ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1015755 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

焼岳(新中の湯から)

日程 2016年11月26日(土) [日帰り]
メンバー taichi_n26
天候1日限定の登山日和。東進する高気圧に覆われ風も無く良く晴れた。山頂の気温は午前10時でマイナス3度、空気も澄んで遠くもクリアに見渡せる良い日でした。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
松本I.C.を降りて右折、国道158号線を進む。そのまま上高地方面に道なりに進み、新島々、沢渡を過ぎ、釜トンネルのゲート過ぎたらすぐにUターン状に中の湯温泉入口のゲート(旧国道158号の九十九折りの坂道/11月7日より通行止めですが温泉旅館へのアクセスのため手で開けられます)です。7号カーブの中の湯温泉旅館を過ぎ、10号カーブの駐車スペース脇に登山口があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間21分
休憩
1時間47分
合計
7時間8分
S新中の湯登山口06:2707:441972mピーク08:09広場08:14下堀沢出会09:44焼岳(北峰)11:0511:52下堀沢出会11:5611:59広場12:0812:261972mピーク12:3313:28新中の湯登山口13:3413:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
11月ですがまとまった降雪があり、20センチほどの積雪があります。山頂付近はさらに吹き溜まりだとふくらはぎほどある個所もあります。通行止めの影響もあるのか登山者は少なく、午前7時前に出発でしたが、先行者はキツネのみで完全にノートレースでした。
コースですが危険個所もなく、登りは山頂までアイゼン無しでもいけそうでした。中尾温泉からのコースと違い、難易度と必要体力、所要時間など軽度に感じました。降雪直後でコンディション読めず冬山三種の神器持って行きましたが、この11月の積雪量でしたら必要なさそうでした。

個人装備

個人装備品
数量
備考
地形図 1
コンパス 1
GPSユニット 1
筆記具 1
ヘッドランプ・電池 1
1
ミニナイフ 1
ライター 1
ザックカバー 1
エマージェンシーシート 1
手ぬぐい 1
ハンカチ・ティッシュ・巻紙 1
ハードシェル(上) 1
ハードシェル(下) 1
フリース 1
ダウンジャケット 1
防寒帽子 1
バラクラバ 2
ウォーターキャリー 1 1Lの水
ストック 1
ヘルメット 1
個人装備品
数量
備考
アイゼン 1 12本ツメ
ピッケル 1
ワカン 1
グローブ 2 予備含
ゴーグル 2 予備含
サングラス 1
ビーコン 1
シャベル 1
プローブ 1
コンパクトカメラ 1
携帯電話 1
腕時計 1
バッテリー 適宜
テルモス 1 ホットコーヒー
食料 適宜
非常食 適宜 カロリーメイト等
行動食 適宜 サプリ等
救急セット 1
ツェルト 1
保険証 1 健康・山岳

写真

10号カーブ駐車スペース奥の登山口からスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10号カーブ駐車スペース奥の登山口からスタート。
4
先行者はキツネだけ。マーキングですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者はキツネだけ。マーキングですね。
4
思いのほか雪があり、雪質もサラサラです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思いのほか雪があり、雪質もサラサラです。
2
樹林帯の登山道を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の登山道を登ります。
2
雪もまだ少ないのでトレース無くても迷わない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪もまだ少ないのでトレース無くても迷わない。
2
キツネも登山道を歩くのですね。同じコースを進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キツネも登山道を歩くのですね。同じコースを進む。
2
樹林帯を抜け、目の前に焼岳の南峰が登場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜け、目の前に焼岳の南峰が登場。
4
広場に到着。山頂部は予想より雪が少ない印象。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広場に到着。山頂部は予想より雪が少ない印象。
10
キツネとはお別れでノントレースに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キツネとはお別れでノントレースに。
4
南峰は見えるがまだ北峰は見えず。下堀沢の横を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰は見えるがまだ北峰は見えず。下堀沢の横を進む。
3
目指す北峰山頂が見えました。まっさらな雪が綺麗。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す北峰山頂が見えました。まっさらな雪が綺麗。
6
なかなか近づかない。最後の登りが長いように感じる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか近づかない。最後の登りが長いように感じる。
3
標高2,300mの岩。もう少しで南峰と北峰間のコル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2,300mの岩。もう少しで南峰と北峰間のコル。
4
正賀池側の噴出口。火山ガスの量が半端ないです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正賀池側の噴出口。火山ガスの量が半端ないです。
6
右に巻いて山頂直下、上高地側の噴出口を正面から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に巻いて山頂直下、上高地側の噴出口を正面から。
11
別アングルから。なかなか迫力があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別アングルから。なかなか迫力があります。
6
焼岳山頂(2,455m)で自分撮り。他に誰もいません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳山頂(2,455m)で自分撮り。他に誰もいません。
26
山頂から。南峰越しに乗鞍岳が望めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から。南峰越しに乗鞍岳が望めます。
8
遠くに南アルプス山塊とその奥に小さく富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに南アルプス山塊とその奥に小さく富士山。
3
中の湯方面。霞沢岳、六百山から奥に常念山脈。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の湯方面。霞沢岳、六百山から奥に常念山脈。
4
手前から穂高連峰、大キレット、槍、双六に続き、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前から穂高連峰、大キレット、槍、双六に続き、
10
三俣蓮華と鷲羽水晶、黒部五郎岳に続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華と鷲羽水晶、黒部五郎岳に続く。
10
爆裂火口を望む。正賀池は凍結し、はるか先に白山連峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口を望む。正賀池は凍結し、はるか先に白山連峰。
3
さて、下山。楽しい時間はすぐに終わる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、下山。楽しい時間はすぐに終わる。
3
サヨナラ焼岳。また来るよ北アルプス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サヨナラ焼岳。また来るよ北アルプス。
8
広場には後続者の沢山のトレース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広場には後続者の沢山のトレース。
2
雪も溶けてぐちゃぐちゃに。結構大変でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪も溶けてぐちゃぐちゃに。結構大変でした。
2
今回も事故なく山行が終わり山の神様に感謝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回も事故なく山行が終わり山の神様に感謝。
3

感想/記録

まとまった降雪があったので、日本百名山の一座である北アルプスの焼岳(2,455m)に登ってきました。久しぶりに完全ノントレースの独り占め状態。常時観測対象の活火山なので、硫黄の臭いと火山ガス噴出がすごい音でシューシューしてて凄かった。やっぱ火山は良い。
訪問者数:558人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/24
投稿数: 1553
2016/11/27 9:06
 taichiさん、こんにちは。
焼岳ですかっっっ

長らく登っておりません。昔はスノーシューで冬季登ろうと計画したこともありました。

相変わらず、頂上の噴火口の活動は活発ですね。景色もいよいよ冬景色に!!!

今冬も冬山に行けるかどうか分りませんが、行けなかったらtaichiさんのレコを楽しみにします。

次回、焼岳に行くときは中尾温泉からか西穂山荘から行ってみます。
登録日: 2016/6/2
投稿数: 8
2016/11/27 11:25
 本当は。
中尾〜目指す予定でした^^;
真夜中まで仕事で夜明け起きて、体調がすぐれないと思い泣く泣く断念しましたが。。

中の湯からあがられたのですね♫
雪崩る心配があって、中尾からと、考えていましたが、昨日は最高の山日和で中の湯からの山容は素晴らしかったものと見受けられます^^♫
先行者はきつねのトレースだけというのも、素敵です♫

ショベル、ビーコン、ゾンデはやっぱり単独でも必須ですよね。。。
わたしも装備に悩んで、日帰りだから、、と甘い考えを持ってたりしてました^^;反省せねば。。。

また近いうちに今度こそ、焼岳へ向かいたいです。
素敵な山行記録、ありがとうございました。
登録日: 2011/7/14
投稿数: 125
2016/12/3 16:57
 Re: taichiさん、こんにちは。
HIDENORI-Tさん
焼岳は何度か登ろうと思いつつ、取りやめたり撤退したりでなかなか山頂踏めなかった山 でした。少し早かったですが、降雪あったので行ってきました。
中尾温泉からは山頂直下のトラバースがきわどいと思いますが、HIDENORI-Tさんだったら大丈夫だと思います。
お互い忙しかったり、身体もなかなか言うことを聞かず思い通りにいきませんが、大好きな登山はコツコツと続けたいですね。
登録日: 2011/7/14
投稿数: 125
2016/12/3 17:07
 Re: 本当は。
chiro1013さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
10号カーブの駐車スペースにまだ車で行けそう だったので中の湯に。積雪多く侵入不可能だったら、以前撤退した中尾温泉 から上がろうと思ってました。
降雪直後で、槍ヶ岳山荘ライブカメラにて雪がそれなりにありそうだったので、一応念のためにショベル、ビーコン、ゾンデ携帯 しました。持ってて多少重かったなと思うのと、何かあって持たずに後悔するのでは、前者のほうが良いですものね。
結果、積雪もあまり多くなかったので、まだ焼岳だったら不要だったようです。
近々焼岳 に行かれるとのこと、是非行ってみてください。レコ楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ