ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1015945 全員に公開 雪山ハイキング箱根・湯河原

早すぎる初雪で箱根外輪山・明神ヶ岳〜明星ヶ岳は藪漕ぎアドベンチャー

日程 2016年11月26日(土) [日帰り]
メンバー e351wis, その他メンバー2人
天候曇のち晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
(往路)
八王子06:47(JR横浜線)
町田07:13/07:27(小田急小田原線)
小田原08:25/08:36(伊豆箱根鉄道大雄山線)
大雄山08:57
大雄山駅09:02(伊豆箱根バス¥270)
道了尊09:10

(復路)
宮城野支所前17:38(箱根登山バス¥790)
小田原駅18:45※渋滞のため遅延
(夕食)
小田原21:50(小田急小田原線)
町田22:44/22:58(JR横浜線)
八王子23:23
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
55分
合計
6時間35分
S道了尊09:1510:10見晴小屋10:35神明水11:50明神ヶ岳12:4014:30明星ヶ岳14:3515:50勘太郎の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

初めて乗る伊豆箱根鉄道大雄山線にワクワク。
2016年11月26日 08:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて乗る伊豆箱根鉄道大雄山線にワクワク。
1
思ったよりも街中だった大雄山駅。
2016年11月26日 09:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思ったよりも街中だった大雄山駅。
バスで10分ほどで大雄山最乗寺に到着。
2016年11月26日 09:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスで10分ほどで大雄山最乗寺に到着。
立派な入口。
2016年11月26日 09:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な入口。
先月行った鞍馬寺くらいの規模の感じがある。
2016年11月26日 09:20撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先月行った鞍馬寺くらいの規模の感じがある。
「アクティビテー」とのこと。「アクティビティー」でもなく「アクテビテー」でもない。
2016年11月26日 09:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「アクティビテー」とのこと。「アクティビティー」でもなく「アクテビテー」でもない。
1
いよいよ雪が出てきた。
2016年11月26日 09:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ雪が出てきた。
明神ヶ岳見晴小屋。友人曰く「見晴し悪いところだね」。
2016年11月26日 10:11撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳見晴小屋。友人曰く「見晴し悪いところだね」。
1
オヤジギャグっぽいなぁ。
2016年11月26日 10:13撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤジギャグっぽいなぁ。
「オレ川辺会長」。誰?
2016年11月26日 10:13撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「オレ川辺会長」。誰?
雪山ハイクっぽくなってきた。
2016年11月26日 10:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪山ハイクっぽくなってきた。
この辺りは軽アイゼンは必要なし。
2016年11月27日 14:43撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは軽アイゼンは必要なし。
箱根の湧水。
2016年11月26日 10:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箱根の湧水。
相模平野から丹沢山塊まで見えている。
2016年11月26日 10:46撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模平野から丹沢山塊まで見えている。
20儖未論僂發辰討い襦
2016年11月26日 10:52撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20儖未論僂發辰討い襦
弓の材料に使われるマユミ(真弓)。
2016年11月26日 11:02撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弓の材料に使われるマユミ(真弓)。
1
明神ヶ岳山頂は雲の中。
2016年11月26日 11:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳山頂は雲の中。
神山も半分以上雲の中。
2016年11月26日 11:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神山も半分以上雲の中。
1
下りは滑りそうなので軽アイゼン装着。こんな小さな爪でもあるのとないのとでは大違い。
2016年11月26日 12:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは滑りそうなので軽アイゼン装着。こんな小さな爪でもあるのとないのとでは大違い。
明神ヶ岳で休んでいる間に雲が取れてきた。大涌谷の噴気も相変わらず大迫力。
2016年11月26日 12:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳で休んでいる間に雲が取れてきた。大涌谷の噴気も相変わらず大迫力。
明星ヶ岳へ向かって歩き始める。相模湾と小田原がよく見えている。
2016年11月26日 12:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明星ヶ岳へ向かって歩き始める。相模湾と小田原がよく見えている。
篠竹(ハコネダケ)の上に雪が積もっている。
2016年11月26日 12:43撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
篠竹(ハコネダケ)の上に雪が積もっている。
振り返ったら富士山が見えてきていた。
2016年11月26日 12:45撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ったら富士山が見えてきていた。
1
雪で篠竹が倒れているので見晴らしがいい。
2016年11月26日 12:48撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪で篠竹が倒れているので見晴らしがいい。
雪が降ったからこその景観。
2016年11月26日 12:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が降ったからこその景観。
富士山にも雪がしっかりついている。
2016年11月26日 12:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山にも雪がしっかりついている。
思い描いていた雪山ハイクができた。
2016年11月26日 12:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思い描いていた雪山ハイクができた。
神山付近の雲もすっかり取れた。
2016年11月26日 13:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神山付近の雲もすっかり取れた。
雪で倒れた篠竹の下をくぐるくらいはいいが…
2016年11月26日 13:23撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪で倒れた篠竹の下をくぐるくらいはいいが…
そのうちこんな状態のところが。こんなところを行くのか…。
2016年11月26日 13:26撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのうちこんな状態のところが。こんなところを行くのか…。
3
やっと通り抜けて振り返る。篠竹が雪で倒れているところが藪漕ぎしてきたところ。
2016年11月26日 13:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと通り抜けて振り返る。篠竹が雪で倒れているところが藪漕ぎしてきたところ。
目指す明星ヶ岳が見えている。
2016年11月26日 13:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す明星ヶ岳が見えている。
こんなところがたくさん出てきた。
2016年11月26日 13:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところがたくさん出てきた。
1
富士山の雲もすっかり取れた。
2016年11月26日 13:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の雲もすっかり取れた。
3
登山用の撥水ズボンもビショビショになってきた。
2016年11月26日 13:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山用の撥水ズボンもビショビショになってきた。
それでもこの素晴らしい展望で気分はいい。
2016年11月26日 14:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでもこの素晴らしい展望で気分はいい。
1
あちら側の外輪山も歩きたい。
2016年11月26日 14:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちら側の外輪山も歩きたい。
1
篠竹が倒れていなければこの辺りはあまり展望はきかないのだろう。
2016年11月26日 14:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
篠竹が倒れていなければこの辺りはあまり展望はきかないのだろう。
あんな感じで篠竹が雪で倒れているので、そこで藪漕ぎが必要になる。
2016年11月26日 14:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あんな感じで篠竹が雪で倒れているので、そこで藪漕ぎが必要になる。
でも、篠竹が雪で倒れているからこそこの展望。
2016年11月26日 14:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、篠竹が雪で倒れているからこそこの展望。
もうこんな道でもひるむことはない…(つよがり)
2016年11月26日 14:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうこんな道でもひるむことはない…(つよがり)
1
明星ヶ岳の山頂部は平坦。
2016年11月26日 14:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明星ヶ岳の山頂部は平坦。
そしてここが展望のない山頂。
2016年11月26日 14:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてここが展望のない山頂。
1
手作り感のある鳥居。
2016年11月26日 14:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手作り感のある鳥居。
ここから宮城野へ下りていく。
2016年11月26日 14:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから宮城野へ下りていく。
下りにもこんなトンネルができているが、このくらいはもう何でもない。
2016年11月26日 14:52撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りにもこんなトンネルができているが、このくらいはもう何でもない。
明星ヶ岳の「大文字焼」のところは展望がよく、宮城野と強羅の町がよく見えている。
2016年11月26日 14:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明星ヶ岳の「大文字焼」のところは展望がよく、宮城野と強羅の町がよく見えている。
ヨメナかノコンギクか…。でも葉はどちらでもないような…。野菊の区別は難しい。
2016年11月26日 14:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨメナかノコンギクか…。でも葉はどちらでもないような…。野菊の区別は難しい。
宮ノ下の富士屋ホテルが見えている。
2016年11月26日 15:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮ノ下の富士屋ホテルが見えている。
駒ヶ岳方面へ陽が沈む。
2016年11月26日 15:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳方面へ陽が沈む。
雪があったからなんだか冬っぽかったが、下りてくるとまだ秋。
2016年11月26日 15:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪があったからなんだか冬っぽかったが、下りてくるとまだ秋。
勘太郎の湯でゆっくりとする。
2016年11月26日 15:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勘太郎の湯でゆっくりとする。
撮影機材:

感想/記録

2日前に東京、横浜、甲府では11月としては54年ぶりに雪が降った。
雪が降るといろいろ面倒で嫌だなぁと思ってしまうのだが、今回はこの週末に箱根外輪山のハイキングに誘われていたので、これで雪山ハイクができるなと思うとウキウキとしてしまうのだから、人間の心理というのは不思議なものだ。
箱根も関東地方太平洋側なので、11月下旬に雪が積もっているというのはかなり珍しいのではないだろうか。

小田原から初めての伊豆箱根鉄道大雄山線に乗り最乗寺から歩き始める。
金時山や明神ヶ岳などの箱根外輪山にはカルデラの内側から登ったことはあるが、外側から登るのは初めてだ。
最乗寺境内には赤く色づいたモミジがあったが、山全体はあまり紅葉していない。
色付く前に雪で葉が落ちてしまったような感じだった。
昨日気温が上がったからか、雪も登り始めはほとんど残っていなかったが、見晴小屋を過ぎた標高700m辺りからは雪が現れ始めた。
ただ踏み跡がしっかりしているので持ってきた軽アイゼンは必要なかった。

明神ヶ岳山頂に到着した頃には雲に覆われていたが、山頂で昼食を摂っている間に雲が流れて、陽も射してきた。
雪はあるもののさすがにまだ11月なので陽射しがあれば暖かく快適だ。
目の前には神山が大きく、大涌谷観光の規制は解除されたものの噴気は相変わらず大迫力で、こんな大迫力の噴気を見られる今はチャンスだともいえる。
明神ヶ岳から明星ヶ岳へ向かっては下りもあるので軽アイゼンを装着する。
小さな爪だがあるのとないのとでは大違いだ。

明神ヶ岳と明星ヶ岳の間にある宮城野への分岐がある鞍部までは思っていた通りの快適な雪山ハイクで、篠竹が雪で倒れているので見晴らしもよく、振り返るとさっきまで雲で隠れていた富士山も大きく見えている。
せっかく箱根まで来たのだからやはり富士山は見たいと思っていたので嬉しくなる。
ただ鞍部から先、明星ヶ岳までは歩く人が少ないのか、登山道に雪で倒れた篠竹が覆いかぶさっている場所がたくさん出てきた。
最初はこの篠竹の下をくぐればいいのかと思っていたが、入り込むとそれ以上進めなくなったりする。
こういう場合は下をくぐるのではなく、倒れている篠竹を押しのけて進まなくてはならないのだ。
つまりは藪漕ぎ。
藪漕ぎなんて日光白根山に湯元から登った6年前以来だ。
先頭を行く友人の1人は藪漕ぎに慣れているのかぐんぐん進んでいく。
一人で来ていたら雪で重くなった篠竹を押しのける作業に疲れて精神的に参ってしまったかもしれないが、先頭を行く友人は力強く進んでいくし、後ろからくる友人は終始気楽に口笛を吹いているくらいで、こうなると自分もなんだかちょっとした冒険をしている気分で楽しくなってきた。
明星ヶ岳に着くころには、登山用の撥水加工のズボンもビショビショになっていたが、小さな冒険をやり遂げた達成感、充実感でいっぱいだった。
藪漕ぎもメンバー次第ではこんなにも楽しくなるのだ。

明星ヶ岳を経て宮城野に下りたころには、晩秋の日暮れは早く、ちょうど駒ヶ岳へ沈もうとしていた。
箱根の温泉も、小田原で地魚も堪能し帰宅。
早すぎる初雪で篠竹が雪で倒れていたおかげで展望もよく、藪漕ぎアドベンチャーのオプション付きの充実した雪山ハイクだった。
訪問者数:205人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/26
投稿数: 1991
2016/11/27 21:06
 前向きですね
e351wisさん、初めまして

私が通過した時よりも青空が広がっていたので、羨ましいです。
3人で歩かれていたこともあるのか、とても前向きな感想と感じました。
ハコネダケが倒れていたからこそ展望が開けた、
ということは歩いている時は露ほどにも思い浮かばず、感心です。
私は「くそっ」を連発しながら、悪戦苦闘でした。
でも同じ藪漕ぎアドベンチャーを共有した方がいたのは、
何だかうれしくなってしまいました。
お疲れ様でした。
登録日: 2012/3/18
投稿数: 7
2016/11/27 21:17
 Re: 前向きですね
コメントありがとうございます。
雪山ハイクのつもりだったけれど、ハコネダケがあんな状態で倒れているとは予想外でした。
藪漕ぎでビショビショになるし、大変な道でしたよね。
自分もひとりだったら愚痴ばっかりだったと思いますが、今回一緒に行った前向きなメンバーに救われた感じです。
あの藪漕ぎを体験した方にコメントを頂けて嬉しいです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ