ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 752920 全員に公開 ハイキング北陸

鞍掛山・三童子山スカイライン周回コース

日程 2015年11月05日(木) [日帰り]
メンバー g-okabe
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
_____【 タイトルについて 】_____

〜「鞍掛山・三童子山スカイライン周回コース」〜とは、
鞍掛山と三童子山(さんどうじやま)を結ぶ道[鞍掛山・三童子山スカイライン(※)]を縦走し、谷間の林道(車道)を歩いて一周するコースです。

※:自動車道ではありません、山稜上の登山道です。

_____【 アクセス 】_____

−−−< 「小松インター」からのアクセス(※1) >−−−

 北陸道を小松インターで降り、県道25号線を南下。交差点「城南町西」で左折し国道360号線を東に進む。交差点「園町(そのまち)」で右折、国道305号線を南下する。交差点「粟津駅前」で左折、県道11号線を南下。交差点「那谷町(なたまち)」の約200m手前にあるT字路で左折し、さらに南進。県道154号線に出た所の滝ケ原町(たきがはらまち)口(※2)で左折し、滝ケ原町集落内を通過して、鞍掛山登山口に至。

※1:ルートが何通りもあります。カーナビでは、最短ルートを案内されると思いますが、ここでは、粟津温泉街を通行するパターンを例示しました。
※2:地理院地図では、滝ケ原町の「ケ」は大文字です。


−−−< 「加賀インター」からのアクセス >−−−

 北陸道を加賀インターで降り、出口で右折、交差点「熊坂」で、国道8号線に入り、東に進む。交差点「黒瀬」で右折し、国道364号線に入る。交差点「保賀橋詰(ほうがばしづめ)」で左折、山代温泉に向かう。交差点「山城中橋」で左折。県道11号線を東に進む。栄谷町(さかえだにまち)の手前で、右折し、宇谷町(うだにまち)に入る。県道154号線を進んだ突き当たりが、滝ケ原町(たきがはらまち)。集落内を通過して、鞍掛山登山口に至。

_____【 近くのコンビニ 】_____

● 「小松インター」からのアクセスの場合は、粟津温泉街の辺りまでに数店舗、コンビニがあります、温泉街を過ぎるとお店がありません。

● 「加賀インター」からのアクセスの場合も同様で、山代温泉街の辺りまでに数店舗、コンビニがあります、温泉街を過ぎるとお店がありません。

_____【 鞍掛山 】_____

 鞍掛山(くらかけやま、標高478m)は、鞍をおいたような形で、北前船がこの山を目印にしたことから、別名「船見山」といわれ、富士写ヶ岳、大日山と共に、加南三山として知られています。山頂には、二等三角点「鞍掛山」があります。鞍掛山は、気軽に上れる山です。山頂からの眺望では、遠くの「白山」と、加南三山仲間の「大日山」と「富士写ヶ岳」が見通せます。登山口は、三童子山経由のコースも含めると、全部で、7箇所あります。いろいろなルートのバリエーションが楽しめる山です。ちなみに、ネットで検索してみると、鞍掛山と呼ばれる山は、全国に10箇所ほどあるようです。

_____【 三童子山(さんどうじやま 】_____

 三童子山(さんどうじやま、標高493m) の山名の由来は、平安時代、山頂直下の黒岩にあった洞窟で3人の修行僧(童子)がいたことから、この名が付いたといわれています。山頂には、三等三角点「足谷」があります。また、「三童子城跡」があります。鞍掛山へは、鞍掛山・三童子スカイラインを通って縦走できます。


_____【 周辺の三角点 】_____

● 二等三角点「鞍掛山」
 標高477.71m、鞍掛山山頂にあります。

● 三等三角点「足谷」
 標高492.83m、三童子山山頂にあります。

● 三等三角点「差谷」
 標高178.01m、「鞍掛大橋」近くの採石場あたりから少し登った場所ですが、登山道があるどうかは不明です。

_____【 5つの谷と7つの登山口 】_____

 鞍掛山から三童子山までの「弧の字型の山稜(スカイライン)」の内側(北側)には、谷が5つあります。

  −−[ 5つの谷(※) ]−−

 西から順に〜「西ノ谷」、「中ノ谷」、「水谷」、「主谷(おもたに)」、「足谷」〜計5つ。

※:実際には、小さな谷が、あと3つ(?)ほどあります。

  −−[ 7つの登山口 ]−−

・小松市側(スカイラインの北側)
西ノ谷・中ノ谷登山口、水谷登山口、主谷登山口、三童子山足谷登山口〜計4箇所。

・加賀市側(鞍掛山の南西側)
加賀とのお新道登山口、塔尾登山口、鶴ヶ滝登山口〜計3箇所。

_____【 7つの登山口と10本の登山道 】_____

−−<< 小松市滝ケ原町の登山口 >>−−

< 西ノ谷・中ノ谷登山口 >

 3本の登山道(西ノ谷登山道、中ノ谷登山道、行者岩登山道)の共通の登山口です。第一駐車場のある場所です。ここから、「西ノ谷」と「中ノ谷」の登山道が出ています。「行者岩登山道」は「中ノ谷登山道」の途中から分岐しています。
 [駐車場]:第一駐車場は、20台ほどのスペース。仮設トイレがあります。200mほど手前に、第二駐車場がありまあす。第二駐車場は、鞍掛山トンボ公園に隣接しています。少し上の場所に、炭焼きガマ体験場もあります。

※:登山道は3本あります。

● 西ノ谷登山道:標準タイム 約1時間(登り)
 鞍掛山では、最も利用されている登山道です。

● 中ノ谷登山道:標準タイム 約1時間(登り)
 鞍掛山山頂には、中ノ谷登山道への下り口が2箇所あります。山頂には、行者岩登山道への下り口はありませんので、注意して下さい。

● 行者岩登山道:標準タイム 約1時間15分(登り)
 別名「中谷散策道」です。山頂から、後山側に少し下った所に、避難小屋があります。その先に、行者岩登山道の下り口があります。西ノ谷登山道から登り、行者岩登山道で下るコースが人気です。

< 水谷登山口 >

 第二駐車場(トンボ公園)の前の林道分岐より、水谷林道を約2.1km進んだ所が、登山口です。
 [駐車場]:谷間の登山口に2〜3台分のスペースがあります。

● 水谷登山道:標準タイム 約2時間(登り)

< 主谷(おもたに)登山口 >

 鞍掛大橋から、三童子山に向かって、約1.8km進むと、主谷と足谷の分岐点があります。主谷・足谷分岐点から、主谷林道を約2.4km進んだ所に登山口がありまあす。

 [駐車場]:谷間の登山口に2〜3台分のスペースがあります。

● 主谷登山道:標準タイム 約3時間(登り)

< 三童子山足谷登山口 >

 鞍掛大橋から、林道(途中まで県道)を約2.7km進んだ所に登山口があります。ちなみに、第一駐車場から、三童子山登山口(駐車場)までは、約4.4kmです。

 [駐車場]:谷間の登山口に2〜3台分のスペースがあります。

● 三童子山足谷登山道−鞍掛山・三童子スカイライン経由コース:標準タイム 約6時間(登り)

−−<< 加賀市塔尾(とのお)町の登山口 >>−−

 国道8号線ないしは県道11号線から、県道39号線に入り、南下します。塔尾町集落に入る手前に、鞍掛山塔尾登山口を示す大きな案内板があります。左折し林道の奥に進むと、「加賀とのお新道登山口」と「塔尾登山口」があります。

< 加賀とのお新道登山口 >

 県道39号線から、約1.8km林道を進んだ所に登山口があります。

 [駐車場]:約10台分。登山口の100mほど手前にあります。

● 加賀とのお新道:標準タイム 約1.5時間(登り)

< 塔尾登山口 >

 加賀とのお新道登山口から、林道をさらに、約1.9km進んだ所に登山口があります。

 [駐車場]:4台までが限度。止め方によっては、Uターンが困難になりますので、注意が必要です。

● 塔尾(とのお)登山道:標準タイム 約40分(登り)
 鞍掛山登山ルートの内、最短のコースです。

−−<< 加賀市山中温泉荒谷町の登山口 >>−−

< 鶴ヶ滝登山口 >

 国道8号線ないしは県道11号線から、県道39号線に入り、南下します。途中の分岐で左折し県道153号線に入ります。(県道39号線をそのまま進むと、山中温泉街に入ります)県道153号線を約3.5km進むと、荒谷町集落があり、左手の橋を渡ると、石川県内水面水産センターがあります。右側に林道があり、少し入った所が登山口です。
 [駐車場]:4〜5台分のスペースがあります。

● 鶴ヶ滝登山道:標準タイム 約1時間(登り)

_____【 ☆お勧めコース2本 】_____

★ [ 西ノ谷−行者岩登山道コース ]

 第一駐車場からスタートします。西ノ谷・中ノ谷登山口(分岐)で、西ノ谷登山道に進みます。鞍掛山を登頂後は、避難小屋に降り、行者岩下山道(中谷散策道)に入り、下山します。西ノ谷・中ノ谷登山口を経て、駐車場の戻り、終了。オプションとして、折り返し点の避難小屋から、後山に回り、獅子岩からの眺望を楽しんでから、行者岩下山道を下る事も出来ます。

・往復約3.6km、累積標高差(+):約410m(標高差380m)、所要時間:約2時間。

★ [ 加賀とのお新道−塔尾登山道コース ] 

 加賀とのお新道登山口からのスタートです。車は、約100手前の駐車場に停めます。加賀とのお新道を登ると、まず、後山に到着します。南側にある獅子岩で白山〜大日山〜富士写ヶ岳の眺望を楽しんだ後、避難小屋を経由して、鞍掛山山頂に登ります。山頂からの360°のパノラマを楽しんだ後、避難小屋に引き返し、スカイラン方向に、約280m進んだ所にある塔尾登山道(途中で鶴ヶ滝への下山道が分岐)の下山口に入り、塔尾登山口に降ります。林道を歩いて、加賀とのお新道登山口の駐車場まで戻り、終了。

・往復約5.3km、累積標高差(+):約530m(標高差395m)、所要時間:約3時間。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間14分
休憩
2時間40分
合計
7時間54分
S第一駐車場07:0707:32船見平07:3508:05鞍掛山08:4008:44避難小屋08:4508:50後山山頂08:5909:19展望岩09:2709:38水谷下山口09:3910:05主谷下山口10:0610:47白山展望所10:4911:33三童子山11:4412:14三童子山足谷登山口12:1512:27主谷・足谷林道分岐12:2813:00鞍掛大橋13:0113:18第二駐車場(トンボ公園)13:2213:29第一駐車場13:3413:35< 車で移動 >13:4113:42水谷登山口13:4313:44< 車で移動 >14:0514:06主谷登山口14:0714:08< 車で移動 >14:3714:38鶴ヶ滝登山口14:4114:42< 車で移動 >14:5414:55加賀とのお新道登山口14:5614:57< 車で移動 >15:0015:01塔尾登山道[探検終了]G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
__【 今回のコースの概要 】__

【スタート】:第一駐車場−西ノ谷・中ノ谷登山口(標高100m)−舟見平(標高260m)−鞍掛山(標高478m)−後山(標高461m)−分岐−<スカイライン>−展望岩(標高448m)−水谷下山口(標高430m)−主谷下山口(標高450m)−白山展望所(標高509m)−<スカイライン>−三童子山(標高493m)−三童子山足谷登山口(標高184m)−(主谷・足谷林道分岐)−水と森のふれあい広場−鞍掛大橋−第二駐車場(水谷林道分岐)−第一駐車場:【終了】

__【 スカイラインのサイドコース 】__

.┘好院璽廛襦璽
 鞍掛山・三童子山スカイラインを縦走中のエスケープルートとして、水谷登山道と主谷登山道があります。エスケープして、谷に降りても、距離はさほど短くなりませんが、林道を歩くので、だいぶ負担が軽くなります。

加賀市側(塔尾町、山中温泉荒谷町)に降りるルート
 後山を経由して、加賀とのお新道があります。加賀とのお新道は、塔尾町に降りていく林道につながっています。また、避難小屋から後山に行かずに、少し南に下ると塔尾登山道(鶴ヶ滝登山道が分岐)の下り口があります。塔尾登山道は、加賀とのお新道と同じ林道につながっています。鶴ヶ滝登山道は、山中温泉荒谷町の集落に出ます。

__【 近隣の山行記録のリンク 】__

  〜白山が見えた山の記録を集めてみました〜

● 雲海に浮かぶ「中根平」から登る「人形山・三ヶ辻山」
               2015年11月01日(日帰り)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-754182.html

● 百名山ゆかりの「富士写ヶ岳」・続編〜「深田久弥」を記念して〜
               2015年10月29日(日帰り)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-752528.html

● 百名山ゆかりの「富士写ヶ岳」(※続編があります)
               2015年10月18日(日帰り)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-742486.html

● 「天竺の郷」から登る「金剛堂山」
               2015年09月12日(日帰り)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-702198.html
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はありません。
その他周辺情報___【 日帰り温泉 】___

−−−<< 粟津温泉 >>−−−

 粟津温泉は「美肌の湯・美人の湯」とも言われています。
泉質:ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉、泉温47〜48℃、ph8.1(弱アルカリ性低張性温泉)。

● 粟津温泉総湯

・源泉掛け流し
・営業時間:8:00〜22:00  定休日:毎月8・18・28日定休(土日曜、祝日は変更あり)
・入浴料金:大人420円 
・駐車場:10台(別に臨時駐車場があります)
・その他:石鹸・シャンプー・リンスはそれぞれ40円で販売。

−−−<< 山代温泉>>−−−

 山代温泉は「長寿の湯」とも言われています。
泉質(総湯・古総湯):ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物泉、泉温65℃、ph7.8(低張性弱アルカリ性高温泉)。

※:山代温泉には、2種類の泉源があります。他にも、カルシム・ナトリウム−硫酸塩泉(アルカリ性単純温泉)の泉源もあります。

● 山代温泉 総湯

・源泉100%の加水なし(かけ流し・ろ過循環併用)。
・営業時間:6:00〜22:00、定休日/第4水曜午前中(午後から通常)
・入浴料金:大人500円
・駐車場:50台「魯山寓居(ぐうきょ)・総湯−専用駐車場」です。250mほど離れています。

※:総湯/古総湯との共通入浴券:大人700円

● 山代温泉 古総湯

・明治時代の総湯を復元。
・「湯あみ」という温泉に浸かって楽しむだけの当時の入浴方法も再現。
・浴場の床、壁には九谷焼タイルやステンドグラスがはめ込まれています。
・営業時間:6:00〜22:00、定休日/第4水曜午前中(午後から通常)
・入浴料金:大人500円
・駐車場:総湯と同じの駐車場を利用。

※:「湯あみ」なので、石鹸やシャンプーは使えません( 洗い場なし)。

__【 高野山真言宗別格本山「那谷寺」 】__

 拝観料600円、年中無休です。風光明媚な庭園が、四季折々、楽しめます。庭園には、岩山に点在するようにいくつもお堂がありますので、1周するのに30分以上かかります。
 [アクセス]
小松インターから、鞍掛山にアクセスした場合は、那谷寺の近くを通ります。加賀インターからの場合は、山代温泉を通過し、県道11号線の途中で、鞍掛山の方に右折せず、そのまま進めば、那谷寺のそばに出ます。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ■[装備等]■ アタックザック(軽量タイプ) ストック ナルゲンボトル1本 ■[電気製品・GPS等]■ スマートフォン GPS(ガーミンOREGON650) コンパクトカメラ 予備電池(デジカメ用4ヶ・ GPS用2ヶ・スマートフォンの充電用バッテリー1ヶ) ソーラーウォッチ(カシオPRW2500) ■[アメニティーグッズ]■ ガベッジバッグ4L(携帯トイレ2回分・トイレットペーパー1ロール) ■[クロージング等]■ ノマドパーカ レインウエア(上下) タオル2本 ■[食糧・水等]■ おにぎり6個 水2.5L お菓子少々

写真

< 小松インターからのアクセス >
小松インターで降り、県道25号線を南下。交差点「城南町西」で左折し国道360号線を東に進む。交差点「園町」で右折、国道305号線を南下する。交差点「粟津駅前」で左折、県道11号線を南下。交差点「那谷町」の約200m手前にあるT字路で左折し、さらに南進。「滝ケ原町」口で左折し、滝ケ原町集落内を通過して、登山口に至。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 小松インターからのアクセス >
小松インターで降り、県道25号線を南下。交差点「城南町西」で左折し国道360号線を東に進む。交差点「園町」で右折、国道305号線を南下する。交差点「粟津駅前」で左折、県道11号線を南下。交差点「那谷町」の約200m手前にあるT字路で左折し、さらに南進。「滝ケ原町」口で左折し、滝ケ原町集落内を通過して、登山口に至。
< 加賀インターからのアクセス >
加賀インターで降り、出口で右折、交差点「熊坂」で、国道8号線に入り、東に進む。交差点「黒瀬」で右折し、国道364号線に入る。交差点「保賀橋詰」で左折、山代温泉に向かう。交差点「山城中橋」で左折。県道11号線を東に進む。栄谷町の手前で、右折し、宇谷町に入る。県道154号線を進んだ突き当たりが、滝ケ原町。集落内を通過して、登山口に至。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 加賀インターからのアクセス >
加賀インターで降り、出口で右折、交差点「熊坂」で、国道8号線に入り、東に進む。交差点「黒瀬」で右折し、国道364号線に入る。交差点「保賀橋詰」で左折、山代温泉に向かう。交差点「山城中橋」で左折。県道11号線を東に進む。栄谷町の手前で、右折し、宇谷町に入る。県道154号線を進んだ突き当たりが、滝ケ原町。集落内を通過して、登山口に至。
< スカイライン周回コース >
赤いラインが、実際に歩いたコースです。緑のラインは、車で移動して、各登山道の入口を確認してきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< スカイライン周回コース >
赤いラインが、実際に歩いたコースです。緑のラインは、車で移動して、各登山道の入口を確認してきました。
1
< 歩いた部分の山行グラフ >
総歩行距離:約12.0km、累積標高差(+):約910m、所要時間:約6時間20分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 歩いた部分の山行グラフ >
総歩行距離:約12.0km、累積標高差(+):約910m、所要時間:約6時間20分
1
< 10本の登山道 >
スカイラインも数に入れると、鞍掛山・三童子山の登山道は10本にもなります。[P]のマークは駐車場です。谷を進む林道からアクセス出来ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 10本の登山道 >
スカイラインも数に入れると、鞍掛山・三童子山の登山道は10本にもなります。[P]のマークは駐車場です。谷を進む林道からアクセス出来ます。
< 加賀市側の登山道 >
加賀市塔尾(とのお)町と山中温泉荒谷町には、「加賀とのお新道」、「塔尾登山道」、「鶴ヶ滝登山道」の3本あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 加賀市側の登山道 >
加賀市塔尾(とのお)町と山中温泉荒谷町には、「加賀とのお新道」、「塔尾登山道」、「鶴ヶ滝登山道」の3本あります。
< 西ノ谷−行者岩登山道コースマップ >
「お勧めのコース1」です。
 第一駐車場からスタートします。西ノ谷登山道に進み、鞍掛山を登頂します。眺望を楽しんだ後は、避難小屋に降り、行者岩下山道から下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 西ノ谷−行者岩登山道コースマップ >
「お勧めのコース1」です。
 第一駐車場からスタートします。西ノ谷登山道に進み、鞍掛山を登頂します。眺望を楽しんだ後は、避難小屋に降り、行者岩下山道から下山します。
< 西ノ谷−行者岩登山道コースグラフ >
往復約3.6km、累積標高差(+):約410m(標高差380m)、所要時間:約2時間。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 西ノ谷−行者岩登山道コースグラフ >
往復約3.6km、累積標高差(+):約410m(標高差380m)、所要時間:約2時間。
< 加賀とのお新塔−塔尾登山道コースマップ >
「お勧めのコース2」です。
 加賀とのお新道登山口から登山開始です。まず、後山に到着します。南側にある獅子岩で眺望を楽しんだ後、避難小屋を経由して、鞍掛山山頂に登ります。登頂後、引き返し、スカイラン方向に進んだ所にある塔尾下山道に入り、塔尾登山口に降ります。林道を歩いて、加賀とのお新道登山口の駐車場まで戻り、終了。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 加賀とのお新塔−塔尾登山道コースマップ >
「お勧めのコース2」です。
 加賀とのお新道登山口から登山開始です。まず、後山に到着します。南側にある獅子岩で眺望を楽しんだ後、避難小屋を経由して、鞍掛山山頂に登ります。登頂後、引き返し、スカイラン方向に進んだ所にある塔尾下山道に入り、塔尾登山口に降ります。林道を歩いて、加賀とのお新道登山口の駐車場まで戻り、終了。
< 加賀とのお新塔−塔尾登山道コースグラフ >
往復約5.3km、累積標高差(+):約530m(標高差395m)、所要時間:約3時間。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 加賀とのお新塔−塔尾登山道コースグラフ >
往復約5.3km、累積標高差(+):約530m(標高差395m)、所要時間:約3時間。
< 滝ケ原町に入りました >
「鞍掛山アーチ型石橋由来碑」が迎えてくれました。
2015年11月05日 06:40撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 滝ケ原町に入りました >
「鞍掛山アーチ型石橋由来碑」が迎えてくれました。
< 滝ケ原町にようこそ >
国土地理院の地図では、瀧ケ原町(たきがはらまち)の「ケ」は大文字です。
2015年11月05日 06:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 滝ケ原町にようこそ >
国土地理院の地図では、瀧ケ原町(たきがはらまち)の「ケ」は大文字です。
< 小松インターから来た場合 >
県道154号線にぶつかります。ここで、左折し、少し進むと滝ケ原町の集落です。加賀インターからのアクセスの場合は、写真右手から左手に、県道154号線を直進することになります。
2015年11月05日 06:44撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 小松インターから来た場合 >
県道154号線にぶつかります。ここで、左折し、少し進むと滝ケ原町の集落です。加賀インターからのアクセスの場合は、写真右手から左手に、県道154号線を直進することになります。
< 鞍掛山が見えてきました >
鞍掛山の北側から見ています。「馬の鞍」の形に見えるのは、西か東側からの眺めのようです。
2015年11月05日 06:46撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 鞍掛山が見えてきました >
鞍掛山の北側から見ています。「馬の鞍」の形に見えるのは、西か東側からの眺めのようです。
< 西山石切場跡 >
先ほど拝見した「案内板」が役に立ちました。
2015年11月05日 06:47撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 西山石切場跡 >
先ほど拝見した「案内板」が役に立ちました。
< 「鞍掛大橋」です >
それほど、大きい橋ではありません。山頂の頭が見えています。橋を渡らずに、まっすぐ進むと「三童子山登山口」に行き着きます。
2015年11月05日 06:48撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「鞍掛大橋」です >
それほど、大きい橋ではありません。山頂の頭が見えています。橋を渡らずに、まっすぐ進むと「三童子山登山口」に行き着きます。
< 橋を渡った側から振り返りました >
橋の向こうの左側からやってきました。右手が、三童子山の方角です。
2015年11月05日 06:48撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 橋を渡った側から振り返りました >
橋の向こうの左側からやってきました。右手が、三童子山の方角です。
< 「丸竹橋」です >
「鞍掛大橋」の圓吠造鵑任い泙后というか、「鞍掛大橋」のほうが、後から、「丸竹橋」の圓紡い蕕譴討里任靴腓Α
2015年11月05日 06:49撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「丸竹橋」です >
「鞍掛大橋」の圓吠造鵑任い泙后というか、「鞍掛大橋」のほうが、後から、「丸竹橋」の圓紡い蕕譴討里任靴腓Α
< 滝ケ原町アーチ石橋群 >
5つの石橋があるようです。
2015年11月05日 06:49撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 滝ケ原町アーチ石橋群 >
5つの石橋があるようです。
< 斜めから見た「丸竹橋」 >
2015年11月05日 06:49撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 斜めから見た「丸竹橋」 >
< 真横から見た「丸竹橋」 >
2015年11月05日 06:49撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 真横から見た「丸竹橋」 >
< 消火栓のある所を左です >
少し行くと小さな橋があります。渡ったに分かれ道があり、方向が表示されています。
2015年11月05日 06:54撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 消火栓のある所を左です >
少し行くと小さな橋があります。渡ったに分かれ道があり、方向が表示されています。
< 水谷林道への分岐 >
第二駐車場の手前に分岐があります。右手を進み、第一駐車場を目指します。鞍の形でない鞍掛山が見えています。水谷林道の突き当たりに、水谷登山口があります。
2015年11月05日 06:57撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 水谷林道への分岐 >
第二駐車場の手前に分岐があります。右手を進み、第一駐車場を目指します。鞍の形でない鞍掛山が見えています。水谷林道の突き当たりに、水谷登山口があります。
< トンボ公園 >
第二駐車場の前後に沼地(池)があり、トンボの楽園になっています。
2015年11月05日 06:59撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< トンボ公園 >
第二駐車場の前後に沼地(池)があり、トンボの楽園になっています。
< 山を一回りしてから、観察しました >
あとで「赤トンボ」が登場します。
2015年11月05日 06:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山を一回りしてから、観察しました >
あとで「赤トンボ」が登場します。
1
< トンボさん、待ってろよ >
6時間位で、スカイラインを渡って、またここに戻ります。
2015年11月05日 06:58撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< トンボさん、待ってろよ >
6時間位で、スカイラインを渡って、またここに戻ります。
< 炭焼き体験場 >
バーベキューコーナーではございません。
2015年11月05日 13:24撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 炭焼き体験場 >
バーベキューコーナーではございません。
1
< 第二駐車場 >
舗装されていませんが、20台位は停められそうです。
2015年11月05日 06:59撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 第二駐車場 >
舗装されていませんが、20台位は停められそうです。
< 第一駐車場 >
舗装されています。20台分あります。登山口側に、仮設トイレが一つあります。
2015年11月05日 07:01撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 第一駐車場 >
舗装されています。20台分あります。登山口側に、仮設トイレが一つあります。
< 足洗い場が、3つもあります >
私は洗いたくありません〜「登山から足を洗う」つもりは〜
2015年11月05日 07:05撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 足洗い場が、3つもあります >
私は洗いたくありません〜「登山から足を洗う」つもりは〜
< 3分歩いた所が登山口です >
手作りの木の杖が置かれています。
2015年11月05日 07:05撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 3分歩いた所が登山口です >
手作りの木の杖が置かれています。
< 登山道のご案内 >
山頂での出入口が判りずらかったです。ルートに立体的な変化があり、マップでは、表現しにくい部分があります。
2015年11月05日 07:06撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 登山道のご案内 >
山頂での出入口が判りずらかったです。ルートに立体的な変化があり、マップでは、表現しにくい部分があります。
1
< 西ノ谷・中ノ谷登山口 >
西ノ谷登山道と中ノ谷登山道の共通の登山口になります。右手の西ノ谷登山道に進みます。
2015年11月05日 07:07撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 西ノ谷・中ノ谷登山口 >
西ノ谷登山道と中ノ谷登山道の共通の登山口になります。右手の西ノ谷登山道に進みます。
< 本当はここが「西ノ谷登山口」? >
共通の登山口から右手の林道を70mほど進むと、左側に鞍掛山に登る道が分かれています。ここまでが、林道で、ここからが「西ノ谷登山道」と呼んでもいいのではないでしょうか。
2015年11月05日 07:09撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 本当はここが「西ノ谷登山口」? >
共通の登山口から右手の林道を70mほど進むと、左側に鞍掛山に登る道が分かれています。ここまでが、林道で、ここからが「西ノ谷登山道」と呼んでもいいのではないでしょうか。
< ヒメアオキ(姫青木) >
ガリア科(ミズキ科)アオキ属。同属のアオキ(青木)の変種で、少し小型です。春には、小さな紅色の手裏剣のような形をした花を咲かせます。夏には、真っ赤な実が、目立ちます。
2015年11月05日 07:12撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ヒメアオキ(姫青木) >
ガリア科(ミズキ科)アオキ属。同属のアオキ(青木)の変種で、少し小型です。春には、小さな紅色の手裏剣のような形をした花を咲かせます。夏には、真っ赤な実が、目立ちます。
< ネジキ(捩木) >
ツツジ科ネジキ属。「名札」が付けられていました。鞍掛山では、木々び名前は表示されています。
2015年11月05日 07:14撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ネジキ(捩木) >
ツツジ科ネジキ属。「名札」が付けられていました。鞍掛山では、木々び名前は表示されています。
< コナラ(小楢)の樹皮 >
ブナ科コナラ属。同属のミズナラ(水楢)と似ています。両種の雑種もあるようです。
2015年11月05日 07:15撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< コナラ(小楢)の樹皮 >
ブナ科コナラ属。同属のミズナラ(水楢)と似ています。両種の雑種もあるようです。
< コナラの樹形 >
ミズナラ(水楢)の別名が「大楢」と呼ばれているのに対して、「小楢」と名付けられたようですが、この樹は、けっこう大きいです。
2015年11月05日 07:15撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< コナラの樹形 >
ミズナラ(水楢)の別名が「大楢」と呼ばれているのに対して、「小楢」と名付けられたようですが、この樹は、けっこう大きいです。
< 頂上まで1.2km >
西ノ谷登山道は、片道約1.5kmです。短い登山道ですが、距離の表示が何ヶ所にもあります。
2015年11月05日 07:18撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 頂上まで1.2km >
西ノ谷登山道は、片道約1.5kmです。短い登山道ですが、距離の表示が何ヶ所にもあります。
< 水楢の葉っぱの下に >
三童子山の頭の部分が見えています。水谷と主谷(おもだに)の間にある尾根が手前にあって、三童子山を隠しています。
2015年11月05日 07:18撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 水楢の葉っぱの下に >
三童子山の頭の部分が見えています。水谷と主谷(おもだに)の間にある尾根が手前にあって、三童子山を隠しています。
< タカノツメ(鷹の爪)の樹皮 >
ウコギ科タカノツメ属。
2015年11月05日 07:18撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< タカノツメ(鷹の爪)の樹皮 >
ウコギ科タカノツメ属。
< タカノツメの樹形 >
2015年11月05日 07:19撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< タカノツメの樹形 >
< ミズナラ(水楢)の樹皮 >
ブナ科コナラ属。別名、オオナラ(大楢)なのに、先ほどのコナラ(小楢)より小型の樹です。
2015年11月05日 07:20撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ミズナラ(水楢)の樹皮 >
ブナ科コナラ属。別名、オオナラ(大楢)なのに、先ほどのコナラ(小楢)より小型の樹です。
< ミズナラの樹形 >
2015年11月05日 07:20撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ミズナラの樹形 >
< ミズナラの葉 >
葉っぱは、コナラ(小楢)の物より、鋸歯が粗い(葉脈が少ない)です。
2015年11月05日 07:20撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ミズナラの葉 >
葉っぱは、コナラ(小楢)の物より、鋸歯が粗い(葉脈が少ない)です。
< 舟見平の手前で振り返りました >
小松市街を見渡せます。白い円板状の「小松ドーム」が見えています。また、高圧電線が、第一と第二駐車場の上に架かっています。右手の鉄塔の立っている場所は、水谷と主谷の間の尾根です。
2015年11月05日 07:27撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 舟見平の手前で振り返りました >
小松市街を見渡せます。白い円板状の「小松ドーム」が見えています。また、高圧電線が、第一と第二駐車場の上に架かっています。右手の鉄塔の立っている場所は、水谷と主谷の間の尾根です。
1
< 舟見平に到着 >
鞍掛山は、独特の形が、日本海上の船から、目印になっていました。昔は、「舟見山」とも呼ばれていたそうです。
2015年11月05日 07:32撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 舟見平に到着 >
鞍掛山は、独特の形が、日本海上の船から、目印になっていました。昔は、「舟見山」とも呼ばれていたそうです。
2
< 舟見平にはベンチがあります >
木々も豊富です(展望が開けていない)。
2015年11月05日 07:32撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 舟見平にはベンチがあります >
木々も豊富です(展望が開けていない)。
< ソヨゴ(冬青) >
モチノキ科モチノキ属。〜が出迎えるように立っています。
2015年11月05日 07:33撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ソヨゴ(冬青) >
モチノキ科モチノキ属。〜が出迎えるように立っています。
1
< ソヨゴの実 >
サクランボみたいに、果柄(花柄)が長いのが特徴です。
2015年11月05日 07:33撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ソヨゴの実 >
サクランボみたいに、果柄(花柄)が長いのが特徴です。
< エゾユズリハ(蝦夷譲葉)  >
ユズリハ科ユズリハ属。多雪地帯に多く見られるユズリハ(譲葉)の亜種です。新葉が生長して古い葉が落ち、新旧交代が、はっきりしていることから「譲る葉っぱ」と言う意味で、(譲葉)の名が付きました。
2015年11月05日 07:33撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< エゾユズリハ(蝦夷譲葉)  >
ユズリハ科ユズリハ属。多雪地帯に多く見られるユズリハ(譲葉)の亜種です。新葉が生長して古い葉が落ち、新旧交代が、はっきりしていることから「譲る葉っぱ」と言う意味で、(譲葉)の名が付きました。
< エゾユズリハの葉っぱ >
花の咲いていない時期は、シャクナゲ(石楠花)と似ています。ユズリハの葉軸は赤いことと、シャクナゲの葉は、葉の裏側に少し丸まっていることで、区別が付きます。
2015年11月05日 07:54撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< エゾユズリハの葉っぱ >
花の咲いていない時期は、シャクナゲ(石楠花)と似ています。ユズリハの葉軸は赤いことと、シャクナゲの葉は、葉の裏側に少し丸まっていることで、区別が付きます。
< ユズリハの実 >
丸い実です。シャクナゲの実は、上に向かって付く、円柱状の櫺未任后
2015年11月05日 07:42撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ユズリハの実 >
丸い実です。シャクナゲの実は、上に向かって付く、円柱状の櫺未任后
< 山をかたどった看板 >
しかし、舟見平からは、山頂が見えません?
2015年11月05日 07:34撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山をかたどった看板 >
しかし、舟見平からは、山頂が見えません?
1
< いや、2mほど先に進んだらみえました >
北側から見る鞍掛山は「富士山型」です。
2015年11月05日 07:35撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< いや、2mほど先に進んだらみえました >
北側から見る鞍掛山は「富士山型」です。
1
< リョウブ(令法) >
リョウブ科リョウブ属。
2015年11月05日 07:35撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< リョウブ(令法) >
リョウブ科リョウブ属。
< リョウブの紅葉 >
2015年11月05日 07:35撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< リョウブの紅葉 >
< ヒサカキ(柃) >
モッコク科ヒサカキ属。サカキでないことから「非榊(非さかき)」と呼ばれるようになったらしい。地方によっては、ヒサカキは仏壇にお供えし、サカキのほうは、神棚にお供えします。
2015年11月05日 07:43撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ヒサカキ(柃) >
モッコク科ヒサカキ属。サカキでないことから「非榊(非さかき)」と呼ばれるようになったらしい。地方によっては、ヒサカキは仏壇にお供えし、サカキのほうは、神棚にお供えします。
< ヒサカキの葉 >
サカキ(榊、モッコク科サカキ属)の区別は、葉っぱです。ヒサカキの葉の縁はギザギザ(鋸歯)ありで、サカキの葉には鋸歯がありません(縁が滑らか)。
2015年11月05日 07:43撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ヒサカキの葉 >
サカキ(榊、モッコク科サカキ属)の区別は、葉っぱです。ヒサカキの葉の縁はギザギザ(鋸歯)ありで、サカキの葉には鋸歯がありません(縁が滑らか)。
1
< ソヨゴ(冬青)が沢山見られました >
同属のクロソヨゴ(黒冬青)とアカミノイヌツゲ(赤実の犬黄楊)とよく似ていますが、ソヨゴは、2者よりノッポ(背が高い)です。また、2者より比較的、低地の山間部に多いようです。 
2015年11月05日 07:47撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ソヨゴ(冬青)が沢山見られました >
同属のクロソヨゴ(黒冬青)とアカミノイヌツゲ(赤実の犬黄楊)とよく似ていますが、ソヨゴは、2者よりノッポ(背が高い)です。また、2者より比較的、低地の山間部に多いようです。 
< そよ風があれば〜 >
風に、ソヨいで、葉が擦れ合い音がすることから、「そよぐ」〜「ソヨゴ」となったらしい。
2015年11月05日 07:46撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< そよ風があれば〜 >
風に、ソヨいで、葉が擦れ合い音がすることから、「そよぐ」〜「ソヨゴ」となったらしい。
< タカノツメ(鷹の爪)の紅葉 >
立派な(黄葉)です。
2015年11月05日 07:57撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< タカノツメ(鷹の爪)の紅葉 >
立派な(黄葉)です。
2
< タカノツメの紅葉をズーム >
紅葉なのに「黄色くなる」ものの、代表格です。
2015年11月05日 07:58撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< タカノツメの紅葉をズーム >
紅葉なのに「黄色くなる」ものの、代表格です。
< 山頂の手前に分かれ道 >
山頂の100mほど手前で、登山道の変更(道の作り直し)がされているみたいです。階段の付けられているほうに登ります。
2015年11月05日 08:02撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山頂の手前に分かれ道 >
山頂の100mほど手前で、登山道の変更(道の作り直し)がされているみたいです。階段の付けられているほうに登ります。
< 鞍掛山山頂に到着 >
ちょうど1時間で登れました。ここまで1.5kmほどですが、わりと急登なので、1時間半ぐらいかけて、ゆっくり登った方が、楽しいかもしれません。
2015年11月05日 08:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 鞍掛山山頂に到着 >
ちょうど1時間で登れました。ここまで1.5kmほどですが、わりと急登なので、1時間半ぐらいかけて、ゆっくり登った方が、楽しいかもしれません。
2
< 海抜478m >
「柴山潟」が小さな池のように見えます。
2015年11月05日 08:08撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 海抜478m >
「柴山潟」が小さな池のように見えます。
< 東側がまぶしいです >
海抜478mなのに、標高が477mになっています。1m分だけ、引き潮なんですか〜?
2015年11月05日 08:11撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 東側がまぶしいです >
海抜478mなのに、標高が477mになっています。1m分だけ、引き潮なんですか〜?
< 方位盤とベンチがあります >
四角いテーブルではありません。
2015年11月05日 08:11撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 方位盤とベンチがあります >
四角いテーブルではありません。
< 四角い方位盤 >
四角い方が便利です。景色を撮影する時、体の向きを四角の辺に合わせると、真北や真南などの正確な方角で撮影出来ます。
2015年11月05日 08:12撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 四角い方位盤 >
四角い方が便利です。景色を撮影する時、体の向きを四角の辺に合わせると、真北や真南などの正確な方角で撮影出来ます。
< 真南の方角です >
大日山(左)と富士写ヶ岳(右)の中間が、真南の方角です。
2015年11月05日 08:14撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 真南の方角です >
大日山(左)と富士写ヶ岳(右)の中間が、真南の方角です。
< 北北西の方角 >
小松ドームのある方角が、真北です。
2015年11月05日 08:19撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 北北西の方角 >
小松ドームのある方角が、真北です。
< 北西側の風景 >
「柴山潟」より右側が、小松市です。「柴山潟」までの左側が、加賀市です。
2015年11月05日 08:19撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 北西側の風景 >
「柴山潟」より右側が、小松市です。「柴山潟」までの左側が、加賀市です。
< 北側の風景 >
「柴山潟」は加賀市の物です。南加賀平野の大切な農業用水源となっています。小松の皆さん、心配無用です。小松市には、「木場潟」がございます。
2015年11月05日 08:19撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 北側の風景 >
「柴山潟」は加賀市の物です。南加賀平野の大切な農業用水源となっています。小松の皆さん、心配無用です。小松市には、「木場潟」がございます。
< 鞍掛山山頂からドーム >
山頂から、真北方向にあります。小松ドームが、位置の確認の目印になります。ドーム圓慮个蓮◆崋道崖磧廚任呂覆「木場潟」です。
2015年11月05日 08:19撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 鞍掛山山頂からドーム >
山頂から、真北方向にあります。小松ドームが、位置の確認の目印になります。ドーム圓慮个蓮◆崋道崖磧廚任呂覆「木場潟」です。
1
< 鞍掛山山頂から観音さま >
山頂から、北西方向にあります。灯台ではありません。「加賀大観音」さまです。加賀温泉駅近くの大観音加賀寺にお立ちになれれています。
2015年11月05日 08:18撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 鞍掛山山頂から観音さま >
山頂から、北西方向にあります。灯台ではありません。「加賀大観音」さまです。加賀温泉駅近くの大観音加賀寺にお立ちになれれています。
1
< 鞍掛山山頂から南側180°のパノラマ >
太陽の少し左が、白山、右が、大日山、画面中央の右よりが、富士写ヶ岳。
2015年11月05日 08:24撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 鞍掛山山頂から南側180°のパノラマ >
太陽の少し左が、白山、右が、大日山、画面中央の右よりが、富士写ヶ岳。
< 鞍掛山山頂から北側180°のパノラマ >
画面中央部分が、小松市街。平野部の左側が、加賀市街。
2015年11月05日 08:24撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 鞍掛山山頂から北側180°のパノラマ >
画面中央部分が、小松市街。平野部の左側が、加賀市街。
< 遠くの山は3列に並んでいます >
画面左側の奥が、白山。1列前の山稜には、大長山や赤兎山。さらに右前の山稜は、鈴ヶ岳−大日山−小大日山。
2015年11月05日 08:21撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 遠くの山は3列に並んでいます >
画面左側の奥が、白山。1列前の山稜には、大長山や赤兎山。さらに右前の山稜は、鈴ヶ岳−大日山−小大日山。
< 山頂からみる「白山」  
白山の周りに雲の帯が掛かっています。雲がなければ、白山の右側に別山(べっさん)が見えたかもしれません。
2015年11月05日 08:14撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山頂からみる「白山」  
白山の周りに雲の帯が掛かっています。雲がなければ、白山の右側に別山(べっさん)が見えたかもしれません。
1
< 山頂からみる「白山」◆ 
2015年11月05日 08:15撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山頂からみる「白山」◆ 
1
< 山頂からみる「大日山」  
中央のピラミット型が、大日山(加賀大日)、右の小さめなのが、小大日山。左の山で、裂け目があるのが鈴ヶ岳(鈴の形に見える?)。
2015年11月05日 08:15撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山頂からみる「大日山」  
中央のピラミット型が、大日山(加賀大日)、右の小さめなのが、小大日山。左の山で、裂け目があるのが鈴ヶ岳(鈴の形に見える?)。
< 山頂からみる「大日山」◆ 
2015年11月05日 08:16撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山頂からみる「大日山」◆ 
1
< 山頂からみる「富士写ヶ岳」  
富士写ヶ岳の左側で、肩の後に隠れるようにしいるのが、「火燈山(ひともしやま)」です。
2015年11月05日 08:16撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山頂からみる「富士写ヶ岳」  
富士写ヶ岳の左側で、肩の後に隠れるようにしいるのが、「火燈山(ひともしやま)」です。
< 山頂からみる「富士写ヶ岳」◆ 
右の2本の尾根は、五彩尾根(九谷ダム側)と我谷ダム側の尾根です。
2015年11月05日 08:18撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山頂からみる「富士写ヶ岳」◆ 
右の2本の尾根は、五彩尾根(九谷ダム側)と我谷ダム側の尾根です。
< 案内板の右側に下り口が? >
北方向に下っています。たぶん、中ノ谷登山道につながっていると思いますが〜
2015年11月05日 08:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 案内板の右側に下り口が? >
北方向に下っています。たぶん、中ノ谷登山道につながっていると思いますが〜
< 中ノ谷下山道 >
東に下る道があり、中ノ谷下山道と表示されています。上の写真の道が途中で合流して北方向(中ノ谷)に下っているのでしょう。
2015年11月05日 08:35撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 中ノ谷下山道 >
東に下る道があり、中ノ谷下山道と表示されています。上の写真の道が途中で合流して北方向(中ノ谷)に下っているのでしょう。
< 案内図の上が、南になっています >
中ノ谷下山道が東に向いているので、混乱しましたが、回り込んで、北方向に下るのでしょう。山頂から見ると、東に=中ノ谷下山口、南西に=後山へ向かう下り口、北西に=西ノ谷下山口。北側に=表示のない下り口(たぶん中ノ谷に降りる道)〜があります。
2015年11月05日 08:07撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 案内図の上が、南になっています >
中ノ谷下山道が東に向いているので、混乱しましたが、回り込んで、北方向に下るのでしょう。山頂から見ると、東に=中ノ谷下山口、南西に=後山へ向かう下り口、北西に=西ノ谷下山口。北側に=表示のない下り口(たぶん中ノ谷に降りる道)〜があります。
1
< 西ノ谷登山道の下り口 >
ここから登ってきました。スカイラインに入るには、このすぐ左の下り坂を進みます。(塔尾や行者岩も同じ道を進みます。)
2015年11月05日 08:05撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 西ノ谷登山道の下り口 >
ここから登ってきました。スカイラインに入るには、このすぐ左の下り坂を進みます。(塔尾や行者岩も同じ道を進みます。)
< 「後山を経て加賀とのお新道」〜 >
は、山頂から、南西方向に下っています。
2015年11月05日 08:40撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「後山を経て加賀とのお新道」〜 >
は、山頂から、南西方向に下っています。
< 道を間違わないで >
右側の道が、登ってきた西ノ谷登山道です、左側の下り道は、避難小屋、行者岩登山道、塔尾登山道、加賀とのお新道(後山を経由)のすべてにつながっています。中ノ谷登山道に降りたい場合は、反対側(東方向)の下り口から出て下さい。
2015年11月05日 08:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 道を間違わないで >
右側の道が、登ってきた西ノ谷登山道です、左側の下り道は、避難小屋、行者岩登山道、塔尾登山道、加賀とのお新道(後山を経由)のすべてにつながっています。中ノ谷登山道に降りたい場合は、反対側(東方向)の下り口から出て下さい。
< 避難小屋 >
「後山を経て加賀とのお新道」の方向(南西)に、100mほど進むと、避難小屋があります。
2015年11月05日 08:44撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 避難小屋 >
「後山を経て加賀とのお新道」の方向(南西)に、100mほど進むと、避難小屋があります。
< 避難小屋の定員は〜 >
ベンチに10人以上は座れますが、横になる(宿泊する)なら、4人まででしょ。バーベキューコンロが備えられています。
2015年11月05日 08:44撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 避難小屋の定員は〜 >
ベンチに10人以上は座れますが、横になる(宿泊する)なら、4人まででしょ。バーベキューコンロが備えられています。
< 避難小屋からの眺望は〜 >
加賀市の方角だけが開かれています。
2015年11月05日 08:44撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 避難小屋からの眺望は〜 >
加賀市の方角だけが開かれています。
< 十一面観世音菩薩 >
避難小屋の前にあります。
2015年11月05日 08:45撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 十一面観世音菩薩 >
避難小屋の前にあります。
< 十一面観世音菩薩の由来 >
滝ヶ原町鞍掛山を愛する会様、荒谷様、中谷様が、造られたようです。
2015年11月05日 08:45撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 十一面観世音菩薩の由来 >
滝ヶ原町鞍掛山を愛する会様、荒谷様、中谷様が、造られたようです。
< 観世音菩薩が〜 >
向いておられる方向に、行者岩下山口があります。まっすぐ、約80m進むと、「後山を経て加賀とのお新道」が右手に分岐しています。
2015年11月05日 08:45撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 観世音菩薩が〜 >
向いておられる方向に、行者岩下山口があります。まっすぐ、約80m進むと、「後山を経て加賀とのお新道」が右手に分岐しています。
<「後山を経て加賀とのお新道」口 >
鞍掛山の登山道には、分岐が多いので、案内板で、混乱します。
2015年11月05日 08:48撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<「後山を経て加賀とのお新道」口 >
鞍掛山の登山道には、分岐が多いので、案内板で、混乱します。
< 後山山頂 >
山頂を示す標柱の前の四角いのは、三角点ではありません。
2015年11月05日 08:50撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 後山山頂 >
山頂を示す標柱の前の四角いのは、三角点ではありません。
< 日本海は穏やかです >
北西方向だけ、視界が開けています。
2015年11月05日 08:50撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 日本海は穏やかです >
北西方向だけ、視界が開けています。
< 後山のさらに後に〜 >
「獅子岩」がありあります。山頂から南に50mほど下ります。
2015年11月05日 08:50撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 後山のさらに後に〜 >
「獅子岩」がありあります。山頂から南に50mほど下ります。
< 大きすぎてどこが獅子の頭でシッポなのか判りません >
2015年11月05日 08:53撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 大きすぎてどこが獅子の頭でシッポなのか判りません >
< 獅子岩に乗っかって、パノラマ >
白山や大日山に、日光が降り注いでいます。
2015年11月05日 08:56撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 獅子岩に乗っかって、パノラマ >
白山や大日山に、日光が降り注いでいます。
< 獅子岩から見る「白山」  
2015年11月05日 08:54撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 獅子岩から見る「白山」  
< 人形山から見た裏側の「白山」 >
4日前に撮影した物です。1つ手前の写真と、この写真を印刷して、裏どうしを貼り合わせると、白山の立体写真になるかもね?
2015年11月01日 09:38撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 人形山から見た裏側の「白山」 >
4日前に撮影した物です。1つ手前の写真と、この写真を印刷して、裏どうしを貼り合わせると、白山の立体写真になるかもね?
< 獅子岩から見る「白山」◆ 
2015年11月05日 08:57撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 獅子岩から見る「白山」◆ 
1
< 獅子岩から見る「大日山」  
2015年11月05日 08:57撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 獅子岩から見る「大日山」  
< 獅子岩から見る「大日山」◆ 
大日山の裏側(福井県側)に越前甲がありますが、別名「越前大日山」とも呼ばれています。対して、この大日山は「加賀大日」とも呼ばれています。
2015年11月05日 08:58撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 獅子岩から見る「大日山」◆ 
大日山の裏側(福井県側)に越前甲がありますが、別名「越前大日山」とも呼ばれています。対して、この大日山は「加賀大日」とも呼ばれています。
< 獅子岩から見る「富士写ヶ岳」  
2015年11月05日 08:53撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 獅子岩から見る「富士写ヶ岳」  
< 獅子岩から見る「富士写ヶ岳」◆ 
富士写ヶ岳にピークが2つあるように見えますが、右前のピークは富士写ヶ岳の「前山」です。こちらの鞍掛山の「後山」の反対ですね。
2015年11月05日 08:58撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 獅子岩から見る「富士写ヶ岳」◆ 
富士写ヶ岳にピークが2つあるように見えますが、右前のピークは富士写ヶ岳の「前山」です。こちらの鞍掛山の「後山」の反対ですね。
< 塔尾(とのお)登山道分岐 >
後山から引き返し、後山への分岐点から、150mスカイラインの方に進むと、塔尾登山道・鶴ヶ滝登山道の下山口(途中で2つに分岐)があります。
2015年11月05日 09:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 塔尾(とのお)登山道分岐 >
後山から引き返し、後山への分岐点から、150mスカイラインの方に進むと、塔尾登山道・鶴ヶ滝登山道の下山口(途中で2つに分岐)があります。
< 「展望岩」の手前 >
塔尾登山道分岐から、500mほど進むと、「展望岩」があります。私は、ロープにたより、岩の上に上がりましたが、よじ登る必要はありません。
2015年11月05日 09:19撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「展望岩」の手前 >
塔尾登山道分岐から、500mほど進むと、「展望岩」があります。私は、ロープにたより、岩の上に上がりましたが、よじ登る必要はありません。
< 展望岩を出た所で振り返りました >
岩山を直接登らず。巻き道を進み、引き返すようにして展望岩の上に出る道があります。
2015年11月05日 09:27撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 展望岩を出た所で振り返りました >
岩山を直接登らず。巻き道を進み、引き返すようにして展望岩の上に出る道があります。
< 展望岩の上の小さな岩 >
小さな岩の上に立って、風景を眺めました。
2015年11月05日 09:26撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 展望岩の上の小さな岩 >
小さな岩の上に立って、風景を眺めました。
< 展望岩からみる鞍掛山 >
「鞍の形」です。南東方向見ていることになります。緑が混ざった紅葉がきれいです。
2015年11月05日 09:21撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 展望岩からみる鞍掛山 >
「鞍の形」です。南東方向見ていることになります。緑が混ざった紅葉がきれいです。
1
< 展望岩からの富士写ヶ岳がきれいでした >
2015年11月05日 09:21撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 展望岩からの富士写ヶ岳がきれいでした >
< 展望岩から北側のパノラマ >
2015年11月05日 09:23撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 展望岩から北側のパノラマ >
< 展望岩から南側のパノラマ >
2015年11月05日 09:23撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 展望岩から南側のパノラマ >
< 水谷下山口 >
展望岩から400mほど進んだ所です。スカイラインの途中で、水谷下山道が分かれています。
2015年11月05日 09:39撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 水谷下山口 >
展望岩から400mほど進んだ所です。スカイラインの途中で、水谷下山道が分かれています。
< スカイラインは右に進みます >
大きな看板は、倒れてしまっています。左右の道が、同じような感じなので、間違えそうになりました。
2015年11月05日 09:38撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< スカイラインは右に進みます >
大きな看板は、倒れてしまっています。左右の道が、同じような感じなので、間違えそうになりました。
< 尾根越しに見た三童子山 >
スカイラインを尾根上のルートですが、樹木が多く、視界が開けた所が少ないです。隙間から、三童子山が少し見えました。
2015年11月05日 09:43撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 尾根越しに見た三童子山 >
スカイラインを尾根上のルートですが、樹木が多く、視界が開けた所が少ないです。隙間から、三童子山が少し見えました。
< 主谷(おもだに)下山口 >
標識が割れていました。
2015年11月05日 10:05撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 主谷(おもだに)下山口 >
標識が割れていました。
< 急峻な主谷下山道 >
「主谷」の読み方ですが、私は「あるじだに」とかかなと思っていましたが、地元の方ににお聞きしたところ、「おもだに」だと判りました。
2015年11月05日 10:04撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 急峻な主谷下山道 >
「主谷」の読み方ですが、私は「あるじだに」とかかなと思っていましたが、地元の方ににお聞きしたところ、「おもだに」だと判りました。
< 赤い紅葉です >
2015年11月05日 10:21撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 赤い紅葉です >
1
< 黄色い紅葉です >
2015年11月05日 09:29撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 黄色い紅葉です >
< 紅と黄色の紅葉です >
2015年11月05日 10:27撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 紅と黄色の紅葉です >
< 逆向の紅葉です >
2015年11月05日 10:26撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 逆向の紅葉です >
< ユズリハ(譲葉)とホツツジ(穂躑躅) > 
ホツツジ(穂躑躅、ツツジ科ホツツジ属)は紅葉(黄葉)しています。
2015年11月05日 10:43撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ユズリハ(譲葉)とホツツジ(穂躑躅) > 
ホツツジ(穂躑躅、ツツジ科ホツツジ属)は紅葉(黄葉)しています。
< 白山展望所 >
半弧状のスカイラインの外側に、559mのピークがあります。そのピークの手前にで、スカイラインが90°北に向けてカーブしています。カーブを過ぎて250mの所に「白山展望所」があります。
2015年11月05日 10:49撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 白山展望所 >
半弧状のスカイラインの外側に、559mのピークがあります。そのピークの手前にで、スカイラインが90°北に向けてカーブしています。カーブを過ぎて250mの所に「白山展望所」があります。
< 白山展望所からのパノラマ >
白山の方向しか、視界が開けていません。
2015年11月05日 10:52撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 白山展望所からのパノラマ >
白山の方向しか、視界が開けていません。
< 展望所から見た白山  
白山の右側に、別山(白山別山)の頭が、1mmほど?すれすれに見えています。
2015年11月05日 10:51撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 展望所から見た白山  
白山の右側に、別山(白山別山)の頭が、1mmほど?すれすれに見えています。
< 展望所から見た白山◆ 
2015年11月05日 10:50撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 展望所から見た白山◆ 
< 三童子山山頂に到着 >
2015年11月05日 11:32撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 三童子山山頂に到着 >
< 三童子山山頂は、三童子山城跡です >
2015年11月05日 11:33撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 三童子山山頂は、三童子山城跡です >
< 全長5.6kmのスカイライン >
鞍掛山・三童子山スカイラインは、「く」の字を左右逆にしたような形をしたルートです。
2015年11月05日 11:32撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 全長5.6kmのスカイライン >
鞍掛山・三童子山スカイラインは、「く」の字を左右逆にしたような形をしたルートです。
< 北方向が見えました >
お昼ごはんを食べ、下山しました。三童子山足谷登山道は、急登の下りでしたが、階段がしっかり造られていて、助かりました。
2015年11月05日 11:43撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 北方向が見えました >
お昼ごはんを食べ、下山しました。三童子山足谷登山道は、急登の下りでしたが、階段がしっかり造られていて、助かりました。
< 山頂に黒岩洞窟? >
違います、山頂から300mほど降りた所にあります。
2015年11月05日 11:33撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山頂に黒岩洞窟? >
違います、山頂から300mほど降りた所にあります。
< 黒岩の看板が〜 >
この小さい岩か?と思ったら、また違いました。
2015年11月05日 11:54撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 黒岩の看板が〜 >
この小さい岩か?と思ったら、また違いました。
< 黒岩洞窟 >
看板の数メートル下でした。洞窟には見えませんが〜
2015年11月05日 11:57撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 黒岩洞窟 >
看板の数メートル下でした。洞窟には見えませんが〜
< 石で入口が塞がれているようです >
2015年11月05日 11:57撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 石で入口が塞がれているようです >
< 紅葉の3連写 1/3 >
2015年11月05日 12:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 紅葉の3連写 1/3 >
< 紅葉の3連写 2/3 >
2015年11月05日 12:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 紅葉の3連写 2/3 >
1
< 紅葉の3連写 3/3 >
2015年11月05日 12:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 紅葉の3連写 3/3 >
< 三童子山足谷登山口の降りてきました >
この登山口に、車が、2〜3台停められそうです。
2015年11月05日 12:14撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 三童子山足谷登山口の降りてきました >
この登山口に、車が、2〜3台停められそうです。
< 登山口の案内図 >
改めて、案内図を見ました。山岳地図と違い図の上が、南になっています。
2015年11月05日 12:14撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 登山口の案内図 >
改めて、案内図を見ました。山岳地図と違い図の上が、南になっています。
< 主谷・足谷分岐点 >
三童子山足谷登山口から、林道を約900m歩くと、主谷への分岐があります。写真の左側から降りてきました。右の主谷林道の奥に主谷登山口があります。
2015年11月05日 12:27撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 主谷・足谷分岐点 >
三童子山足谷登山口から、林道を約900m歩くと、主谷への分岐があります。写真の左側から降りてきました。右の主谷林道の奥に主谷登山口があります。
< 林道宿谷線の分岐 >
さらに300m進むと宿谷林道が、東方向に分岐しています。
2015年11月05日 12:31撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 林道宿谷線の分岐 >
さらに300m進むと宿谷林道が、東方向に分岐しています。
< カエル岩 >
しばらく歩くと「カエル岩」という物がありました。
2015年11月05日 12:45撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< カエル岩 >
しばらく歩くと「カエル岩」という物がありました。
< 川淵に奇岩が数十メートル続いています >
全部の岩が、カエル岩なのでしょうか。
2015年11月05日 12:46撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 川淵に奇岩が数十メートル続いています >
全部の岩が、カエル岩なのでしょうか。
< 「元気にカエル岩」 >
カエル岩の説明に、親父ギャグが採用されたようです。
2015年11月05日 12:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「元気にカエル岩」 >
カエル岩の説明に、親父ギャグが採用されたようです。
< 東口橋 >
5つのアーチ型石橋の一つです。カエル岩から50mほどの所です・
2015年11月05日 12:47撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 東口橋 >
5つのアーチ型石橋の一つです。カエル岩から50mほどの所です・
< 東口橋を渡ると「寄せ灯籠」 >
灯籠の材料は、「戸室石」です。石橋は、こちらで採れた「滝ヶ原石」を使っているはずです。
2015年11月05日 12:48撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 東口橋を渡ると「寄せ灯籠」 >
灯籠の材料は、「戸室石」です。石橋は、こちらで採れた「滝ヶ原石」を使っているはずです。
< 苔と草でデコレーションされています >
2015年11月05日 12:48撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 苔と草でデコレーションされています >
< シイタケ山入口 >
この上あたりに、三等三角点「差谷」標高178.01mがあるはずです。三角点までの登り口かと思ったのですが、近所の方にお聞きしたところ、個人所有のシイタケ山があるそうです。
2015年11月05日 13:51撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< シイタケ山入口 >
この上あたりに、三等三角点「差谷」標高178.01mがあるはずです。三角点までの登り口かと思ったのですが、近所の方にお聞きしたところ、個人所有のシイタケ山があるそうです。
< 石の里 水と緑のふれあい公園 >
滝ヶ原では、石材が採れる里であり、水と緑が豊かな山里でもあります。
2015年11月05日 12:53撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 石の里 水と緑のふれあい公園 >
滝ヶ原では、石材が採れる里であり、水と緑が豊かな山里でもあります。
< 石材 荒谷商店 >
十一面観世音菩薩の石材を提供された商店様です。滝ヶ原には、西山石切場跡と本山石切丁場(ほんやまいしきりちょうば)があります。現在も、滝ヶ原石を生産されています。
2015年11月05日 12:53撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 石材 荒谷商店 >
十一面観世音菩薩の石材を提供された商店様です。滝ヶ原には、西山石切場跡と本山石切丁場(ほんやまいしきりちょうば)があります。現在も、滝ヶ原石を生産されています。
< 水と緑のふれあい公園の川 >
長い「魚道」は、人と魚がふれあうたものもの?
2015年11月05日 12:54撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 水と緑のふれあい公園の川 >
長い「魚道」は、人と魚がふれあうたものもの?
< 鞍掛大橋に戻ってきました >
登山開始から、6時間です。あと30分歩いて、第一駐車場の戻りました。
2015年11月05日 12:59撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 鞍掛大橋に戻ってきました >
登山開始から、6時間です。あと30分歩いて、第一駐車場の戻りました。
< 橋を渡り、柿の木の柿に眼が行きました >
おにぎりを2個の残してありました。車に戻ってから、残りのおにぎりを食べました。
2015年11月05日 13:01撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 橋を渡り、柿の木の柿に眼が行きました >
おにぎりを2個の残してありました。車に戻ってから、残りのおにぎりを食べました。
< 林道「芝草線」が分岐 >
今朝は気がつきませんでしたが、第二駐車場の手前300mの所に、西に延びる林道が分岐していました。
2015年11月05日 13:15撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 林道「芝草線」が分岐 >
今朝は気がつきませんでしたが、第二駐車場の手前300mの所に、西に延びる林道が分岐していました。
< 鞍掛山トンボの楽園 >
段々になっている田んぼを、トンボたちに、開放したのでしょう。遊歩道が付けられています。
2015年11月05日 13:20撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 鞍掛山トンボの楽園 >
段々になっている田んぼを、トンボたちに、開放したのでしょう。遊歩道が付けられています。
< コノシメトンボ(小熨斗目蜻蛉) >
トンボ科アカネ属。体長5cmほどの赤とんぼです。日本最小(体長2cmほど)のハッチョウトンボ(八丁蜻蛉、トンボ科ハッチョウトンボ属)も棲息しているらしいのですが、見つけられませんでした。もう冬が近いですから、ハッチョウトンボ成虫は、寿命が尽きたのかもしれません。でも、この田んぼの中には、来春、ヤゴになる卵がたくさん埋まっているはずです。
2015年11月05日 13:21撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< コノシメトンボ(小熨斗目蜻蛉) >
トンボ科アカネ属。体長5cmほどの赤とんぼです。日本最小(体長2cmほど)のハッチョウトンボ(八丁蜻蛉、トンボ科ハッチョウトンボ属)も棲息しているらしいのですが、見つけられませんでした。もう冬が近いですから、ハッチョウトンボ成虫は、寿命が尽きたのかもしれません。でも、この田んぼの中には、来春、ヤゴになる卵がたくさん埋まっているはずです。
< トンボの楽園は、湿性植物の楽園でもあります >
2015年11月05日 13:21撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< トンボの楽園は、湿性植物の楽園でもあります >
< カンガレイ >
カヤツリグサ科ホタルイ属。名前の由来は。「寒枯れ藺(イ)」から来ていると言われています。カヤツリグサ科の判別が難しいのですが、カンガレイの茎の断面が三角形なので、分かりやすいです。
2015年11月05日 13:21撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< カンガレイ >
カヤツリグサ科ホタルイ属。名前の由来は。「寒枯れ藺(イ)」から来ていると言われています。カヤツリグサ科の判別が難しいのですが、カンガレイの茎の断面が三角形なので、分かりやすいです。
< 第一駐車場に戻ってきました >
約20台一杯に停まっていました。この後、加賀とのお新道から、もう一回、鞍掛山の登山するつもりでいましたが、くたびれました。登山はこれにて終了としました。
2015年11月05日 13:26撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 第一駐車場に戻ってきました >
約20台一杯に停まっていました。この後、加賀とのお新道から、もう一回、鞍掛山の登山するつもりでいましたが、くたびれました。登山はこれにて終了としました。
< 水谷登山口 >
車で移動して、残りの登山口を確認して回りました。
まずは、第二駐車場手前で分岐している水谷林道に入りました。林道の行き止まりが、水谷登山口です。ここに、2〜3台駐車出来ます。
2015年11月05日 13:42撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 水谷登山口 >
車で移動して、残りの登山口を確認して回りました。
まずは、第二駐車場手前で分岐している水谷林道に入りました。林道の行き止まりが、水谷登山口です。ここに、2〜3台駐車出来ます。
1
< しりさぎの神岩 >
水谷から戻り、鞍掛大橋を渡り、足谷から分岐している主谷林道に入りました。分岐と主谷登山口のちょうど中間に、この神岩があります。
2015年11月05日 13:59撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< しりさぎの神岩 >
水谷から戻り、鞍掛大橋を渡り、足谷から分岐している主谷林道に入りました。分岐と主谷登山口のちょうど中間に、この神岩があります。
< 尻裂けの岩?? >
しりさぎの神岩の下が岩屋のようになっています。「しりさぎ」の意味がはっきりしませんが、私は、「尻裂け」をイメージしました。
2015年11月05日 13:59撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 尻裂けの岩?? >
しりさぎの神岩の下が岩屋のようになっています。「しりさぎ」の意味がはっきりしませんが、私は、「尻裂け」をイメージしました。
< 城戸のだんご岩 >
神岩から200mほど先にこの岩があります。見てのとおりの「だんご岩」です。「城戸」は、そばに三童子城があったので、この辺りを「城戸」と呼んでいたのかも。
2015年11月05日 14:02撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 城戸のだんご岩 >
神岩から200mほど先にこの岩があります。見てのとおりの「だんご岩」です。「城戸」は、そばに三童子城があったので、この辺りを「城戸」と呼んでいたのかも。
< だんごの下も岩屋です >
2015年11月05日 14:02撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< だんごの下も岩屋です >
< 主谷登山口 >
林道の途中、地元の方の軽トラが2台、林道沿いに停められていましたが、私の車は、難なく交差出来ました。林道は車幅は十分あります。
2015年11月05日 14:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 主谷登山口 >
林道の途中、地元の方の軽トラが2台、林道沿いに停められていましたが、私の車は、難なく交差出来ました。林道は車幅は十分あります。
< 下草の多い登山口です >
ここ主谷登山口から登ると、スカイライン上の白山展望所まで、比較的容易に行けそうです。
2015年11月05日 14:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 下草の多い登山口です >
ここ主谷登山口から登ると、スカイライン上の白山展望所まで、比較的容易に行けそうです。
< 北西方向から鞍掛山を見ました >
滝ヶ原を後にして、加賀市側の登山口を見に行きました。県道11号線から県道39号線に入ってすぐの勅使町(ちょくしまち)から撮影しました。「鞍の形」に見えています。
2015年11月05日 14:26撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 北西方向から鞍掛山を見ました >
滝ヶ原を後にして、加賀市側の登山口を見に行きました。県道11号線から県道39号線に入ってすぐの勅使町(ちょくしまち)から撮影しました。「鞍の形」に見えています。
< 鶴ヶ滝登山口に向かいました >
山中温泉荒谷町の集落で左折すると、内水面水産センターがあります。ここで、右側に少し入ると、登山口です。
2015年11月05日 14:36撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 鶴ヶ滝登山口に向かいました >
山中温泉荒谷町の集落で左折すると、内水面水産センターがあります。ここで、右側に少し入ると、登山口です。
< この場所にあった案内図です >
2015年11月05日 14:36撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< この場所にあった案内図です >
< 鶴ヶ滝登山口手前の駐車スペースです >
4〜5台は、停められそうです。
2015年11月05日 14:38撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 鶴ヶ滝登山口手前の駐車スペースです >
4〜5台は、停められそうです。
< 鶴ヶ滝登山口 >
右に林道が進んでいますが、チェーンのゲートがあります。登山道は正面の階段です。左手には、お地蔵さんの祠があり、その後に、川(滝)が流れています。
2015年11月05日 14:39撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 鶴ヶ滝登山口 >
右に林道が進んでいますが、チェーンのゲートがあります。登山道は正面の階段です。左手には、お地蔵さんの祠があり、その後に、川(滝)が流れています。
< ここから川に降りてみました >
2015年11月05日 14:42撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ここから川に降りてみました >
< 鶴ヶ滝? >
滝らしくありません。登山道に上がると、大きな滝に出会えるのでしょうか?今回は、余裕なくて、確認出来ませんでした。この後、塔尾町の登山口を見に行きました。
2015年11月05日 14:41撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 鶴ヶ滝? >
滝らしくありません。登山道に上がると、大きな滝に出会えるのでしょうか?今回は、余裕なくて、確認出来ませんでした。この後、塔尾町の登山口を見に行きました。
< 塔尾町口に林道があります >
塔尾町と栢野町の間の県道39号線に大きな案内板があります。
2015年11月05日 15:14撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 塔尾町口に林道があります >
塔尾町と栢野町の間の県道39号線に大きな案内板があります。
< 塔尾登山道入口の案内 >
加賀とのお新道と塔尾登山道は、林道の奥にあり、鞍掛山を東方向から登ります。
2015年11月05日 15:14撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 塔尾登山道入口の案内 >
加賀とのお新道と塔尾登山道は、林道の奥にあり、鞍掛山を東方向から登ります。
1
< 加賀とのお新道登山口 >
左に50m入った所が、登り口です。ここでは、駐車出来ません。100mほど戻った所に駐車スペースがあります。
2015年11月05日 14:55撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 加賀とのお新道登山口 >
左に50m入った所が、登り口です。ここでは、駐車出来ません。100mほど戻った所に駐車スペースがあります。
< 加賀とのお新道登山口 >
50m左に入った所が、真のとのお新道登山口です。ここでは、車はUターン出来ません。
2015年11月05日 15:08撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 加賀とのお新道登山口 >
50m左に入った所が、真のとのお新道登山口です。ここでは、車はUターン出来ません。
< 加賀とのお新道登山口の駐車場 >
登山口の約100m手前にあります。10台位停められそうです。
2015年11月05日 15:10撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 加賀とのお新道登山口の駐車場 >
登山口の約100m手前にあります。10台位停められそうです。
< 登山道案内板 >
塔尾登山道が最速で、登頂出来るコースです。
2015年11月05日 14:56撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 登山道案内板 >
塔尾登山道が最速で、登頂出来るコースです。
< 塔尾登山口 >
加賀とのお新道登山口を通り過ぎ、林道が突き当たった場所です。駐車は、4台位が限度です。
2015年11月05日 15:01撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 塔尾登山口 >
加賀とのお新道登山口を通り過ぎ、林道が突き当たった場所です。駐車は、4台位が限度です。
< 塔尾登山口 >
登山口の表示がありません。この場所が満車だと、後から来た車が、狭くてUターン出来ません。頑張って、バックさせましょう。
2015年11月05日 15:01撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 塔尾登山口 >
登山口の表示がありません。この場所が満車だと、後から来た車が、狭くてUターン出来ません。頑張って、バックさせましょう。
< 塔尾登山口の手前500mに〜 >
少しスペースがあります。登山口で、車の方向転換出来なければ、ここまで、バックしないと車の向きを変えれないかも?
2015年11月05日 15:04撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 塔尾登山口の手前500mに〜 >
少しスペースがあります。登山口で、車の方向転換出来なければ、ここまで、バックしないと車の向きを変えれないかも?
< 山代温泉総湯 >
私の探検は終わりました。後は、観光です。総湯、古総湯の入浴料金はそれぞれ500円ですが、共通チケット700円で、2箇所とも入れます。駐車場は200m離れた所にあります。
2015年11月05日 15:30撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山代温泉総湯 >
私の探検は終わりました。後は、観光です。総湯、古総湯の入浴料金はそれぞれ500円ですが、共通チケット700円で、2箇所とも入れます。駐車場は200m離れた所にあります。
< 山代温泉古総湯 >
道路を挟んで、総湯の向かいにあります。ラウンドアバウト(環状交差点)の中心にあります。古総湯は、洗い場のない「湯あみ」形式のお風呂です。体を洗いたい方は「総湯」に入って下さい。
2015年11月05日 15:31撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山代温泉古総湯 >
道路を挟んで、総湯の向かいにあります。ラウンドアバウト(環状交差点)の中心にあります。古総湯は、洗い場のない「湯あみ」形式のお風呂です。体を洗いたい方は「総湯」に入って下さい。
< 魯迅寓居と総湯の専用駐車場 >
総湯と古総湯から離れているので、寒い冬の時期は、歩いて移動するのは苦になるかも。50台は停めれます。
2015年11月05日 15:33撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 魯迅寓居と総湯の専用駐車場 >
総湯と古総湯から離れているので、寒い冬の時期は、歩いて移動するのは苦になるかも。50台は停めれます。
< 「那谷寺」によりました >
山代温泉と粟津温泉の中間(滝ヶ原の少し北側)に位置します。拝観料600円です。
2015年11月05日 15:50撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「那谷寺」によりました >
山代温泉と粟津温泉の中間(滝ヶ原の少し北側)に位置します。拝観料600円です。
< 「別格の本山」みたいです >
2015年11月05日 15:51撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「別格の本山」みたいです >
< 切り抜いたら「絵画」になりました >
絵の一番上に、白山が描かれています。白山の右に、鞍掛山。左に、三童子山もちゃんと描かれています。
2015年11月05日 15:51撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 切り抜いたら「絵画」になりました >
絵の一番上に、白山が描かれています。白山の右に、鞍掛山。左に、三童子山もちゃんと描かれています。
< 那谷寺の山門 >
山門の扉がすごいです。
2015年11月05日 15:51撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 那谷寺の山門 >
山門の扉がすごいです。
< 阿吽(あうん)の金剛力士 >
左右の扉に張り付いています。口が開いている方を阿形(あぎょう)、閉じている方を吽形(うんぎょう)だそうです。
2015年11月05日 15:51撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 阿吽(あうん)の金剛力士 >
左右の扉に張り付いています。口が開いている方を阿形(あぎょう)、閉じている方を吽形(うんぎょう)だそうです。
< 紅葉の庭園です >
石川県では「兼六園」が有名ですが、那谷寺の庭園も、勝るとも劣りません。
2015年11月05日 15:54撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 紅葉の庭園です >
石川県では「兼六園」が有名ですが、那谷寺の庭園も、勝るとも劣りません。
< 那谷寺 奇岩遊仙境 >
まるで「お化け」のように見える奇岩です。
2015年11月05日 15:55撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 那谷寺 奇岩遊仙境 >
まるで「お化け」のように見える奇岩です。
< 水面に写っています >
左のヤツは「魔神ブウ」?
2015年11月05日 15:54撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 水面に写っています >
左のヤツは「魔神ブウ」?
1
< 那谷寺 本殿 >
2015年11月05日 15:56撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 那谷寺 本殿 >
< 金堂華王殿 >
2015年11月05日 16:04撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 金堂華王殿 >
< 粟津温泉総湯 >
入浴料金:大人420円です。山代温泉より80円安いですが、浴場には、シャンプー等が置かれてありません。コンパクトにまとまっている施設です。ここで、汗と疲れを洗い流して、帰路に向かいました。
2015年11月05日 16:21撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 粟津温泉総湯 >
入浴料金:大人420円です。山代温泉より80円安いですが、浴場には、シャンプー等が置かれてありません。コンパクトにまとまっている施設です。ここで、汗と疲れを洗い流して、帰路に向かいました。
< 小松ドーム >
少し寄り道して帰りました。
2015年11月05日 16:49撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 小松ドーム >
少し寄り道して帰りました。
< 渋滞も苦になりませんでした >
おかげさまで、大満足の一日でした。
2015年11月05日 17:14撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 渋滞も苦になりませんでした >
おかげさまで、大満足の一日でした。

感想/記録

【 良かったこと 】

●「大周回のコース」でしたが、無事、完遂できた。
●「山の紅葉」がきれいだった。
●「赤とんぼ」に出会えた。
●アフターに「那谷寺」に寄ることが出来た。

【 悪かったこと 】

●「スカイライン」は蜘蛛の巣が多く、何度も口の中に入った。
●「周回コース」を終了した後、「加賀とのお新道」から、2回目の登山をするつもりでしたが、体力的に無理だった。

【 最後に 】

 今回、初めての鞍掛山でしたが、この山のだいたいがつかめました。登山道が何本もあり、今後も、いろいろなルートのバリエーションで、楽しめそうです。冬山に[鍋セット]を背負って登り、避難小屋の囲炉裏で「鍋パーティー」をするのも楽しいかもね。では、雪が積もるのを待ちましょう〜
訪問者数:530人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/2/17
投稿数: 668
2015/11/8 18:16
 詳細レコ
こんにちは、初めまして。
写真の数も多いけど、説明が詳細で驚きです。
文才が無い私には絶対に無理ですが、ガイド本以上ですね。
登録日: 2015/5/12
投稿数: 33
2015/11/9 9:10
 Re: 詳細レコ
hakusan319様
こんにちは、初めまして。
 (長ったらしい返信で申し訳ございません)
私の登山歴は長いのですが、本格的に始めたのは2年前からなので、登山上級者ではありません。しかし、今年5月に、ヤマレコデビューしてからは、「登山熱」にかかってしまいました。毎週どこかに行かないと気が済みません?
 ご覧頂いて判ると思いますが、
私の「山行記録」の情報やコメントの記載が、長々としていて(枝葉末節にこだわりすぎている?)、覧る(読む)人にとっては、煩わしい「山行記録」かもしてません。
 (言い訳させてください)
私の「山行記録」、自分のためにこだわっています。自分の日記として、また、情報の整理(保存)先として利用させて頂いています。一つ記録をアップするたびに、「宝物」が一つ増えるようなうれしい気持ちになります。
 〜と言うわけです。
hakusan319様の過去10年以上の膨大な「山行記録」
 私、参考にさせて頂いております。
これからも、よろしくお願いいたします。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ