ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 687094 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日高山脈

伏美岳〜ピパイロ岳〜1967峰

日程 2016年07月16日(土) 〜 2016年07月17日(日)
メンバー aorin
天候1日目:曇り
2日目:晴れのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間30分
休憩
0分
合計
8時間30分
S伏美岳登山口07:2010:14伏美岳13:47ピパイロ岳15:501793mのコル(テント泊)
2日目
山行
8時間35分
休憩
0分
合計
8時間35分
1793mのコル(テント泊)04:1504:391967峰06:001793mのコル(テン)07:15ピパイロ岳10:30伏美岳12:50伏美岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
休憩含む。各頂上や途中でたくさん休憩しました。
コース状況/
危険箇所等
伏美岳までは普通の登山道です。
ピパイロ岳〜1967峰に行く途中に、片側が崖の細い道があります。
つまずいたら滑落しちゃいますので注意しましょう。
日高の一級国道と夏山ガイドに書かれていますが、ハイマツは生い茂っています。
但し、下を見れば道はきちんとあります。
その他周辺情報スーパー銭湯 温泉鳳乃舞芽室:410円(シャンプー・ボディソープあり)
浴槽は深いです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

さて出発。
2016年07月16日 07:13撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて出発。
1合目
2016年07月16日 07:29撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1合目
3合目
2016年07月16日 08:00撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3合目
5合目
2016年07月16日 08:44撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目
7合目
2016年07月16日 09:26撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目
9合目。あと少し。
2016年07月16日 10:00撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目。あと少し。
到着!
ペースが上がりません。
つらかった…。
2016年07月16日 10:14撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着!
ペースが上がりません。
つらかった…。
4
日高山脈の展望台もこれじゃあね…。
2016年07月16日 10:21撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日高山脈の展望台もこれじゃあね…。
ピパイロへ行く途中。テン場
2016年07月16日 11:16撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピパイロへ行く途中。テン場
左側の踏み跡の先には水場があるのかな?
2016年07月16日 11:16撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側の踏み跡の先には水場があるのかな?
テン場
2016年07月16日 11:58撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場
何も見えません。
2016年07月16日 13:26撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何も見えません。
ピパイロ岳着。
つらいよ。
2016年07月16日 13:47撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピパイロ岳着。
つらいよ。
4
三角点がありました。
三等三角点ですが、ウィキペディアによると、点名「戸蔦別岳」ですって。なぜ?
2016年07月16日 13:48撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点がありました。
三等三角点ですが、ウィキペディアによると、点名「戸蔦別岳」ですって。なぜ?
なにも見えないと思ったら…。
2016年07月16日 13:48撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なにも見えないと思ったら…。
少し顔を出して…。
2016年07月16日 14:05撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し顔を出して…。
3
また消えてゆく…。
2016年07月16日 14:05撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また消えてゆく…。
2
ピパイロ岳頂上直下のテン場。
2013山と高原地図に書いてなかったけれど、素晴らしいテン場!
2016年07月16日 14:14撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピパイロ岳頂上直下のテン場。
2013山と高原地図に書いてなかったけれど、素晴らしいテン場!
2
これから向かう方面。
2016年07月16日 14:21撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう方面。
1967峰へ向かう途中で。すばらしいテン場。
1793mのコルではありません。
2016年07月16日 15:02撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1967峰へ向かう途中で。すばらしいテン場。
1793mのコルではありません。
3
振り返って。
本日は1793mのコルでギブアップ。
疲れ過ぎて写真撮りませんでした。
テントを立てて飯食って、即就寝。
2016年07月16日 15:13撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。
本日は1793mのコルでギブアップ。
疲れ過ぎて写真撮りませんでした。
テントを立てて飯食って、即就寝。
4
翌朝。1793mのコルにて。
2016年07月17日 04:00撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。1793mのコルにて。
3
1967峰を目指します。
2016年07月17日 04:00撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1967峰を目指します。
1
ほんとニペソツ山に似てますねぇ。
2016年07月17日 04:02撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんとニペソツ山に似てますねぇ。
3
北の方の写真だと思う。
2016年07月17日 04:02撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の方の写真だと思う。
さて行きましょう。
登り始めて、カッパのズボンをはき忘れて一旦戻ります。
2016年07月17日 04:09撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて行きましょう。
登り始めて、カッパのズボンをはき忘れて一旦戻ります。
振り返って、ピパイロ方面。
2016年07月17日 04:19撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、ピパイロ方面。
5
日高の山々。
2016年07月17日 04:19撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日高の山々。
5
1793のコルから1967峰まではボーナスステージみたいなお花畑と歩きやすい登山道。写真撮り忘れましたけど…。
2016年07月17日 04:19撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1793のコルから1967峰まではボーナスステージみたいなお花畑と歩きやすい登山道。写真撮り忘れましたけど…。
5
1967峰到着!誰もいない山頂とピパイロ方面。
人も風も虫もいなくって快適〜。
2016年07月17日 04:39撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1967峰到着!誰もいない山頂とピパイロ方面。
人も風も虫もいなくって快適〜。
7
白い方の標識と北トッタベツへ続く道。
2016年07月17日 04:40撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い方の標識と北トッタベツへ続く道。
10
幌尻岳までの縦走路。かっこいいなぁ。
2016年07月17日 04:40撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幌尻岳までの縦走路。かっこいいなぁ。
8
なんか踏み跡が…。何かあるのかな。
2016年07月17日 04:45撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんか踏み跡が…。何かあるのかな。
1
さて帰りましょう。
2016年07月17日 05:48撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて帰りましょう。
私の身長174cm。
こんなハイマツを抜けたり…。
来る途中は、写真なんて撮る余裕がなかったので帰り道で。
2016年07月17日 06:12撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私の身長174cm。
こんなハイマツを抜けたり…。
来る途中は、写真なんて撮る余裕がなかったので帰り道で。
1
こんな木々をくぐり抜けたりもします。
2016年07月17日 06:24撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな木々をくぐり抜けたりもします。
花は分からないけど、写真を撮ってみる
2016年07月17日 06:34撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花は分からないけど、写真を撮ってみる
2度目のピパイロ岳。
これからまた伏美岳に行くと思うと…。
ここを過ぎてから雨が降り始めました。
2016年07月17日 07:15撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2度目のピパイロ岳。
これからまた伏美岳に行くと思うと…。
ここを過ぎてから雨が降り始めました。
5
伏美岳の頂上から。
2016年07月17日 10:46撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伏美岳の頂上から。
疲れて標識とるの忘れてた。2度目の伏美岳。
2016年07月17日 10:47撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れて標識とるの忘れてた。2度目の伏美岳。
5
無事下山しました。ありがとう神様。
足が生まれたての小鹿の様になってます。
2016年07月17日 12:50撮影 by F-01H, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山しました。ありがとう神様。
足が生まれたての小鹿の様になってます。
6

感想/記録
by aorin

伏美岳〜北戸蔦別までを1泊で計画。

おりしも、昨年も同じ海の日に、チロロ林道から幌尻岳を日帰りで行っているので、問題ないと思っていたが甘かった…。
約2か月ぶりの登山で、なまった体と縦走装備でそれどころではなく、
水分も7リットル持参したが、汗っかきの私は、テン場までに既に半分以上を消費。疲労と帰りの水分の事も考え、1967峰でギブアップしてしまった。あ〜悲し。

帰りは雨にも見舞われ、不快指数も100%。前日の疲れも抜けず、もう修行状態だった。ゴールした時は、足が生まれたての小鹿の様であったとさ。

ただし1967峰の頂上では、幌尻岳までのきれいな縦走路や日高の山々を堪能。
無人・無風・無虫で、とても素晴らしい時間も得ることができました。
訪問者数:436人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/15
投稿数: 324
2016/7/19 1:55
 初めまして
aorinさん、初めまして。
mikuriと申します。よろしくお願いします。

ピパイロ岳直下でスライドされた方ですよね。
ピパイロ岳からコルまでは、変化に富んだ登山道でしたよね。
細い岩尾根にハイマツ地帯を重装備で、歩かれたとは、お疲れ様でした。
翌朝の1967峰からの眺望、素晴らしかったのですね^_^
ちょっとだけ、山泊しなかったことを後悔する景色でした。
ゆっくりお話しもできなかったのは残念ですが、またどこかでお会い出来るのを楽しみにしております。
登録日: 2013/10/6
投稿数: 9
2016/7/19 22:08
 Re: 初めまして
こんにちわ。はじめまして。
いつもレコを読ませていただいています。
そうです、ピパイロの頂上でスライドした者です。その時は景色が見れなくて残念でしたね。ヤマレコでよく見かけていたザックでしたので、まさかmikuriさんとは驚きです。

翌朝の1967峰からの景色はとても素晴らしいものでしたが、帰りは雨でとても残念でしたよ。mikuriさんのレコをみると、行く山域が似ているので、またどこかでお会いできそうですね。その時はまたよろしくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ