ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 757173 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

東北の岩の殿堂「黒伏山」& 藪漕ぎの「柴倉山」

日程 2015年11月07日(土) [日帰り]
メンバー mizuki, その他メンバー2人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
駐車スペース:黒伏高原スノーパーク前の道路横に2か所。多数停められる。

コースタイム [注]

P3駐車場7:20→9:50渡渉→9:50黒伏10:00→10:39白森→11:44銭山→12:40柴倉山13:10→13:40分岐→14:53渡渉→15:00駐車場

コース状況/
危険箇所等
◆村山野川:既に仮設橋は、撤去されていた。
      ぎりぎり飛び石伝いで渡渉できた。
◆赤水沢:飛び石渡渉
◆黒伏山:東北のロッククライミングのメッカ。山頂直下は急登。フィックスロープあり。
◆柴倉山
・毘沙門山への登山道を進むと、枝に赤布。そこから切れ落ちた稜線の猛烈な藪漕ぎで山頂へ。
・山頂まで、忠実に稜線の藪を行くこと。
・私は、跳ね返った枝で右瞼を打ち、目から火花! サングラスやゴーグルを持参すると予防に良い。
・山頂は狭く、3人座れるくらい。
その他周辺情報◆温泉:東根に公衆浴場が多数。150円〜400円位。
    私達が入ったのは「巽の湯」300円。石鹸やシャンプーは持参。ドライヤーは貸してもらえる(無料)
◆東根の農産物:JA東根の直営店「よってけポポラ」
・多種多様な地場野菜と果物が新鮮で安い。東京で売っている値の半額位! この季節は、特に、ラ・フランス。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

駐車場から、黒伏山の大岩壁が見えます。右側が山頂。左側が1185m峰で南壁が見えています。1本、やってみたいものです。
2015年11月07日 07:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から、黒伏山の大岩壁が見えます。右側が山頂。左側が1185m峰で南壁が見えています。1本、やってみたいものです。
7
この登山は、先ず渡渉から。ここへ戻って来ますので、もう一回渡渉が待っています。
2015年11月07日 07:38撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この登山は、先ず渡渉から。ここへ戻って来ますので、もう一回渡渉が待っています。
すっかり葉を落としたムラサキシキブ。アメジストのような紫です。
2015年11月07日 08:10撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり葉を落としたムラサキシキブ。アメジストのような紫です。
4
中央稜にクライマーが二人、取り付いていました。登山道はこの南壁の前を通り、左側から回り込んで行きます。
2015年11月07日 08:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜にクライマーが二人、取り付いていました。登山道はこの南壁の前を通り、左側から回り込んで行きます。
1
南壁の天辺:1185mピークから見下ろす。川の対岸は、「黒伏高原スノーパーク」
2015年11月07日 09:36撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南壁の天辺:1185mピークから見下ろす。川の対岸は、「黒伏高原スノーパーク」
黒伏山の山頂。立派な山頂標識。以後、各山頂には、おそろいの標識が建ってました。
2015年11月07日 09:50撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒伏山の山頂。立派な山頂標識。以後、各山頂には、おそろいの標識が建ってました。
3
白森1263mに向かいます。堂々として立派です。
2015年11月07日 10:28撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白森1263mに向かいます。堂々として立派です。
10
これから歩く稜線が見渡せました。右のせりあがった山が柴倉山。中央奥の山頂が雲に覆われている山が船形山。
2015年11月07日 10:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く稜線が見渡せました。右のせりあがった山が柴倉山。中央奥の山頂が雲に覆われている山が船形山。
4
白森の山頂標識の後ろに黒伏山。
2015年11月07日 10:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白森の山頂標識の後ろに黒伏山。
1
これから行く、柴倉山がひときわ立派!
2015年11月07日 11:15撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く、柴倉山がひときわ立派!
5
登った証拠写真撮影のYさん。
2015年11月07日 11:44撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登った証拠写真撮影のYさん。
2
この快適な稜線漫歩もあと少しでおしまい。
2015年11月07日 12:09撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この快適な稜線漫歩もあと少しでおしまい。
5
この赤布の所から柴倉山への痩せた尾根に入ります。山頂まで猛烈な藪漕ぎ!!!
2015年11月07日 13:20撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この赤布の所から柴倉山への痩せた尾根に入ります。山頂まで猛烈な藪漕ぎ!!!
2
柴倉山には、御揃いの山頂標識はありませんでした。
今年の9月に登った方がつけて下さった「山頂標識」です。
2015年11月07日 12:41撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柴倉山には、御揃いの山頂標識はありませんでした。
今年の9月に登った方がつけて下さった「山頂標識」です。
4
起点に戻る分岐には、こんな標識がおいてありました。
2015年11月07日 13:40撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
起点に戻る分岐には、こんな標識がおいてありました。
1
戻りました。後は川を渡渉して駐車場に。急登&急下降の連続する、体力勝負のトレイルでした。
2015年11月07日 14:53撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻りました。後は川を渡渉して駐車場に。急登&急下降の連続する、体力勝負のトレイルでした。
3

感想/記録
by mizuki

・黒伏山は東北のクライミングのメッカとして名高い。特に、南壁は一度は登ってみたいものだ。
・残念ながら今回は、クライミングではなくて、黒伏山とお隣の芝倉山の縦走。
・山友のYさんの友人:T氏は、仙台在住。私も誘って頂いた。

・首都圏発の仙台行きの夜行バスは、7日の5:45に、仙台駅東口到着。
・T氏が駅前でピックアップしてくれ、黒伏山登山口へ向かう。
・T氏は、指導員の資格を持つ岩や沢の熟達者。特に東北の沢の情報や、黒伏山南壁のルート情報など、耳をダンボにして、話を聞かせて頂いた。

・天気が良くないことと、仮設橋が撤去されてしまった後であるからだろう、駐車スペースには他に1台のみ。
・私達が駐車場から出発するのと入れ違いに、一人の登山者が戻ってきた。「橋が無く、渡渉が無理なので引き返してきた。」との事。
・T氏は長靴を2足準備してくれていた。それを持って出発。
・T氏とYさんは、長靴に履き替えて渡渉。私は、ぎりぎりセーフで飛び石を渡って対岸へ。T氏が長靴をデポ。

・圧倒的なスケールの黒伏山南壁。二人のクライマーが取り付いている。数年前に知人二人が登っていて落ち、大けがをした岸壁だ。でも、機会があれば登ってみたい。
・縦走路は大きく半円を描くように伸びているので、これから辿る山々が見えるのが良い。特に、白森と柴倉山のフォルムが美しい。
・生憎の天気で、船形山の山頂は雲に覆われてしまっていた。数年前に、泉ヶ岳経由で船形山の山頂避難小屋に泊まり、翌日、後白髪コースで定義如来へ下山したのが、懐かしい。

・柴倉山への分岐からは、痩せた稜線の猛烈な藪漕ぎ。跳ね返った枝で右瞼を強く打たれ、目から火花! しばらく目を開けられなかった。
・この山は、遠くから見るだけでいい。

・下山後は、東根の公衆浴場へ。サクランボや洋梨の産地として有名だが、温泉施設も多数。
・JA東根の直売場「よってけポポラ」に、よった。新鮮な果物や野菜が、私の住む街で売られている半額! 
・あ〜あ、60ℓザックを背負ってくれば良かった!
ラ・フランス、リンゴ、もってのほか(食用菊)、青菜漬け、山菜おこわに牛蒡のスナック揚げ・・・と、山形の幸を背負えるだけ買い込んで帰途につく。

・登山と、山形の新鮮な野菜や果物・・収穫いっぱいの山行。YさんとT氏に感謝。
訪問者数:207人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

サングラス
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ