ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 756508 全員に公開 雪山ハイキング日高山脈

伏美岳

日程 2015年11月02日(月) [日帰り]
メンバー ezo-wolf, その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間37分
休憩
23分
合計
5時間0分
Sスタート地点05:5008:43伏美岳山頂09:0610:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
美生ダム手前の右急カーブを過ぎたT字路を案内看板に従い左折すると狭い未舗装路になります。
倒木処理は終わり、問題はありませんが、落石の多い場所なので注意が必要です。また、一部路面が荒れているので徐行が必要なクルマもあるでしょう。

登山道はほぼ積雪状態でしたが、山頂までアイゼン等は使いませんでした。
ただ今後の天候や気温次第では、ツボ足は不可になることも有り得るので携行する必要があるでしょう。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

本日の一番のり!
明るくなってきたのでさぁスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の一番のり!
明るくなってきたのでさぁスタート
2
朝日が綺麗だなぁ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日が綺麗だなぁ〜
8
唯一の水場
本日は500mlのペットボトル一本で足りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一の水場
本日は500mlのペットボトル一本で足りました
2
朝焼けの登山道を行くAちゃん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けの登山道を行くAちゃん
2
朝日に染まる山腹
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に染まる山腹
5
木立を通して剣山が望めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木立を通して剣山が望めます
3
本日、買ったばかりの冬靴に苦戦中のAちゃん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日、買ったばかりの冬靴に苦戦中のAちゃん
6
山頂方向は今のところ天気は良さそうだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方向は今のところ天気は良さそうだ
1
木立を通して十勝平野を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木立を通して十勝平野を望む
1
遥か彼方に雌阿寒岳、阿寒富士を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遥か彼方に雌阿寒岳、阿寒富士を望む
4
間近に見えた妙敷山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間近に見えた妙敷山
2
まだ残る月を拝みながら山頂へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ残る月を拝みながら山頂へ
3
GOAL❗
後方には幌尻岳、戸蔦別岳、ピパイロ岳の大パノラマ
ただ冷たい強風が体温を奪っていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GOAL❗
後方には幌尻岳、戸蔦別岳、ピパイロ岳の大パノラマ
ただ冷たい強風が体温を奪っていく
24
左手前が妙敷山、その奥が十勝幌尻岳〜札内岳方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手前が妙敷山、その奥が十勝幌尻岳〜札内岳方向
6
伏美岳から南の風景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伏美岳から南の風景
9
写真では分かりにくいのですが、真っ白に冠雪した十勝連峰から東大雪が太陽の光を反射して綺麗でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では分かりにくいのですが、真っ白に冠雪した十勝連峰から東大雪が太陽の光を反射して綺麗でした
5
ドーン❗
これが見たかったんですネ…
左から幌尻岳、戸蔦別、北戸蔦別岳、ピパイロ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドーン❗
これが見たかったんですネ…
左から幌尻岳、戸蔦別、北戸蔦別岳、ピパイロ岳
18
コース上には樹齢数百年のダケカンバが至るところに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース上には樹齢数百年のダケカンバが至るところに
5
Aちゃんが今シーズン初めて使う冬用登山靴
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Aちゃんが今シーズン初めて使う冬用登山靴
6
私も今シーズン初めて使った、約20年くらい前に購入した重登山靴
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私も今シーズン初めて使った、約20年くらい前に購入した重登山靴
7
そして試しに使用したらバッチリでした
作業着のプロノで買った暖かくて蒸れないグローブ、その名もテムレス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして試しに使用したらバッチリでした
作業着のプロノで買った暖かくて蒸れないグローブ、その名もテムレス
12

感想/記録

標高の高い山は真っ白に冠雪し、林道が間もなく雪で閉鎖になるこの時期、これはもう行くしかない!と言うことで本日は伏美岳に登ってみました。

昼までに帰宅しなければならなかったので、夜明けと同時にスタートしましたが、そのお陰で綺麗な朝焼けを拝みながらの登山になりました。

登山口から既に雪があり、場所によってはかなり滑る箇所もありましたが、スノーシューやアイゼンは最後まで出番はありませんでした。

本日は旭岳以来のAちゃんと二人での登山。Aちゃんは数日前に購入した冬用登山靴を初めて使用したものの、やはり足にはなかなか馴染まず、予想外の登山に苦労していたようです。

そんな苦労も山頂に登頂と同時に目に飛び込んできた日高山脈の大パノラマ
冷たい強風は体温をどんどん奪っていくので長居は出来ませんでしたが、最高の一時を楽しみました。

ありがとう、日高山脈さん…
訪問者数:514人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/1/14
投稿数: 141
2015/11/2 20:02
 わーい!
私もテルムス買いました(笑)まだ出番はありません。雨用に買ったので。
登録日: 2014/11/9
投稿数: 234
2015/11/2 20:58
 Re: わーい!
テルムス?テルモス、デミオス、テムレス…なんか似た名前が沢山ありますね〜(笑)

冗談はともかく値段も手頃で耐久性、保温性、快適性は◎でした

山道具というと直ぐ専門店に行ってしまいますが、大手の作業着店などには結構安くて良いお宝があったりするもんですネ…

釣具店でスパイク長靴を買ったこともありました

固定観念を開放すると意外と楽しいかも…

JUDYさん、またまた美味しそうなランチでしたね〜
今回は香りがしましたよ(笑)
登録日: 2012/7/12
投稿数: 224
2015/11/2 21:51
 林道使用可なのですね
まだなんとか林道通れるのですね。
相変わらず山頂からの景色は最高ですね。
ぁ〜時間作っていかねばぁ〜;;

いい靴は20年経っても現役なんですね。
勿論ezo-wolfさんの手入れが行き届いているからこそなのでしょう。
私の靴は泣いている!?
見習わなくちゃいけません><
登録日: 2014/11/9
投稿数: 234
2015/11/2 22:51
 Re: 林道使用可なのですね
伏見と芽室はまだOKですね!
行けるうちに行かないと…と言う変な焦りがこの時期になると出てくるんですよ(笑)

やはり日高山脈の迫力を見るならカチポロか伏見が良いですネ…

重登山靴は2年くらい前に一度ソールを張り替えてから、今は冬用に使っていますが、じっとしてると足が冷えてきます
本当は冬用登山靴が欲しい!
登録日: 2013/10/30
投稿数: 511
2015/11/5 23:30
 行ってますねー
こんばんは。
伏見岳の林道はまだまだOKなんですね。
前までは雪が降ったら山登りおしまい!だったのに
今では雪が楽しみで登る事がポピュラーになりつつ?
数年前にヤマケイだったか岳人だったか読んだ時から
雪の中を登るのもアリなんだと意識チェンジしました。

もう防寒登山靴じゃないと厳しいですかー。
白ニペやカチポロもそろそろ気温的も林道の積雪も限界に
近づきつつありな感じですね。
登録日: 2014/11/9
投稿数: 234
2015/11/6 10:07
 Re: 行ってますねー
今のところOKですよ(^_^)v

進入禁止のゲートの閉じている場所は別として、今シーズン最後の登るチャンスなのでしょうね…

私も冬山=危険(拒絶)でした(笑)
確かに夏山ではあり得ない雪崩、雪庇、ホワイトアウト、凍傷、踏み抜き等々避けられないリスクがありますが、少しずつ知識と技術を学びながら魅力は低いかもしれないけど、先ずは安全な山から入るだけでも意外と楽しめることにハマってしまったようです(笑)

風のない青空の下、静まり返った雪山を歩いているのが何か時間の止まった異次元にいるような快感なんですよ…
もう病みつき(爆)

靴は一番のアイテムですからね…
今の雪や春先の雪は靴の中まで濡れやすいので、オールシーズンタイプが一足欲しいところです
もっと気温が下がれば濡れる心配は下がるんですが、休憩中などジンジン冷えてきます

今年はだいぶ登山道具にお金を使って、嫁さんの顔が見れなくなってきたので、今シーズンは我慢します(/≧◇≦\)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ