ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 755558 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

丹波大菩薩道(上日川峠、大菩薩峠、フルコンバ、ノーメダワ、追分、藤タワ、越ダワ、丹波山)

日程 2015年11月01日(日) [日帰り]
メンバー LOL55
天候晴れ(朝は4度くらい、昼間は8度くらい)
休憩すると寒い。歩くと暑いの繰り返し。
アクセス
利用交通機関
電車バス
甲斐大和駅:7時38分到着の各駅停車の松本行きで到着しました。

上日川峠行きのバス:駅を降りると殆どの方がこのバスへ。。。お客さんが満員になった瞬間に出発しました。7時45分に甲斐大和駅出発、上日川峠には8時20分ごろ到着しました。途中で降りる方は後のバスに乗るように促されていました。

丹波山温泉前バス停:13時37分のバスでしたが少し遅れて到着しました。10人くらいが乗車していきます。(すでに7名ほど乗っていた。)お祭から乗る方が多数(10名ほど)いてここでほぼ満席でした。驚いたのは、小河内ダムで、ここで20名近く乗車して立ち席も扉がギリギリで満員でした。奥多摩駅には、14時40分頃に到着しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間8分
休憩
30分
合計
4時間38分
S上日川峠08:4709:10福ちゃん荘09:40大菩薩峠09:5010:20フルコンバ10:3010:50ノーメダワ11:40追分(十文字)12:30藤タワ12:4013:20丹波山村役場13:25丹波山温泉前バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
上日川峠〜大菩薩峠:途中の落石ポイント以外はそれほど危ない箇所はない。登山道も明確です。

大菩薩峠〜ノーメダワ:途中は細い道です。また所々で崩れかかっています。フルコンバには地図には水場と描かれているが、発見できませんでした。

ノーメダワ〜追分:林の保管用かな?何本か間違えそうな道が見えます。また、巨木の倒木もあり、枯葉も多く登山道を認識しづらいです。また、リボンもそれほど無いようです。少し不安になりました。道に行くなというように木を横に置いてあるところは登山道では無いようです。このコースでここだけが上り下りが少しあります。

追分〜藤タワ:最初はZ型に降りていきますと、川の音が大きく聞こえてきます。川の横を進んでいきますが、ここも少し踏み跡が薄い感じです。橋を3個ほど渡っていきます。ユルユルっと下っていきます。

藤タワ〜越ダワ(マリコ川ルート):藤タワから疲れていることもあり、一番右にあるルートを下りました。藤タワから見えている舗装路に降りていくのですが、この登山道というのが正直、怖すぎな落石の巣のようなところが正規ルートのようですが怖すぎます。私は間違えて林道を進んでおりてしまいましたが、そこの方が安全だろうと思います。林道に降りてからしばらく進むと、登山道と書いた看板が見えますが、こんな危なそうなところを本当に登れ(下りろ)というんだろうか?正直理解に苦しみます。この舗装路にも落石が、頻繁に発生しています。岩が落ちてアスファルトに当たるドンという音が歩いている間にも何度か聞こえました。しばらくは落石の多いところを進みます。速やかに通るか、このルートを避けて他に降りた方がいいのかもしれません。

越ダワ〜丹波山:丹波山から小菅へ抜ける一般道です。登山道ではありません。車もバイクも来ますので、横に広がって歩いたりしないように。。。(この辺りで前を30名ほどの団体さんがここを歩いてましたが、横いっぱいに広がって歩いてましたが、危ないですよ。。。)
その他周辺情報のめこいの湯:今回は入らず帰宅しました。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ(2) 予備電池(3) 1/25 000地形図(1) 保険証(1) 飲料(3) ティッシュ(2) バンドエイド(1) タオル(1) 携帯電話(1) 雨具(1) 防寒着(1) ストック(1) 水筒(1) 非常食(2) ファーストエイドキット(1) 医薬品(1)

写真

紅葉ですごい人です。バス、ツアーのバス、自家用車もたくさん登ってきていました。
2015年11月01日 08:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉ですごい人です。バス、ツアーのバス、自家用車もたくさん登ってきていました。
時に紅葉が綺麗です。
2015年11月01日 08:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時に紅葉が綺麗です。
1
遠くに富士山が。。
2015年11月01日 09:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに富士山が。。
大菩薩峠も人が多かったです。
2015年11月01日 09:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠も人が多かったです。
南アルプス?
2015年11月01日 09:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス?
大菩薩峠の碑の右側を小菅、丹波方面へ下りていきます。
2015年11月01日 09:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠の碑の右側を小菅、丹波方面へ下りていきます。
細い道ですが気持ち良い林の中を進みます。
2015年11月01日 09:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細い道ですが気持ち良い林の中を進みます。
こういう落石の多いところもあります。
2015年11月01日 09:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう落石の多いところもあります。
日当たりは割に良いと思うんですが、苔がありますね。。。
2015年11月01日 09:55撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日当たりは割に良いと思うんですが、苔がありますね。。。
南に見えるのは牛の寝通りの方でしょうか?
2015年11月01日 09:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南に見えるのは牛の寝通りの方でしょうか?
途中で出会った方に、熊に遭遇したかもしれないという話を聞きました。ここは熊鈴つけていても良いかもしれません。
2015年11月01日 10:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で出会った方に、熊に遭遇したかもしれないという話を聞きました。ここは熊鈴つけていても良いかもしれません。
フルコンバは少し開けたところです。
2015年11月01日 10:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フルコンバは少し開けたところです。
フルコンバにはベンチもあります。日当たりも良く休憩にはいいところでしょうか。
2015年11月01日 10:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フルコンバにはベンチもあります。日当たりも良く休憩にはいいところでしょうか。
遠くに見えているのは雲取山?
2015年11月01日 10:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに見えているのは雲取山?
楓かな?
2015年11月01日 10:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楓かな?
落ち葉が多いのかフカフカしています。
2015年11月01日 10:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉が多いのかフカフカしています。
結構細いです。
2015年11月01日 11:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構細いです。
これは振り返って撮った画像です。上から来ている方が登山道です。下側は、多分、林の保全用とか?だろうか?
2015年11月01日 11:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは振り返って撮った画像です。上から来ている方が登山道です。下側は、多分、林の保全用とか?だろうか?
斜めの道が多いです。
2015年11月01日 11:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜めの道が多いです。
多分、牛の寝通りを北側から見たところです。
2015年11月01日 11:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分、牛の寝通りを北側から見たところです。
追分の矢印ですが、登山の地図にない小菅村へのルートがあるようですね。。。
2015年11月01日 11:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
追分の矢印ですが、登山の地図にない小菅村へのルートがあるようですね。。。
左の方のピークが雲取山で、真ん中あたりのピークが七ツ石山だそうです。肉眼でよく見ると、雲取の尾根の草原の感じが見えます。
2015年11月01日 11:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の方のピークが雲取山で、真ん中あたりのピークが七ツ石山だそうです。肉眼でよく見ると、雲取の尾根の草原の感じが見えます。
追分のあたりも紅葉がいいです。ここに着く直前、木の上の方からパキパキ音がしましたが、熊?それとも何でしょうか?
2015年11月01日 11:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
追分のあたりも紅葉がいいです。ここに着く直前、木の上の方からパキパキ音がしましたが、熊?それとも何でしょうか?
ここからは下っていきます。
2015年11月01日 11:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは下っていきます。
こういう木の橋を何個か渡っていきます。
2015年11月01日 11:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう木の橋を何個か渡っていきます。
ここも、矢印以外に、木道があるのですが、これについては何も書かれていません。
2015年11月01日 12:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも、矢印以外に、木道があるのですが、これについては何も書かれていません。
舗装路を進んでいきました。
2015年11月01日 12:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路を進んでいきました。
途中、ツツジかな?葉が真っ赤です。
2015年11月01日 12:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、ツツジかな?葉が真っ赤です。
ゲートを過ぎると自動車、バイクも走っている道です。ここからは注意して歩きましょう。丹波山から小菅へ抜ける道です。
2015年11月01日 13:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートを過ぎると自動車、バイクも走っている道です。ここからは注意して歩きましょう。丹波山から小菅へ抜ける道です。
丹波山に到着しました。
2015年11月01日 13:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹波山に到着しました。
撮影機材:

感想/記録
by LOL55

大菩薩峠から、丹波山へはなかなか遠かったです。

緩やかに下がっていくのですが、中々秋の紅葉の終わりの頃ではありますが、
静かでいい感じです。すれ違う人もすごく少ないですし、閑散とはしているので静かな山歩きが好みの方には、いい感じだろうと思います。(人に出会ったのは、ほとんどがフルコンバまででした。小菅から登ってる方が多いのかな?)

丹波山はなかなか遠く、脹脛が途中で痛くなってきました。。。
距離も程々にあるので、山歩いたーって感じでした。
山を長〜く歩きたい方には、いいコースです。

電車で行って違うところに下りる登山も楽しいです。

上日川峠から大菩薩嶺に行って帰る人が多いようですが、牛の寝道、丹波大菩薩道は下りですし、メジャーになってもいいと思うのですが。。。
訪問者数:339人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ