ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 759297 全員に公開 ハイキング北陸

まぼろしの北陸道塩の道とホノケ山

日程 2015年11月04日(水) [日帰り]
メンバー naojiro
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R305ホノケ山トンネル東詰め第二登山道口に駐車、5台駐車可。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間2分
休憩
34分
合計
3時間36分
Sスタート地点11:3312:04切り通し看板12:37菅谷峠12:3913:11ホノケ山13:4314:16菅谷峠14:42切り通し看板15:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
分かりやすい登山道で迷うことはない。
その他周辺情報そまやま温泉

写真

黄色く色づく葉っぱ。何の木だろう。
2015年11月04日 11:48撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色く色づく葉っぱ。何の木だろう。
2
登り始めて20分、尾根道に出る。
2015年11月04日 11:53撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めて20分、尾根道に出る。
瓜生野からの登山道と合流
2015年11月04日 11:55撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瓜生野からの登山道と合流
2
瓜生野方面
2015年11月04日 11:55撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瓜生野方面
尾根道に出て10分、塩の道古道の切り通しの説明
2015年11月04日 12:04撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道に出て10分、塩の道古道の切り通しの説明
2
Uの字の切り通し道が続く。
2015年11月04日 12:04撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Uの字の切り通し道が続く。
2
ススキの紅葉、普段は気にしないのにw
2015年11月04日 12:11撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキの紅葉、普段は気にしないのにw
こんなのも気になる
2015年11月04日 12:22撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなのも気になる
1
黄色が多い
2015年11月04日 12:29撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色が多い
戦国時代の城主、佐々布香林坊の墓の説明。朽ち果てたお墓があったが撮るのを忘れる。
2015年11月04日 12:34撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戦国時代の城主、佐々布香林坊の墓の説明。朽ち果てたお墓があったが撮るのを忘れる。
1
下り始めて開けてくる。
2015年11月04日 12:35撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り始めて開けてくる。
菅谷峠に出る。防災無線基地の工事中。東屋も新築中。
ここまで奥野々から舗装林道が通じている。s
2015年11月04日 12:37撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菅谷峠に出る。防災無線基地の工事中。東屋も新築中。
ここまで奥野々から舗装林道が通じている。s
4
日野山の右奥に白山が眺望できる。白い雲と区別しにくい。
2015年11月04日 12:39撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日野山の右奥に白山が眺望できる。白い雲と区別しにくい。
6
能郷白山方面.
塩の道はこの峠から分けて西側の菅谷集落に下る。
2015年11月04日 12:39撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
能郷白山方面.
塩の道はこの峠から分けて西側の菅谷集落に下る。
4
振り返って足谷山
2015年11月04日 12:41撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って足谷山
4
振り返ってP592、ここから下りてきた。青空と紅葉山の対比が良い。
2015年11月04日 12:41撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ってP592、ここから下りてきた。青空と紅葉山の対比が良い。
3
更に登る。
2015年11月04日 12:43撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に登る。
赤が増えてきた。
2015年11月04日 12:44撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤が増えてきた。
4
炭焼き場跡
2015年11月04日 12:46撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炭焼き場跡
山頂手前の展望所から日野山、白山方面
2015年11月04日 13:05撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前の展望所から日野山、白山方面
3
山頂手前はなだらかな台地状
2015年11月04日 13:08撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前はなだらかな台地状
1
いよいよ山頂
2015年11月04日 13:10撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂
山頂の山の案内板
2015年11月04日 13:11撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の山の案内板
4
荒島岳は部子山に隠れて見えない。
2015年11月04日 13:14撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒島岳は部子山に隠れて見えない。
二等三角点タッチ
2015年11月04日 13:14撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二等三角点タッチ
3
南東にしっかりした踏み跡がある。P746への道だろうか。
2015年11月04日 13:15撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東にしっかりした踏み跡がある。P746への道だろうか。
アマゴゼ山かな?その向こうは日本海。
2015年11月04日 13:16撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アマゴゼ山かな?その向こうは日本海。
2
下山開始
2015年11月04日 13:59撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始
サルノコシカケ
2015年11月04日 14:09撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サルノコシカケ
1
下山時の菅谷峠から白山方面
2015年11月04日 14:16撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時の菅谷峠から白山方面
3

感想/記録

秋晴れなので仕事もそこそこに、夏に下見しておいたホノケ山へ登ることにした。登山口には平日にも関わらず2台の他県ナンバーが駐車してある。ホノケ山まで90分の表示がある。

山名の由来:狼煙を上げて火急の知らせをしたことから「火の気」が転じて「ホノケ」と呼ばれるようになった説が有力。

登り始めて20分ほどで尾根道に出る。瓜生野からの道と合流して塩の道を登る。人馬が行き来した古道なのだろう。急登はなくダラダラと登っていく。木々は色付き始めなのか黄色が多い。天気が良いし紅葉もあるということでルンルン気分で登る。2組4名とすれ違う。

菅谷峠(すげんたんとうげ)に出たら日野山方面の見事な眺めが飛び込んできた。来て良かったと思う瞬間。肉眼ではハッキリと冠雪した白山が見えるのだが、写真では白山と白い雲とが同化して見辛くなっている。
峠まで来ると紅葉は見頃となってきた。

山頂まで看板通りの90分で登ることができた。山頂には誰も居ない。眺望は70%が木々に隠れているが東方面が開けているので、日野山、白山、銀杏峰、能郷白山などを望むことができる。一部日本海側も見える。再度、来て良かったと思う瞬間。
13:40下山開始すると6人の登山者とすれ違う。私が最後だと思っていたが未だ上手がいるとは少し驚き。

秋晴れの山行を十分に堪能することが出来た。


訪問者数:330人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ