ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1016316 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

二等三角点・加田村・鳥羽上&奥伊吹の自然と暮らしぶり

日程 2016年11月27日(日) [日帰り]
メンバー churabana, その他メンバー18人
天候雨時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
田村山 近くの寺田町集会所前に置かせていただきました。
鳥羽上山 きゃんせの森駐車場に置かせていただきました。

甲津原交流センター 駐車場あり
http://www.zb.ztv.ne.jp/magokorokyo/access.htm
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間43分
休憩
7分
合計
1時間50分
S忍海神社登山口07:0707:14二等三角点・加田村07:1507:23忠魂碑07:2507:25多田幸寺登山口07:41忍海神社登山口07:4308:14上山登山口08:1508:29二等三角点・鳥羽上村08:3008:35コル08:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
田村山 
三角点北側に伊吹山の展望が開けています。ベンチ在り
忠魂碑側は琵琶湖・比良・高島山系の展望が開けていますが、今回は、曇っていて見ることができませんでした。忠魂碑から南に下る途中で、霊仙、佐和山の展望あり。

鳥羽上山
上山登山口から、鉄塔の巡視路を登る。鉄塔まで、倒木多数、プラ階段は崩れているところが多かったです。三角点から縦走路を下り、コルまでは歩きやすい道。コルから東へ谷を下ってしまい、登山道を外れてしまいました。ログは参考にされませんように。仕事道や歩きやすそうなところを下っています。正しいルートは、おそらく、コルから南東に巻いてトラバースしてから尾根を東に下るでした。
その他周辺情報忍海神社
http://www.shiga-jinjacho.jp/ycBBS/Board.cgi/02_jinja_db/db/ycDB_02jinja-pc-detail.html?mode:view=1&view:oid=207
多田幸寺
http://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/573

甲津原漬物加工部
加工部の作業の様子や漬物などの商品など
http://www.zb.ztv.ne.jp/magokorokyo/index.htm

HP 滋賀のおいいしいコレクション
http://shigaquo.jp/special/ibukidaikon/
11月特集 伊吹大根
http://shigaquo.jp/report/a11.html
産地レポート 伊吹大根

HP【山聲(やまびこ)】
二等三角点巡りの山行にさせていただいています(深謝)
http://yamabiko.ciao.jp/top.html

湖東流紋岩や湖東カルデラについて
ブログ「徒然なるまゝによしなしごとを書きつくる」を参照しました。
http://blog.goo.ne.jp/pgpilotx/e/816cbcba804e01e847a5c83f7a351b38

フジテックエレベーター研究塔について
TBS「がっちりマンデー!!」で紹介されていました。
http://www.tbs.co.jp/gacchiri/archives/20140817/3.html

国の重要文化的景観・米原市の「東草野の山村景観」
http://www.city.maibara.lg.jp/0000004369.html

写真

忍海神社(オシウミジンジャ)鳥居の脇から登りました。
2016年11月27日 07:07撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忍海神社(オシウミジンジャ)鳥居の脇から登りました。
落ち葉の絨毯。タカノツメの黄葉が楽しめました。
2016年11月27日 07:11撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉の絨毯。タカノツメの黄葉が楽しめました。
1
足下を見ると湖東流紋岩かな?長浜の湖岸にポツンとあるのが田村山。湖東カルデラから少し外れているようにも思うが?地球規模でとらえたら、誤差のうち?
2016年11月27日 07:12撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足下を見ると湖東流紋岩かな?長浜の湖岸にポツンとあるのが田村山。湖東カルデラから少し外れているようにも思うが?地球規模でとらえたら、誤差のうち?
2
二等三角点・加田村
2016年11月27日 07:14撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二等三角点・加田村
5
三角点の北東側からの展望ポイント。伊吹山
2016年11月27日 07:15撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点の北東側からの展望ポイント。伊吹山
7
忠魂碑から南に少し下ったところから、霊仙山
2016年11月27日 07:27撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠魂碑から南に少し下ったところから、霊仙山
3
フジテックエレベーターの研究塔、170mあるそうです。左の山は、佐和山。
2016年11月27日 07:28撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フジテックエレベーターの研究塔、170mあるそうです。左の山は、佐和山。
2
上山登山口。獣害防止のフェンスを開けて中へ入ります。
2016年11月27日 08:15撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上山登山口。獣害防止のフェンスを開けて中へ入ります。
1
鉄塔
2016年11月27日 08:25撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔
1
米原市北方の街並み。新幹線が走り抜けていく。
2016年11月27日 08:25撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米原市北方の街並み。新幹線が走り抜けていく。
2
伊吹山。この後、下山して甲津原へ。
2016年11月27日 08:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹山。この後、下山して甲津原へ。
1
雲海
2016年11月27日 08:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海
1
二等三角点・鳥羽上
2016年11月27日 08:29撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二等三角点・鳥羽上
4
こちらもタカノツメの黄葉。大岩もぽつぽつありました。
2016年11月27日 08:31撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらもタカノツメの黄葉。大岩もぽつぽつありました。
2
三角点からここまでは、歩きやすい道です。往復するつもりが、登りで荒れていたので、計画変更。概念があやふやなまま下ってしまいました。またもや、GPSさまさまで、反省中(涙)
2016年11月27日 08:35撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点からここまでは、歩きやすい道です。往復するつもりが、登りで荒れていたので、計画変更。概念があやふやなまま下ってしまいました。またもや、GPSさまさまで、反省中(涙)
2
登山口から、一つ目の鉄塔。山頂はガスの中。
2016年11月27日 08:55撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から、一つ目の鉄塔。山頂はガスの中。
甲津原交流センターへ。トチノキの会のダブルKさんは、大豆餡栃餅お目当て。在庫の確認をして一安心(笑)
2016年11月27日 10:10撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲津原交流センターへ。トチノキの会のダブルKさんは、大豆餡栃餅お目当て。在庫の確認をして一安心(笑)
1
左が伊吹大根。右はいわゆる普通の大根。
2016年11月27日 10:25撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が伊吹大根。右はいわゆる普通の大根。
2
伊吹大根のお漬物実習。洗って、半分に。
2016年11月27日 10:32撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹大根のお漬物実習。洗って、半分に。
1
こちらは、さきほど半分に切った伊吹大根に塩をしているところ。
2016年11月27日 10:37撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは、さきほど半分に切った伊吹大根に塩をしているところ。
1
あらかじめ塩漬けしたものを取り出します。
2016年11月27日 10:32撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あらかじめ塩漬けしたものを取り出します。
酒粕でつけます。酒粕は、砂糖で味を調整し、みりんでのばしてあるそうです。
2016年11月27日 10:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酒粕でつけます。酒粕は、砂糖で味を調整し、みりんでのばしてあるそうです。
酒粕、さらし、伊吹大根、さらし、酒粕と漬け込んでいきます。
2016年11月27日 10:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酒粕、さらし、伊吹大根、さらし、酒粕と漬け込んでいきます。
Kさん、酒粕パックで手がスベスベに。とちのきの会、漬物部開設かも。
2016年11月27日 10:37撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Kさん、酒粕パックで手がスベスベに。とちのきの会、漬物部開設かも。
2
甲津原の街並み。自給自足の生活文化に学びました。
2016年11月27日 11:16撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲津原の街並み。自給自足の生活文化に学びました。
2
唐臼小屋。水車でなくて、スプーンのようなものに水がたまり、杵をあげています。
2016年11月27日 11:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐臼小屋。水車でなくて、スプーンのようなものに水がたまり、杵をあげています。
2
栃の臼。甲津原には、現在、栃の巨木は確かめられていません。しかし、この臼を見れば、立派な巨木があったことが分かります。神事に使われてきたものだそうです。
2016年11月27日 11:42撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栃の臼。甲津原には、現在、栃の巨木は確かめられていません。しかし、この臼を見れば、立派な巨木があったことが分かります。神事に使われてきたものだそうです。
2
麻の織物。
2016年11月27日 11:44撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麻の織物。
2
竹筬に麻糸が通っている。初めて見ました。
2016年11月27日 11:45撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竹筬に麻糸が通っている。初めて見ました。
1
大麻(ヘンプ)も栽培されていました。甲津原の麻織は、2年ほどさらしてから糸にして織るので白いのが特徴だそうです。よそのものは黒いそうです。
2016年11月27日 11:51撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大麻(ヘンプ)も栽培されていました。甲津原の麻織は、2年ほどさらしてから糸にして織るので白いのが特徴だそうです。よそのものは黒いそうです。
1
奥伊吹 山菜べんとう H13食アメニティーコンテスト優秀(農林水産大臣賞)受賞
2016年11月27日 12:25撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥伊吹 山菜べんとう H13食アメニティーコンテスト優秀(農林水産大臣賞)受賞
1
ぜんまい・伊吹大根の切干・ワラビ・こんにゃく・里芋の煮物、スモモの甘煮(右上)、蕗、タケノコ、豆の煮物(中上)、伊吹ハム、柚子ゼリー、ブドウ(左上)、ごはん(左下)そうめんかぼちゃのサラダ(真中)、赤かぶの酢漬、ハヤトウリの粕漬、マイタケ・ししとう・かぼちゃの天ぷら(右下)、甲津原味噌の豆腐と油揚げの味噌汁(上椀)
2016年11月27日 12:25撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぜんまい・伊吹大根の切干・ワラビ・こんにゃく・里芋の煮物、スモモの甘煮(右上)、蕗、タケノコ、豆の煮物(中上)、伊吹ハム、柚子ゼリー、ブドウ(左上)、ごはん(左下)そうめんかぼちゃのサラダ(真中)、赤かぶの酢漬、ハヤトウリの粕漬、マイタケ・ししとう・かぼちゃの天ぷら(右下)、甲津原味噌の豆腐と油揚げの味噌汁(上椀)
3
茗荷の粕漬
2016年11月27日 12:38撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茗荷の粕漬
1
アザミの煮物
2016年11月27日 12:39撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アザミの煮物
1
お買い上げ1、大豆餡いり栃餅 一つ¥130
2016年11月27日 16:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お買い上げ1、大豆餡いり栃餅 一つ¥130
1
お買い上げ2、みょうがのかす漬 ¥380
2016年11月27日 16:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お買い上げ2、みょうがのかす漬 ¥380
伊吹大根の天ぷら。甲津原でお昼に天ぷらでいただきました。我が家の晩御飯もちょうど天ぷらだったので、一品追加。お土産に伊吹大根をいただきました。
2016年11月27日 18:43撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹大根の天ぷら。甲津原でお昼に天ぷらでいただきました。我が家の晩御飯もちょうど天ぷらだったので、一品追加。お土産に伊吹大根をいただきました。
2
伊吹大根の葉。湯がいて、鰹節とゴマ。
2016年11月27日 18:43撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹大根の葉。湯がいて、鰹節とゴマ。
1
菜飯の出来上がり。
2016年11月27日 18:44撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菜飯の出来上がり。
2
撮影機材:

感想/記録

二等三角点巡りは、加田村(田村山)・鳥羽上村(鳥羽上山)
そして、いきものふれあい室の観察会「奥伊吹の自然と暮らしぶり」
会場は、甲津原交流センター。

朝からあいにくの小雨ですが、せっかくだし近くの二等三角点も寄っておくことにしました。加田村(田村山)は、順調に歩けました。多田幸寺には、国宝の薬師如来坐像がおられます。薬師様の縁日は毎月8日で午前9時からお勤めです。
鳥羽上村(鳥羽上山)は、上山登山口から登りました。鉄塔の巡視路を登りましたが、倒木が多く、プラ階段も崩れ気味でした。鉄塔から、伊吹山が望めました。二等三角点・鳥羽上村に至り、下山はピストンをやめ、ルートを変更しました。コルからの概念がいい加減で、またもやGPSさまさま。次回、縦走の時は、読図、予習バッチリで臨みます。息長陵や観音寺の見学も楽しみです。

甲津原交流センターに移動して、いきものふれあい室の観察会「奥伊吹の自然と暮らしぶり」に参加しました。
いきものふれあい室では、生物多様性をテーマに学習会や観察会をおこなっています。
今回は、生物多様性の中でも、生態系サービスを視点に「奥伊吹の自然と暮らしぶり」に学びます。生態系サービスにもいくつかあるのですが、なかでも供給サービスとしての食料や、文化的サービスとして甲津原の自然景観にふれることが今回のテーマです。
甲津原を地理的に見てみると、米原市東草野の一番北にあります。曲谷・甲賀・吉槻の3区は、板並の方へ下る方が便利ですが、甲津原は、鳥越峠、新穂峠、品又峠を経て美濃との行き来の方が便利でした。奥伊吹スキー場がありますが、大変雪深いところでもあります。それ故、自給自足が基本で、保存食文化も豊かです。雪に閉ざされている間を生活していくための知恵でもあります。
伊吹大根は伊吹山のふもと姉川沿いの丘陵地帯で栽培されてきた伝統野菜です。大久保地区では「峠のだいこん」として、引き継がれてきました。小型の大根で、尻づまり型をしています。独特の辛味があって、おろしそばに最適です。煮物、漬物にしても美味しいです。今回天ぷらをいただきましたが、美味しかったですよ。
地元では、「けっからしだいこん」とも呼ばれています。収穫の時、蹴ってだいこんを掘り起こすことができるほど、根が浅くはいっていることからこのように呼ばれることもあるそうです。寒さに強く、厳冬期でも育ちます。病気や害虫にも強く、ほとんど農薬を使わなくても作ることができるそうです。昔は、大根といえば、伊吹大根だけを育てていたそうです。いまでも、自家用に小規模栽培されています。市場にはほとんど出ません。農産物直売所や「伊吹の里・旬彩の森」などで販売されているぐらいです。近年、甲津原漬物加工部の伊吹大根のお漬物が好評で加工部のみなさんが育てているだけでは足りないそうで、声をかけて育ててもらっているそうです。

追記
「大豆あん入りとち餅 をいただいて」
朝ごはんに一つ食べました。
大豆餡は、初めていただきます。
大豆なので、きな粉のほんのりとした甘さでした。
とちの風味と
甲津原のお母さんたちのやさしさが相まって、
おなかも満足、こころもあたたかくなる栃餅でした。

churaのなかでは、栃餅で商品化されているものベスト3にはいります。
朽木のwingの猪肉と栃餅入り鍋焼きうどん、
永昌庵の揚げ出汁栃餅、
そして、
甲津原漬物加工部の「大豆あん入りとち餅」

あえて商品化とことわったのは、
それぞれのご家庭で自家用に用意された栃餅は、
「おばあさんに習った作り方は、こうなんやわぁ」
「うちらは、なぁ・・・・」あくの抜き方、灰合わせ、使われる灰など
それぞれ工夫されていて、家庭の味がします。
これは、別格だと思っています。

お話を伺うと、ほんとに栃餅って、素晴らしいものだと思います。
とちの木が残る山があり、その豊かな恵みをいただいている人々の暮らしと文化があり、伝わってきたこと。
高時川の小原では、小原かごからその村の暮らしを伝える太々野さんとの出会いとお話。

この感動は、生物多様性の生態系サービスのなかの文化的サービスを含んでいると思います。青木先生、このような理解でよろしいでしょうか?

訪問者数:110人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/13
投稿数: 1416
2016/12/2 13:21
 すごい!!
全部メモって下さっていたんですね
ありがとうございます。

豊かな暮らしのことや栃餅のこと・・こんなに理解して下さっていると先生が知れば、とても喜ばれると思います!
印刷して、先生にわたしておきますネ
登録日: 2011/10/2
投稿数: 1835
2016/12/2 20:57
 Re: すごい!!
beさん こんばんは
おはずかしいかぎりです。
ふれあいの里のころから、ほんとにお世話になって、いろいろ教えていただいているのですが、上手くまとめたり 、整理したり できていません。
お伝えされていることのほんの一部だと思っています。

それぞれの地域でお出会いさせていただいた方から、言葉にできないのですが、ようやく何かを感じ取ることができはじめたかなと思っています。
ありがたいなぁとしか今は表現できません。
手を合わせて「ありがとうございます」と拝んでいるだけです。

関連する本を図書館で探して読み、面白いと思うことや不思議に思うことがすこし増えてきました。

ヤマケイ新書 「日本の森列伝」米倉久邦2015
北限のブナの話や佐渡島新潟大学演習林の話が興味深かったです。
そういやbeさん、佐渡島渡っておられましたよね。

これからもよろしくお願いします
先生にもよろしくお伝えください。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ