ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1016471 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

金松寺山から天狗岩に続く、白いカーペット

日程 2016年11月26日(土) [日帰り]
メンバー dan_photrek
天候晴れ。
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7:40金松寺駐車地→ 8:25金松寺登山口→ 9:55金松寺山→ 11:20天狗岩11:50→ 13:10金松寺山登山口→ 13:45金松寺駐車地

写真

金松寺のちょっと上のゲート手前に車を止めて、林道を登ってゆきます。林道の終わりが登山口。ここまで45分ぐらい、結構長い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金松寺のちょっと上のゲート手前に車を止めて、林道を登ってゆきます。林道の終わりが登山口。ここまで45分ぐらい、結構長い。
2
登山口から杉の林の中を、ジグザグにトラバースしながら登ってゆきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から杉の林の中を、ジグザグにトラバースしながら登ってゆきます。
1
この辺りまでは、雪がザラザラしていました。陽も入って、気持ちがいいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りまでは、雪がザラザラしていました。陽も入って、気持ちがいいです。
1
標高が1300mを超えると、雪質もパウダー状に変わり、積雪5cmほどになってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が1300mを超えると、雪質もパウダー状に変わり、積雪5cmほどになってきました。
6
金松寺山山頂に着きました。林道終点の登山口から、私の遅い足でも2時間ほど。山頂の標識が見当たりませんでしたが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金松寺山山頂に着きました。林道終点の登山口から、私の遅い足でも2時間ほど。山頂の標識が見当たりませんでしたが。
2
金松寺山から天狗岩に向かいます。ここからが、ほんと気持ちがいい。白いカーペットの始まり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金松寺山から天狗岩に向かいます。ここからが、ほんと気持ちがいい。白いカーペットの始まり。
2
こんな感じの林で、眺望はありませんが、ほんと気持ちがいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの林で、眺望はありませんが、ほんと気持ちがいい。
1
白いカーペットは続きます。だれの足跡もありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白いカーペットは続きます。だれの足跡もありません。
白いカーペットが途切れることはありません。最高に気持ちがいい。来てよかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白いカーペットが途切れることはありません。最高に気持ちがいい。来てよかった。
6
緩やかな登り、パウダースノー、小春日和、この組み合わせがなかなかいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな登り、パウダースノー、小春日和、この組み合わせがなかなかいい。
1
徐々に急になってきましたが、白いカーペットは続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に急になってきましたが、白いカーペットは続きます。
4
樹氷のようなものも見られました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷のようなものも見られました。
3
天狗岩の山の形も見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩の山の形も見えてきました。
1
山頂めざし、白いカーペットに導かれて、歩きます。この調子だと、天狗岩までいけそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂めざし、白いカーペットに導かれて、歩きます。この調子だと、天狗岩までいけそうです。
この辺りまで来ると、植生が変わってきて、左右に山が見えるようになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りまで来ると、植生が変わってきて、左右に山が見えるようになります。
3
だんだん急になり、新雪歩きで足も棒になってきましたが、なかなか天狗岩に着きません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん急になり、新雪歩きで足も棒になってきましたが、なかなか天狗岩に着きません。
これが最後の登りであればいいが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが最後の登りであればいいが。
1
やっと天狗岩山頂に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと天狗岩山頂に到着。
6
西側にはアルプスがあるはずですが、木が邪魔してよく見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側にはアルプスがあるはずですが、木が邪魔してよく見えません。
山頂から10mほど戻ったところに、天狗岩があります。ここは松本方面が一望できる最高の展望台です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から10mほど戻ったところに、天狗岩があります。ここは松本方面が一望できる最高の展望台です。
5
目の前には、鉢盛山の長いなだらかなスロープ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前には、鉢盛山の長いなだらかなスロープ。
6
鉢盛山の右手には御嶽山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉢盛山の右手には御嶽山。
7
左手奥には、蓼科山から八ヶ岳の峰々、手前には鉢伏山から高ボッチの峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手奥には、蓼科山から八ヶ岳の峰々、手前には鉢伏山から高ボッチの峰。
4
そして富士山、甲斐駒、仙丈。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして富士山、甲斐駒、仙丈。
3
最も左手には、美ヶ原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最も左手には、美ヶ原。
5
最も右手には、乗鞍岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最も右手には、乗鞍岳。
2
天狗岩のビュービューと冷たい風が吹く中で、おにぎりを食べる。そして望遠レンズに交換。まずは御嶽山、かっこよし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩のビュービューと冷たい風が吹く中で、おにぎりを食べる。そして望遠レンズに交換。まずは御嶽山、かっこよし。
12
そして八ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして八ヶ岳。
5
蓼科山。手前の白いのは、鉢伏山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山。手前の白いのは、鉢伏山。
4
美ヶ原、王ヶ頭のテレビアンテナ。あそこのホテルは、なかなか予約取れませんが、冬に一度は行ってみてください。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美ヶ原、王ヶ頭のテレビアンテナ。あそこのホテルは、なかなか予約取れませんが、冬に一度は行ってみてください。
3
天狗岩から金松寺山付近まで戻ってきたところ。あの白いカーペットは、もう消えかかっています。今日味わえたのは、私だけでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩から金松寺山付近まで戻ってきたところ。あの白いカーペットは、もう消えかかっています。今日味わえたのは、私だけでした。
3
林道からの金松寺山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道からの金松寺山。
1

感想/記録

・次は、雪が降る前に金松寺山、天狗岩に行く計画を立てていたのですが、11/24に初雪が降ってしまいました。初めての山でもあり様子がわからないので、最悪途中でギブアップしてくるつもりで、一応軽アイゼンは積んで行ってきました。
・標高が1300mぐらいから積雪量が5cmほどになり、さらに上の方の積雪量はもっと多いだろうと心配しながら登ってゆきましたが、積雪量はあまり変わらず、また夏道が隠れてしまうことはなく、ギブアップはせずに行ってこれました。
・23日以降、誰も登っていないようで、動物以外の足跡はありません。標高が1500mぐらいになると、雪質もがザラザラから、パウダー状に変わり、そして青空も出てきて、気持ちのいい限りです。そして金松寺山から天狗岩までは、積雪量は深くても10cm程度で、このパウダースノーを蹴りながら、緩い坂道をゆっくりと、白いカーペットに導かれて登ってゆくと、90分程度で天狗岩に到着しました。それにしても、このコースなかなか良かったです。きっと新芽の頃も、いいのではないかと思います。
・天狗岩から松本方面の展望が開けていて、最高の展望でした。ただ冷たい風がビュービュー吹いていて、震えながらおにぎりを食べました。
・下山時は、あのパウダースノーがすっかり解けてきて、軽アイゼンを付けるのを面倒くさがっていたら、雪と枯葉で滑って、何度も尻もちをつきながら下りました。
・鉢盛山から、遊びにおいでと声をかけられた気がしたので、来年シーズンにでも行ってみたいと思います。
訪問者数:142人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 林道 軽アイゼン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ