ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 759838 全員に公開 ハイキング朝日・出羽三山

徳網山の山頂に亡き愛犬の化身が…

日程 2015年11月04日(水) [日帰り]
メンバー iidesan, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口は小国町の中心街から県道261号を18キロほど行く。五味沢を過ぎ、檜倉橋を渡ると、道路の左手に登山口の白い標柱が立っている。そこを200メートルほど進むと、4,5台くらいの駐車場がある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
1時間30分
合計
5時間30分
S登山口09:1010:30標高636m地点10:4011:20徳網山頂12:3013:20標高636m地点13:3014:40登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
途中の尾根に出てから、急登となり、ところどころ痩せた個所や、岩場もあるが、それほど危険なところはない。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

登山口。4,5台の駐車スペースがある。
2015年11月04日 09:10撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。4,5台の駐車スペースがある。
ムラサキシキブ
2015年11月04日 09:14撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムラサキシキブ
1
落ち葉の道を行く
2015年11月04日 09:16撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉の道を行く
3
赤と黄のモミジ
2015年11月04日 09:16撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤と黄のモミジ
6
杉の林を抜けるとブナの森がはじまる
2015年11月04日 09:18撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉の林を抜けるとブナの森がはじまる
2
きらめく
2015年11月04日 09:21撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きらめく
3
こんな道がずっと続く
2015年11月04日 09:26撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな道がずっと続く
4
ブナの紅葉
2015年11月04日 09:29撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの紅葉
7
ナメコ
2015年11月04日 09:40撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメコ
1
木の間から朝日連峰が見えてきた
2015年11月04日 09:54撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の間から朝日連峰が見えてきた
1
青空にブナの紅葉
2015年11月04日 09:57撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空にブナの紅葉
2
マタギの人が彫ったのだろうか
2015年11月04日 09:58撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マタギの人が彫ったのだろうか
1
徳網山頂と奥に朝日連峰
2015年11月04日 09:59撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳網山頂と奥に朝日連峰
4
山頂
2015年11月04日 10:01撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂
2
真っ赤な紅葉と朝日連峰
2015年11月04日 10:07撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ赤な紅葉と朝日連峰
3
見事なブナの巨木
2015年11月04日 10:11撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事なブナの巨木
3
燃え上がるよう
2015年11月04日 10:26撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燃え上がるよう
2
ヤセ尾根の急登
2015年11月04日 10:55撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根の急登
頂上直下の岩稜
2015年11月04日 11:11撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直下の岩稜
1
山頂に到着
2015年11月04日 11:18撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着
2
三角点の標柱
2015年11月04日 11:18撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点の標柱
1
朝日連峰の主稜、左から袖朝日岳、西朝日岳、中岳、大朝日岳、平岩山、大玉山、祝瓶山。
2015年11月04日 11:19撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日連峰の主稜、左から袖朝日岳、西朝日岳、中岳、大朝日岳、平岩山、大玉山、祝瓶山。
3
飯豊連峰
2015年11月04日 12:04撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊連峰
3
西朝日・袖朝日の左に、龍門山、寒江山、巣戸々山。
2015年11月04日 12:04撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西朝日・袖朝日の左に、龍門山、寒江山、巣戸々山。
4
山頂に紅葉色の蝶が1羽。ヒオドシチョウ?
2015年11月04日 12:05撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に紅葉色の蝶が1羽。ヒオドシチョウ?
5
青空に一直線に伸びる飛行機雲
2015年11月04日 12:07撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に一直線に伸びる飛行機雲
3
飯豊は白く雪化粧
2015年11月04日 12:17撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊は白く雪化粧
4
何を思うか
2015年11月04日 12:30撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何を思うか
3
鷲ヶ巣山
2015年11月04日 12:30撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲ヶ巣山
5
荒川沿いに麓の集落が見える
2015年11月04日 12:37撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川沿いに麓の集落が見える
4
のんびり下る
2015年11月04日 13:22撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のんびり下る
2
山頂が遠くなる。
2015年11月04日 13:36撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が遠くなる。
1
モミジの赤に目を奪われる
2015年11月04日 13:37撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミジの赤に目を奪われる
2
大朝日岳。再訪を期して、眺める。
2015年11月04日 13:42撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大朝日岳。再訪を期して、眺める。
4
登山口入口。いつかまた訪れたい山だ。
2015年11月04日 14:55撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口入口。いつかまた訪れたい山だ。
撮影機材:

感想/記録

 紅葉が綺麗で、山頂の眺めが良く、しかもカミさんもいっしょなので、余りきつくない山はないか、地図を見たり、山行記録を読んだりするうち、目に留まったのが、徳網山でした。
 朝日連峰の南西に派生する稜線の末端に位置する、標高は780メートほどの低山です。

 登山口を出発して、杉の林を抜けると、目の前に、錦彩なす紅葉の山道があらわれました。とりわけ素晴らしいのが、ブナの林です。百年、二百年は経ったと思われる巨木が、鮮やかな黄の衣装をまとって、次から次へと目に入ってきます。それに真紅のモミジが絶妙の配置で色を添え、まさに天然の芸術作品です。
 
 ルートの半ば過ぎまでは、比較的ゆるやかな登りが続きます。その途中で、早くも下山して来た男性に会いました。
 「初めてきたけど、本当いい山ですね。この次は妻を連れてきます」といいながら足早に下って行きました。何でも、これからもう一つ山に登るのだそうです。

 636メートル峰まで来ると、登山道は右に方角を変え、山頂までは、やせた尾根の急登となります。この尾根、見晴らしが良く、変化に富んでいて、気持ち良く登れます。小さな岩場を通過すると、間もなく山頂となります。

 山頂に登りつくと、息をのむような、展望が待っていました。北東には、朝日連峰の主稜、袖朝日岳、西朝日岳、中岳、大朝日岳、平岩山、大玉山、祝瓶山が連なっています。新潟の山の開拓者・藤島玄の名著「越後の山旅(上巻)」によれば、徳網山、桧岩屋山、西朝日岳を経て、大朝日岳に至る古道があったといいます。その稜線が目で、はっきりと辿れます。
 そして、南には、早くも雪化粧をした飯豊連峰が白く輝いていました。 しばらくはカミさんと二人、声もなく、360度の展望に目を奪われるだけでした。

 コッヘルにお湯を沸かし、昼ごはんの支度をしていると、どこからともなく一羽の蝶が、やって来て、私達の回りを飛び交ったり、帽子や、背中にとまったりします。褐色の蝶で、ちょうど色づいた葉が、枝から散って飛んできたような色合いをしています。
 蝶は、私達が食事をしている間、おねだりするように、まとわりついていました。妻は、昨年亡くなった愛犬の化身だと、本気とも冗談ともいえない口調でつぶやきました。
 愛犬は、山やキャンプにもよく連れて行きましたが、かなりの食いしん坊で、食事時などは私達家族にまとわりついて、離れなったこともあり、それを思い出したのでしょう。私も、どうかするとそんな気持ちにさせられました。
 蝶は、私達が食事を終えると、いずこへともなく去って行きました。

 誰もいない我々だけの山頂で、のんびり1時間あまり過ごした後、下山に掛かりました。ところどころにナメコを見つけては、それを採りながら、ゆっくりゆっくり、午後の光に照らされた紅葉の中を下りました。

 隠れた素晴らしい山に出会うことができた、晩秋の一日でした。
訪問者数:254人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ