ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1015854 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

御池岳・鈴北岳

日程 2016年11月26日(土) [日帰り]
メンバー norih
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道306号線を経て登山口駐車地へ
【自宅(愛知県)7:40出発、9:10到着】
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間13分
休憩
1時間2分
合計
5時間15分
S鞍掛トンネル東登山口09:3009:45コグルミ谷登山口09:4610:06コグルミ谷・タテ谷分岐10:0910:20長命水10:3311:05天ケ平(カタクリ峠)11:0711:35御池岳・鈴北岳分岐12:04御池岳12:1512:26ボタンブチ12:39御池岳13:0713:46鈴北岳13:5014:30鞍掛峠14:44鞍掛トンネル東登山口14:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・ルート上にトイレはありません。
・要所には道標が立っており、踏み跡とテープをたどればルートから大きく
 外れないと思います。
 コグルミ谷の崩壊地あたりが少しわかりにくいと思いました。
・途中からかなり泥濘が酷いところが出てきます。
 落葉の下が泥濘になっている等もあり転倒注意です。
 その他、鞍掛峠〜登山口までの間で道が細く一カ所崩落している箇所があり、
 危ないと思いました。
・鈴北岳山頂は風が強くかなり肌寒く感じました。
 ウィンドブレーカなど忘れずに。
その他周辺情報下山後のお風呂は阿下喜温泉あじさいの里(500円)を利用しました。

写真

鞍掛トンネルは通行止めになっていますがバイクやいかにも走りそうなクルマがここまで登ってくるので道路は歩行注意です
2016年11月26日 09:29撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛トンネルは通行止めになっていますがバイクやいかにも走りそうなクルマがここまで登ってくるので道路は歩行注意です
まずコグルミ谷登山口まで下ります
2016年11月26日 09:29撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずコグルミ谷登山口まで下ります
コグルミ谷登山口
2016年11月26日 09:45撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コグルミ谷登山口
結構急登です
2016年11月26日 09:57撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構急登です
タテ谷分岐
2016年11月26日 10:06撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテ谷分岐
このあたりが崩壊しててルートがわかりにくかったです。
2016年11月26日 10:38撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりが崩壊しててルートがわかりにくかったです。
5合目
九十九折で標高を稼いでいきます
2016年11月26日 10:52撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目
九十九折で標高を稼いでいきます
6合目
カタクリ峠
2016年11月26日 11:04撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目
カタクリ峠
8合目
真ノ谷分岐
2016年11月26日 11:29撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目
真ノ谷分岐
御池岳と鈴北岳への分岐点
2016年11月26日 11:33撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳と鈴北岳への分岐点
御池岳山頂
2016年11月26日 12:05撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳山頂
2
ボタンブチ
2016年11月26日 12:25撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボタンブチ
2
となりのフチ
石灰石がむき出しで崩れそう
2016年11月26日 12:25撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
となりのフチ
石灰石がむき出しで崩れそう
2
奥の平方面
2016年11月26日 12:28撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の平方面
1
鈴北岳へ向かいます
2016年11月26日 13:16撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴北岳へ向かいます
御池岳と鈴北岳の分岐点からのルートとここで合流
2016年11月26日 13:26撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳と鈴北岳の分岐点からのルートとここで合流
振り返って御池岳
ジオラマを撮ったみたいにみえます
2016年11月26日 13:40撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って御池岳
ジオラマを撮ったみたいにみえます
1
中里ダムが見えます
2016年11月26日 13:45撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中里ダムが見えます
1
鈴北岳山頂
2016年11月26日 13:49撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴北岳山頂
1
鈴ヶ岳方面
時間がないのであきらめます
2016年11月26日 13:49撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴ヶ岳方面
時間がないのであきらめます
1
コグルミ谷にあったタテ谷分岐からはここでつながるらしい
2016年11月26日 13:51撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コグルミ谷にあったタテ谷分岐からはここでつながるらしい
1
送電塔を通過
2016年11月26日 14:24撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電塔を通過
鞍掛峠手前のヤセ尾根
2016年11月26日 14:28撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛峠手前のヤセ尾根
結構細い道
2016年11月26日 14:37撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構細い道
鞍掛トンネル横の登山口に到着
2016年11月26日 14:43撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛トンネル横の登山口に到着

感想/記録
by norih

いつも道路の通行止めで行けなかった御池岳。今年こそと通行止めになる前にと行ってきました。
霊仙山に似た地質の山頂付近は長閑な感じで長居したくなるようなところでした。
ただ、山頂までのコースが至るところ泥濘で歩くのにかなり気をつかいました。
この泥濘がなければもう少し速く・楽に歩けるのに、と思ったりしましたが、泥濘はたぶん登山者が作ってしまったものなので複雑ですね。
訪問者数:138人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ