ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1015617 全員に公開 ハイキング比良山系

百里ヶ岳

日程 2016年11月26日(土) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
おにゅう峠の路肩に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間33分
休憩
9分
合計
1時間42分
Sおにゅう峠15:0315:15根来坂峠15:51百里ヶ岳16:0016:32根来坂峠16:45おにゅう峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

林道小入谷線が江若国境稜線を越えるおにゅう峠が起点です。
2016年11月26日 14:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道小入谷線が江若国境稜線を越えるおにゅう峠が起点です。
林道を滋賀県側に少し戻ったところから尾根に取り付き、871mピークを越えると、梢越しに目指す百里ヶ岳が見えてきます。
2016年11月26日 15:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を滋賀県側に少し戻ったところから尾根に取り付き、871mピークを越えると、梢越しに目指す百里ヶ岳が見えてきます。
鯖街道が越える根来坂峠。峠を往来する人々を見守ってきた二体の峠地蔵が安置されています。
2016年11月26日 15:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鯖街道が越える根来坂峠。峠を往来する人々を見守ってきた二体の峠地蔵が安置されています。
1
次のピークを過ぎると、太いブナが林立する斜面を下ります。
2016年11月26日 15:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のピークを過ぎると、太いブナが林立する斜面を下ります。
1
杉の植林と自然林を左右に分ける尾根を登り返すと、やがて小入谷越から上がってきた道と合流し、
2016年11月26日 15:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉の植林と自然林を左右に分ける尾根を登り返すと、やがて小入谷越から上がってきた道と合流し、
小刻みにアップダウンを繰り返し、木々が途切れたところからは、
2016年11月26日 15:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小刻みにアップダウンを繰り返し、木々が途切れたところからは、
右手には、琵琶湖の対岸に伊吹山や鈴鹿山脈が見通せます。
2016年11月26日 15:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手には、琵琶湖の対岸に伊吹山や鈴鹿山脈が見通せます。
ブナ林の急斜面を登り切ると、
2016年11月26日 15:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林の急斜面を登り切ると、
木地山一等三角点のある百里ヶ岳の頂上に到着します。
2016年11月26日 15:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木地山一等三角点のある百里ヶ岳の頂上に到着します。
1
北方には若狭湾が見通せ、敦賀半島、常神半島、内外海半島など入り組んだ海岸線の様子が見て取れますが、あいにく雲が多くなってきたため百里の展望とまではいかず、白山の姿を見ることはできません。
2016年11月26日 15:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方には若狭湾が見通せ、敦賀半島、常神半島、内外海半島など入り組んだ海岸線の様子が見て取れますが、あいにく雲が多くなってきたため百里の展望とまではいかず、白山の姿を見ることはできません。
暗くならないうちに戻るべく頂上を後にして、来た道を引き返します。先ほど登った蛇谷ヶ峰や武奈ヶ岳などの比良山系を眺めながら下り始めると、
2016年11月26日 16:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗くならないうちに戻るべく頂上を後にして、来た道を引き返します。先ほど登った蛇谷ヶ峰や武奈ヶ岳などの比良山系を眺めながら下り始めると、
琵琶湖の対岸の伊吹山の彼方の空は、ほんのりと赤みを帯びてきます。
2016年11月26日 16:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖の対岸の伊吹山の彼方の空は、ほんのりと赤みを帯びてきます。
若狭湾を眺めながら歩き、
2016年11月26日 16:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若狭湾を眺めながら歩き、
おにゅう峠に戻り着きました。峠に立つ道標が示すのは、左手に京都、右手に小浜。北陸新幹線のルートの決定が大詰めを迎えつつありますが、かつて京の都に若狭湾で獲れた鯖を運んだ道を新幹線が通り抜けるのは、いつの日のことなのでしょうか?
2016年11月26日 16:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おにゅう峠に戻り着きました。峠に立つ道標が示すのは、左手に京都、右手に小浜。北陸新幹線のルートの決定が大詰めを迎えつつありますが、かつて京の都に若狭湾で獲れた鯖を運んだ道を新幹線が通り抜けるのは、いつの日のことなのでしょうか?
撮影機材:

感想/記録

午後から下り坂との天気予報にもかかわらず、蛇谷ヶ峰では意外と天気が良かったので、続いて百里ヶ岳に向かいます。時間の制約からおにゅう峠からのお手軽コースとしますが、さすがに移動途中で雲が広がり始め、おにゅう峠に到着する頃には青空の面影はどこへやら。頂上からも遠望は叶いませんでしたが、短時間とはいえ、初冬の雰囲気を漂わせる高島トレイルの一端に触れられたので良しとしましょう。
訪問者数:119人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 ブナ 地蔵 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ