ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 756639 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走妙高・戸隠・雨飾

戸隠山&高妻山〜ドキドキだった蟻の戸渡り〜

日程 2015年11月01日(日) [日帰り]
メンバー mandy02(CL), その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【往路】
05:10 長野市内のビジネスホテル
    ↓戸隠バードライン経由(約21km)
05:45 戸隠神社奥社駐車場

【復路】
17:05 戸隠キャンプ場
    ↓アルピコバス(長野バスターミナル行)約2km(210円)
17:10 戸隠神社奥社駐車場着 17:15発
    ↓戸隠バードライン(約10km)
17:35 いこいの村「アゼィリア飯綱」(泊)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間45分
休憩
1時間20分
合計
11時間5分
S戸隠神社奥社駐車場06:0006:30戸隠神社奥社06:3506:35戸隠山登山口07:25百間長屋08:00蟻の戸渡り(起点)08:0508:10蟻の戸渡り(終点)08:15八方睨08:2008:35戸隠山山頂08:4009:15九頭竜山10:00一不動避難小屋10:1511:00五地蔵山11:1012:55高妻山山頂(ランチ休憩)13:2515:30一不動避難小屋15:3516:45牧場ゲート(登山口)17:05戸隠キャンプ場バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
11/1(日)朝06:00夜明け前の奥社駐車場は−3℃でした。…が、06:30頃の日の出以降、日中は10℃強まで気温上昇して微風だったこともあり快適な稜線歩きが出来ました。

奥社駐車場から奥社までの2kmはなだらかで荘厳な雰囲気の杉並木ですが、奥社以降から戸隠山までは急登の連続です。
結構な長さ&斜度の鎖場も多数あり、有名な「蟻の戸渡り」は岩に早朝の霜が付いていたこともあり、通常よりもスリリングな状態(?)だったので緊張感maxでした。
無事に蟻の戸渡りをクリヤーすると、程なくして八方睨。ちょっと行くとすぐに戸隠山山頂です。

戸隠山〜高妻山は大小のピークが連続しており登ったり下ったりを繰り返します。陽の当たらない北側部分は落葉の下の霜柱や新雪の残雪もあって滑りやすい部分がちょいちょいあって要注意でした。

一不動避難小屋には今回のルート途中唯一の携帯トイレブースがありました。ブース内はキレイで、携帯トイレキットの無人販売(200円)もありました。個人的にはマジで助かりました。

一不動以降はピークごとに、二釈迦、三文殊、四普賢、五地蔵、六弥勒、七薬師、八観音、九勢至、十阿弥陀、と名称があり、十阿弥陀のちょっと先が高妻山山頂です。
高妻山頂直前の急登部には新雪が残っていて超〜スベリました。山頂までの残り距離もわずかだったので頑張ってノーアイゼンで登頂できましたが、今後はますます新雪の影響で滑りやすくなるんでしょうね…。

高妻山山頂から戸隠キャンプ場までは標準コースタイムで3時間30分程度です。
自分達は13:25分に下山開始して夕方17:00頃に戸隠キャンプ場まで下山できましたが、余裕の無いギリギリの行動計画に少々反省でした。

自分達は、戸隠キャンプ場17:05発のアルピコバスに1区間乗車して奥社駐車場に戻りました。すでに薄暗くなった中、疲労困憊の状態での2km強の車道歩きを覚悟してましたが、運良くバス利用で5分(210円)で行けたのは超ラッキーでした。
その他周辺情報登山後、自分達は奥社から車で20分程の距離にある「いこいの村アゼィリア飯綱」に宿泊しました。
ここでは日帰り入浴(500円)もやっており、温泉ではありませんがサウナ付で割と良かったです。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

05:45 戸隠神社奥社駐車場到着。
夜明け直前でまだ薄暗い中、トイレ&登山準備を済まして出発。
天気は快晴ですが、気温は−3℃でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
05:45 戸隠神社奥社駐車場到着。
夜明け直前でまだ薄暗い中、トイレ&登山準備を済まして出発。
天気は快晴ですが、気温は−3℃でした。
2
06:00 奥社参道入口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
06:00 奥社参道入口
クライムオン!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クライムオン!
06:15 隋神門
真っ直ぐな杉の参道を1kmほど。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
06:15 隋神門
真っ直ぐな杉の参道を1kmほど。
2
06:30 戸隠神社奥社
登山口からちょっとだけ寄り道して安全祈願しました。
「蟻の戸渡りで滑落しませんように!」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
06:30 戸隠神社奥社
登山口からちょっとだけ寄り道して安全祈願しました。
「蟻の戸渡りで滑落しませんように!」
3
奥社から見た飯綱山方面。
もうすぐ御来光。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥社から見た飯綱山方面。
もうすぐ御来光。
2
戸隠の峰々はすでにオレンジ色に染まっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠の峰々はすでにオレンジ色に染まっている。
10
06:35 登山口にて登山届記入。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
06:35 登山口にて登山届記入。
1
06:35 登山口で御来光
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
06:35 登山口で御来光
1
霜柱めっちゃいっぱいありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱めっちゃいっぱいありました。
反対側の飯綱山麓。
遠くてハッキリ判りませんでしたが、霧氷…ですかね?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側の飯綱山麓。
遠くてハッキリ判りませんでしたが、霧氷…ですかね?
10
登山口以降は9割方急登です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口以降は9割方急登です。
2
07:20 五十間長屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:20 五十間長屋
1
07:25 百間長屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:25 百間長屋
振り返って『飯綱山』
イイ感じ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って『飯綱山』
イイ感じ!
12
雲海に浮かぶ八ヶ岳や富士山も見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ八ヶ岳や富士山も見えました。
13
富士山アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山アップ
3
百間長屋以降、鎖場が連続していきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百間長屋以降、鎖場が連続していきます。
2
鎖場のヨコバイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場のヨコバイ。
15
鎖場のタテバイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場のタテバイ。
4
かなりの急斜面の鎖場を何ヵ所も登って行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの急斜面の鎖場を何ヵ所も登って行きます。
5
超なが〜い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
超なが〜い!
8
結構な高度感!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な高度感!
14
08:00 蟻の戸渡りに到着。
本日のメインイベントを前にして緊張感MAX!
暫し呼吸を整えつつ精神集中…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:00 蟻の戸渡りに到着。
本日のメインイベントを前にして緊張感MAX!
暫し呼吸を整えつつ精神集中…
8
足元をみると…ゲゲゲッ!
岩に霜が付いてる!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元をみると…ゲゲゲッ!
岩に霜が付いてる!!!
4
08:05 覚悟を決めて…いざ出陣!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:05 覚悟を決めて…いざ出陣!
10
カミさんを見守る自分。
まだスタートせず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カミさんを見守る自分。
まだスタートせず。
2
1分遅れで自分もスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1分遅れで自分もスタート。
4
自分はスマートに先に渡り切ってしまい、四苦八苦するカミさんを撮影…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分はスマートに先に渡り切ってしまい、四苦八苦するカミさんを撮影…
9
一番細いトコロは馬乗りでクリヤー(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番細いトコロは馬乗りでクリヤー(笑)
15
ドキドキで渡りきった『蟻の戸渡り』をバックに記念撮影。
お疲れさん!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドキドキで渡りきった『蟻の戸渡り』をバックに記念撮影。
お疲れさん!
17
08:15 八方睨
ここで10分程休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:15 八方睨
ここで10分程休憩。
八方睨からは反対側の北アルプス(白馬三山)の美しい山並が眼前に広がりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方睨からは反対側の北アルプス(白馬三山)の美しい山並が眼前に広がりました。
13
そして…「蟻の戸渡り」を振り返る。
イヤ〜とんでもないルートですねぇ…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして…「蟻の戸渡り」を振り返る。
イヤ〜とんでもないルートですねぇ…
7
より一層厳しそうな戸隠連山「西岳」方面の展望。
本日はここから高妻山方面に行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
より一層厳しそうな戸隠連山「西岳」方面の展望。
本日はここから高妻山方面に行きます。
1
08:35 戸隠山
八方睨から数分です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:35 戸隠山
八方睨から数分です。
6
高妻山をバックに記念撮影。
イイ天気!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高妻山をバックに記念撮影。
イイ天気!
15
南側の大展望。
雲海が素晴らしい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側の大展望。
雲海が素晴らしい!
2
八ヶ岳と富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳と富士山
13
戸隠山から一不動までは
麓から見たギザギザ感の稜線を行きます。
結構崖っぷちなところ多数。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠山から一不動までは
麓から見たギザギザ感の稜線を行きます。
結構崖っぷちなところ多数。
3
09:15 九頭竜山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:15 九頭竜山
1
戸隠稜線歩きの間、ず〜っと高妻山が見えています。
…でもなかなか近寄って来ません…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠稜線歩きの間、ず〜っと高妻山が見えています。
…でもなかなか近寄って来ません…
歩くにつれて北アルプスの展望が広がって行きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩くにつれて北アルプスの展望が広がって行きました。
10
10:00 一不動避難小屋に到着。ここで15分程休憩。
ここに携帯トイレブースがありました。中には携帯トイレキットも無人販売(200円)しててメッチャ助かりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:00 一不動避難小屋に到着。ここで15分程休憩。
ここに携帯トイレブースがありました。中には携帯トイレキットも無人販売(200円)しててメッチャ助かりました。
10:59 五地蔵
ここで足がパンパンになって5分程休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:59 五地蔵
ここで足がパンパンになって5分程休憩。
11:12 六弥勒
五→六はすごく近かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:12 六弥勒
五→六はすごく近かった。
なかなか近づかない高妻山…
自分のモモの疲労感が限界に近くなっており、元気なカミさんに「待って〜」を連発してペースがガタ落ち…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか近づかない高妻山…
自分のモモの疲労感が限界に近くなっており、元気なカミさんに「待って〜」を連発してペースがガタ落ち…
気が付けば「槍」が見えてました。
良く見ると「小槍」も見えてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気が付けば「槍」が見えてました。
良く見ると「小槍」も見えてます。
15
歩いてきた戸隠連山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた戸隠連山。
1
11:54 九勢至
ここから山頂までがメッチャ遠かった〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:54 九勢至
ここから山頂までがメッチャ遠かった〜
2
高妻山頂直下の急登は今年の新雪が残っておりメッチャ滑る!
短区間だったので滑り止め非装着で行きましたが、疲労した足にはキツすぎて…結構苦戦。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高妻山頂直下の急登は今年の新雪が残っておりメッチャ滑る!
短区間だったので滑り止め非装着で行きましたが、疲労した足にはキツすぎて…結構苦戦。
2
急登を登りきって、高妻山頂に向かうビクトリーロード
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を登りきって、高妻山頂に向かうビクトリーロード
12:51 十阿弥陀
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:51 十阿弥陀
12:55 高妻山山頂
一不動からの標準コースタイム150分をクリヤー出来ず…
久しぶりのキツイ山行でした…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:55 高妻山山頂
一不動からの標準コースタイム150分をクリヤー出来ず…
久しぶりのキツイ山行でした…
9
恒例の記念撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恒例の記念撮影
16
12:55〜13:25 山頂でランチ休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:55〜13:25 山頂でランチ休憩
絶景を眺めながらカップラー&缶チューハイで、しばし至福の時間を過ごしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景を眺めながらカップラー&缶チューハイで、しばし至福の時間を過ごしました。
6
昼過ぎでも北アルプスの美しい山並が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼過ぎでも北アルプスの美しい山並が見えました。
5
戸隠のギザギザな稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠のギザギザな稜線。
2
妙高&火打方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙高&火打方面。
3
13:25 下山開始。
もう少し景色を堪能したかったのですが「日没前ゴール」を考慮して早々に下山開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:25 下山開始。
もう少し景色を堪能したかったのですが「日没前ゴール」を考慮して早々に下山開始。
山頂直下の急斜面の新雪でまたもや苦戦…
むしろ下りの方が危険な感じでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の急斜面の新雪でまたもや苦戦…
むしろ下りの方が危険な感じでした。
1
15:30 一不動で5分程休憩。
15:40 氷清水。
冷たくて美味しかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:30 一不動で5分程休憩。
15:40 氷清水。
冷たくて美味しかった。
戸隠キャンプ場に向かうルートにも鎖場が何ヵ所かあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠キャンプ場に向かうルートにも鎖場が何ヵ所かあります。
3
なかなか気が抜けません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか気が抜けません。
3
最後は沢渡渉を繰り返しながら沢沿いを下って行きます。
一部は凍っており、これからの季節はますます滑りやすくなるんでしょうね…要注意です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は沢渡渉を繰り返しながら沢沿いを下って行きます。
一部は凍っており、これからの季節はますます滑りやすくなるんでしょうね…要注意です。
一枚岩の滝沿いの鎖場をクリヤーすると、危険地帯はほぼ終了です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一枚岩の滝沿いの鎖場をクリヤーすると、危険地帯はほぼ終了です。
16:45 牧場のゲート。
ここから戸隠キャンプ場のバス停まで1km強。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:45 牧場のゲート。
ここから戸隠キャンプ場のバス停まで1km強。
4
牧場&キャンプ場を横断している間に大分薄暗くなってしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧場&キャンプ場を横断している間に大分薄暗くなってしまいました。
振り返って戸隠連山。
暗くなる前に下山できて良かった…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って戸隠連山。
暗くなる前に下山できて良かった…
1
山麓は黄色い紅葉の晩期でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山麓は黄色い紅葉の晩期でした。
1
17:05 戸隠キャンプ場からバスに乗車
17:10 奥社駐車場に到着。
奥社入口の蕎麦屋で戸隠山と高妻山の山バッヂGET。
並べるとキレイにつながるデザインでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17:05 戸隠キャンプ場からバスに乗車
17:10 奥社駐車場に到着。
奥社入口の蕎麦屋で戸隠山と高妻山の山バッヂGET。
並べるとキレイにつながるデザインでした。
10

感想/記録

本格的な雪山シーズンになる前に、戸隠山&高妻山に行って来ました。
山麓こそギリギリ紅葉晩期でしたが、戸隠〜高妻への稜線歩きは既に初冬の雰囲気で数日中に雪山になっちゃう感じでした。
06:00前の登山口は−3℃でしたが、快晴微風の日中は10℃強位まで気温上昇して快適な稜線歩きが出来ました。
ルートはただでさえ急峻な戸隠連山への登山道に加え、霜柱&新雪の溶け残りが厳しさに拍車をかけていました。
そんな条件でしたが緊張感maxの『蟻の戸渡り』も無事に渡りきることが出来たので良かったです。
以降の高妻山までの戸隠連山、山麓から見ても相当なギザギザな稜線ですが、実際歩い見てもそのまんまの印象で、大小のピークのアップダウン連続には相当ヘコタレました。特に高妻山山頂直前の新雪の急登は脚の疲労もピークに達しており、少々ヤバかったです。
当初は、余裕があれば乙妻山まで…と思っていましたが、今の自分では戸隠山〜高妻山の山行がギリギリで、時間的にも体力的にも全然無理でした。行けてる人はスゴイな〜と思います。
結局、日の出から日没までず〜っと山行しており、計18km弱のルート…かなり手強かったです。

訪問者数:1201人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ