ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 758618 全員に公開 ハイキング霧島・開聞岳

白鳥山と池巡り

日程 2015年11月03日(火) [日帰り]
メンバー undamo, その他メンバー5人
天候絶好日より
アクセス
利用交通機関
車・バイク
えびのエコミュージアムセンターの駐車場を使いました、
一回500円
この日はとても多くて、臨時駐車場案内されました、
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間30分
休憩
58分
合計
3時間28分
Sえびのエコミュージアムセンター10:5811:10えびの展望台11:1211:30二湖パノラマ展望台11:3411:51白鳥山11:5512:08白鳥山北展望台12:5113:18六観音御池展望台13:2313:54硫黄山北登山口14:25えびのエコミュージアムセンター14:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません、
その他周辺情報霧島周辺には温泉が一杯あります、
今回はえびの高原荘にしました。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 時計 タオル

写真

さて出発
池巡り自然探索路を辿ります。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて出発
池巡り自然探索路を辿ります。
そこここにススキ
秋模様です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこここにススキ
秋模様です。
コース案内図
白紫池(白鳥山)~六観音御池~不動池と巡ります。
6kmくらいですかね 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース案内図
白紫池(白鳥山)~六観音御池~不動池と巡ります。
6kmくらいですかね
展望所から
韓国岳と北岳、硫黄山
手前に見える赤い屋根は「えびのエコミュージアムセンター」 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望所から
韓国岳と北岳、硫黄山
手前に見える赤い屋根は「えびのエコミュージアムセンター」
二湖パノラマ展望台方向へ
5分だそうです
天気が良いので期待できます。
二湖とは白紫池と六観音御池のことです。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二湖パノラマ展望台方向へ
5分だそうです
天気が良いので期待できます。
二湖とは白紫池と六観音御池のことです。
紅葉もところどころで見られます。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 紅葉もところどころで見られます。
おぉっ
六観音御池、奥は甑岳
池の周りには紅葉してます。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おぉっ
六観音御池、奥は甑岳
池の周りには紅葉してます。
3
木々の合間に白紫池 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 木々の合間に白紫池
どうだ!
白紫池と韓国岳 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうだ!
白紫池と韓国岳
2
ヤッター‼ 九州百名山『白鳥山』初登頂だワン
我家のプリンス「モ力」9才
それにしても暑いワン❗ 天気良すぎだワンワン❗ ハァハァ 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤッター‼ 九州百名山『白鳥山』初登頂だワン
我家のプリンス「モ力」9才
それにしても暑いワン❗ 天気良すぎだワンワン❗ ハァハァ
8
紅葉(もみじ)もこんなに色づいて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉(もみじ)もこんなに色づいて
2
定番のリンドウ
ここでも見つけました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番のリンドウ
ここでも見つけました。
1
ウ~ 楽ちん楽ちん ワンワン
やっぱり山はこうでなくっちゃいかんワン
早く進め~ぇワンワン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウ~ 楽ちん楽ちん ワンワン
やっぱり山はこうでなくっちゃいかんワン
早く進め~ぇワンワン
3
やってきたワン『白鳥山北展望台』
なにぃここまで2.6kmだとぉ‼
長かったワン。ワシにしては出来すぎ(歩きすぎ)だワン
まあ、景色でも見てくれワン
お~ぃ、誰か水を持て~…… ウ~ワンワン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やってきたワン『白鳥山北展望台』
なにぃここまで2.6kmだとぉ‼
長かったワン。ワシにしては出来すぎ(歩きすぎ)だワン
まあ、景色でも見てくれワン
お~ぃ、誰か水を持て~…… ウ~ワンワン
9
六観音御池と韓国岳、正面の山は夷守(ひなもり)岳 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 六観音御池と韓国岳、正面の山は夷守(ひなもり)岳
1
これは良い!!
六観音御池 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは良い!!
六観音御池
1
一寸角度が変ると、もうなんだかねぇ 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 一寸角度が変ると、もうなんだかねぇ
この巨木スギは推定樹齢五百数十年、六観音参拝のおりに植えられたそうな。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す この巨木スギは推定樹齢五百数十年、六観音参拝のおりに植えられたそうな。
これってどうですか。
湖面に写る山 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これってどうですか。
湖面に写る山
10
紅葉と六観音御池
奥に見えるのは韓国岳北岳ですよ。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と六観音御池
奥に見えるのは韓国岳北岳ですよ。
6
六観音御池湖畔から
池の色があおいですねぇ
そして湖面に写る山
いいねぇ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六観音御池湖畔から
池の色があおいですねぇ
そして湖面に写る山
いいねぇ
3
黄葉もなかなか良いですよ。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 黄葉もなかなか良いですよ。
ミズナラの木も色付いてます。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す ミズナラの木も色付いてます。
これもミズナラ。
見頃です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもミズナラ。
見頃です。
1
これは苔
特に特長がある訳ではない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは苔
特に特長がある訳ではない。
青い空に紅葉。
青と赤のコントラスト。
いいねぇ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青い空に紅葉。
青と赤のコントラスト。
いいねぇ。
2
そして赤松(?)と甑岳のコラボ
甑岳の平らな山頂は火山口になって、中は湿原が広がっているんですよ。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして赤松(?)と甑岳のコラボ
甑岳の平らな山頂は火山口になって、中は湿原が広がっているんですよ。
そうしている間に韓国岳が真近に 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す そうしている間に韓国岳が真近に
これは不動池。
深さ9.3m、周囲700mで湖面は常にコバルト色を呈している。
これは火山の影響を受けて水の酸性度が強いのと光の屈折による現象。池の中や周りがきれいな砂であるためににごらない。
と説明書きがありました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは不動池。
深さ9.3m、周囲700mで湖面は常にコバルト色を呈している。
これは火山の影響を受けて水の酸性度が強いのと光の屈折による現象。池の中や周りがきれいな砂であるためににごらない。
と説明書きがありました。
3
秋の韓国岳。晩秋感漂います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の韓国岳。晩秋感漂います。
ワシもうつかれたワン‼
ゴールはまだかのぅ~ワンワン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワシもうつかれたワン‼
ゴールはまだかのぅ~ワンワン
1
見えてまいりましたゴール地点
もう一息ガンバレ !!
ワン公ガンバレ !! 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてまいりましたゴール地点
もう一息ガンバレ !!
ワン公ガンバレ !!
えびのエコミュージアムセンター
ゴールです。
おやっとさあ! 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えびのエコミュージアムセンター
ゴールです。
おやっとさあ!
♨は一番近くのえびの高原荘。520円。
今回は、なんと半額券があって260円
貴重品用無料ロッカーあり。
石鹸類は用意されています。露天風呂もあってそこからは韓国岳が良く見えるよ。
鉄分が強いです。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
♨は一番近くのえびの高原荘。520円。
今回は、なんと半額券があって260円
貴重品用無料ロッカーあり。
石鹸類は用意されています。露天風呂もあってそこからは韓国岳が良く見えるよ。
鉄分が強いです。
なんとここ(♨)にもこんなに綺麗な紅葉がありました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す なんとここ(♨)にもこんなに綺麗な紅葉がありました。
4

感想/記録
by undamo

約2週間前、突然「池巡りに行こう」とのお誘い。
なんと、家族全員で霧島山へ行こうというのだ。
ここは、普段鍛えた健脚と親父の威厳を見せねばと誘いに乗る。
入念に計画を練って……って、特別、立てる計画なんてないんですけどね。
とにかく好天気になることだけを祈って。

白鳥山は今年5月にミヤマキリシマを見に行って以来2回目である。
普段の心がけが良いのか、遠く霧島神宮大明神様への願いが通じたのか天気は絶好の行楽日和。
毎度お馴染みのえびのエコミュージアムセンターの駐車場に車を停めて、と思ったら満車。さすが紅葉時期の休日。天気も良く、そのうえ時間もお昼前。こんな好条件で満車にならないでどうするのって感じではあるが。近くの臨時駐車場へ案内される。

今回のコースは池巡りである。池巡り自然探索路を通って白紫池(白鳥山)→六観音御池→不動池と回るハイキングコース。距離は約6km、2時間半くらいである。
午前11時全員揃ったところで出発。ワン公も嬉しそうに先頭をどんどん行く。なんと今回は家族全員参加、6人の団体、おまけに犬連れである。
途中の案内板で今日の行程を説明する。気分はまるで山岳ガイド。だが、そんなことは案内板を一目見て皆んな分かっているのだ。なぜなら、今日のコースはほとんど一本道なのだから。

白紫池との分岐点を白鳥山方面へと進むとおおよそ5分で二湖パノラマ展望台。眼下に白紫、六観音の2湖が姿を現す。回りを韓国岳、夷守岳、甑岳といった山々が取り囲む。そして紅葉、黄葉。秋模様に色付いている。良い眺望である。
ここから白鳥山頂上までは約800m、標高差も50mくらいしかない。途中の眺望もなかなか良い。後ろから「疲れた」と言う声が聞こえる。そんなことはないだろう。まだ1時間も歩いていない。ワン公もまだまだ元気だ。日頃の運動不足の賜物だなと気にも留めず進む。

白鳥山山頂から北展望台辺りまで約500mはほとんどフラットだ。
そしてここで昼食。朝から妻が弁当を作り、お重詰めしてきたのだ。やっぱり大勢で昼食を食べるのはこのスタイルに限る。そして食後はコーヒーを沸かして美味しく頂きました。

六観音御池展望台の手前には池と韓国岳が望める絶好ポイント、そこに真っ赤に彩る紅葉があるのだから、これはもう堪らない。しばし魅入る。青空を写して今日は水面も特段に青い。そして周囲の山々を写しこむ。

そこから先は所々に映える紅葉、黄葉を眺めながら進む。ミズナラも色付いてなかなか良い。しばらく進むと不動池が見えてくる。ここの水面はいつ見てもコバルトブルーで美しい。水の酸性度が強いのと光の屈折による現象。そして池の中や周りがきれいな砂であるためににごらないらしい。
そうこうしている間に、もうゴール地点のむミュージアムセンターが見えてくる。我が家のワン公も今日はいつになく歩いた。お疲れのようである。なんとなくトボトボ歩いている。

そして、出発から3時間半でゴール。子供たちには久しぶりの長時間歩き、初めての登山(?)みんな頑張ったね。特に普段はゴロゴロしてる娘2よく頑張った。

登山の締めはやっぱり温泉。今回はすぐ近くのえびの高原荘。露天風呂から韓国岳がよ〜く見えました。

家族で登る山はなんとも良いと改めて思うこの日でした。

おやっとさあ
訪問者数:250人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ