ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 757976 全員に公開 沢登り中国山地西部

十方山(坂根谷左谷)

日程 2015年11月03日(火) [日帰り]
メンバー yasiyasi, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車2台
坂根集落奥の民家の近くに駐車。

瀬戸滝登山口に下山予定であったが、吉和〜戸河内町境通行止めのため那須に変更し、旧那須小学校前に駐車。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間44分
休憩
39分
合計
8時間23分
Sスタート地点07:5513:49奥三ツ倉14:2814:33中三ッ倉14:39那須分かれ16:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
坂根谷堰堤〜縦走路前までは沢登りルート及び急斜面の藪こぎ。
その他周辺情報温泉:グリーンスパ筒賀
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 携帯 時計 ツェルト カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ スリング ロープスリング 渓流シューズ
共同装備 30mロープ。
備考 30mロープではF6の確保支点まで足りなかった。

写真

坂根谷堰堤の左岸を進む。
2015年11月03日 08:10撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂根谷堰堤の左岸を進む。
左岸の踏み跡は藪。
2015年11月03日 08:21撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸の踏み跡は藪。
踏み跡が途切れたところから入渓。
2015年11月03日 08:29撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡が途切れたところから入渓。
右谷左谷の出合いから右谷方面。
今回は左谷へ進む。
2015年11月03日 08:52撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右谷左谷の出合いから右谷方面。
今回は左谷へ進む。
左岸の懸崖
2015年11月03日 09:17撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸の懸崖
トチの巨木
2015年11月03日 10:00撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トチの巨木
1
F6を越えると源流の様相。
2015年11月03日 12:15撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F6を越えると源流の様相。
歩いてきた谷を振り返る
2015年11月03日 12:44撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた谷を振り返る
沢は尾根に吸収され、笹薮を掴みながら登る。
2015年11月03日 13:27撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢は尾根に吸収され、笹薮を掴みながら登る。
小春日和の奥三ツ倉。
2015年11月03日 13:50撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小春日和の奥三ツ倉。
登山口の少し手前の植えにある個人所有の作業小屋。
2015年11月03日 15:36撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の少し手前の植えにある個人所有の作業小屋。
那須登山口に下りたところで集落の長老さん(?)がいらっしゃいました。

長老さんによると、ウラオレ谷沿いの石垣は水田跡で、昭和40年頃までは稲作が行われていたそうです。しかし、集落の高齢化により放棄され今では杉林の植林となっています。
我々が坂根谷を登ってきたことを伝えると、旧吉和村・戸河内町の郡境道の事など教えていただきました。
2015年11月03日 15:58撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
那須登山口に下りたところで集落の長老さん(?)がいらっしゃいました。

長老さんによると、ウラオレ谷沿いの石垣は水田跡で、昭和40年頃までは稲作が行われていたそうです。しかし、集落の高齢化により放棄され今では杉林の植林となっています。
我々が坂根谷を登ってきたことを伝えると、旧吉和村・戸河内町の郡境道の事など教えていただきました。
2
那須集落から見上げる山の紅葉は見頃。
2015年11月03日 16:15撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
那須集落から見上げる山の紅葉は見頃。
長老さんから戴いた椎茸(原木栽培)。
2015年11月03日 20:58撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長老さんから戴いた椎茸(原木栽培)。
醤油を垂らしてホイル焼きで頂きました。
椎茸の旨味たっぷり、ごちそうになりました。
2015年11月03日 21:17撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
醤油を垂らしてホイル焼きで頂きました。
椎茸の旨味たっぷり、ごちそうになりました。
2

感想/記録

奥三倉から東に延びる坂根谷左谷。
沢登りのバイブル「西中国山地の沢」や某藪山歩きのネット情報を参考にしました。

下流はゴーロ沢と覆流の沢。
しばらく歩くと左岸に見事な懸崖。
核心は二段の滝F5(5m)、F6(10m)。想像以上の滝に登れるか不安になりましたが、スルスルと登るgt氏のリードで何とか登りきることが出来ました。

源流のツメは選択肢は二通りのうち、二俣は水流を辿って右へ。
次の二俣は藪と瓦礫を嫌って右へ。しかし、これは失敗でした。
すぐに沢は尾根に吸収されてしまい、強烈な斜面の藪こぎになりました。
藪を抜けると奥三倉すぐの北東部に出ました。

11月とは思えないくらいの陽気の中、奥三倉でのんびりと昼食。

約5ヶ月間に渡る今シーズンの沢登りが終了しました。
訪問者数:247人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/12/2
投稿数: 14
2015/11/6 18:28
 お疲れ様でした。
F5F6の直登は楽しかったですが、結局最後の藪漕ぎが一番印象に残った山行でした(笑)坂根谷左俣は実はあまり期待していなかったのですが、見応えのある懸崖や巨木、登り甲斐のある滝、そして稜線に出る前の笹薮漕ぎと十方らしさがしっかり詰まった良い沢でした。今シーズンの最後にふさわしかったのではないかと思います。これからは雪山シーズンですが、雪山も安全第一でよろしくお願いします。
登録日: 2011/8/29
投稿数: 24
2015/11/6 22:49
 Re: お疲れ様でした。
こちらこそお世話になりました。
ここ最近、笹薮を見ると「あともう少しだ!」と思えるようになりました。
落ちる心配もなく、前に進むだけですしね。

雪のシーズンもよろしくお願いします。
登録日: 2013/12/2
投稿数: 14
2015/11/6 23:47
 Re[2]: お疲れ様でした。
>ここ最近、笹薮を見ると「あともう少しだ!」と思えるようになりました。

すいません(笑)噴き出してしまいました(笑)でも、確かにそうですね、十方は笹薮=稜線間近っていう印象です。もっといえば、笹薮=稜線間近 笹薮と低木の混生帯=登山道間近って感じでしょうか(笑)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

左岸 紅葉 ゴーロ 堰堤 出合
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ