ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 758657 全員に公開 ハイキング阿蘇・九重

久住山〜中岳〜天狗ヶ城(牧ノ戸峠〜法華院山荘泊)

日程 2015年11月01日(日) 〜 2015年11月02日(月)
メンバー CEIwombat0619
天候1日 くもり
2日 ガス〜最後は晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
in JR鹿児島本線熊本駅 120分
out 筋湯温泉 20分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間50分
休憩
0分
合計
4時間50分
S牧ノ戸峠10:1510:35沓掛山11:15扇ヶ鼻分岐11:25星生山分岐11:45久住分れ12:15久住山13:25九重山13:35天狗ヶ城13:55久住分れ14:25北千里浜14:30諏蛾守越分岐15:05法華院温泉
2日目
山行
3時間20分
休憩
5分
合計
3時間25分
法華院温泉08:2509:10諏蛾守越分岐09:25北千里浜10:00久住分れ10:25星生山分岐10:40扇ヶ鼻分岐11:30沓掛山11:3511:50牧ノ戸峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

牧ノ戸峠駐車場。亀の井バスが折り返し待ちしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧ノ戸峠駐車場。亀の井バスが折り返し待ちしています。
1
売店。山賊おにぎりなどを販売。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
売店。山賊おにぎりなどを販売。
1
登山口。登山届ポストあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。登山届ポストあり。
1
整備された登山道。急角度で上がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備された登山道。急角度で上がります。
1
歩いていくルート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いていくルート。
1
沓掛山。山頂は少し左上にでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沓掛山。山頂は少し左上にでした。
2
きれいな尾根道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな尾根道。
1
扇ヶ鼻分岐。ここで左に折れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻分岐。ここで左に折れます。
1
星生山が進行方向の正面に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星生山が進行方向の正面に。
1
星生山への分岐。登らずに巻いていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星生山への分岐。登らずに巻いていきます。
1
久住分れの避難小屋とトイレ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久住分れの避難小屋とトイレ。
1
三俣山と北千里浜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山と北千里浜。
1
久住山。左から上がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久住山。左から上がります。
1
ガレ場を上がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場を上がります。
1
左から久住山へのコース。奥に三俣山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から久住山へのコース。奥に三俣山。
2
山頂近くの土は赤色を帯びます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くの土は赤色を帯びます。
1
祖母・傾・竹田市街方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖母・傾・竹田市街方面。
1
天狗ヶ城と中岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗ヶ城と中岳。
1
御池の分岐。右は池のほとりへ、左は天狗ヶ城。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池の分岐。右は池のほとりへ、左は天狗ヶ城。
1
御池に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池に出ます。
1
天狗ヶ城。御池の対岸。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗ヶ城。御池の対岸。
1
御池のほとりでランチ。牧ノ戸峠で買った山賊おにぎり200円と、コンビニの鶏おにぎりセット。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池のほとりでランチ。牧ノ戸峠で買った山賊おにぎり200円と、コンビニの鶏おにぎりセット。
1
御池。右が天狗ヶ城の山裾。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池。右が天狗ヶ城の山裾。
1
見上げる中岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げる中岳。
1
山頂へのルート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へのルート。
2
中岳山頂。奥に大船山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳山頂。奥に大船山。
2
次は天狗ヶ城へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は天狗ヶ城へ。
1
御池を見下ろして。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池を見下ろして。
1
天狗ヶ城の山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗ヶ城の山頂。
3
久住分れに戻って北千里浜へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久住分れに戻って北千里浜へ。
1
北千里浜から久住分れを見上げて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北千里浜から久住分れを見上げて。
1
硫黄山の白い岩肌。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄山の白い岩肌。
1
北千里浜と三俣山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北千里浜と三俣山。
1
海底のような景観。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海底のような景観。
1
最後は堰堤を超えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は堰堤を超えます。
1
法華院温泉山荘のすぐそばで紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
法華院温泉山荘のすぐそばで紅葉。
1
法華院温泉山荘に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
法華院温泉山荘に到着。
1
玄関。受付は左側。個室になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄関。受付は左側。個室になりました。
3
個室の部屋。鍵はかかりません。廊下でストーブを焚いてくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
個室の部屋。鍵はかかりません。廊下でストーブを焚いてくれました。
3
温泉。白濁したお湯です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉。白濁したお湯です。
3
お風呂上りにカツサンドと自分で荷揚げしたビール。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お風呂上りにカツサンドと自分で荷揚げしたビール。
4
夕食。18時から。おでんと鶏唐揚げでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食。18時から。おでんと鶏唐揚げでした。
2
朝食。6時45分から。肉じゃがなど。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食。6時45分から。肉じゃがなど。
4
ガスが強い坊ヶツル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが強い坊ヶツル。
1
天候回復を願って、久住分れに向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天候回復を願って、久住分れに向かいます。
1
ガスは強いまま。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスは強いまま。
1
北千里浜。幽玄です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北千里浜。幽玄です。
2
黄色いマーキングが助かります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色いマーキングが助かります。
1
久住分れ。ガスは晴れず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久住分れ。ガスは晴れず。
1
沓掛山あたりで晴れてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沓掛山あたりで晴れてきました。
1
沓掛山の山頂。青空になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沓掛山の山頂。青空になりました。
1
法華院温泉の山小屋だんご。1個150円。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
法華院温泉の山小屋だんご。1個150円。
1
歩いてきた道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた道。
2
牧ノ戸峠に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧ノ戸峠に戻ってきました。
1
ヨーグルトソフトクリーム。300円。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨーグルトソフトクリーム。300円。
1

感想/記録
by CEI

■アプローチ
熊本駅を7時45分に出発して、コンビニに寄ったりしながら2時間。
牧ノ戸峠の駐車場は台数が多く、余裕がありました。
長者原寄りにバスの折り返し場やトイレ、売店がある新しい駐車場があって、さらに古い駐車場が隣にあります。
売店で山賊おにぎり200円を購入。5種類の具材入り。

■久住分れ
歩き始めはコンクリートの道。
階段をそのままコンクリで固めたようで、傾斜はきつめ。
標高差200メートルほど上がり、2つの展望台を過ぎると沓掛山。
山頂部分は岩場になっていて、登山道はピークの少し右下を巻いています。
沓掛山からこれから歩くルートが一望できます。

沓掛山のピークから少し下りると、尾根歩き。
うねうねとした道がずっと続いていて、気持ちが良いルート。

扇ヶ鼻分岐で左に入ると、星生山が正面にそびえます。
登っている人もよく見えますが、今日は登らずに山腹を進みます。
このあたりは西千里浜。
荒涼とした北千里浜とは異なり、植生がある通常の山道です。

避難小屋とトイレがある広場から50メートルほどで久住分れ。

■久住山
久住分れからは2年前に辿ったことのあるコース。
右手の久住山にまず向かいます。
黄色のペンキがたくさんあって、ロープも張ってあります。
右に弧を描くように半周して上がり、ガレ場の浮石を踏みしめて山頂へ。
山頂は人が多く、少しだけ風があります。
前回はガスが濃かったので、何も見えませんでしたが、竹田の街や祖母傾がよく見えました。

■中岳・天狗ヶ城
久住山から下りて、次は中岳へ。
空池の縁を時計回りに周って、鞍部を越えるとすぐ下が御池のほとり。
湖畔を反時計回りにぐるっと歩いていって、中岳に取り掛かります。
大きな石が転がっていて、足をかけるところが少なく登りにくい。
山名標が立つだけの山頂からは、坊ヶツルや大船山がよく見えます。

中岳から久住分れに戻りますが、帰りは御池の対岸の天狗ヶ城に登ります。
天狗ヶ城は、往路で辿った御池の反対側にそびえています。
下から見上げると、山頂部に岩が多くあって、難しそうに見えます。
ただ、行ってみるとコースがしっかり切ってありました。
きちんと歩けて、中岳よりも簡単でした。

■北千里浜
天狗ヶ城を下って、久住分れまで戻ります。
時間も遅くなっていて、人もすっかり少なくなっています。
久住分れから正面に三俣山を眺めて北千里浜に向かいます。
左手には硫黄山の噴煙と白い岩肌が見え、岩場を下って砂地に出ます。
植生が少なく、小さな白砂が広がっていて、海底のように見えます。
不思議な景観の中を歩き、諏蛾守越から下りてくる道と合流すると進路は東へ。
少しずつ砂地が狭くなって海底から河底のようになります。
岩が出てくると沢の右岸に上がり、砂防ダムの連なりを越え、法華院温泉に到着。

■法華院温泉
受付で宿帳に記入して、個室を案内されます。
1泊2食で9,000円(入湯税150円含む。)。
早速、温泉に入って、さっぱりします。
白濁のお湯で、1日歩いた疲労が回復している感じがします。
降り出してきた雨を眺めながら、担いできたビールで乾杯しました。

夕食は18時から。メインはおでんと鶏の唐揚げ。
関係車両が入ってこれるので、手の込んだ料理です。
消灯は22時。またお湯に浸かってから早めに寝入りました。

■下山
朝食は6時45分からと山小屋にしては時間は遅め。
肉じゃがと生卵など。
夜通し降っていた雨はあがったものの、ガスが濃くかかっています。

天気予報はくもり、午後からは晴れ。
牧ノ戸峠まで戻るルートで悩みます。
雨ならアップダウンの少ない長者原経由、晴れるなら久住分れ経由で星生山に登りたいところ。

8時に法華院を出発。
長者原を目指して少しだけ坊ヶツルに進みましたが、晴れそうだったので、久住分れを目指して戻ります。
ところが北千里浜を抜けて久住分れまでずっとガスの中。
残念ながら晴れなかったので、そのまま牧ノ戸峠に向かいます。

途中、星生山のふもとでガスが晴れ、登ろうと思いましたが、またガスに覆われて断念。
沓掛山まで来たところでようやく晴れました。
ここまで歩いてきた道に陽が射します。
少し惜しいところですが、最後にきれいな青空が見れました。

■まとめ
久住山は前回、ガスが濃かったための再訪。
くもりではありましたが、遠望が効きました。
1日目の行程は4時間50分。うち休憩は20分。18,000歩。
2日目の行程は3時間20分。うち休憩は10分。12,000歩でした。
訪問者数:360人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ