ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 758030 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

上養沢〜日の出山~つるつる温泉

日程 2015年11月03日(火) [日帰り]
メンバー harei
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】8:47立川駅発 ホリデー快速あきがわ5号→9:21武蔵五日市駅着→9:35武蔵五日市駅発:上養沢行(西東京バス)→10:10上養沢着
【復路】14:39つるつる温泉発:武蔵五日市駅行(西東京バス)→武蔵五日市からJR
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間0分
休憩
1時間5分
合計
3時間5分
S上養沢バス停10:1510:26日の出山登山口(柿平園地)10:3010:42養沢鍾乳洞10:4711:39日の出山12:3513:20つるつる温泉13:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前日が雨だったため、石の階段と木橋がかなり滑りやすかった
その他周辺情報日の出山登山口近くにつるつる温泉有り(大人820円)
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

臨時バスも出るほどの満員乗車でしたが、終点の上養沢で降りたのは私一人...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
臨時バスも出るほどの満員乗車でしたが、終点の上養沢で降りたのは私一人...
1
前回に引き続き今回も関東ふれあいの道に選定されていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回に引き続き今回も関東ふれあいの道に選定されていました
登山道入口。さぁ出発!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入口。さぁ出発!
養沢鍾乳洞までもう少し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
養沢鍾乳洞までもう少し
左は行き止まり。鍾乳洞までもう少し!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は行き止まり。鍾乳洞までもう少し!?
沢を越えたら…石の階段です。鍾乳洞があったのでしっかり作ったんですかね?それにしても滑る滑る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を越えたら…石の階段です。鍾乳洞があったのでしっかり作ったんですかね?それにしても滑る滑る
看板はまだ残ってた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板はまだ残ってた
鍾乳洞の受付があったと思われる場所。この奥に入口があったのでしょうね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍾乳洞の受付があったと思われる場所。この奥に入口があったのでしょうね
鍾乳洞跡を過ぎると…やっぱり?階段です。ただ、岩じゃないから滑りは少ない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍾乳洞跡を過ぎると…やっぱり?階段です。ただ、岩じゃないから滑りは少ない
1
またまた階段
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた階段
ところどころ石組でまるで城跡のようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ石組でまるで城跡のようです
2
やっぱり階段…作るの大変だったでしょうね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり階段…作るの大変だったでしょうね
まだまだ階段…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ階段…
1
急に前方が明るくなり…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に前方が明るくなり…
日の出山から麻生山へと向かう尾根に出ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出山から麻生山へと向かう尾根に出ました
1
遮るもののない素晴らしい眺めです。後で見る日の出山山頂よりも心躍った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遮るもののない素晴らしい眺めです。後で見る日の出山山頂よりも心躍った
2
右のピラミッドのような山が麻生山かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右のピラミッドのような山が麻生山かな?
2
分岐が複雑です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐が複雑です
日の出山へ行ったらまたここに戻ってきます(その時はつるつる温泉方面に向かう)。ちなみにここまで誰にも会いませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出山へ行ったらまたここに戻ってきます(その時はつるつる温泉方面に向かう)。ちなみにここまで誰にも会いませんでした。
待ってろよ、日の出山!って、やっぱり階段…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待ってろよ、日の出山!って、やっぱり階段…
かなり土が流され、階段になってません。まるでハードルのようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり土が流され、階段になってません。まるでハードルのようです。
2
クロモ上見晴台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロモ上見晴台
クロモ上見晴台からの眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロモ上見晴台からの眺め
2
日の出山までもう少し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出山までもう少し
急に標識が立派に!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に標識が立派に!
1
何ヵ所か山道と階段とに別れてますが、大抵は合流します(最後は山頂と山荘とに分かれてしまいます)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何ヵ所か山道と階段とに別れてますが、大抵は合流します(最後は山頂と山荘とに分かれてしまいます)。
1
いよいよ山頂へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂へ
日の出山山頂から関東平野を眺める♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出山山頂から関東平野を眺める♪
2
今回はちゃんと三角点を確認しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はちゃんと三角点を確認しました。
1
西の御岳山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の御岳山方面
2
山ラーメン後の楽しみ、コーヒータイム♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山ラーメン後の楽しみ、コーヒータイム♪
1
もう一枚、日の出山山頂からの眺め。この頃には山頂も登山客で一杯でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一枚、日の出山山頂からの眺め。この頃には山頂も登山客で一杯でした。
2
山頂をあとにし、登ってきた道を下ります。途中、クロモ上見晴台からの眺め。さっきと同じです(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂をあとにし、登ってきた道を下ります。途中、クロモ上見晴台からの眺め。さっきと同じです(笑)
1
つるつる温泉へ向かう分岐点。迷うことがないくらい分かりやすい看板です(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つるつる温泉へ向かう分岐点。迷うことがないくらい分かりやすい看板です(笑)
1
尾根を歩いていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を歩いていきます
まだまだ進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ進みます
顎掛岩。木々のせいで関東平野は全く見えません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
顎掛岩。木々のせいで関東平野は全く見えません
2
登山口へ降りてきました。左の林道からも行けるようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口へ降りてきました。左の林道からも行けるようです
1
登山口近くの橋の親柱4本のうち、3本にこんな 擬宝珠がのってました。その1
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口近くの橋の親柱4本のうち、3本にこんな 擬宝珠がのってました。その1
車道にでて緩やかな坂を登るとつるつる温泉です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道にでて緩やかな坂を登るとつるつる温泉です。
1
つるつる温泉にて、湯上がりに地元の牧場産の牛乳を使ったソフトクリームを頂きました♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つるつる温泉にて、湯上がりに地元の牧場産の牛乳を使ったソフトクリームを頂きました♪
2

感想/記録
by harei

■登山開始まで
前回の浅間嶺に引き続き、今回も同じ武蔵五日市駅から戸倉二山にいこうと考えていた。しかし家を出るのがちょっと遅くなり、前回と同じホリデー快速5号。すなわち、武蔵五日市駅から数馬方面のバスは一時間待ちとなる...。
前回、快速電車が着いてから約10分後に出る上養沢行きバスが、バックパックを背負った人々で行列になっているのを見た。非常に乗りたい衝動にかられたので、あの後、上養沢方面を日程未定で計画書にしておいた。それが早速、役立つ?時がきた。武蔵五日市駅から日の出山を目指すコースである。
その上養沢行きのバスだが、さすが祝日。満員で臨時バスも出て2台編成となった。しかし、その乗客の8割は秋川マス釣り場で降り、終点の上養沢で降りたのはバス2台あわせても私一人だけだった。
いざ登り始めて、その理由も分かった。このルート、階段状の登山道をひたすら登るのである。コースタイムは短いが、ケーブルカーで登れる御岳山から日の出山を目指した方がはるかに楽である。ちなみに、登山道入り口には5台ほど車が停まっていたが、日の出山〜つるつる温泉ルートに合流するまで誰一人と会うことなかった。

■日の出山頂にて
12時前に到着した日の出山頂は、少し待てばベンチも確保できた。昼食後、出発しようと廻りを見渡すと、12時を過ぎたせいか、御岳山からの登山客が次から次へと来る。日の出山頂でお昼を考えている人は昼前到着のほうが安心だと思う。

■つるつる温泉まで
日の出山頂からつるつる温泉ルートは、奥多摩らしい根が張り出した登山道であり、
勾配的にはついつい走り出したくなる感じであった。

■つるつる温泉
日の出登山口から近くのつるつる温泉は、休憩所、レストランはもちろん、露天風呂やサウナもあるので、疲れを癒すにはお勧めです。
なお、私が出る頃には団体の登山客が湯に到着したところでした。また、私が乗った武蔵五日市駅行きのバスは満員で、もう一台増発しました。
夕方に近くなると風呂もバスも非常に混雑するらしいので、早めの行動が吉のようです。

■終わりに
今回は上養沢から登りましたが、日の出山からつるつる温泉ではなく上養沢に降り、バスで瀬音の湯に向かうのもいいかもしれません。
訪問者数:200人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 三角点 ケーブルカー クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ