ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1016265 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

硫黄岳(桜平ゲート⇒ピストン)〜ふかふかの新雪ハイク〜

日程 2016年11月26日(土) [日帰り]
メンバー 3Dyosuke1290, その他メンバー1人
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桜平P(09時時点で3台、路上脇は不可、新規Pがゲート手前約400mにオープン)
唐沢鉱泉との分岐より雪道(スタットレス+4WD推奨)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間9分
休憩
2時間1分
合計
8時間10分
S桜平09:1510:02夏沢鉱泉11:11オーレン小屋12:00山びこ荘12:00ヒュッテ夏沢12:5014:23硫黄岳14:3415:00ヒュッテ夏沢15:00山びこ荘15:25オーレン小屋16:00夏沢鉱泉17:0017:25桜平17:25桜平PG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
下山開始から駐車場までは覚えている時刻。
コースは手書きです。
コース状況/
危険箇所等
トレースあり
森林限界以上は強い風(風に向かって歩くのが困難なため、風速20m前後と思われます)
雪質はサラサラでした。
その他周辺情報夏沢鉱泉にて日帰り入浴 700円

装備

個人装備 輪カンジキ(使わず) アイゼン ピッケル(使わず) バラクラバ等

写真

桜平P
唐松鉱泉との分岐からのダートは雪道
きつい角度もあるのでスタットレス+4WDが望ましいと思われます。
09時、自分入れて4台
2016年11月26日 09:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜平P
唐松鉱泉との分岐からのダートは雪道
きつい角度もあるのでスタットレス+4WDが望ましいと思われます。
09時、自分入れて4台
快晴
絶好の登山日和です
本州は高気圧に覆われていますが、高気圧通過後は下り坂と予想。
2016年11月26日 09:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴
絶好の登山日和です
本州は高気圧に覆われていますが、高気圧通過後は下り坂と予想。
駐車場で20cmほど積雪があります。
11/24に関東に数十年ぶり?の雪をもたらした後。
夏沢鉱泉のHPで確認、鉱泉前で40cmとか。
2016年11月26日 09:12撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場で20cmほど積雪があります。
11/24に関東に数十年ぶり?の雪をもたらした後。
夏沢鉱泉のHPで確認、鉱泉前で40cmとか。
青空が映えます
2016年11月26日 09:12撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が映えます
1
ゲート
2016年11月26日 09:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲート
夏沢鉱泉の送迎車でしょうか。
キャタピラ
2016年11月26日 09:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉の送迎車でしょうか。
キャタピラ
基本日陰なのですが、時折の日差しが見えます
2016年11月26日 09:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基本日陰なのですが、時折の日差しが見えます
鉱泉まではキャタピラも通る広い道
2016年11月26日 09:44撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉱泉まではキャタピラも通る広い道
夏沢鉱泉よりふりかえると、
北ア、穂高ですね。
あのくぼんでるのがキレット?
2016年11月26日 10:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉よりふりかえると、
北ア、穂高ですね。
あのくぼんでるのがキレット?
1
槍が見えます
2016年11月26日 10:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍が見えます
1
真ん中より右のは常念でしょうか。
2016年11月26日 10:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中より右のは常念でしょうか。
1
鉱泉にて登山届けを提出
登山道はトレースあり。
数週間前にも登っている硫黄岳
2016年11月26日 11:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉱泉にて登山届けを提出
登山道はトレースあり。
数週間前にも登っている硫黄岳
足跡、先行者数名はつぼ足の様です。

日が当たるときれいです。
ナルニアの1作目みたいな
2016年11月26日 11:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足跡、先行者数名はつぼ足の様です。

日が当たるときれいです。
ナルニアの1作目みたいな
雪質はサラサラ、パウダーといいましょうか。
2016年11月26日 11:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪質はサラサラ、パウダーといいましょうか。
1
接写
2016年11月26日 11:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
接写
2
オーレン小屋
閉まっています。
硫黄岳が見えます。
2016年11月26日 11:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋
閉まっています。
硫黄岳が見えます。
1
峠を越えて森林限界。
振り返り、夏沢峠の2つの小屋が見えます。
2016年11月26日 13:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠を越えて森林限界。
振り返り、夏沢峠の2つの小屋が見えます。
峠から半分くらいの位置
雪は締まっておらず、アイゼンの効果がない様に感じます。
また強風により一部は夏道露出、逆に吹き溜まりも。
アイゼンつけての夏道は歩き辛いが、吹き溜まりハマるとストックが埋まるくらいの場所も。
ピッケル持ってきたけど不使用としました。
そして強い風
2016年11月26日 13:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠から半分くらいの位置
雪は締まっておらず、アイゼンの効果がない様に感じます。
また強風により一部は夏道露出、逆に吹き溜まりも。
アイゼンつけての夏道は歩き辛いが、吹き溜まりハマるとストックが埋まるくらいの場所も。
ピッケル持ってきたけど不使用としました。
そして強い風
1
晴天が唯一の救い
2016年11月26日 13:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴天が唯一の救い
1
峰の松目方面
2016年11月26日 13:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の松目方面
諏訪湖方面
2016年11月26日 13:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
諏訪湖方面
右のピークは天狗ですね
2016年11月26日 13:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右のピークは天狗ですね
肉眼では見えなかったが、山頂付近に数名
2016年11月26日 13:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肉眼では見えなかったが、山頂付近に数名
見えないが、2つのケルンの先にもケルンが。
2016年11月26日 14:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えないが、2つのケルンの先にもケルンが。
今回同行してくれた山仲間
2016年11月26日 14:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回同行してくれた山仲間
山頂です。
横岳、赤岳、阿弥陀岳が見えます。
2016年11月26日 14:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂です。
横岳、赤岳、阿弥陀岳が見えます。
5
強い風のため着雪しないと思われます。
本日はレイヤリング失敗し、寒くなり、疲れました。
次回に生かします。
2016年11月26日 14:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強い風のため着雪しないと思われます。
本日はレイヤリング失敗し、寒くなり、疲れました。
次回に生かします。
山頂にて
2016年11月26日 14:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にて
2
八ヶ岳最高峰は赤岳
赤岳約2,900mで、ここも約2,750mなのでなかなかの標高って事ですね。
2016年11月26日 14:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳最高峰は赤岳
赤岳約2,900mで、ここも約2,750mなのでなかなかの標高って事ですね。
3
あちらが赤岳
2016年11月26日 14:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちらが赤岳
4
ゴーグルつけると肌の露出がなくなります。
偏光レンズなので、雪道とかにはいい。
2016年11月26日 14:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーグルつけると肌の露出がなくなります。
偏光レンズなので、雪道とかにはいい。
1
硫黄岳にて、赤岳を望む
2016年11月26日 14:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳にて、赤岳を望む
6
雪の芸術
2016年11月26日 14:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の芸術
1
キレイです
2016年11月26日 14:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレイです
1
ややかすみがかってる様な。
2016年11月26日 14:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ややかすみがかってる様な。
寒いので下山します。
2016年11月26日 14:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒いので下山します。
下りは早いです。
2016年11月26日 14:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは早いです。
日が落ちてきました。
2016年11月26日 15:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が落ちてきました。
一応予定の15時には夏沢鉱泉にて日帰りの湯。
16時半も過ぎると暗くなります。
無事下山。
お疲れ様でした。
2016年11月26日 15:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応予定の15時には夏沢鉱泉にて日帰りの湯。
16時半も過ぎると暗くなります。
無事下山。
お疲れ様でした。

感想/記録

天候は終始、晴天
森林限界以上は強い風

トレースありました。
雪質はサラサラでした。

桜平P(09時時点で3台、路上脇は不可、新規Pがゲート手前約400mにオープン、帰りの時点で3台は主に夏沢鉱泉の宿泊者かと)
唐沢鉱泉との分岐より雪道(スタットレス+4WD推奨orマスト)

雪山始めて3シーズン目
硫黄岳は風が強い山の印象。ここの森林限界以上は風速10mはデフォルト
ガスなどなく、天候さえよければ比較的短時間で登れる2,700mの山なのかなと思います。
雪質がさらさらだったので、アイゼン刃が立たず、最後までつぼ足でも良かったのかな、などと思い判断が難しい時期だなという感想。
先行者が居てくれてラッセルせず済んだので有難い思いも。

が、レイヤリング誤り、足が寒くなり、動きにくくなり、疲労。反省点です。
ピッケル使わず。ストックで十分の判断。(今後雪が締まればピッケル有効か。)

総括
今シーズン初雪山は大変満足。
普通に林道歩くだけでも十分楽しい。
山頂から展望よければ尚楽しい。
登っている時は、「何でこんなキツい思いしてんだろー風呂入りてー」なんて思うが、風呂入っていると「次はどこ行こうか、、、」なんて考えている。。。

夏沢鉱泉にて立ち寄り湯700円でした。
この日は結構な人数の宿泊者
16人ほどが夕食を、もう一回まわすそうな。
お風呂で一緒になった旦那は明日硫黄登るとか、天気悪そうだからお気をつけ下さい。
風呂上りはお茶を頂きました。
ありがとうございました。
雪道も無事降りれて、談合坂で夕食。
お疲れ様でした。
訪問者数:274人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ