保護柵の右側に沿って下るのが吉
2016年11月26日 14:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植生保護柵の右側に沿って下るのが吉
1
この冬、初の雪山だな〜
2016年11月26日 15:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この冬、初の雪山だな〜
1
途中から積雪もなくなった
2016年11月26日 15:22撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から積雪もなくなった
1
ところどころテープがある
2016年11月26日 15:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころテープがある
1
読図のコツをお教えし、受講者さんたち二人でコミュニケーション取ってもらいながら先頭を歩いてもらいました
2016年11月26日 15:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
読図のコツをお教えし、受講者さんたち二人でコミュニケーション取ってもらいながら先頭を歩いてもらいました
1
はい、目論見通り駐車場へ下りられました
Nice job!
2016年11月26日 15:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、目論見通り駐車場へ下りられました
Nice job!
2
撮影機材:

感想/記録
by kamog

まったくぅ11月にこんな積雪なんて想定外。
昨日一日でどれだけ融雪するか山を見ながら決行連絡。
ま、それでも沢中や尾根はある程度ラッセルを覚悟しなければならないか。
最も危惧していたことが谷太郎川林道の積雪であったが
こちらは稀有に終わったので安堵。
ただ沢中のラッセルは無雪時よりも時間が架かってしまう。
安全下山時刻から逆算しルートを決めていくことが
リーダーに求められるのだ。
しかもメンバー全員の主体性を発揮させ、コンセンサスを得ていくために
どんな会話術をすればよいのか。
人間性がもろに出る山の中では、会社よりもそれが求められる。
しくじれば、その先に待っているのは遭難。
そんな面倒くさいことが嫌で単独登山を行うと
相互リスク管理力も客観的判断力も激減して
パーティ登山よりも遥かに遭難してしまう確率が増える。
すなわち単独登山は自分の中に複数の自分を創り出し
行動判断を対話によってリスク管理する変な意味、多重人格的な思考が求められる。
そうすることで冷静な客観的判断ができる。
もちろん読図(ナビゲーション)能力、歩行および登攀技術、装備前提である
ことは言うまでもない。
登山中、受講者さんたちにはコミュニケーションと情報共有の重要性を
僕は何度も言う。
たとえベテランと組んだ初心者でも「おかしい」と思ったら
間違ってもよいから口に出しなさい、と言う。
そのような習慣こそ登山に一番大事な「主体性」が生まれるから。
逆にベテランやリーダーはメンバーに「どうすれば主体性を持ってもらえるか」
を常に考え、会話の方法や目線を工夫しなければならないと思う。
会社でいえば管理職能力だ。
何も山に来てまでそんなことよいじゃないか、と時々耳にする。
しかし、リスクの高い山でこそ、それらを無視すれば
待っているのは遭難だと、過去自分の周りで起こった悲しい事実を鑑み
切に感じているのです。
訪問者数:153人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/5/8
投稿数: 1248
2016/11/27 3:11
 主体性
kamog様、こんばんは。

昔、所属していた山岳会の会長からも良く言われたことでした。
「金魚のフン山行はダメだ」
「連れて行ってもらって、その山(沢)に行けたと思うな」
と。

単独行の時に「多重人格的な思考が求められる」というくだりは、なるほどと感心しました。何となく分かる気がします。
登録日: 2005/11/15
投稿数: 470
2016/11/27 18:57
 Re: 主体性
単独時、山中で独り言しているのを他の人が見たらかなり変でしょうけどね

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ