ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1016133 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

のんびり筑波山ハイク

日程 2016年11月26日(土) [日帰り]
メンバー mattu_papa, その他メンバー2人
アクセス
利用交通機関
車・バイク
常磐道矢田部ICより筑波研究学園都市経由にて筑波山神社へ。
筑波山神社周辺に有料Pあり、1日500円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間6分
休憩
1時間2分
合計
5時間8分
Sスタート地点07:1607:26筑波山神社07:2908:57御幸ヶ原08:5809:04筑波男体山09:1309:26御幸ヶ原10:0210:24筑波山10:3411:11弁慶茶屋跡11:1211:57迎場分岐11:5812:10白雲橋登山口12:1112:15筑波山神社12:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
木曜の降雪により、山頂周辺に少々の残雪あり。
そのため登山道はぬかるんでいて、岩など滑りやすくなっていました。
その他周辺情報つくば湯の割引券は山頂売店に有ります。
筑波山神社周辺のホテルにて日帰り入浴も可能です。
(ホテルの入浴は1,080円でした。)
過去天気図(気象庁) 2016年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

つくばの市街地から望む筑波山。
2016年11月26日 06:51撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つくばの市街地から望む筑波山。
市営第三駐車場から見た筑波山。
左が男体山、右が女体山。
2016年11月26日 07:07撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市営第三駐車場から見た筑波山。
左が男体山、右が女体山。
1
車道を進むと、神社の入口へと着きます。
2016年11月26日 07:25撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を進むと、神社の入口へと着きます。
筑波山神社の周辺はまだ紅葉が見られます。
2016年11月26日 07:26撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筑波山神社の周辺はまだ紅葉が見られます。
先ずは登山の安全を祈願しましょう。
2016年11月26日 07:29撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ずは登山の安全を祈願しましょう。
神社横の坂道も紅葉。
2016年11月26日 07:33撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社横の坂道も紅葉。
1
ケーブルカー宮脇駅の横から登山道が始まります。
こちらは表参道(御幸ヶ原コース)です。
2016年11月26日 07:33撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケーブルカー宮脇駅の横から登山道が始まります。
こちらは表参道(御幸ヶ原コース)です。
ケーブルカーの横を歩きます。
(まだ営業時間前です。)
2016年11月26日 08:11撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケーブルカーの横を歩きます。
(まだ営業時間前です。)
男女川(みなのがわ)の源流部まで登ってきました。
2016年11月26日 08:29撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男女川(みなのがわ)の源流部まで登ってきました。
男女川の水場です。
2016年11月26日 08:31撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男女川の水場です。
御幸ヶ原を経由し、男体山の山頂へ到着。
2016年11月26日 09:10撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御幸ヶ原を経由し、男体山の山頂へ到着。
男体山から眺めた女体山。
2016年11月26日 09:12撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山から眺めた女体山。
御幸ヶ原は残雪で白くなっています。
朝は凍結しているので、足元に注意を。
2016年11月26日 09:27撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御幸ヶ原は残雪で白くなっています。
朝は凍結しているので、足元に注意を。
先ほど登った男体山。
2016年11月26日 09:28撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほど登った男体山。
御幸ヶ原の茶屋にて一休み。
おしるこを頂きました。
2016年11月26日 09:44撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御幸ヶ原の茶屋にて一休み。
おしるこを頂きました。
ガマ石
2016年11月26日 10:17撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガマ石
女体山の山頂。
ロープウェイが到着したタイミングは、山頂が非常に混雑します。
写真は、ロープウェイの観光客が引けてから撮影しました。
(普通の人は、百名山なんて関係ないんだよね。)
2016年11月26日 10:28撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女体山の山頂。
ロープウェイが到着したタイミングは、山頂が非常に混雑します。
写真は、ロープウェイの観光客が引けてから撮影しました。
(普通の人は、百名山なんて関係ないんだよね。)
大仏岩。
見上げた形が、大仏が座っているように見えるとの事。
んー、何となく納得。
2016年11月26日 10:41撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大仏岩。
見上げた形が、大仏が座っているように見えるとの事。
んー、何となく納得。
奇岩巡りの辺りは、登ってくる登山者で混雑、登り優先で少々待ち時間がかかります。
2016年11月26日 10:47撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奇岩巡りの辺りは、登ってくる登山者で混雑、登り優先で少々待ち時間がかかります。
北斗岩、岩の間を潜れます。
2016年11月26日 10:55撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斗岩、岩の間を潜れます。
裏面大黒。
大きな袋を担いだ大黒の後ろ姿?
2016年11月26日 10:59撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏面大黒。
大きな袋を担いだ大黒の後ろ姿?
国割り石
2016年11月26日 11:00撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国割り石
女体山がもうこんなに遠くなりました。
2016年11月26日 11:01撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女体山がもうこんなに遠くなりました。
母の胎内くぐり、混雑中。
2016年11月26日 11:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
母の胎内くぐり、混雑中。
弁慶七戻り。
奇岩巡りで一番有名ですね。
2016年11月26日 11:11撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁慶七戻り。
奇岩巡りで一番有名ですね。
1
弁慶茶屋跡です。
ここから神社方面へ下ります。
2016年11月26日 11:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁慶茶屋跡です。
ここから神社方面へ下ります。
弁慶茶屋跡も紅葉が綺麗でした。
2016年11月26日 11:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁慶茶屋跡も紅葉が綺麗でした。
2
白へび塚だったかな?
不思議な場所です。
2016年11月26日 11:59撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白へび塚だったかな?
不思議な場所です。
酒迎場分岐まで下って来ました。
ここから登山道はなだらかな道となります。
2016年11月26日 12:04撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酒迎場分岐まで下って来ました。
ここから登山道はなだらかな道となります。
鳥居を潜ったら、登山道は終了。
筑波山神社を経由して、駐車場へ戻ります。
2016年11月26日 12:12撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居を潜ったら、登山道は終了。
筑波山神社を経由して、駐車場へ戻ります。
撮影機材:

感想/記録

4年前の丁度今頃、一人で電車バスにて筑波山に登った際、急な天候悪化でみぞれから雪へ。
当然、山頂からの眺めは無く、いまいち登った感が無かった筑波山。
今回は妻と次男を連れてのリベンジ、天候はバッチリの様です。
常磐道矢田部ICから筑波研究学園都市経由にて筑波山の麓を目指します。
7時少し前に筑波山神社へ到着、市営第三駐車場へ車を入れます。
駐車場から神社への近道を歩き、車道を進むと、神社の入口が有ります。
神社にて登山の安全を祈願し、左手からケーブルカーの宮脇駅方面へ進みます。
宮脇駅横の鳥居をくぐると、登山道の開始。
先日の雪の影響でしょうか、歩き始めから道はぬかるんでいました。
1時間半程度で御幸ヶ原へ到着、とりあえず男体山のピークへ進みます。
こちらの山頂は少々寂しい感じなので、すぐに御幸ヶ原へ戻りました。
御幸ヶ原は、茶屋などが沢山有ります。
スルーしても構いませんが、今日はのんびり登山という事で、茶屋のおばさんに誘われ店内へ入ります。
私と妻は「おしるこ」、次男は「甘酒」を頂き、しばしの休憩。
女体山はロープウェイで登って来た方々で一杯、タイミングが悪いとこんな感じかな?
少し待つと一般の方が引けたので、記念撮影。
こんな山頂碑なんて、一般観光客はどーでも良いみたいです。
さて、そろそろ下山しましょう。
女体山直下は急な岩場の連続となります。
今日は残雪が有るので、慎重に下りました。
って、登ってくる登山者が多いので、待ち時間が多くなります。
なお奇岩巡りは、妻と息子には満足して頂きました。
つつじヶ丘からの合流点の「弁慶茶屋跡」から神社へ下る「白雲橋コース」へ入ると、登山者は結構減ってきます。
つつじヶ丘からのコースとの合流点である「酒迎場分岐」まで来ると、あとは歩きやすい登山道となります。
そして鳥居を潜ると登山道は終了、神社経由にて駐車場へ戻ります。
日帰り温泉は「つくば湯」が有りますが、土日祭日は料金が高いので、周辺ホテルの立ち寄り湯を利用し帰りました。
訪問者数:161人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ