ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1017301 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

冬季富士山 11月 9合目で無念の撤退…

日程 2016年11月29日(火) [日帰り]
メンバー Yokotin
天候冬型の気圧配置
アクセス
利用交通機関
車・バイク

コース状況/
危険箇所等
登山届提出

写真

今日から太郎坊発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日から太郎坊発
2
大石茶屋
すっかり雪解けの様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石茶屋
すっかり雪解けの様子
次郎坊
実は汗だくだけど、風が吹くと寒いので今の内に防寒対策
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎坊
実は汗だくだけど、風が吹くと寒いので今の内に防寒対策
アイゼンPは2回目のブル道との交差地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンPは2回目のブル道との交差地点
何だか不発気味な日の出前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何だか不発気味な日の出前
1
それでも綺麗な日の出前**
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも綺麗な日の出前**
3
日の出前30分前だけど山頂付近は紅くなってた
長田尾根…真白か…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出前30分前だけど山頂付近は紅くなってた
長田尾根…真白か…
2
宝永山方面
雲海が凄い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山方面
雲海が凄い
4
日の出館
入口どっぷり積雪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出館
入口どっぷり積雪
2
日の出です
これから素晴らしい景色の始まりです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出です
これから素晴らしい景色の始まりです
2
山頂が紅く染まります**
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が紅く染まります**
2
最初は紅い光が斜面に反射
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は紅い光が斜面に反射
6
暫くすると今度は金色に
この瞬間堪らんっ!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫くすると今度は金色に
この瞬間堪らんっ!!
4
雲海とのコラボ、斜面にはアイスバン
雪では反射しないんですよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海とのコラボ、斜面にはアイスバン
雪では反射しないんですよ
8
日の出館を後に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出館を後に
1
ここから赤岩館までは直登
これだけの積雪なのでこの区間は登山道使いません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから赤岩館までは直登
これだけの積雪なのでこの区間は登山道使いません
3
テカテカのアイスバン…
なんちゃって、柔らかくないけどアイゼン刺さります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テカテカのアイスバン…
なんちゃって、柔らかくないけどアイゼン刺さります
3
7.8合中継小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7.8合中継小屋
1
7.9合赤岩館
ここの積雪も多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7.9合赤岩館
ここの積雪も多い
3
ここのロープがバームクーヘンの樹氷になってるとは…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここのロープがバームクーヘンの樹氷になってるとは…
3
真白な山頂
大弛沢の状況はどうか?!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真白な山頂
大弛沢の状況はどうか?!
1
見晴館下もガッツリ積雪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴館下もガッツリ積雪
1
俺の足跡だけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
俺の足跡だけ
3
8合見晴館
積雪多い方
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合見晴館
積雪多い方
2
普段はここの登山道には積雪が少ないのに今日は多い
雪の華…と言うよりザーサイに見えてしまう樹氷
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普段はここの登山道には積雪が少ないのに今日は多い
雪の華…と言うよりザーサイに見えてしまう樹氷
3
長田尾根記念碑
樹氷がすげー!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長田尾根記念碑
樹氷がすげー!!
4
横から
尾根の樹氷も凄い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横から
尾根の樹氷も凄い!
4
振り返った登山道
これが11月…?!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返った登山道
これが11月…?!
5
大弛沢
登山道も残ってるし、雪の状態も悪くはなさそうと思ったけど…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大弛沢
登山道も残ってるし、雪の状態も悪くはなさそうと思ったけど…
4
本日newピッケルのデビュー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日newピッケルのデビュー
4
下の方は柔らかいアイス
蹴り込めば問題なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の方は柔らかいアイス
蹴り込めば問題なし
1
長田尾根から逸れた風が通る箇所は一気に邪悪なアイス
蹴り込んでやっと刺さる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長田尾根から逸れた風が通る箇所は一気に邪悪なアイス
蹴り込んでやっと刺さる
1
大弛沢九十九折れ右に11回曲がった後トラバースする直線
登山道はアイスがびっしりなので岩陰から上を狙うも無理…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大弛沢九十九折れ右に11回曲がった後トラバースする直線
登山道はアイスがびっしりなので岩陰から上を狙うも無理…
3
斜度が一気に上がり、風は四方からの突風
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度が一気に上がり、風は四方からの突風
2
ここね
気が抜けない突風にアイスな足元…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここね
気が抜けない突風にアイスな足元…
3
1度目撤退…
ここの下山も気が抜けないっ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1度目撤退…
ここの下山も気が抜けないっ
4
時間を空けて2度目の挑戦…
既にさっきの折り返し地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間を空けて2度目の挑戦…
既にさっきの折り返し地点
3
1回目より少しだけ進むもこの先の増した斜度と変わらぬアイスの一面に突風気味の強風になす術なく無念の撤退を決意
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1回目より少しだけ進むもこの先の増した斜度と変わらぬアイスの一面に突風気味の強風になす術なく無念の撤退を決意
1
風がいつ来るか分からない状況で写真なんて撮ってる余裕ないけど、何とかここまで来た証をと思うが気が抜けないので取り敢えずの1枚
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風がいつ来るか分からない状況で写真なんて撮ってる余裕ないけど、何とかここまで来た証をと思うが気が抜けないので取り敢えずの1枚
4
そこの1段下がっただけでも安心できる状況
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこの1段下がっただけでも安心できる状況
4
景色は抜群に良い!
こんな日は山頂どうなってんだろ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色は抜群に良い!
こんな日は山頂どうなってんだろ〜
3
ここの直線を引き返すだけで数十分…
辛うじて登山道のロープ付近に吹き溜まりがあったのでそこにステップを作りながら進んだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの直線を引き返すだけで数十分…
辛うじて登山道のロープ付近に吹き溜まりがあったのでそこにステップを作りながら進んだ
2
2度目はアイゼン新品に変えて挑戦しましたが、蹴り込んでも蹴り込んでも数ミリ程度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2度目はアイゼン新品に変えて挑戦しましたが、蹴り込んでも蹴り込んでも数ミリ程度
3
やっと安心できるトコまで降りてきて山頂の写真
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと安心できるトコまで降りてきて山頂の写真
5
あっちの尾根は吹き下しの風が常に通過していた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっちの尾根は吹き下しの風が常に通過していた
2
長田尾根から見返して…
突然ですが鳥がいるの分かりますか??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長田尾根から見返して…
突然ですが鳥がいるの分かりますか??
4
下山開始です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始です
2
気付けば雲海が晴れて山中湖方面がスッキリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気付けば雲海が晴れて山中湖方面がスッキリ
3
赤岩館下
ここも風が強いので気を抜かず直降です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩館下
ここも風が強いので気を抜かず直降です
1
山頂には雪のチングルマ
まだ風強そうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には雪のチングルマ
まだ風強そうです
2
テッカテカな斜面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テッカテカな斜面
5
ブル道からお中道経由で大砂走りへトラバース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブル道からお中道経由で大砂走りへトラバース
3
下山のアイゼンPは避難小屋跡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山のアイゼンPは避難小屋跡
1
見返り富士山
多分…もう風弱い気がする
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見返り富士山
多分…もう風弱い気がする
2
えっ!?
今までこんなんあった??
2.2合だって
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えっ!?
今までこんなんあった??
2.2合だって
1
無事下山〜
疲れた〜
サングラス落としてた〜⤵⤵
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山〜
疲れた〜
サングラス落としてた〜⤵⤵
3

感想/記録

 
 この先に行ったら跳ばされる。

 各登山道までのスカイラインが閉鎖されて冬季シーズンにIN。
 初冠雪後の様子を見てると積雪、アイスが多く既に危険な富士山。

 当日は冬型の気圧配置で寒気も南下して来るみたい。
 せめてライブカメラで長田尾根だけは確認したかったが、前日は終日雲隠れ⤵
 20日の日曜日の雨で恐らく大弛沢は蒼氷だらけの予感。
 プラス風も強そうなので少なからずは撤退を視野に入れ、あわよくば登頂と思い富士山へ。

 24日にかなり下まで積もった雪もほとんど解けて雪はブル道交差点からちらほらと。

 9合目までは登山道が使えそうでしたが日の出館〜赤岩館までは直登してますので参考程度に。

 さぁ、核心部の大弛沢
 見晴館跡からは邪悪そうな蒼氷は見当たらない。
 ここでの風は吹き上げが多く四方からも結構な強さ。
 9合目(富士宮との境の尾根の切れたトコ)までは登山道も出てるのでイケると思った。
 九十九折れを右に5回曲がったあたりで長田尾根から逸れた風に煽られ邪悪に育ったビー玉…いや、アメ玉以上の固いアイス。
 しっかり蹴り込んでアイゼンを刺さないと耐風姿勢がとれないのに、横から、下からの強く粘る風。
 ここから先は少しアイスの固さが良くなるものの9合目付近の長い直線に近づくにつれて徐々にまた固いアイスが増え、登山道もほとんど埋まりその分斜度が増している。
 この先の登山道は埋まっているので直ぐ上の岩影から回り込んで見上げるも一面のアイスで断念。

 だけどまだ時間が早い。
 1度見晴館跡まで降りて時間が経つ間に風か、アイスが緩んでくれればまだチャンスはある。

 暫く瞑想してアイゼンを新品と付け替えて再度挑戦。
 下の方はさっきより刺さりはするけど上ではあまり変わらない。
 アイゼンの研ぎ方が良いって事かな?! (^^)
 1回目の折り返し地点まで登ったけど風も変わらずの邪悪さ、足元も蹴り込んで蹴り込んでやっと刺さる邪悪な状況は変わらない。
 登山道ロープ付近に靴一足分くらいの吹き溜まりがあったので一歩づつ足場を作りながら進むも直ぐに詰まり、その先は登山道が埋まった斜面にビッシリのアイス…

 尾根の切れ目で不規則な風の中、この斜度で足場を作っている時に突風を受けたら耐えられない…

 9合とは言え、この先の気の抜けない状況と時間はあまりにも長過ぎる。

 富士宮の尾根の方は岩場が見えているけど長田尾根からの風が雪を纏って尾根の切れ目に向かって常に横断している…



 撤退

 この状況で無理に登れても降りて来れない…。
 悔しいけど仕方ない。

 写真を見返してる分には何とかなったんじゃないか?
 なんて今更になって思ったりするけど、俺にはあの状況での登頂はなかった。

 また来月、対策を考えて挑戦だっ!


 ※日の出館〜見晴館跡までの登山道以外、その他もそれなりの状況です。
  挑戦を予定されてる方は軽アイゼンなんかで無闇に登れば滑落等に繋がりますよ。

訪問者数:317人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/2/26
投稿数: 3805
2016/12/1 5:03
 新雪
どういうわけだか私が温泉に行く日に登ることが多いですね〜。(笑)
この日は温泉の後で餃子屋さんに移動中の歩道橋から富士山がきれいに見えていて新雪で真っ白でした。
遠目には穏やかそうでも現地ではずいぶん厳しかったんですね〜。
無事の御帰還で何よりでした。
登録日: 2012/11/28
投稿数: 14
2016/12/1 16:13
 お疲れ様でした
本当ならば1日今日に水ヶ塚公園から歩くつもりでしたが 少し自宅で仮眠してたら爆睡しちゃってました(^_^;

お ヨコさん また行ったか!!と思いながら読んでたらビックリ、大弛 11月なのに凶悪に育ってしまってるようですね

新しいアイゼンは イノケンさんのと同じアイスクライミングに強いPETZLのバサルを予備で持ってますが、クライミング経験無い私だと これでもかなり厳しいそうですね^^;

体調良ければ 私も来週に現地歩きしてこようかと思います
お疲れ様でした
登録日: 2014/7/10
投稿数: 120
2016/12/1 21:58
 kenpapaさん こんにちは(^^)
 わはは 特に狙っている訳ではないんですけどね〜。
 現地で見る富士山も11月とは思えないほど綺麗でした
 8合から下はそれなりでしたが大弛沢は別格です
 お心遣いありがとうございます*また挑戦してきます(^^)
登録日: 2014/7/10
投稿数: 120
2016/12/1 22:01
 fujisakuyaさん こんにちは(^^)
 不規則なお仕事(?)お疲れ様です。
 大弛沢、邪悪ですが風が無ければ可能性も…と思いますが今日の様子からするとまた一段と恐ろしくなっていそうですね。
 9合とは言え山頂までをクライミングする事を考えると、相当な体力と集中力が必要だと思いました。
 水ヶ塚からだと胸突八丁はどんな事になっているんでしょうか !?
 
 山行記録、必ず見せてくださいね(^^)
登録日: 2012/11/28
投稿数: 14
2016/12/1 22:29
 長田尾根もダメそうでしたか?
いやいや 今回ホントお疲れ様でした
無理はしない ホント大事なことだと思います 普通の方なら無理して歩いて おそらくは何かで滑落 下山で事故の可能性大な状況だったと思います

富士宮口上部も おそらくは どこもかしこもカツンカツンのような気がしますね 更にかなりの斜度がついて…^^;

場合によっては長田尾根にエスケープするかもしれないです

ビー玉クラスト…
斎藤さんと同じ日に御殿場を歩いた日…何年か前だったか忘れましたが イノケンさんがビー玉クラスト状の大弛を悠々と下山してる時に 私はそこを登ってました(お互い誰が誰やらわからずでマトモな会話してない 私が後日気づいた)

コレ ホント驚きでしたよ!! 体力あった他の山屋さん何人かも登りで諦めて下山していた時だったと思います 私はなんとか登頂したんですが降りはしばらく時間かけダガーポジションでした 私も風にまだ恵まれていたからできたんですね…

水ヶ塚公園からにしようと考えてるのは 降雪後の25日歩きでかなり参ったんですよ ズボズボにバテバテで…だから宝永山狙いで踏み固められたトレースが多そうな樹林帯がある水ヶ塚公園からが 山力足りない自分には適してるかなと^^;

ネットで最近の山行記録をアレコレ手を尽くして探しているのですが無いんですよ…よほどの山屋でないと登頂してない気もします 果たしてどうなんでしょうか?
登録日: 2014/7/10
投稿数: 120
2016/12/2 22:59
 fujisakuyaさん こんにちは(^^)
長田尾根も勿論考えてましたが、当日の日の出で山頂を確認した時に真白でした。
風に飛ばされない程のびっしりのアイス。
風も見晴館跡では下、横、上からの強風でした。
上からの吹き下した風は大弛沢に逸れたりしていたので大弛沢より強いと思いました。
東賽の河原には雪煙が山頂のヘリを舐める様に踊っていたので、長田尾根からの挑戦はしませんでした。
元々そんなにここの経験が無いのでそういう意味では怖さはありました。
やっちゃんさんとやまちゃんと水ヶ塚で会った時くらいですよ(^^:

自分も1月に雪煙の吹き下しの中で撤退した時に、ビビりながら下っている横を当たり前の様に登るinokenさんを見て驚きました。

表には出ない猛者の方は必ずいると思いますよ。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ