ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 759208 全員に公開 ハイキング赤目・倶留尊高原

古光山  曾爾村役場BS→曾爾高原ファームガーデンBS

日程 2015年11月05日(木) [日帰り]
メンバー neko-obaba
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
鶴橋発06:50 近鉄大阪線急行・青山町行 .名張着07:56  
8:05 名張駅西口‐茲蠑譟〇綾展鯆魅丱后〇廓西行き ¥840円
8:49 曽爾役場前BS着
※ 榛原駅前BS⇔曽爾役場前 奈良交通バスの運行もあります
曽爾村の路線バス運賃キャッシュバックキャンペーン参加施設
http://www.geocities.jp/sonikan2009/buscashback/index.html   

帰り
15:30 曽爾高原ファームガーデン   三重交通バス 名張駅前行き(運行日注意)¥820
16:14 名張駅着
名張発16:29  近鉄大阪線急行・大阪上本町行 鶴橋着17:31
※ 曽爾高原発着のバスは11月いっぱいの運行です
  11/5は乗客多数で臨時バスが2台でたようです

三重交通バス 路線バス時刻運賃検索
http://www.sanco.co.jp/krs/search_start.php
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間24分
休憩
52分
合計
5時間16分
S曽爾村役場09:0210:03大峠10:0510:40古光山(南峰)10:5511:10古光山11:4011:59フカタワ12:0012:29後古光山12:53長尾峠13:22亀山13:2513:38亀山峠13:3914:18お亀の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・曾爾村役場→大峠
役場横の橋で青蓮寺川を渡って道なりに歩いていきました。
大きな分岐には道標がありました。車道ですが車の往来はほとんどありませんでした。大峠の登山口は「ふきあげ斎場」の手前です。
・大峠→後古光山
急坂続きです。ロープがたくさん設置されていますが、木の根や岩をつかんで進む場所も多かったです。ウエットな状態だとものすごく滑るだろうと思いました。
転倒が容易に大怪我につながる場所が多いと感じました。
個人的に一番苦労したのは、古光山からフカタワへの下りでした。
ルートは明瞭ですが、古光山三角点奥(北西方向)にある明瞭な踏み跡には要注意と感じました。
・後古光山→亀山→曽爾高原
快適なハイキングロードでした。
・曽爾高原(青少年自然の家)→曽爾高原ファームガーデン
東海自然歩道(舗装歩道)を歩きました。
その他周辺情報曽爾高原ファームガーデンに温泉施設・レストラン・物販店などがありました。
お亀の湯はかなり混雑していました。

曽爾村観光協会
http://sonimura.com/index.html
曽爾高原ファームガーデン
http://soni-kogen.com/

過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

曽爾村役場近くから眺める鎧岳。かっこいいです。
柱状節理の岩壁が描く縦模様が、鎧の胴の部分に見えます。
今日歩くのはこの山ではありません
2015年11月05日 08:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曽爾村役場近くから眺める鎧岳。かっこいいです。
柱状節理の岩壁が描く縦模様が、鎧の胴の部分に見えます。
今日歩くのはこの山ではありません
19
鎧岳の左には兜岳。関西百名山ではこの2座はセットになってます。
2015年11月05日 08:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎧岳の左には兜岳。関西百名山ではこの2座はセットになってます。
12
今日の目的は古光山です。曾爾役場前BSから車道歩きでスタート
2015年11月05日 09:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の目的は古光山です。曾爾役場前BSから車道歩きでスタート
2
少し歩いて振り向くと屏風岩。麓の屏風岩公苑はヤマザクラの名所。
鎧・兜・屏風は国の天然記念物だったと思います。
2015年11月05日 09:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩いて振り向くと屏風岩。麓の屏風岩公苑はヤマザクラの名所。
鎧・兜・屏風は国の天然記念物だったと思います。
21
大峠(古光山登山口)到着。この穏やかな登山口から数分歩いただけで急坂ロードがはじまります
2015年11月05日 09:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峠(古光山登山口)到着。この穏やかな登山口から数分歩いただけで急坂ロードがはじまります
4
急坂の途中で振り向くと南側が好展望。台高の山並みではなかろうか?
2015年11月05日 10:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂の途中で振り向くと南側が好展望。台高の山並みではなかろうか?
9
南東、高見山や三峰山が眺められるはずだけど、地図が広げられる場所ではないので(とっても急坂の途中)同定断念
2015年11月05日 10:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東、高見山や三峰山が眺められるはずだけど、地図が広げられる場所ではないので(とっても急坂の途中)同定断念
5
穏やかな場所にたどりつきました。(穏当な箇所は長くは続きません)
2015年11月05日 10:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穏やかな場所にたどりつきました。(穏当な箇所は長くは続きません)
10
あの三角高見山かな?と適当なことを考えつつ、アップダウンの急坂です
2015年11月05日 10:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの三角高見山かな?と適当なことを考えつつ、アップダウンの急坂です
12
額縁効果を狙ってみました。ヘボな腕前なのは自分が一番よくわかっています・・・
2015年11月05日 10:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
額縁効果を狙ってみました。ヘボな腕前なのは自分が一番よくわかっています・・・
2
南峰に到着。狭い場所ですが、岩峰で素晴らしく展望がいいです
2015年11月05日 10:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰に到着。狭い場所ですが、岩峰で素晴らしく展望がいいです
4
北西の眺め
左兜岳・右鎧岳 
2015年11月05日 10:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西の眺め
左兜岳・右鎧岳 
11
西の眺め
左端のピークが住塚山でその隣が国見山かな
2015年11月05日 10:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の眺め
左端のピークが住塚山でその隣が国見山かな
8
北の眺め
正面が二本ボソ・そのすぐ左奥に倶留尊山で、右に稜線がスゥーっときて亀山
2015年11月05日 10:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の眺め
正面が二本ボソ・そのすぐ左奥に倶留尊山で、右に稜線がスゥーっときて亀山
15
北東の眺め
左のきれいな三角が尼ヶ岳、右の二つのピークは大洞山(左雄岳・右雌岳)
以上4枚赤恥覚悟ですが、頑張って同定してみました
2015年11月05日 10:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北東の眺め
左のきれいな三角が尼ヶ岳、右の二つのピークは大洞山(左雄岳・右雌岳)
以上4枚赤恥覚悟ですが、頑張って同定してみました
5
山の麓の裾模様♪
南峰からも急坂のアップダウンは続きます
2015年11月05日 10:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の麓の裾模様♪
南峰からも急坂のアップダウンは続きます
9
これを登れってか?巻けないのか?巻けないんだな・・・
2015年11月05日 10:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを登れってか?巻けないのか?巻けないんだな・・・
14
古光山到着。樹木が茂って展望はイマイチ。でも穏やかな木漏れ日の小広場です。お昼休憩にしました
2015年11月05日 11:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古光山到着。樹木が茂って展望はイマイチ。でも穏やかな木漏れ日の小広場です。お昼休憩にしました
7
古光山からフカタワ(後古光山との鞍部)までの下りが正念場でした。間断なくロープが設置されています
2015年11月05日 11:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古光山からフカタワ(後古光山との鞍部)までの下りが正念場でした。間断なくロープが設置されています
3
正面木々越しに後古光山
2015年11月05日 11:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面木々越しに後古光山
3
崖ちゃうの?ホンマに正しいルートやの?
ロープあるから、ここが道やねんなぁ・・・と思うこと再々でした
2015年11月05日 11:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖ちゃうの?ホンマに正しいルートやの?
ロープあるから、ここが道やねんなぁ・・・と思うこと再々でした
8
やっとフカタワまで降りてきました。こっからまた急坂を登るんか・・・
2015年11月05日 11:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとフカタワまで降りてきました。こっからまた急坂を登るんか・・・
2
紅葉に慰められつつ、登るというか這い上がるというか・・・
このあたりかなり疲弊しております
2015年11月05日 12:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉に慰められつつ、登るというか這い上がるというか・・・
このあたりかなり疲弊しております
10
は〜、やれやれでヨレヨレです。山名板もお疲れ?
後古光山到着
2015年11月05日 12:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
は〜、やれやれでヨレヨレです。山名板もお疲れ?
後古光山到着
11
後古光山から、歩いてきた古光山を眺めます。稜線がデコボコしてます。あのデコボコに苦しめられた・・・
2015年11月05日 12:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後古光山から、歩いてきた古光山を眺めます。稜線がデコボコしてます。あのデコボコに苦しめられた・・・
8
後古光山からの下りもハードな急坂を覚悟してましたが、思ったほどではないです。階段って歩きやすいなぁ
2015年11月05日 12:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後古光山からの下りもハードな急坂を覚悟してましたが、思ったほどではないです。階段って歩きやすいなぁ
3
足元に気を使わないでいいと、まわりを見回す余裕があります
2015年11月05日 12:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元に気を使わないでいいと、まわりを見回す余裕があります
3
腕を使わないで進むことができると、写真が撮りやすいです
2015年11月05日 12:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腕を使わないで進むことができると、写真が撮りやすいです
5
やっぱりハイキングは二本の足でするものです!
2015年11月05日 12:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱりハイキングは二本の足でするものです!
9
車道を横切ります。長尾峠
2015年11月05日 12:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を横切ります。長尾峠
1
曽爾高原が見えてきました。正面は二本ボソ
2015年11月05日 13:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曽爾高原が見えてきました。正面は二本ボソ
16
こちらは亀山
2015年11月05日 13:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは亀山
11
ススキ越しに、左のピークが後古光山。中央が古光山
2015年11月05日 13:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキ越しに、左のピークが後古光山。中央が古光山
11
亀山からは西側に展望が開けています。夕日の名所でもあるそうです
2015年11月05日 13:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀山からは西側に展望が開けています。夕日の名所でもあるそうです
4
亀山山頂。右に後古光山・古光山
2015年11月05日 13:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀山山頂。右に後古光山・古光山
7
眼下にお亀池。水量が少ないです。お亀池の伝説は↓
http://www3.pref.nara.jp/miryoku/aruku/1238.htm
楳図 かずお氏の作品に影響を与えた伝説とか。「ヘビ少女」かな?
2015年11月05日 13:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下にお亀池。水量が少ないです。お亀池の伝説は↓
http://www3.pref.nara.jp/miryoku/aruku/1238.htm
楳図 かずお氏の作品に影響を与えた伝説とか。「ヘビ少女」かな?
10
草紅葉
2015年11月05日 13:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草紅葉
18
右から鎧・兜・国見・住塚
2015年11月05日 13:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から鎧・兜・国見・住塚
9
草稜の上にチョコッと頭を出してる2座は住塚山(左)と国見山(右)かな?こちらを覗き込んでいるようじゃありませんか
2015年11月05日 13:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草稜の上にチョコッと頭を出してる2座は住塚山(左)と国見山(右)かな?こちらを覗き込んでいるようじゃありませんか
5
お亀池ですが、横からだとススキにさえぎられて水面は見えません
2015年11月05日 13:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お亀池ですが、横からだとススキにさえぎられて水面は見えません
7
曽爾高原からの下りは東海自然歩道を進みます
2015年11月05日 13:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曽爾高原からの下りは東海自然歩道を進みます
3
お亀の湯で本日終了
ツルツルっとしたいいお湯です
2015年11月05日 14:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お亀の湯で本日終了
ツルツルっとしたいいお湯です
9
撮影機材:

感想/記録

室生火山群(約1500万年前の火山活動によって出来た山々ということらしいです)
は眺めがよさげで個性的な山容の山が多いと魅力を感じていました。
関西百名山には6座(鎧と兜は2座で1セット)選定されています。
その中から古光山を計画したのは、11月中なら平日でも曽爾高原までのバス便があるからというのが大きな理由で、紅葉やススキはまぁおまけ程度の考えでした。

なのに、名張から曽爾へ向かうバスの車窓からの眺めが既に絶景。
香落渓(かおちだに)のおおいかぶさってくるかのように高い柱状摂理の岩壁が、紅葉の木々に彩られているのは素晴らしい景観でした。

曽爾高原では開放感いっぱいののびやかな草原に、草紅葉の朱色とススキの銀白色。
なんて気持ちがいいんだろう。と思ったその数時間前は「なんでこんなところ歩こうと思ったんだろう。」とトホホでした。

古光山〜後古光山のアスレチック感満載のルートは、私の体力と技術では楽しめたとは言いがたいです。
でも、こっちがなんとか歩き通せたから、鎧岳と兜岳も行けるかな?と考えていたりもして、我ながら「懲りないなぁ」と思います。
季節と天候に恵まれた良い一日でした。
訪問者数:416人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/10/14
投稿数: 4603
2015/11/7 6:11
 すごいです!
おはようございます。
南峰〜古光山〜後古光山の恐怖の急登や激下りをものともしない、
さすがneko-obabaさん
おまけに曽爾高原までとは
でも曾爾村のお山、いいところばかりですよね。
お疲れさまでした。
登録日: 2011/3/28
投稿数: 1147
2015/11/7 18:57
 お疲れさまです。
古光山〜後古光山のアスレチックなロープ地獄は懐かしいです。
足元が粘土質なので滑るので、結構、苦労した記憶がありあります。
猫みたいに手足に爪があったら楽に登れるんだろうけど・・・
帰宅後は腕が筋肉痛になったのでは?

鎧岳と兜岳も以前に歩いたことがあるのですが
ロープルートの手ごわさでは鎧岳と兜岳の方がたいしたことはなかったですよ。
ぜひ、挑戦してみてくださいね。
登録日: 2011/10/14
投稿数: 1048
2015/11/7 21:53
 魂ぬけました・・・(-_-;)
katatumuriさんご一行さまはここを往復しはったんや。それもあの重たそうなランチ荷物持参で
と思うと、皆様の体力・技術・気力の底深さに格の違いを思い知らされたことでありました。
私は片道だけで、おなかいっぱいでした。
もう、しばらくロープのある場所は歩きたくありません
と思いながらも、鎧岳の威容を見ちゃうと「カッコいい〜登りたい〜
病膏肓ってこういうのかな?と考えてます。
でも、きっとkatatumuriさんも同病。なんて勝手に想像しています
登録日: 2011/10/14
投稿数: 1048
2015/11/7 21:56
 orisさんはかなり以前にレコあげておいででしたね
orisさんの古光山レコを拝見したころは、まさか自分に登れる日がこようとは思っていませんでした。
腕どころか、肩まわりも筋肉痛のようです

山容の迫力に、めちゃくちゃ急坂なのでは?と恐れている鎧岳ですが、難易度は古光山よりはましなんですね。ちょっと意外です。
住塚山からず〜っと4座縦走のレコ、すごいなぁと感心しながら拝見しましたっけ。
住塚山・国見山も、尼ヶ岳・大洞山も、いつか歩いてみたい山々です。
登録日: 2013/8/10
投稿数: 709
2015/11/8 13:43
 いつか行ってみたいけど…
ちょっと前にkatatumuriさんも行ってはりましたよね。
いつか行ってみたいけど、そんなにロープがあるのですか。
私、腕は昔主人に「アイドル歌手の太ももくらいはある」と言われたほど太いのですが、100%脂肪のため腕力は全くありません。
ほんの数ヵ所程度なら行けそうですが、そんなに続くとなると、キビシイ
あのへんのお山、行ってみたいところばかりですが、自分で運転するには遠くて自信ないし、電車+バスだとかなり遠いなーって印象があります。11月の曽爾高原行きのバスがねらい目ですね。
登録日: 2011/10/14
投稿数: 1048
2015/11/8 22:18
 秋の曽爾高原は大人気
papiさん、こんばんわ。
katatumuriさんご一行様はサクサク歩まれた古光山。私は「登山」ではなく「這い上がり山」や!というような有様でした
下りは「ズリ下がり山」でした。難儀しました 。
でも、こういうルートをおもしろいと思われる方も多いですよね。
私はpapiさんはきっと楽しまれるタイプと思います

バス、曽爾高原発着の便は、ススキの時期は平日でも好天だとものすごく混雑するようで驚きましたよ〜
曽爾高原って人気のある行楽地なんですね。
バス停留所は長蛇の列で、臨時便あわせて3台が乗客満載
お亀の湯から、麓の太良路BSまで歩いても30分くらいなので、時間をずらせばよかったって後悔しました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ