ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 759457 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

燕岳 

日程 2015年11月03日(火) 〜 2015年11月04日(水)
メンバー newgata
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
中房温泉からクルマを停めたしゃくなげ荘まで徒歩3時間半
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間43分
休憩
4時間37分
合計
9時間20分
S中房温泉登山口07:5208:25第1ベンチ08:3209:01第2ベンチ09:0909:35第3ベンチ09:4510:18富士見ベンチ10:2610:53合戦小屋11:1511:30合戦山(合戦沢ノ頭)11:3512:28燕山荘15:4015:47いるか岩15:4816:04めがね岩16:0516:10燕岳16:2616:38めがね岩16:56いるか岩16:5917:06燕山荘17:1017:12宿泊地
2日目
山行
2時間49分
休憩
1時間58分
合計
4時間47分
宿泊地07:4008:16蛙岩08:2408:55燕山荘10:1510:34合戦山(合戦沢ノ頭)10:4610:57合戦小屋11:08富士見ベンチ11:1011:21第3ベンチ11:3111:50第2ベンチ11:5312:03第1ベンチ12:0612:27中房温泉登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
合戦小屋から先に雪。下りでアイゼンを着用。
燕山荘から山頂まではアイゼン不要でした。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

燕山荘は見えてからが遠い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘は見えてからが遠い
2
女王様
2015年11月03日 14:58撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女王様
6
燕山荘
2015年11月03日 15:15撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘
3
夕方の槍ヶ岳
2015年11月03日 16:44撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方の槍ヶ岳
3
イルカ岩
2015年11月03日 16:52撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イルカ岩
2
槍ヶ岳サイコー
2015年11月04日 06:04撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳サイコー
8
朝日を浴びる燕山荘と燕岳
2015年11月04日 06:09撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を浴びる燕山荘と燕岳
9
雷鳥さん 冬色バージョン!
2015年11月04日 10:04撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥さん 冬色バージョン!
10

感想/記録

テント背負って蝶ヶ岳まで縦走予定でしたが体調が思わしくなく、燕山荘到着時で余裕をみて組んだ計画時刻に遅れがでており、この先もっと遅れることが予想できたので縦走続行は危険と判断して燕岳ピストンとすることにしました。
さらにテントを張る気力もなく小屋泊に変更しました。

食欲はあるものの大好きなビールがすすまず微熱とだるさで風邪をひいてしまったかと思いました。
星空観賞も諦めウィスキーお湯割りをかっくらって布団に潜り込みました。

翌日寝坊するほどたっぷり寝て起きたらすっきり。寝不足が原因だったようです。
縦走は中止としたのでせめて蛙岩までと散策すると常念に向かうと言うノボラ−さんとお会いしました。
リュックを背負ってくればよかったと思いましたが、計画性のない行動は禁物だと大天井岳へ直登する稜線に後ろ髪をひかれつつ道を戻りました。
そんな後悔もありましたが、天気がよく山でお会いした方との楽しい交流や素晴らしい眺望、さらに雷鳥にも会えて最高の山歩きでした。

下山後は定期バスが運休日なのでタクシーを考えましたが、縦走予定を取りやめたため歩き足りなかったので徒歩でしゃくなげ荘まで。これが今回の核心部。

次は体調バッチリにしてチャレンジします。
訪問者数:442人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン テント テン 直登 ピストン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ