ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1016094 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

棒ノ嶺・岩茸石山(清東橋BS〜上成木BS)

日程 2016年11月26日(土) [日帰り]
メンバー yamadora
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

写真

列車交換が行われる明けの古里駅
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
列車交換が行われる明けの古里駅
休憩所とトイレが整備された清東橋バス停
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所とトイレが整備された清東橋バス停
淡雪積もる木橋を渡りながら行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡雪積もる木橋を渡りながら行く
権次入沢沿いの山葵田
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権次入沢沿いの山葵田
杉の美植林中の急登
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉の美植林中の急登
積雪後未踏の百軒茶屋コース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪後未踏の百軒茶屋コース
1
棒ノ嶺から大持山など北西方面の眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺から大持山など北西方面の眺め
1
丸山など北面の眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山など北面の眺め
北東の関東平野には帯状に雲がかかる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北東の関東平野には帯状に雲がかかる
1
雪上のもみじ葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪上のもみじ葉
岩茸石山、惣岳山を樹間に望む黒山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩茸石山、惣岳山を樹間に望む黒山山頂
それなりに雪深い黒山山稜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それなりに雪深い黒山山稜
南側に展望が開ける
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側に展望が開ける
積雪と紅葉が共存
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪と紅葉が共存
薄寒く雲が垂れる岩茸石山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄寒く雲が垂れる岩茸石山
1
間近に見える惣岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間近に見える惣岳山頂
名坂沢沿いを上成木へ下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名坂沢沿いを上成木へ下る
岩の上を嘗める沢の流れ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上を嘗める沢の流れ

感想/記録

季節外れの11月の降雪を見た2日後、昼過ぎには帰宅しなければならないという時間的な制約もあり、近場のライトコースをピックアップ。
以前から注目していた清東橋行きの始発バス。川井駅から乗車するのが定石だが、駅前にコンビニがあるひとつ先の古里駅まで進んでから乗車。バスは大丹波川沿いの細い道をゆっくりと進み、終点の清東橋バス停に到着。
しばらく百軒茶屋の集落内の舗装路を上流に進み、橋を渡って権次入沢沿いの山道に入る。ワサビ田が点在する沢を渡る橋の上以外は、積雪はほとんどなく、沢を離れて杉の植林中の急登になると、白いものはほとんど見られなくなり、期待外れの感も抱く。
尾根に出ると雪が現れ、ひと登りで飛び出す棒ノ嶺の山頂は静かに積雪に覆われている。百軒茶屋からの踏み跡はないが、名栗側から登ってきた踏み跡は多い。関東平野方面は雲が出てしまっていたが、北側は晴れており、遠望が得られた。
権次入峠までは積雪の中の道で、踏み跡が凍りかかっている部分もあり、滑り止めがあった方がよい場所。権次入峠から黒山山稜に入ると、足跡は黒山方面からの一人分だけとなる。岩茸石山へは、自然林も混ざるコース。細かなアップダウンが多く、展望はあまり得られない。関東では非常に珍しい、紅葉と雪の取り合わせが見られた。
名坂峠からの急坂を登り切った岩茸石山の山頂は数組のハイカーが休んでいる。上空は寒々と雲に覆われているが、遥か筑波山までは望むことができた。
山頂から名坂峠まで戻り、早足で下る。下り始めると間もなく名坂沢が脇を流れるようになる。杉の木からの落雪に気を付けながら進み、成木浄水場までたどり着くと、あとは1キロ余り、舗装路を下る。
上成木始発のバスは、11時台を逃すと次は7時間後で、仮に逃した場合、小沢峠を越えて埼玉側まで歩くしかなくなってしまう。ペース配分が甘く、最後は小走りになってしまったが、発車3分前にバス停に到着。バス停脇の洗い場で靴の汚れを落とし、無事に乗車することができた。
訪問者数:116人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ